クールビズ期間中の就活において”あの“服装が正解だった?

クールビズ期間中の就活において”あの“服装が正解だった?

就活生にとって「クールビズ期間」の服装は悩みのタネの一つです。「クールビズ指定」がない限りは、 "あの"服装で臨みましょう。また、「クールビズ指定」がある場合でも "あの"服装で臨むことが一番無難です。


クールビズとは

クールビズとは、2005年から政府、環境省が提唱し始めた冷房使用時の室温を28度に保ち、快適に過ごす運動のことです。主に、「冷房温度適正化」と「その温度に適した服装」を呼びかけています。

本記事は、「就活生」を対象としている記事なので、後者の「温度に適した服装」について説明していきたいと思います。

クールビズ期間

2019年度のクールビズ期間は、5/1から9/30までです。しかし、地球温暖化が進行している現代において10月の夏日は珍しくありません。昨年の10月は、25度を超える夏日が6日ありました。そのため、クールビズについては企業の判断によって「服装」「期間」が委任されています。

クールビズと就活

「クールビズ」と「就活」は、就活生にとって悩みのタネの一つです。
クールビズ期間にどのような服装をすればいいのか就活生であれば一度は考えたことがあると思います。就活生の「クールビズ期間中の服装」に焦点を当てて説明していきます。

クールビズ指定がある場合

南北に長い日本においては、地域によってクールビズ「期間」、「服装」が異なります。
そのため、企業によってクールビズの考え方が異なります。

オススメスタイル

「クールビズ指定」がある場合でも、「リクルートスーツ」をオススメします。
前述したように、クールビズの考え方は企業によって異なります。そのため、クールビズを意識しすぎて「半袖、ノーネクタイ、ノージャケット」で面接に臨むと企業によってはいい印象を与えない可能性があります。

どの企業でも絶対に外さないスタイルが、普段のリクルートスーツです。

しかし、「オススメスタイルでは暑すぎる!」と思われる人もいますよね。
下記では、男女別にクールビズに適したスタイルを説明していきます。

男性のクールビズスタイル

ノーネクタイ

ネクタイのみ外すスタイルです。そのため、ジャケット+シャツのスタイルとなります。
クールビズスタイルの中では、一番フォーマルなスタイルと言えます。

ネクタイを外す理由としては、一番熱を溜め込む原因だからです。
ネクタイは、首元を締めるため体の熱を外に逃がすことができません。

ノージャケット

ジャケットのみ外すスタイルです。そのため、ネクタイ+シャツのスタイルとなります。

ジャケットはネクタイと違い、夏用のジャケットを購入するなど個々の工夫によって暑さを軽減できます。

ノージャケット、ノーネクタイ

ネクタイ、ジャケットを共に外すスタイルです。そのため、シャツのみのスタイルとなります。一般的なクールビズスタイルですが、3種類の中では一番カジュアルと言われています。

女性のクールビズスタイル

女性の場合は、「ノージャケット」スタイルが一般的です。しかし、ストッキングなどを着用することで「肌の露出」は最小限に抑えましょう。

注意点

露出を避ける

女性

夏になると体の露出が増えますが、面接においてはいい印象を与えません。
そのため、ストッキングを着用しましょう。

男性

「ノーネクタイ、ノージャケット」スタイルにおいては、シャツ選びが重要となります。
しかし、「半袖」「腕まくり」は避けましょう。半袖シャツは面接官によってはいい印象を与えないので、迷ったら「長袖」にしましょう。また、長袖シャツを腕まくりする人が多くいます。しかし、だらしない印象を与えてしまうので、ボタンまでしっかりと止めましょう。

インナーを着用

女性の場合は、下着が透けることを防ぐためです。男性の場合は、汗によってシャツが吸い付かないようにするためです。

制汗対策

汗まみれで面接に挑むのではなく、汗拭きシートなどで汗を拭いてから面接に臨みましょう。夏は、「清潔感」への意識が顕著に現れるので注意してください。

クールビズ期間の面接

クールビズ期間に面接がある場合、自分の判断で「クールビズスタイル」にすることを絶対にしないでください。クールビズかどうか決めるのは、「企業」です。

「弊社はクールビズを推奨しています」

上記のように、明確に「クールビズ指定」していない企業があります。
クールビズにするか迷う場合は、「リクルートスーツ」でいきましょう。
リクルートスーツが一番無難な選択です。

まとめ

就活において「クールビズ指定」がない限り、男の人も女の人もリクルートスーツで面接に臨みましょう。クールビズ指定がある場合は、「リクルートスーツ」「ノーネクタイ」、「ノージャケット」、「ノーネクタイ、ノージャケット」のいずれかを選択しましょう。
後者になる程カジュアルになるため、服装で迷う人は「リクルートスーツ」にしましょう。

この記事のライター

転職の参考になる記事をどんどん書いていきます!

関連するキーワード


クールビズ

関連する投稿


あなたは大丈夫?クールビズのジャケットの着こなしのコツ!

あなたは大丈夫?クールビズのジャケットの着こなしのコツ!

暖かくなってそろそろ夏だなと感じた頃にクールビズは始まります。クールビズという言葉は最近はもう聴き慣れてきたかもしれませんが、実際にクールビズがどのようなものなのかを実感している人は少ないかもしれません。ジャケットを着るべきかどうか、シャツは半袖でもいいのかなどと不確かなことがたくさんあると思います。この記事を読んでそんな疑問を解決しましょう。


クールビズとは?わかっているようで実はわかっていない知識

クールビズとは?わかっているようで実はわかっていない知識

クールビズとは、2005年から政府、環境省が提唱し始めた「冷房使用時の室温を28度に保ち快適に過ごす」運動です。しかし、クールビズとは環境省が促進している「COOL CHOICE」の一環であるため、クールビズを知るためには、まずクールチョイスを知る必要があります。


女性のクールビズって何が正解?女性版コーディネート紹介!

女性のクールビズって何が正解?女性版コーディネート紹介!

女性の方でクールビズではどのような服装で出勤すれば良いのか悩んでいる方が多いと思います。特に、女性は服装に気を使う人が多いので正解が知りたいですよね。この記事では、クールビズのポイントからコーディネートまで詳しく説明しているので参考にしてみてください。


クールビズはいつからいつまで?5月1日から◯月◯日まで!

クールビズはいつからいつまで?5月1日から◯月◯日まで!

クールビズという言葉をよくニュースで聞くことが多いですが、具体的にはいつからいつまでなのか、どれほどの服装が許されているのか、など細かい部分までわかっている人は少ないのではないでしょうか。そして最近はスーパークールビズという言葉も生まれました。細かく見ていきましょう。


クールビズはシャツスタイルがおすすめ?夏服選びのポイント

クールビズはシャツスタイルがおすすめ?夏服選びのポイント

クールビズでは、どのような服装が適しているのか、いまいちわからないですよね。ラフな格好でも許されるというけれど、どの程度まで許されるのか?この記事では、特にオススメのシャツスタイルをお勧めします。NGや注意点も含めて説明していくので参考にしてみてください。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。