仕事で鬱病と診断されたら退職の前に休職!すぐできる対処法

仕事で鬱病と診断されたら退職の前に休職!すぐできる対処法

仕事でストレスを感じていますか?職場では業務量が多くて自分の処理能力に合わなかったり、人間関係が合わなかったり様々なストレスがありますよね。そのようなストレスがを受け続けると鬱病を発症してしまう可能性があります。あなたは大丈夫ですか?


あなたは仕事が辛いですか?辛い理由はなんですか?

あなたはすでに鬱病を発症してしまっている可能性があります。鬱病は精神的な病気なので、なかなか気づくことができません。また、厄介なのが風邪などの病気と違い原因が明確にわからないため治すのに長い期間を要してしまいます。

ある調査によると、1年間の間に鬱病が原因で退職や休職をした人がいる事業所は全体の25%以上になるそうです。鬱病は誰にでも可能性があり、あなたが思っている以上に多くの人がかかっている病気です。

また、鬱病を引き起こす原因の1つに仕事でのストレスがあります。多くの人が仕事でストレスを抱えてしまい休職や退職に追い込まれてしまっています。

できるならば、軽い症状のうちに気づいて対策したいですね!

この記事では、あなたの鬱病の具合をチェックして、具合に合わせた対処法を紹介していきます!

あなたは鬱病かも?

鬱病とは、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。 脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。

鬱病チェック

以下、項目は鬱病のサインです。3つ以上の項目が2週間以上続いているならば、鬱病を疑っても良いです。2週間以上続いていなかったとしても、「昨日、同じような症状があったかも?」と思った方も鬱病になる可能性があるので、気になる方は早いうちに対策するといいでしょう。

⬜︎気分が重い
⬜︎何も楽しくないし、何も興味ない
⬜︎疲労は感じるが眠れない
⬜︎何かに急き立てられるような感覚がある
⬜︎自分を責めたり、自分に価値がないと感じる
⬜︎思考力が落ちる
⬜︎死にたくなる
⬜︎食欲がない
⬜︎体がだるい
⬜︎疲れやすい
⬜︎性欲がない
⬜︎頭痛や肩こり
⬜︎動悸
⬜︎胃の不快感
⬜︎便秘がち
⬜︎めまい
⬜︎口が乾く

仕事で鬱になるパターン

多くの人が仕事で鬱になってしまう原因は3つあります。

・長時間労働
・人間関係
・低賃金

長時間労働

長時間労働は、身体的、精神的の両方から悪影響を及ぼしてしまうので、最も対処すべき問題だと考えています。悪影響の例として、「身体的疲労」、「睡眠不足」、「プライベートがない不安」などが挙げられると思います。このような悪影響を長期間続けて受け続けると鬱病を引き起こしてしまいます。

労使協定必要残業時間:45時間/月
日本の平均残業時間:47時間/月
国が定める過労死時間:80時間/月

月の残業時間が45時間を超えるようであれば、労使協定を結ばなければならないという国の決まりがあります。(36協定)

なので、45時間/月のラインが人間が健康的に過ごすことができる残業時間となります。日本の平均残業時間が47時間/月ということから鬱病になる可能性がある人は労働者全体のうち半数以上いるということがわかります。

人間関係

人間関係での鬱病は子供から大人まで全ての年代の人が抱える可能性があります。学生の頃に友達からいじめを受けたり、教員からの理不尽な対応で鬱病になってしまった人もいるのではないでしょうか?

学生の頃と同じで、職場でも同じようなことが起こります。「社会人にもなって人間関係の悩みがあるの?」「大人しかいない、環境の中で人間関係の問題を引き起こすのは自分に原因があるんじゃないの?」と言われて心配になってしまう方もいるかと思いますが、安心してください。職場の人間関係で悩む人はたくさんいます。

例えば、「仕事でミスをして必要以上に責められた」、「性格が合わないという理由でいじめを受ける」、「上司のお気に入りになれなかったので理不尽な対応を受ける」など、世の中は理不尽なことが多いです。

低賃金

低賃金が原因で生活に必要な最低限の収入を得られなくて鬱病になってしまう人もいます。具体的な例としては「周りの人と同じくらい働いているのに給料が低いのは私に能力がないから」と自信を失ってしまうパターンと「頑張って働き続けても生活水準が上がらないので仕事へのやる気を失う」パターンがあります。また、低賃金がきっかけとなり、労働時間を増やす長時間労働につながり、鬱病を引き起こしてしまう人もいます。

鬱病になる前にできること

鬱病の症状が重ければ重いほど治るまでに時間がかかってしまいます。なので、少しでも鬱病かもしれないと思った方や鬱病チェックリストで当てはまる項目があった人は対処していく必要があります。

まずは、専門家に相談するところから始めましょう。専門家といってもインターネットで調べた情報では信用のない業者が対応している場合もあります。総合病院の精神科や心療内科、精神科専門のクリニックなどの信用できる期間に相談してみましょう。近くに該当の診療機関がない場合は、全国にある地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用して見ましょう!

信用のない情報を頼りに、「私は大丈夫」と自己判断してしまうと症状が深刻化してしまう可能性があります。

鬱病になってしまったら

仕事で鬱病になってしまうと、全てのことに対して無気力になってしまい、会社を辞めてしまいたくなります。ですが、「退職」の前に「休職」の選択をする方が望ましいです。

【休職のメリット】

・休職後に「退職」と「職場復帰」の選択権がある
・傷病手当金制度が受けられる

休職後に「退職」と「職場復帰」の選択権がある

休職期間は会社や就業年数によって異なってきますが、多くの場合は3ヶ月以上の期間休むことができます。長期間の休みで治療期間と合わせて、自分と向き合う時間を作ることができます。自分と向き合うことで、会社の良さがわかって職場復帰したいと思うことができたり、他にやりたいことが見つかり働くことの希望が見えてきたりするので選択権は残しておいた方がいいです。

また、鬱病治療の面からしても、治療後の居場所があることで精神的な不安を取り除くことができるので、早期の完治を見込むことができます。

傷病手当金制度が受けられる

傷病手当金とは、健康保険の加入者が、業務外の病気やケガで働くことができない状態になったとき、給与の2/3の額を最長で1年6ヶ月受け取ることができる制度です。

【傷病手当金の対象者】

・業務外の病気やケガで療養中であること
・仕事が出来ない状態であること
・連続する3日を含み、4日以上仕事に就けなかったこと
・休業期間中に給与の支払いがないこと
(ただし給与の支払いがあっても、傷病手当金の受給額よりも少ない場合は申請可能)

退職してしまうと、鬱病治療の期間中は収入がない状態が続きます。元々の貯蓄が少ない方であれば、通院料を支払うだけで精一杯で生活費を用意する余裕がないと思います。貯蓄がない状態が続くと精神的なストレスが溜まり鬱病治療を滞らせる原因にもなってしまうので、休職をして収入がある状態を保つことをオススメします。

月収が20万円の方ならば、最高で240万円の手当金を受け取ることができます。職場復帰するにも資金は必要になると思うので休職を有効活用しましょう。

休職後に退職を決意したら

数ヶ月間、自分と向き合ってみて退職を決意したのならば自分を信じるべきだと思います。おそらく、ほとんどの方が新しいキャリアを歩むために転職活動を始めるかと思います。この時に気をつけて欲しいのが、鬱病を完治してから次のステップに移ってください。鬱病は再発を繰り返しやすいので、一気に完治してしまった方が良いです。焦っても転職活動に失敗して悪循環に陥ってしまうので、自分のペースで進めていきましょう。

もし、自分の力だけで転職活動をうまく進める時間がなければ転職エージェントを利用してみてください。

・20代専門転職支援サービス顧客満足度NO.1
・マイナビ転職エージェントサーチで賞受賞
・無料カウンセリング
・内定率を5倍もあげている実績

以上のような強みがあるサービスです。

まとめ

仕事が原因で鬱病になってしまう人は少なくないです。症状が重くなっていくと完治が難しくすごく厄介な病気なので、気づいたら早めの対処をしましょう。

鬱病かも?と思った方は診療機関に相談に行きましょう。

そして、鬱病と診断されてしまった方は、「退職」の前に「休職」を挟むことをオススメします。安心できる状態でしっかりと休むことが鬱病完治への1番の近道です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでもあなたの役に立つことができれば幸いです。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!


派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

いつかは正社員になりたいな…派遣社員の方でそのように考えていませんか?正社員より仕事をしているけれど給料が少なくなってしまうのは、雇用形態状仕方がないことです。なので、もっと仕事で活躍したい!と思っている方は正社員になることを検討しましょう!


退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職するときに、会社へ返却するもの、転職先に提出するために受け取っておくべくものの整理は付いていますか?退職日が近くなってバタバタすると忘れてしまいますよ?退職後に、忘れ物を取りに会社へ行くのは恥ずかしいので事前に準備しておきましょう!


退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

失業保険の仕組みってややこしくてわからないですよね?そもそも失業保険はどのような人がどのような条件で適用されるものなのかもわかっていない人が多いかと思います。失業保険を有効活用することで、新しいキャリアを成功させるきっかけにもなります!


仕事でミスをしたら辞めるべき?対策とミスを減らす方法!

仕事でミスをしたら辞めるべき?対策とミスを減らす方法!

仕事でミスしてしまったことはありますか?仕事でミスをするとすごく焦ってしまいますし、ショックで立ち直れなくなってしまうこともありますよね。仕事のミスが引き起こした会社に与える損失が大きすぎた場合は、仕事を辞めることが得策の場合もあります。


最新の投稿


面接当日の辞退って出来るの?電話とメールどちらが良い?

面接当日の辞退って出来るの?電話とメールどちらが良い?

就職活動や転職活動を行なっていると、たくさん面接を受けると思います。スケジュールが被ったり、体調不良になったりと面接を辞退したい時ってありますよね。過密スケジュールの場合は、当日に辞退しなければいけなくなることもあるかと思います。そんな時の対処法を紹介していきます!


ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!


派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

いつかは正社員になりたいな…派遣社員の方でそのように考えていませんか?正社員より仕事をしているけれど給料が少なくなってしまうのは、雇用形態状仕方がないことです。なので、もっと仕事で活躍したい!と思っている方は正社員になることを検討しましょう!


退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職するときに、会社へ返却するもの、転職先に提出するために受け取っておくべくものの整理は付いていますか?退職日が近くなってバタバタすると忘れてしまいますよ?退職後に、忘れ物を取りに会社へ行くのは恥ずかしいので事前に準備しておきましょう!


退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

失業保険の仕組みってややこしくてわからないですよね?そもそも失業保険はどのような人がどのような条件で適用されるものなのかもわかっていない人が多いかと思います。失業保険を有効活用することで、新しいキャリアを成功させるきっかけにもなります!


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職