【残業したくない】残業は新人の宿命?残業が多い5つの理由

【残業したくない】残業は新人の宿命?残業が多い5つの理由

残業したくない!頭の中ではこのように考えているのに、上司や先輩社員から、「新人は残業するのが当然だ!」と言われてしまうと、断ることができませんよね。この記事では、残業をすることを反対しています。その理由について、様々な視点から説明しているので参考にしてみてください。


新人の宿命

「一次面接を担当してくれたあの人のようにかっこいいビジネスマンになりたい!」

プライベートと仕事の両立ができて、毎日がキラキラした日常を想像していたが、入社してみると現実はそう甘くなった。

「新人なんだからたくさん働いて」

「一年間はプライベートを充実させたいとか甘いこと言ってられないよ」

「先輩に働かせていいと思ってるの?」

「まだ、一人でできないの?」

入社前に想像していたかっこいいビジネスマンはいなく、新人をボロ雑巾のように扱う先輩社員たち。

最初のうちこそ、新人だからしょうがない。仕事を覚えるまでは耐えて、見返してやろうと思った。

しかし、時間が経つに連れて与えられた宿命について疑問を思うようになりました。毎日が残業で家と職場の往復で休む暇なんてありません。

本当にこれは新人の宿命なのでしょうか?

残業なんてしたくない!

残業をしなければいけない5つの理由

①残業をすることが正当化されている

部下をマネジメントできていない管理職は労働量だけで部下を評価しようとします。そうすると、効率的に業務を行うことが評価されなくなり、だらだらと残業をすることが正当化される組織となってしまいます。このような事態が続くと、残業をすることが当たり前の慣習がついてしまい、いわゆるブラック企業と呼ばれる労働者に過酷な労働を強いる会社になってしまいます。

②納期がギリギリの案件を受注する

下請け企業は、上流の企業からの発注を断ることができないので、必然的に残業が多くなります。例えば、納期が1日後の案件を受けても、得意先からの依頼は絶対なので、徹夜をしてでもこなさなければいけません。このように、商流が低い会社は利益率が低いビジネスモデルになってしまうので、量をこなすしかなく、残業が増えてしまいます。

③人材不足

日本の会社の多くが人材不足の問題に直面しています。少子高齢化などの社会的な問題が大きく影響しているので解決が難しい問題です。どれだけ効率的に業務を行っていても、一人当たりの仕事量には限界があるので、人材不足が激しい企業では残業が多くなってしまいます。

④仕事量が多い

悪質な会社では、残業をすることを前提として仕事を振っています。なので、業務時間内に仕事を終えることができるわけもなく残業をしなければいけなくなります。さらに、残業ができなかった場合には、残していた仕事が積み上がっていくので、毎日仕事に追われる生活になってしまいます。

⑤無駄な仕事が多い

効率的な働き方ができていない会社では、無駄な仕事をしている人が多く、労働時間が長くなる傾向があります。例えば、いつまでも紙媒体で仕事をしている会社は、IT技術を駆使して効率化している会社と比べて非効率的になってしまうので、どうしても残業が多くなってしまいます。

残業しないのは甘えなのか?

前述させて頂いた通り、残業時間が増えているほとんどの原因は会社にあります。そのような状況で、「残業しないことは甘え」と主張することは果たして正しいことなのでしょうか?

結論、残業をしないことは甘えではないです。残業時間が増えることは、会社としても労働者としても良いことがないので、残業を正当化することは間違っています。

残業がすることが一般的な会社はどうなる?

そもそも、人間が集中して業務を行うことには限界があるので、労働時間に比例して生産量は増えていきません。そのような、生産性の低い働き方をしているとどんどん会社は弱体化していきます。例えば、酷使された労働者たちは、より良い働き方を求めて離職していきます。その結果、人材不足問題が激化してより生産性が低くなるといった悪循環に陥ってしまいます。

残業している労働者はどうなる?

長時間残業は非常に効率が悪い働き方です。そのような働き方が習慣化すると質で結果を残せない労働者になってしまうので、労働市場価値が低くついてしまいます。そのような人を求める会社もないので、将来的にも成長できない労働者となってしまいます。

効率的に仕事をすることのメリット

成長する

ダラダラ仕事をする人と効率的に仕事をする人では数年で大きな差が生まれてしまいます。効率的に仕事ができる人は労働市場価値が高く、様々な企業から求められるので、より多くの経験を積むことができます。時間で価値を生み出すのではなく、労働の質で価値を生み出すことができる労働者になりましょう。

健康的な生活ができる

残業をしないことで生活習慣を改善することができます。例えば、睡眠時間を増やすことで生活の質を上げたり、健康寿命を伸ばすことで人生に豊かさは格段に上がりますよ。

プライベートが充実する

毎日の生活で仕事以外のことにも時間を使うことができれば、生活の質が上がります。例えば、ジムに通って運動をしていると仕事のストレスをリフレッシュできるので、仕事にも生活にも良い影響を与えることができると思います。

残業を強制しても誰も得しない

上述させて頂いた通り、残業をすることで得をする人は誰一人としていません。自分のためにも、会社のためにも、残業を強制するようなブラック企業で働いている方は転職を試みましょう。

実際に、残業を強制することは違法になる場合がほとんどなので拒否することができます。しかし、残業を拒否し続けると、パワハラを受けたり、その会社に居づらい雰囲気になってしまうこともあると思います。

残業を強制させてはいけない理由↓

残業を強制することは違法?断るための3つのオススメ方法!

https://taisyokuagent.com/articles/349

残業したくない!このように悩んでいる方は少なくないと思います。しかし、違法で残業の強要をすることに対して咎めることできる法律がないため、企業としてはやりたい放題できる状況となってしまっています。この記事では、違法で残業を強制された時の対策方法を紹介するので参考にしてみてください。

残業を強制するブラック企業から逃れたい人は転職を検討してみてください。残業が少ない会社を探すのは大変だと思うので、転職エージェントを利用してみてください。

オススメの転職エージェント↓

行列のできる転職相談所

残業が多い仕事

①一般事務

デスクワークは効率的に仕事を行う限界があり、与えられる仕事量が多くなりがちなので、残業が多くなる傾向があります。ルーティーン作業となりにくい仕事を選ぶか人材が豊富な会社で事務職を探すようにしましょう。

②デザイナー、エンジニア

デザイナーやエンジニアといった商流が低くなりやすい仕事は残業が多くなってしまう傾向があります。もし、デザイナーやエンジニアで残業がない働き方を希望するのであれば、商流が高い企業で働くようにしましょう、例えば、会社の中で企画から制作まで一貫して行なっている会社であれば、無理な発注を受けることもないので、理想の働き方ができると思います。

③工場勤務

多くの場合に、工場勤務の労働者は時給制になることが多いです。このように、労働時間で価値が変わる仕事は自分の成長に限界がある上に、酷使されやすい仕事になるので残業時間が多くなってしまいます。

④派遣、パート、バイト

派遣やパートやバイトといった、いわゆる正社員以外の雇用形態は、悪く言えば、使い切りといった労働を強制されてしまうことがあります。例えば、有期雇用の社員はいくらでも変えがきくので、酷使しようといった会社もあります。

正社員になりたい方は下記記事を参考にしてみてください。

フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

https://taisyokuagent.com/articles/331

フリーターの方がよく正社員として就職したいけれど、どんな職種、どんな方法で就職したら良いか分からないといった声をよく聞きます。そのため、今回はフリーターでも就職しやすい業種、職種や面接対策やオススメの転職エージェントまで詳しく紹介していきたいと思います。

残業している人の気持ち

本当はいち早く家に帰りたい派

私は仕事よりも楽しいことをしている方を選びたいのです。仕事をする目的は楽しい生活を送るためです。享楽を楽しみに日々の仕事を頑張ろうと思っている人なので、いち早く家に帰りたいし、友人や恋人と遊ぶ時間を仕事に取られたくはありません。

これを言うと、甘えだと言う人もいるでしょうが、人それぞれ好きなもの嫌いなものや、頑張るモチベーションが違うのは当たり前です。

出世のため地位のためがモチベーションでないひとに残業を無理やり押し付けたり、残業しないで帰るのは甘えだと揶揄されるのはおかしな話だと思います。

(28歳・金融)


少しでも長く仕事をしていたい派

私は少しでも長く仕事をしたいと思っています。ですので、残業は当たり前だと思っています。なぜそこまで残業を嫌がるのか理解できません。

残業すればお給料も残業代が支払われるし、自分の仕事の幅も広がります。仕事をする時間が多くなるので、結果も出しやすくなります。上司からの評価や、他の同期とも差がつけられるので私は残業をどんどんやりたいなと思っています。

(24歳・コンサル)

残業したくなければ転職?

残業することのデメリットの多さを理解して頂けましたでしょうか?残業が多い仕事もいくつか紹介させていただきましたが、一例に過ぎず、実際はもっと多くの方が残業に悩んでいるかと思います。

しかし、残業は社会的な問題も影響しているため、解決することはなかなか難しいと言われています。一刻も早く残業を解消したい方には、違う会社で働くことを検討することをオススメします。

残業が少ない会社をお探しの方は、下記、転職エージェントを利用してみてください。

行列のできる転職相談所

残業を断れない理由

人間関係

もし残業を断ったら会社の人間関係が悪化してしまうと言う考えや残業を断るという習慣がない企業では断れないと言うケースが多くあります。
しかし、今日は帰ります!と明るくさらっと言えば残業などは断ることができると思います。
意外と周りも早く帰ることに寛容だったりするので自分から働く環境を変えてみることも大切です。

金銭的な問題

残業をすれば手当がつくという会社は進んで残業をしている人が沢山います。また仕事の量を増やせば、お給料も上がるというインセンティブの人もいるでしょう。そのような人たちには金銭的な面において残業をしていた方がいいと思うでしょう。
確かに仕事を数多くこなせば自分自身の昇級にも繋がるので金銭的な面で残業をやめられないと言う人は多いでしょう。

残業をしたくないなら効率的に仕事をしよう

オンとオフの切り替えをする

だらだら仕事をしてしまうと、いつまでたっても仕事が終わりませんよね。オンとオフの仕事を切り替えてやることで仕事に対する働き方が変わります。また集中して仕事に取りかかれるので、充実感も味わえるでしょう。

優先順位の高いものからとりかかる

優先順位の高いものから仕事ができる人は、仕事ができる人と言われています。今やらなければいけない緊急のものから後回しにしてもいいものまで大小様々なタスクがあると思いますが、常に優先順位をつけて仕事に取りかかることが大切です。

パソコンのショートカットキーを覚える

パソコンのショートカットキーを覚えれば、時間ロスの軽減になります。いちいちマウスを動かす必要が無くなります。ショートカットキーは調べればすぐに出てきますし、覚えるのもすぐできます。コピーヤペーストがいち早くできれば作業効率時間が高くなります。

BGMをかけながら仕事をする

BGMで仕事が捗る曲のプレイリストなどありますよね。あれをかけるだけでも仕事が早くなったりします。癒し効果もあるので、仕事を頑張れそうですよね。自分の好きな歌手や集中できる曲を聴いて仕事を頑張りましょう。

理解力を上げる

仕事=理解力だと考える人も多いでしょう。理解力が上がればすぐに仕事に取りかかれますし、仕事をこなすのも早いです。理解が追いつけばゲームのように仕事をしていけると言う人もいるでしょう。理解力を上げるためには沢山の本を読んだり、自分よりも頭のいい人とお話をしたりすることで理解力が上がってきます。

○時までに絶対帰ると言い聞かせる

制限時間を設けると人間は集中力が上がるそうです。いつまでに帰ると徹底的に叩き込めばなかなか終わらない仕事も終わるようになります。細かく時間制限をして午前中までにはあの案件を終わらせるというように自分でスケジュール管理をしていきましょう。

わからない仕事は助けを求める

仕事をする上で、この仕事少しわからないなと思うものも出てくるでしょう。その時に一人で何時間も考え込んだりせずに身近な先輩や同期、前担当の人に聞いてみましょう。そうすることで仕事の時間ロスが減ります。

部下がいるなら仕事を割り振る

もしあなたに後輩がいるなら簡単なタスクはそちらに任せていきましょう。後輩は案外、仕事が物足りないと思っていたり、他のタスクもやってみたいと思っていると言う人もいます。

残業しないで早く帰れる言い訳

両親の介護

家族の予定はやはり言い訳には最適です。使いすぎると、怪しまれるので注意してください。両親の介護やお見舞いがあってと言う理由でしたら残業を断る理由になりますよね。上司や企業もそれを止めるわけにはいきません。

先方の約束

先方との約束があるので帰ります!と言えば行ってらっしゃいとの雰囲気になるでしょう。取引先ですと、今後のお付き合いもあるので先方との約束を台無しにすることはできません。

子供の送り迎え

子供の送り迎えはとても有効です。親としての責務を果たさなければいけませんし、もし残業で遅くなったりしたら預かってもらっているところに迷惑がかかります。
子供の送り迎えは安全の面でもしなければならないですよね。「毎週月曜日は息子の送り迎えが必要なんです」と伝えることや、「甥の送り迎えがあります」と伝えるのもいいでしょう。

家族の記念日

家族の記念日だと例えば旦那さんの誕生日や結婚記念日があると残業しない理由になります。家族の記念日は他にも祖父母の還暦祝いであったり、銀婚式などもありますよね。積極的に探して残業を減らしていきましょう。

終電が早い

家が片道2時間以上かかると言う場所に住んでいる人ならば、終電が早いので早めに帰りますと言えるでしょう。終電の速さや家の遠さは勤務をするにおいて考慮されるべきものです。もし帰れなくなったら、会社に寝泊まりしなければなりません。

体調不良

「今日は少し頭痛がするので」「喉が痛いので」というように体調不良と言うワードは絶対的に残業を断る理由になります。体調不良が原因ならば仕方ないですよね。無理して体調が悪くなっても働かせる会社はよくありません。そんな会社ならやめてやりましょう。

残業がストレスなら上司に相談しよう

直属の上司に相談して仕事量を減らす

直属の上司に相談して仕事を減らせるかの打診をしましょう。そうすれば大目に見てくれるようになりますし、残業の時間も物理的に減るでしょう。

部署の異動を検討してみる

部署によっては全く忙しくないところと忙しすぎるというところがありますよね。もし残業が嫌すぎるのならば部署間の異動を考えて見ましょう。
上司と合わないと言う理由でも異動できるのが現在なので、ぜひ相談して見てください。

上司と合わない時は異動できる?転職は?実体験に学ぶ解決策 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/386

上司となかなか合わず、成績も不振気味…そんな時果たして異動届を出したら受理されるのでしょうか。今回は悩める上司との人間関係にクローズアップします。最後まで御覧ください。

残業なんてしなくていい!

私たちは所詮会社のコマでしかありません。残業を迫るような会社でしたらより一層この考えが大きいでしょう。残業を強要してくるような会社は未来もないですし、従業員のことを大切に思っていない時点で良い企業とは言えないでしょう。
残業はしなくてもいいのです。残業=当たり前の日本文化の古い考え方がよくないです。

まとめ

✔︎残業しないことは甘えではない!
✔︎残業は誰も得しない!
✔︎残業が嫌ならば転職!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 転職 残業

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間は原則何時間まで?36協定とは?法律、罰則も紹介

残業時間は原則何時間まで?36協定とは?法律、罰則も紹介

皆さん、普段残業をしていて残業時間は何時間まで何だろう?と疑問に思ったことはありませんか?今回の記事では、そんな皆さんのために残業時間に関する法律や罰則を詳しく紹介していきます。さらに、合わせて36協定についても詳しく解説していきたいと思います。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。