転職活動がめんどくさい…効率的に転職を成功させる方法!

転職活動がめんどくさい…効率的に転職を成功させる方法!

今の会社を辞めたいけれど転職先が見つからないから、なかなか辞めることができない。しかし、仕事終わりに転職活動をするのはめんどくさくてなかなか進まない人が多いかと思います。この記事では、転職活動を効率的に成功させる方法を紹介します。


今の仕事を辞めて転職することを考えているけど、転職活動はめんどくさいと思っている人は少なくないと思います。

転職活動には、自己分析や書類作成など、採用されるためにしなければならないことがたくさんあります。仕事を続けながら転職活動をするのは困難なこともあるでしょう。

そこで今回は、転職活動の流れや転職活動を効率的に行う方法などを紹介します。

転職がめんどくさいと思う理由

転職活動は、意外とやるべきことがたくさんあります。まず、自己分析や企業研究をしっかりしないと転職活動に成功できません。さらに、転職活動に必要な様々な書類の作成など時間を要するものも多いです。

また、仕事をしながら転職活動をしている場合は、仕事の予定と転職活動の面接などの予定を合わせるのが難しいときもあります。

時間がない中でたくさんのことをしなければならない転職活動は、想像以上に労力と気合が必要なのです。

転職のメリット・デメリット

転職にはメリットとデメリットがあるので双方をよく考えて転職するかを決めましょう。

(1)メリット

希望の仕事ができる

転職をしたいと思う人は、現職に何か物足りないものがあるから転職を考えるのだと思います。給料が低い、残業時間が長い、やりたい仕事がないなど現職の問題は人それぞれです。

転職をすると、自分の望む条件で働ける可能性があるのです。
転職をしてもそんなに思った通りに行くはずがないと考えて、少し物足りなくても今の仕事を長く続けることが大切だという人もいます。しかし、長く働くことも重要ですが、我慢してやりたくない仕事を続けるより、自分の希望の条件で働けるほうが仕事が楽しくなるでしょう。

仕事に対するモチベーションやスキルが上がる

転職をして、自分の望む仕事に就くことができたら、仕事に対するモチベーションが上がり、違う仕事をすることで自分のスキルを上げることもできます。

誰しも、嫌々仕事をするより、自分の望む条件下でやりた仕事ができる方が仕事が楽しくなり、能率も上がります。また、「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、自分の好きな仕事に転職してモチベーションが上がれば、その仕事に関するスキルがどんどんアップしていくでしょう。

(2)デメリット

成功するとは限らない

転職は企業が採用するかどうかを決めるので必ずしも成功するとは限りません。どれだけその企業に入社したいと思っても企業が採用してくれなければ入社できないのです。

また、転職活動は仕事と両立するのが困難であり、多大な労力が必要で様々なものを犠牲にしますが、その努力が実らないことも大いにあり得るのです。転職活動を行う際にはそのことを十分理解する必要があります。

転職して理想の仕事に就けるとは限らない

就活の際に思っていた企業のイメージと入社してみて感じた企業の雰囲気が違うと感じることは、多くの人が経験したことだと思います。就活だけではなく、転職活動にも同じことが言えます。

転職活動中に、とてもいい企業だと思っていたのに、入社してみると待遇が悪かったり、残業時間が長いという問題が起こる可能性もあります。より、自分の望む条件の会社に就職するために転職しても、その会社があまり自分の理想の会社であるとは限らないのです。

転職の流れ

次に転職の全体の流れについて紹介します。
転職の流れは以下の通りです。意外と多くの工程があり、入社までは、たくさんの準備が必要です。

(1)自己分析
(2)企業研究
(3)履歴書・職務履歴書作成
(4)応募
(5)面接
(6)退職手続き
(7)入社準備

まず、始めに自己分析と企業研究を行います。このとき、自分は会社に何を望んでいるのか、どの会社が自分の希望に合っているの徹底的に調べます。また、なぜ前の職場を退職したかということも重要になります。なぜ退職して、転職を考え、新たな会社を選んだのかを採用担当者に伝えられるようにする必要があります。

企業研究から面接までは、複数の希望する会社に対して行うので準備に結構な時間がかかります。履歴書作成や面接対策はそれぞれの会社で内容が違うのでその会社に合った対策をその都度行わないといけません。転職活動は一社だけ受けて必ず成功することはほぼないので、準備期間を多く設けておきましょう。

転職活動の際に起こり得る問題

転職活動の最中に起こる可能性がある問題をいくつか紹介します。以下のことを考慮して余裕を持って転職活動をしましょう。

会社に引きとめがあって仕事を辞めたいのに辞められない

退職を申し出ても、会社が退職を認めてくれなかったり、退職日を延長されたりなど、会社の引きとめによってなかなか退職できない場合があります。時には仕事を辞めるなら損害賠償を請求すると脅されることもあるようです。

しかし、退職を申し出た時点で会社にそれを止める権利はなく、ましてや退職するだけで損害賠償を請求することはできないので会社の引き止めには、耳を貸さずにきっぱりと退職する意思を伝えましょう。それでも、会社が認めてくれない場合は、労働基準監督署に相談して、会社に退職を認めるように促してもらいましょう。

転職活動をする時間がない

仕事を続けながら転職活動をする場合は、想像以上に労力がかかり、時間もありません。仕事を終わらせてから、自己分析や企業研究、履歴書作成や面接対策などを行うと寝る時間も取れない日が続く可能性もあります。時期によっては、会社の繁忙期には残業も長くなるので、なかなか転職の準備をする時間がとれなこともあるでしょう。また、面接の段階に行くと、面接の予定と仕事の予定を合わせるのが困難で転職活動が上手く進まないということもあります。

したがって、仕事を続けながら転職活動をするには、やるべきことをしっかり把握して効率的に仕事と転職活動を両立する必要があります。

効率的な転職方法

転職活動は、意外にやることが多く、結構な時間がかかると説明しましたが、転職を考えている場合は、早急に転職して新しい仕事を始めたいですよね。しかし、仕事との両立が難しく、転職活動が上手く進まないという人のために効率的な転職方法を紹介します。

効率的に転職するには、転職エージェントを利用するという方法があります。
転職エージェントがしてくれることは主に以下の4つです。

・自分に合った企業を探してくれる
・履歴書作成や面接対策を手伝ってくれる
・給料交渉や面接の日程調整をしてくれる
・志望動機がわからないなど転職に関する様々な相談にのってくれる

これらのことから転職エージェントを利用すれば、自己分析・企業研究、履歴書作成・面接対策など先に紹介した転職活動の工程のほとんどを手助けしてくれることがわかります。転職エージェントを利用するだけで自分でやるべきことが大幅に減り、転職活動にかかる時間も少なくなります。

おすすめの転職エージェント

次におすすめの転職エージェントを紹介します。

(1)マイナビエージェント

マイナビエージェントは有名な就活サイトを運営しているマイナビが提供する転職エージェントで、転職エージェントの中でも人気があります。

マイナビの良い点として、サポートが丁寧ということがあります。転職活動の際は、企業研究や履歴書作成、面接対策など不安なことが多いと思いますが、マイナビエージェントは一人一人を熱心にサポートしてそれぞれの人に合った転職を提供してくれます。また、履歴書作成や面接対策では、優しく的確なアドバイスをしてくれます。

(2)パソナキャリア

パソナキャリアは、利益よりも社会貢献を重視する社風であるため、転職活動をサポートする場合にも利益よりも転職者のことを考えて親身にサポートしてくれます。そのため、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策も丁寧で転職初心者の人にはおすすめの転職エージェントです。

(3)doda

dodaは、転職セミナーなどを積極的に行っている転職エージェントであり、転職についてのノウハウをしっかりと教えてくれます。また、利用者からは履歴書作成や面接対策の際の実践的なテクニックが役立ったという声もあります。さらに担当者によって、サービスの内容が異なるということもなく、dodaに関する悪い口コミも少ないです。実践的な転職活動のノウハウを知りたい方におすすめの転職エージェントです。

まとめ

いかがでしたか?
転職は想像以上にたくさんやるべきことがあり、自分ひとりで全てしようとするとたくさんの時間と労力がかかります。また、転職にはメリットとデメリットがあるので、両方しっかり考えて転職をするかどうか判断しましょう。

さらに転職活動には、様々な問題も起こり得るので、少しでも効率的に転職活動を行うために転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用すれば自身でやるべきことが大幅に少なくなり、仕事を続けながらでも転職活動をすることができます。転職エージェントを利用して効率よく転職活動を行うことで希望の職業への転職を成功させましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


転職 めんどくさい

関連する投稿


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


転職エージェントでは理想の転職ができるけどめんどくさい?

転職エージェントでは理想の転職ができるけどめんどくさい?

転職エージェントを通せば、転職したい方にとっては数えられないほど多くのメリットがあると思います。しかしながら、正直めんどくさいという声を転職エージェントを利用して転職した方からよく聞きます。そのため、今回の記事では転職エージェントはめんどくさいのかどうかについて解説していきたいと思います。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。