会社を辞めたいあなたにオススメのサービス、「退職代行」

会社を辞めたいあなたにオススメのサービス、「退職代行」

「会社をやめたい」と悩んでいる方にオススメのサービスがあります。それは「退職代行」です。退職代行は、会社を辞めたくても辞めることができない人をサポートするためのサービスです。日本にはブラック企業と呼ばれる会社が多いことから、人気沸騰中のサービスとなります。


退職代行とは

まずはじめに、退職代行とはどのようなものかを説明していきます。退職代行とは、退職を希望しているにも関わらず退職を認めてくれないときや、退職を希望することが難しい雰囲気であるとき、退職希望者の代わりに退職を代行してくれるサービスのことです。
簡単に言ってしまうと、「あなたの代わりに退職してくれる」サービスです。

退職代行の具体的な業務

退職代行には、主に二つの業務があります。

退職する意思を退職希望者に変わって会社に伝える

退職代行を利用する人の多くは、自分の力では退職できない人です。

会社と退職希望者を仲介

会社に退職意思を伝えた後、貸与品の返却など様々なやりとりが必要です。そのやりとりを、退職希望者の代わりに行います。

退職代行を営む会社

退職代行業者

退職代行業者は、法律関係の業務を行うことができません。そのため、退職希望者の退職意思を伝えることはできますが、それ以上のことはできません。貸与品などの返却は代行会社が行うのではなく、希望者が郵送することによって行なっています。

法律事務所

法律事務所は、上記の具体的業務に加えて「法律業務」を行うことができます。

退職金、残業代、退職日の調整、有休消化などの交渉を会社と行う場合は、弁護士資格が必要となります。

ポイント

法律業務を行うことができる会社かどうかを気にするのは面倒ですよね。
退職代行では法律業務に当たるかどうか曖昧なものもあるので、トラブルに発展する可能性があります。

そのため、以下の二つのポイントを抑えることでトラブルを回避しましょう。

法律事務所に依頼する

法律業務全般を行なってくれるため、心配する必要はありません。

実績のある退職代行業者を選ぶ

退職代行サービスは、新しくできたサービスですが、その中でも実績のある退職代行業者に依頼しましょう。実績があるということは、多くの依頼者がいるということなので安心して利用できます。

記事の後半にオススメの退職代行業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

退職代行のメリット

直接退職の意思を伝える必要がない。

退職代行というサービスは、新しいサービスであるため「退職することを自分で言えないのか」と考える人もいます。しかし、退職させてくれないブラック企業が存在することも事実です。そのため、退職できないことに悩んでいる人にとっては便利なサービスです。

即日退職できる

仕事が辛くて耐えられない人が多くいます。
耐えられなくなる日はいきなり訪れると言われており、家に帰った瞬間、朝起きた瞬間に「今日、会社に行きたくない」と思う人が増えています。 退職代行では、即日退職することを可能にしています。基本的に退職するためには、2週間前までに、退職意思を伝えることが決められていますが、退職までの2週間は、有給休暇を取得することで、退職願を提出したその日から出社する必要がなくなります。新入社員の方や、病欠などで有給を消化している方も、退職日まで欠勤する旨を伝えることで、即日退職することができます。

下記の記事で、退職代行のメリットを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【最新版】「退職代行」を利用するメリットは何なのか?

https://taisyokuagent.com/articles/211

退職代行という言葉が、世間に認知され始めていますよね。退職くらい自分でできるから必要ないという意見も聞きますが、実際のところ利用者は増加し続けています。それでは、そこまで退職代行が人気な理由は何なのか?退職代行を利用するメリットについて紹介していきます。

オススメ退職代行業者

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所は退職代行を行なっている「法律事務所」です。
法律事務所が行う退職代行は、法律業務を全て行ってくれるため、トラブルに発展する可能性がありません。

汐留パートナーズ法律事務所のオススメポイント
1.法律事務所
2.即日対応
3.相談料無料

退職代行 ニコイチ

退職代行実績14年、退職成功人数4575人と「実績」十分のニコイチ

ニコイチのオススメポイント
1.即日対応、申し込みから最短10分で職場に退職電話が可能
2.退職できない場合は、全額返金
3.費用は追加料金なしの28,000円
4.正社員、アルバイトなど雇用形態が異なっても一律28,000円
5.心理カウンセラーが在籍しており、メンタル面のサポートを行ってくれる

EXIT

退職代行を世の中に認知させたパイオニアである「EXIT」

EXITのオススメポイント
1.即日対応
2.会社への連絡不要、貸与品の返却も郵送
3.次の職場が合わないときは、次回以降1万円引き
4.メディア掲載実績は業界NO.1
5.相談→振込→連絡で退職完了
6.転職決定人数NO.1のワークポートと提携しているため、再就職の心配無用
7.費用は、追加料金なしの正社員契約社員50,000円、アルバイトパートは30,000円

まとめ

会社を辞めたいと考えている人にオススメのサービスは「退職代行」です。退職代行を利用することで、会社を退職したいという願いを叶えることができます。しかし、怪しい退職代行業者も増加しているのでぜひ「オススメの退職代行業者」に依頼しましょう!

この記事のライター

転職の参考になる記事をどんどん書いていきます!

関連するキーワード


退職代行 退職 退職

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。