【残業したくない】残業は新人の宿命?残業が多い5つの理由

【残業したくない】残業は新人の宿命?残業が多い5つの理由

残業したくない!頭の中ではこのように考えているのに、上司や先輩社員から、「新人は残業するのが当然だ!」と言われてしまうと、断ることができませんよね。この記事では、残業をすることを反対しています。その理由について、様々な視点から説明しているので参考にしてみてください。


新人の宿命

「一次面接を担当してくれたあの人のようにかっこいいビジネスマンになりたい!」

プライベートと仕事の両立ができて、毎日がキラキラした日常を想像していたが、入社してみると現実はそう甘くなった。

「新人なんだからたくさん働いて」

「一年間はプライベートを充実させたいとか甘いこと言ってられないよ」

「先輩に働かせていいと思ってるの?」

「まだ、一人でできないの?」

入社前に想像していたかっこいいビジネスマンはいなく、新人をボロ雑巾のように扱う先輩社員たち。

最初のうちこそ、新人だからしょうがない。仕事を覚えるまでは耐えて、見返してやろうと思った。

しかし、時間が経つに連れて与えられた宿命について疑問を思うようになりました。毎日が残業で家と職場の往復で休む暇なんてありません。

本当にこれは新人の宿命なのでしょうか?

残業なんてしたくない!

残業をしなければいけない5つの理由

①残業をすることが正当化されている

部下をマネジメントできていない管理職は労働量だけで部下を評価しようとします。そうすると、効率的に業務を行うことが評価されなくなり、だらだらと残業をすることが正当化される組織となってしまいます。このような事態が続くと、残業をすることが当たり前の慣習がついてしまい、いわゆるブラック企業と呼ばれる労働者に過酷な労働を強いる会社になってしまいます。

②納期がギリギリの案件を受注する

下請け企業は、上流の企業からの発注を断ることができないので、必然的に残業が多くなります。例えば、納期が1日後の案件を受けても、得意先からの依頼は絶対なので、徹夜をしてでもこなさなければいけません。このように、商流が低い会社は利益率が低いビジネスモデルになってしまうので、量をこなすしかなく、残業が増えてしまいます。

③人材不足

日本の会社の多くが人材不足の問題に直面しています。少子高齢化などの社会的な問題が大きく影響しているので解決が難しい問題です。どれだけ効率的に業務を行っていても、一人当たりの仕事量には限界があるので、人材不足が激しい企業では残業が多くなってしまいます。

④仕事量が多い

悪質な会社では、残業をすることを前提として仕事を振っています。なので、業務時間内に仕事を終えることができるわけもなく残業をしなければいけなくなります。さらに、残業ができなかった場合には、残していた仕事が積み上がっていくので、毎日仕事に追われる生活になってしまいます。

⑤無駄な仕事が多い

効率的な働き方ができていない会社では、無駄な仕事をしている人が多く、労働時間が長くなる傾向があります。例えば、いつまでも紙媒体で仕事をしている会社は、IT技術を駆使して効率化している会社と比べて非効率的になってしまうので、どうしても残業が多くなってしまいます。

残業しないのは甘えなのか?

前述させて頂いた通り、残業時間が増えているほとんどの原因は会社にあります。そのような状況で、「残業しないことは甘え」と主張することは果たして正しいことなのでしょうか?

結論、残業をしないことは甘えではないです。残業時間が増えることは、会社としても労働者としても良いことがないので、残業を正当化することは間違っています。

残業がすることが一般的な会社はどうなる?

そもそも、人間が集中して業務を行うことには限界があるので、労働時間に比例して生産量は増えていきません。そのような、生産性の低い働き方をしているとどんどん会社は弱体化していきます。例えば、酷使された労働者たちは、より良い働き方を求めて離職していきます。その結果、人材不足問題が激化してより生産性が低くなるといった悪循環に陥ってしまいます。

残業している労働者はどうなる?

長時間残業は非常に効率が悪い働き方です。そのような働き方が習慣化すると質で結果を残せない労働者になってしまうので、労働市場価値が低くついてしまいます。そのような人を求める会社もないので、将来的にも成長できない労働者となってしまいます。

効率的に仕事をすることのメリット

成長する

ダラダラ仕事をする人と効率的に仕事をする人では数年で大きな差が生まれてしまいます。効率的に仕事ができる人は労働市場価値が高く、様々な企業から求められるので、より多くの経験を積むことができます。時間で価値を生み出すのではなく、労働の質で価値を生み出すことができる労働者になりましょう。

健康的な生活ができる

残業をしないことで生活習慣を改善することができます。例えば、睡眠時間を増やすことで生活の質を上げたり、健康寿命を伸ばすことで人生に豊かさは格段に上がりますよ。

プライベートが充実する

毎日の生活で仕事以外のことにも時間を使うことができれば、生活の質が上がります。例えば、ジムに通って運動をしていると仕事のストレスをリフレッシュできるので、仕事にも生活にも良い影響を与えることができると思います。

残業を強制しても誰も得しない

上述させて頂いた通り、残業をすることで得をする人は誰一人としていません。自分のためにも、会社のためにも、残業を強制するようなブラック企業で働いている方は転職を試みましょう。

実際に、残業を強制することは違法になる場合がほとんどなので拒否することができます。しかし、残業を拒否し続けると、パワハラを受けたり、その会社に居づらい雰囲気になってしまうこともあると思います。

残業を強制させてはいけない理由↓

残業を強制することは違法?断るための3つのオススメ方法!

https://taisyokuagent.com/articles/349

残業したくない!このように悩んでいる方は少なくないと思います。しかし、違法で残業の強要をすることに対して咎めることできる法律がないため、企業としてはやりたい放題できる状況となってしまっています。この記事では、違法で残業を強制された時の対策方法を紹介するので参考にしてみてください。

残業を強制するブラック企業から逃れたい人は転職を検討してみてください。残業が少ない会社を探すのは大変だと思うので、転職エージェントを利用してみてください。

オススメの転職エージェント↓

行列のできる転職相談所

残業が多い仕事

①一般事務

デスクワークは効率的に仕事を行う限界があり、与えられる仕事量が多くなりがちなので、残業が多くなる傾向があります。ルーティーン作業となりにくい仕事を選ぶか人材が豊富な会社で事務職を探すようにしましょう。

②デザイナー、エンジニア

デザイナーやエンジニアといった商流が低くなりやすい仕事は残業が多くなってしまう傾向があります。もし、デザイナーやエンジニアで残業がない働き方を希望するのであれば、商流が高い企業で働くようにしましょう、例えば、会社の中で企画から制作まで一貫して行なっている会社であれば、無理な発注を受けることもないので、理想の働き方ができると思います。

③工場勤務

多くの場合に、工場勤務の労働者は時給制になることが多いです。このように、労働時間で価値が変わる仕事は自分の成長に限界がある上に、酷使されやすい仕事になるので残業時間が多くなってしまいます。

④派遣、パート、バイト

派遣やパートやバイトといった、いわゆる正社員以外の雇用形態は、悪く言えば、使い切りといった労働を強制されてしまうことがあります。例えば、有期雇用の社員はいくらでも変えがきくので、酷使しようといった会社もあります。

正社員になりたい方は下記記事を参考にしてみてください。

フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

https://taisyokuagent.com/articles/331

フリーターの方がよく正社員として就職したいけれど、どんな職種、どんな方法で就職したら良いか分からないといった声をよく聞きます。そのため、今回はフリーターでも就職しやすい業種、職種や面接対策やオススメの転職エージェントまで詳しく紹介していきたいと思います。

残業したくなければ転職?

残業することのデメリットの多さを理解して頂けましたでしょうか?残業が多い仕事もいくつか紹介させていただきましたが、一例に過ぎず、実際はもっと多くの方が残業に悩んでいるかと思います。

しかし、残業は社会的な問題も影響しているため、解決することはなかなか難しいと言われています。一刻も早く残業を解消したい方には、違う会社で働くことを検討することをオススメします。

残業が少ない会社をお探しの方は、下記、転職エージェントを利用してみてください。

行列のできる転職相談所

まとめ

✔︎残業しないことは甘えではない!
✔︎残業は誰も得しない!
✔︎残業が嫌ならば転職!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 転職 残業

関連する投稿


40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代になり転職してみたいと思うようになった人はいませんか?会社を辞めたいけれど大丈夫なのかな?家族や将来のことが心配ですよね。この記事では、なぜ40代が会社を辞めたいと思うかを紹介するのでぜひ読んでみてください。


退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職する際に提出する退職願の紙には、何の紙を使えばいいか迷った経験はありませんか?大切な書類にコピー用紙を使っても良いのか不安ですよね。この記事では、退職願に利用する適切な紙について説明していくので参考にしてみてください。


フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

正社員とフリーターの違いについて知っていますか?例を挙げると、生涯賃金はおよそ3倍も違います。その他にもフリーターと正社員では様々なことが違うので、この記事で解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。


退職時にトラブルを起こさず円満退社するための退職理由4選

退職時にトラブルを起こさず円満退社するための退職理由4選

円満退職するには退職理由が重要です。退職するからといって、その時の感情に身を任せて言いたいことを言ってしまうと、自分が損をすることもあります。円満退職するためには、退職理由のどこに気をつけた方がいいかを紹介しますので、是非読んでみてください。


転職活動がめんどくさい…効率的に転職を成功させる方法!

転職活動がめんどくさい…効率的に転職を成功させる方法!

今の会社を辞めたいけれど転職先が見つからないから、なかなか辞めることができない。しかし、仕事終わりに転職活動をするのはめんどくさくてなかなか進まない人が多いかと思います。この記事では、転職活動を効率的に成功させる方法を紹介します。


最新の投稿


5人に1人が社内恋愛経験アリ!あなたの会社にいるかも!?

5人に1人が社内恋愛経験アリ!あなたの会社にいるかも!?

社内恋愛の経験がありますか?または、社内恋愛に憧れたことがありますか?今回、社会人に社内恋愛の経験を調査したところなんと20%が経験があるという結果になりました。この記事では、社内恋愛をすることのメリットやデメリットなどを詳しく説明していきます。


社会人で遅刻の経験が「一度もない」人って8割もいるの!?

社会人で遅刻の経験が「一度もない」人って8割もいるの!?

社会人になって遅刻してしまったことはありませんか?遅刻してしまうと仕事が遅れたりと様々な損失があると思います。しかし、損失を受けるのはあなただけではなく、関係者すべてです。この記事では、社会人として遅刻しないことが当たり前である理由を説明します。


40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代になり転職してみたいと思うようになった人はいませんか?会社を辞めたいけれど大丈夫なのかな?家族や将来のことが心配ですよね。この記事では、なぜ40代が会社を辞めたいと思うかを紹介するのでぜひ読んでみてください。


退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職する際に提出する退職願の紙には、何の紙を使えばいいか迷った経験はありませんか?大切な書類にコピー用紙を使っても良いのか不安ですよね。この記事では、退職願に利用する適切な紙について説明していくので参考にしてみてください。


フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

正社員とフリーターの違いについて知っていますか?例を挙げると、生涯賃金はおよそ3倍も違います。その他にもフリーターと正社員では様々なことが違うので、この記事で解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。