フリーターも年金をもらえる?保険料を滞納してしまったら?

フリーターも年金をもらえる?保険料を滞納してしまったら?

フリーターでも年金をもらうことができるのか気になりますよね。特に、フリーターは収入が少ないので、将来の貯蓄額に不安があると思います。年金をもらえるかどうかで大きく変わると思います。この記事では、フリーターでも年金をもらえ流のかを説明します。


年金とは?

年金の種類

年金の正式名称は、公的年金です。この、公的年金は、加入する人の働き方によって3種類に分類されます。

①国民年金

日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が対象。

②厚生年金

厚生年金保険の適用を受けている会社に勤める従業員のすべてが対象。

③共済年金

国家公務員、地方公務員や私立学校の教員などとして常時勤務する人。

フリーターの場合は、①の国民年金の対象者となります。なので、国民年金を支払う義務があります。(1ヶ月当たりの保険料は16,410円となっています。)

フリーターは国民年金の被保険者となれるのか?

先ほど、フリーターは国民年金の対象者となることを説明しましたが、国民年金の被保険者も3種類に分けられます。

①第1号被保険者

日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者の方。

②第2号被保険者

国民年金の加入者のうち、民間会社員や公務員など厚生年金、共済の加入者。

③第3号被保険者

国民年金の加入者のうち、厚生年金、共済年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収130万円未満)の人。

フリーターの場合は、①の第1号被保険者と③の第3号被保険者に該当する可能性があります。年収が130万円未満の場合は、③になり、それ以外の方は①に該当するかと思います。

フリーターは公的年金をもらえるのか?

前述した通り、フリーターでも、第1号被保険者か第3号被保険者になれば、公的年金を受け取ることができます。それでは、具体的にはどのような手続きや保険料の支払いをしていれば、公的年金を受け取ることができるのかを説明していきます。

国民年金保険料の支払いが必要

当たり前ですが、公的年金を受け取るためには国民年金保険料の支払いが必要です。第1号被保険者の場合は、1ヶ月当たりの保険料は16,410円となっています。ただし、第3号被保険者の場合は、配偶者が加入している年金制度が負担をするため、自己負担はありません。

国民年金保険の免除手続きをする

20~50歳かつ所得が一定額以下という条件に限り、国民年金保険の免除手続き、または、納付猶予を与えてもらうことができます。

【保険料免除制度】

全額免除:前年所得=(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円の範囲内にある場合
3/4免除:前年所得=78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
半額免除:前年所得=118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
1/4免除:前年所得=158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

【保険料納付猶予制度】

(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

国民年金保険料は年額にして20万円ほど必要になるので、フリーターの方にとってはかなりの負担になっていると思います。保険料免除制度や保険料納付猶予制度を利用することで、生活に余裕を持つことができる人も増えるのではないでしょうか?ただ、免除金額によって、将来、受け取ることができる公的年金の額が減ってしまうので、覚えておいてください。

【保険料免除制度の利用者が受け取ることができる公的年金額】

全額免除:半分
3/4免除:5/8
半額免除:3/4
1/4免除:7/8

国民年金保険料が未納の場合は、追納をする

先ほど、保険料納付猶予制度を紹介させていただきましたが、保険料納付猶予制度を利用した未納分は猶予期間経過後に追納する必要があります。そのまま、保険料を滞納し続けると、延滞金の請求や財産差し押さえなどの処置をされるので、追納は必ずしましょう。

正社員に転職する

保険料免除制度と保険料納付猶予制度のどちらも利用したくないという方もいるかと思います。そのような方は、フリーターを辞めて正社員として働くことをオススメします。正社員になれば、フリーターと比較して給料が大幅に上がるので、国民年金保険料を払えないほど、お金に困ることもないでしょう。また、正社員になれば、第2号被保険者として国民年金に加入することになるので、企業が保険料の半額を請け負ってくれます。つまり、将来受け取ることができる公的年金の金額も増えるので将来のことを考えている方にはオススメです。

20代で転職したい方はマイナビに登録!!!
20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

年金の払い方

国民年金の保険料は、全国の銀行、農協、漁協、信用組合、信用金庫及び郵便局で納めることができるほか、コンビニエンスストアやインターネットなどを利用して納めることができます。

フリーターの場合はいくら払えば良い?

フリーターが第1号被保険者として、国民年金を支払う場合、1カ月当たりの保険料は
16,410円となっています。

公的年金も税金を支払わなければいけない?

公的年金のうち、障害年金と遺族年金は非課税ですが、一定額以上の老齢年金を受け取る場合は、課税対象となります。具体的に以下のように定められています。

65歳未満は、年間70万円を超えた分が課税対象
65歳以上は、年間120万円を超えた分が課税対象

まとめ

✔️フリーターは、第1号被保険者か第3号被保険者に該当する
✔️国民年金保険料は免除または、支払いの引き伸ばしができる
✔️正社員になって、会社に半額負担してもらうのがお得!

いかがだったでしょうか?
フリータでも年金を受け取ることができますが、正社員になって、厚生年金の半額を企業に負担してもらう方がオススメです!

正社員に転職したい方は転職エージェントに登録してみてください!

20代で転職したい方はマイナビに登録!!!
20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's(トゥエンティーズ)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


フリーター 年金

関連する投稿


女性のフリーターは幸せになれないは嘘? 結婚までの道のり

女性のフリーターは幸せになれないは嘘? 結婚までの道のり

よく女性のフリーターは結婚できず独身と耳にしますが、そんなことは全くありません!フリーターでも幸せを手にすることはできます。そこで今回は、どうやってフリーターが幸せを手にしたのかを詳しくまとめました!ぜひ参考にしてみてください。


フリーターでも知らなければいけない税金のあれこれ

フリーターでも知らなければいけない税金のあれこれ

フリーターだから税金のことなんて知らなくていいやなんて思っていませんか。それは大間違いです!フリーターだからこそ知っておくべきことなど、たくさんあります。それを知ることで今よりも所得が増加することも考えられます。基礎知識として身につけておきましょう。


フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターの方がよく正社員として就職したいけれど、どんな職種、どんな方法で就職したら良いか分からないといった声をよく聞きます。そのため、今回はフリーターでも就職しやすい業種、職種や面接対策やオススメの転職エージェントまで詳しく紹介していきたいと思います。


フリーターの確定申告どうすればいいの?【まるわかりガイド】

フリーターの確定申告どうすればいいの?【まるわかりガイド】

フリーターの確定申告ってどうすればいいのかわからないという方が多いと思います。そこで今回はこれさえ見れば、フリーターの確定申告を網羅できる記事を用意しました。 わかりやすくポイントを抑えながらまとめてみたので、ぜひチェックしてください!


ニートとは?フリーターとの違いは?ニートでも就職する方法

ニートとは?フリーターとの違いは?ニートでも就職する方法

 ニートとは何なのか?ニートとフリーターの違いは?ニートになって社会のストレスから逃れることができたものの、社会的信用を得ることができず複雑な気持ちの方も少なくないと思います。今回の記事ではニートを脱出する方法も紹介しているので参考にしてみてください。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。