フリーターでも知らなければいけない税金のあれこれ

フリーターでも知らなければいけない税金のあれこれ

フリーターだから税金のことなんて知らなくていいやなんて思っていませんか。それは大間違いです!フリーターだからこそ知っておくべきことなど、たくさんあります。それを知ることで今よりも所得が増加することも考えられます。基礎知識として身につけておきましょう。


1.所得と収入は違う?

所得と収入を同義だと思っている人がとても多いですが、この二つはかなり違います。収入は、税金など諸々を引かれる前の給料の総額のことを言い、所得はそれらが全て引かれた後の残りのことを言います。税金を計算する際などに必要になってくるので覚えておいてください。

2.支払う税金の種類

①所得税

フリーターでアルバイトなどによる収入を得ている人は、年収が103万円以上になった場合に所得税を支払います。103万円以下だった場合、所得控除というものがありますので、所得税を払う必要はありません。それ以上の収入を得る場合は、累進課税制度によって税率が変わってきます。
・195万円以下:税率5%、控除なし
・195万円〜330万円:税率10%、控除額97500円
・330万円〜695万円:税率15%、控除額427500円

②住民税

住民税も国民全員が支払わなくてはいけない税金の一つですので、フリーターの方も支払う義務があります。住民税は、1月1日に居住していた地域に支払い、金額は前年度の所得の10%です。しかし、地域によっては「所得割」「均等割」といったものが違い支払う割合が異なることもあります。

3.支払う保険の種類

①国民健康保険

国民全員が加入しなくてはいけないのが国民健康保険です。しかし、加入しておけば、最高で医療費を3割負担してくれることもあり、場合によっては得をする可能性もあります。しかし、仮に親が社会保険に加入していた場合、自分の年収が130万円以下であれば親の健康保険の扶養者として加入できます。補足ですが、社会保険は、勤務先が501人以上の従業員が勤める大企業で1ヶ月8万8千円以上の収入がある学生以外の人間であれば、加入が義務付けられたいます。親の加入の有無を確認しておくといいでしょう。

②国民年金

国民年金は20歳になったら支払いを始めなくてはいけません。この国民年金には猶予などが認められていますが、基本的には支払うことをお勧めします。老後になってもらえる金額が増えるのもそうですが、それだけではありません。怪我を折ってしまった時などに年金がもらえる「障害年金」や、自分が死んだ時に遺族に年金を残せる「遺族年金」なども加入できます。

4.払い方はどうするのか

基本的にこれらの支払いは給料から天引きされているので心配する必要がありません。しかし、もしもバイトを掛け持ちしている場合は自分で確定申告をするようにしましょう。年収が合計で103万円をギリギリ超えていなかった場合や、超えていた場合でも少し戻ってくる場合があります。確定申告をしっかりしておくことで細かい部分で得できるかもしれません。

5.控除

国民からは最低限度の生活ができないほどに税金を取ることはしません。ですので、基礎控除というものがあります。所得税は、38万円以下、住民税は33万円の控除を得ることができます。また、扶養控除というものもあります。16歳以上19歳未満の子供がいる場合は、38万円、19歳位以上23歳以下の子供がいる場合は、学費などがかかると想定されるので、63万円の控除が受けられます。気をつけなくてはいけないのは、親の被扶養者となっている場合です。年収103万円を超えてしまった場合、扶養者から税金を取られるようになります。

6.高い税金に悩まされている場合

税金が多く取られていて、生活に支障をきたしている場合、状況は限定的ではありますが、対策はあります。自分の兄弟が働いていない場合に自分の親族にすることで、扶養者がいるということで控除を受けることができます。また、手続きをすることによってある程度の恩恵は受けつつ、年金支払いの猶予が与えられます。どうしてもお金が今必要な場合はその方法をとってもいいでしょう。

7.だいたい平均でいくらくらい取られているのか

年収が180万円、月15万円の年収を得ているフリーターが実際に手元にどのくらい残されるかを考えてみましょう。東京に住んでいて、家賃が4万円くらいの場合を想定して考えてみましょう。光熱費とかも含めて考えた場合、手元に残るのは4万円くらいになります。食費や交通費を含めて月に4万円くらいだけしか使えないと考えるとかなり苦しい生活を強いられるかもしれません。

8.まとめ

税金については考えなくてはいけないことがたくさんあり、考えるときりがないですが、詳しく知りたいと思ったら自ら確定申告をしてみましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


税金 フリーター

関連する投稿


給料手渡しのバイトも税金かかる?所得税や源泉徴収は?103万円の壁

給料手渡しのバイトも税金かかる?所得税や源泉徴収は?103万円の壁

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


女性のフリーターは幸せになれないは嘘? 結婚までの道のり

女性のフリーターは幸せになれないは嘘? 結婚までの道のり

よく女性のフリーターは結婚できず独身と耳にしますが、そんなことは全くありません!フリーターでも幸せを手にすることはできます。そこで今回は、どうやってフリーターが幸せを手にしたのかを詳しくまとめました!ぜひ参考にしてみてください。


フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターの方がよく正社員として就職したいけれど、どんな職種、どんな方法で就職したら良いか分からないといった声をよく聞きます。そのため、今回はフリーターでも就職しやすい業種、職種や面接対策やオススメの転職エージェントまで詳しく紹介していきたいと思います。


フリーターの確定申告どうすればいいの?【まるわかりガイド】

フリーターの確定申告どうすればいいの?【まるわかりガイド】

フリーターの確定申告ってどうすればいいのかわからないという方が多いと思います。そこで今回はこれさえ見れば、フリーターの確定申告を網羅できる記事を用意しました。 わかりやすくポイントを抑えながらまとめてみたので、ぜひチェックしてください!


フリーターも年金をもらえる?保険料を滞納してしまったら?

フリーターも年金をもらえる?保険料を滞納してしまったら?

フリーターでも年金をもらうことができるのか気になりますよね。特に、フリーターは収入が少ないので、将来の貯蓄額に不安があると思います。年金をもらえるかどうかで大きく変わると思います。この記事では、フリーターでも年金をもらえ流のかを説明します。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。