仕事を辞める時、電話で退職はできる?出社せずにやめる方法

仕事を辞める時、電話で退職はできる?出社せずにやめる方法

「仕事を辞めたいけれど、上司に退職したいと言い出せない」こんな悩みを持つ方は少なくありません。特に忙しい会社だと言いだすのがすごく気まづいですよね。そんな時に電話だけで退職できたらいいなと思いますよね。この記事では電話だけで退職できるのかと電話さえしなくても退職する方法を紹介します。


仕事をやめたいとなったときに、できるならば、電話で退職の意志を伝えたいですよね。
直接伝えるには勇気がいるし、電話だと顔が見えなくて楽…という気持ちもよくわかります。しかし、電話で退職を告げることは果たして、常識的に見てどうなのでしょうか?
電話だけの退職って出来るのでしょうか?
今回はこれらの疑問と、電話をする際の注意点なども教えます。
最後まで御覧ください!

電話一本での退職は可能

「退職します」と面と向かって言うことはやはり難しいですよね。
会社または上司に、直接退職を伝えるということを避けて通りたいという方は数多くいると思います。今まで散々お世話になってきたのに退職しますなんて言いづらい、上司が怖いから退職すると言ったら怒られそう、同僚にできるだけ退職することを知られたくない、など背景には様々な思いがあると思います。

しかし、結論から言うと、電話一本での退職は可能です。
電話だけでも退職できる世の中があるなんて、とても幸せな時代に生まれましたね。世間の常識はどうであれ、電話一本での退職は法律的には違反していないというのが現状です。

社会人の常識的には不適切

いくら法律で違法でないとはいっても、やはり社会の一般的なマナーから言ったら電話での退職はNGです。
退職とは、会社全体に大きな損害を与える事があります。
あなたがいなくなることで、大きな穴ができてしまうのは事実です。
そのため、会社にとってとても重大なことです。できるならば、直接退職の意志を伝えることが望ましいでしょう。

円満退職は難しい

やはり、電話での退職というのはマナーがなっていないと思われがちです。
ですので、あの人は電話で退職の意志を伝えたんだよ。非常識だよね。と言われてしまうことがあるので、覚悟しておきましょう。
どうしても円満退社を望む場合は、電話での退職は避けることが良いと思われます。
いつどこで今まで働いてきた会社と接点を持つかは分からないので、出来れば円満で退社をしていきたいですよね。

どうしても出社できないときは電話でOK

電話での退職は礼儀知らずだと入っても、どうしても出社できない場合ってありますよね。例えば、「体調不良」や「身内の問題」などです。このようなことが理由の場合は、会社も電話での退職を認めてくれることがあります。

また、精神的な不調も含めて体調不良で出社することもままならない状況になってしまった場合はきちんと会社に今の状況を説明して、出社できない旨を伝えましょう。電話での退職が許されることがあります。

その他、身内に緊急の事情があり、例えば両親の介護や看護などでずっと付き添いが必要となって出勤ができなくなってしまうといったようなことも、原則、電話での退職が許されます。特別な事情は会社の方も加味して、退職を受け入れてくれるでしょう。

電話で伝えるときの例文・注意点

実際に電話で退職の意志を伝えるとなったときにどういったことに注意していけばよいのでしょうか。また、退職の意志を伝える際には、どのような文言が良いのでしょうか。

電話で退職を伝える際の注意点

①直属の上司に伝える

退職は必ず直属の上司に一番最初に伝えましょう。やはりお世話になった方に一番最初に報告するのが義務であります。
もし、直属の上司ではなく、気を利かせて、人事部や上司の上司などに話をしてしまうと、上司の管理能力が疑われ、余計なトラブルが発生します。しかし、上司からハラスメントや嫌がらせを受けており、話ができない状態であれば、人事部や上司の上司などに電話をしても問題ありません。

②電話での退職をお詫びする

これも当たり前ですが、忘れてしまう人がたくさんいます。電話の冒頭で、「お電話でのご報告となり、大変申し訳ありません。」と一言添えるだけであなたへの印象が全く違うものになります。相手の気持になればわかると思いますが、電話で退職を告げられるのって意外とショックなことです。相手への思いやりを考えれば、この事に気づけるはずです。

③電話の時間に気をつける

常識の範囲の時間帯で電話をかけましょう。就業時間内にかけるのが望ましいです。
しかし、以下の4つの時間帯は大変忙しく、出来れば避けたい時間帯です。
・始業前
・始業直後
・休憩時間の前後
・就業時間
上司の方もあなたとじっくりお話をしたいはず。なるべく、上司の方が忙しくない時間帯を普段から見つけて、電話をかけるようにしましょう。

④念の為、電話内容を録音する

電話での退職は証拠がないので、トラブルに発展しやすいです。
ですので、面倒なトラブルに巻き込まれないためにも、電話内容を録音することをオススメしています。

⑤理由の設定は徹底的に詰める

退職理由は徹底的に詰めましょう。矛盾が生じてしまうと、後々が面倒になっていきます。
また、人間関係や給与に関して不満があったとしても、これらは退職理由にしないほうが無難です。
「給与を上げるから、辞めないでくれ」と言ってくる場合や、「部署を移動するからもう一度考え直してくれないか」といったように会社から改善策を提案してくる場合があります。
もし、本当に会社をやめたくなったら、このような条件が出されても、働きたくはないはず。退職理由はきちんと整理してから、退職の意志を伝えましょう。

試用期間中でも退職できる?

試用期間中ってかなり辛いですよね。新しい職場、なれない仕事、覚えなきゃいけないことなど精神的にも体力的にもきつくて、辞めてしまう人がかなりいます。
試用期間中でも会社をやめたいとなった時は、退職することは可能です。
電話で退職の意志を伝えたい場合は以下で伝えることと同じなので、参考にしてくださいね。

退職の意志を伝える例文

シンプルに淡々と伝えることが大事です。
退職すると決めたからには、どんなことを言われても、動じず自分の意志をはっきりと伝えましょう。

例①
「お疲れ様です。○○です。急なご連絡となり誠に申し訳ございませんが、一身上の都合で退職させていただきたく存じます。本来であれば出社してお伝えすべきところを、お電話という形になり大変申し訳ございません」

例②
「〇〇事業部の〇〇です。急なご連絡となり誠に申し訳ございませんが、一身上の都合で本日をもって退職させていただきます。本来出社してお伝えすべきところ、お電話で大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。退職届けにつきましては、あらためて早急にお送りさせていただきます。」


上司にいろいろと質問されると思いますが、そこは適宜応じて行きましょう。
お互いが納得できるように話し合いが進むことが望ましいです。

どうしても電話ができない場合の対処法

1.代行サービスを使う

電話するのが難しいといった場合や、電話がどうしてもできないという特別な理由がある場合は、退職代行サービスを利用しましょう。

こちらの電話代行サービスは、累計退職代行者1500人以上、成功率も100%なのでおすすめです。

もしくは退職代行サービスを利用しましょう。
値段は3万円〜5万円ほどかかってしまいますが、確実に辞められるのと、出社せずに退職することができるので、便利なサービスになっております。

おすすめの退職代行サービスは、以下の通りです。

①退職代行SARABA

SARABAは退職代行サービスの中でも名前が知られていて、既に多くの人が退職に成功しています。
料金は職種・職歴関係なく一律30,000円と、業界の中でもかなり低価格。
しかも、追加料金が発生することはありません。

24時間、電話・メール・LINEにて申し込みを受付ていて、さらに相談回数・電話回線は無制限なので、不安を感じた時にすぐに相談をすることができます。
出勤前でも、夜中でも、「会社を辞めたい…」と考えたその時に退職代行を依頼することだって可能です。さらに、即日退職もできます。

退職成功率はほぼ100%と高い数値を記録しているので、退職できないということはないと考えて差し支えないでしょう。

【おすすめポイント】

・24時間対応、即日退職OK
・一律3万円という低価格
・無料で行政書士に相談

退職代行「SARABA」 | 即日退職可 全てコミコミ29800円!

https://taisyokudaikou.com/

総額29800円の退職代行。退職できなければ全額返金致します。

②顧問弁護士による指導を受けた担当者が対応「EXIT(イグジット)」
EXITは業界の中でもメディア掲載実績がナンバーワンだということが有名です。NHKやTBSなどのテレビ業界にも掲載されています。このことから見ると、利用者も多いので、安心感はありますよね。

料金に関しましては、正社員・契約社員は5万円、アルバイト・パートは3万円で、追加料金はかかりません。

またEXITの強みは、2回目以降は1万円ディスカウントされるというネクストサポートが付いています。顧問弁護士から指導を受けているので、法律に触れることがないのため、不安を払拭できますよね。

【おすすめポイント】

・退職完了まで無制限で相談可能
・2回目以降のネクストサポート
・顧問弁護士の指導を受けている

退職代行なら「EXIT」| 会社からの非常口はこちら

https://www.taishokudaikou.com/

明日から会社に行かなくてもOK!即日対応、退職成功率100%、ご相談は無料です。「自分で言い出せない」「出社せずに辞めたい」退職代行イグジットが全て解決いたします。退職金や有給休暇の確認、失業保険の給付に必要な離職票や雇用保険被保険者証の確認もお任せください。EXIT株式会社は気軽に退職できる社会の実現を目指しています。

③顧問弁護士がサポート「退職代行コンシェルジュ」
退職代行コンシェルジュは、厚生労働大臣の認可を得た人材会社が運営している退職代行サービスです。
転職先の支援も行っているだけあって、メンタルサポートや無料の転職支援などを行っています。退職後の手厚いサポートを受けられるのが、退職代行コンシェルジュの魅力です。
また、退職率は驚異の100%です。必ず退職できるのも安心です。

24時間365日対応可能、即日退社も夢じゃないのがいいですよね。
料金に関しては正社員、契約社員は一律49,800円です。

【おすすめポイント】

・顧問弁護士の指導の元、法律を尊重して営業している
・転職支援、メンタルサポートを行っている
・弁護士による残業代請求、有給交渉受付

即日、安心、信頼の退職代行なら。 - 退職代行コンシェルジュ

https://retirement.cram.work/

退職を言えない、退職を認めてくれない方に、公式LINE@と電話で退職支援代行。専属コンシェルジュが丁寧かつスピーディーに対応。有給休暇もお伝えします。明日、仕事行かなくて大丈夫かもしれません。

2.内容証明郵便を使う

退職届を内容証明郵便で送付して、退職の意志を伝えることもできます。
内容証明郵便で送付する際の注意点は3つあります。

✔権限のある人(上司や人事部)に送付する
✔内容証明郵便で配送の履歴を残す
✔退職日を明記した退職届けを送付する


間違えて「退職願」を送付しないようにしてください。

退職の意志を伝えたあとの手続き

電話で仕事を辞めたからといって、全ての手続きが終わるわけではありません。
電話の後にもやるべきことがいくつかあります。
書類関係の整理をしなければいけないので、以下のリストを参考にしてください。

会社に送るもの

電話での退職の意志を伝えたあとに、自分が会社に対して送らなければいけない書類は以下の通りです。
書類の書き方、詳細な手続きの方法については会社の規定があるかもしれませんので、会社の人事担当者に手続きの方法を確認し、指定があればその方法に従って対応しましょう。

□退職届
□健康保険証
□身分証明書・カード・社員証
□制服
□経費の精算

退職後も一定期間会社の保険に加入できる「任意継続被保険者制度」を利用する場合は、健康保険証の番号が必要になりますので、念のためコピーを残すようにしてください。

もし未精算の経費があれば、会社に処理方法を確認しましょう。例えば交通費や会食の費用などが当たります。退職の前に今一度確認しておくことが大切です。

会社からもらうもの

先程は自分から会社に送るものだったのですが、それとはと別に、会社から自分宛に送ってもらうものがあります。一般的には以下のような書類等を送ってもらうことになります。

□健康保険被保険者資格喪失証明書
□厚生年金基金加入証明書
□源泉徴収票
□退職証明書
□年金手帳
□離職票

【退職証明書について】

退職証明書とは、その名の通り、あなたが会社を退職したことを証明する書類です。
勤めていた企業に依頼することで発行されます。

退職証明書は、労働者が申請した場合の発行が企業に義務付けられており、その発行義務は労働基準法第22条1項でも明記されています。

市役所やハローワークの手続きで、離職票の代わりに使える文書なので、もらっておいたほうが安心です。
退職証明書は、退職先に申請しないと発行してもらえませんので、もし必要な場合は、嫌かもしれませんが退職先に連絡を入れてください。
申請ができるのは退職してから2年間の間だけです。
期間に注意してください。

どうしても会社に来いと言われたら

電話で辞めることを伝えると、「会社に来て話せ」とか「書類を渡すから会社来てほしい」と、様々な理由を付けて呼び出されることがあります。
しかし、そもそも「出社することが困難」な状況なので、電話をしていますよね。双方が納得するまで話し合うことが大切です。
どれだけ話しても、理解し合えなかったら、自分が折れて会社に出社するか、、労働基準監督署か弁護士に相談するかをしてください。

あくまでも、一度お世話になった会社ですので、責任を持って丁寧に話し合うことが大切です。

本来即日退職はできない

いくら電話で退職の申し出をしたとしても、本来は即日退職はできません。
電話で退職を伝えているということを忘れないでください。
基本的に、即日退職するには、労働者と会社双方の合意が必要になります。

また仕事を辞める際には、後任への引継ぎが必要です。無責任な状態で会社を退職することは社会人としてあるまじき行為です。

社会の常識をしっかりと頭に入れた上で、退職の手続きを進めていきましょう。

次のステップはきちんと準備できてますか?

退職をするだけしても、次の転職先を見つけなければ行けないですよね。
転職先は見つけるのが大変ですよね。
自分にあった企業をなかなか見つけることができないという方には転職エージェントを利用することがおすすめです。

20代の第二新卒に特化した転職サイト行列のできる転職相談所がおすすめです。

まとめ

電話で退職を告げることはかなりリスクの高いことと言えるでしょう。
しっかりとした意思をもって、退職の旨を伝えましょう。
皆さんの退職がうまくいくことを願っています。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職 退職方法

関連する投稿


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいと思ったことありますか?会社から逃げる方法には、今すぐ逃げる「負け逃げ」と準備期間を設けてから逃げる「勝ち逃げ」の二つあります。より良い未来を切り開くためには、どちらの逃げ方を実践するべきなのかを説明していきたいと思います。


退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行を利用したいけれど、業務の引き継ぎを行わずに辞めてしまっても良いのか心配ですよね。本来ならば、退職することは労働者の権利です。常識的な観点と法律的な観点から退職代行の利用方法について説明していくので参考にしてみてください。


退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職時にお世話になった人にお礼をしたいと思うけれど、どのようにお礼をすれば喜んでもらえるのかわからないですよね。「立つ鳥後を濁さず」ということわざがありますが、会社を辞める時に気持ちの良い去り方ができることも、1人の社会人として、大切なことです。社内の人には、メールで伝えていいの?取引先にはどのように連絡するの? 退職時のお礼の伝え方がわからない人は、是非参考にしてみてください。


【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

仕事や職場のことで悩むと、今の職場でいいのかと退職を考えることがありますよね。しかし、すぐに退職するのではなく、退職すべきかどうかをもう少し考える必要があります。このサイトを読むことで退職する前にすべきことを一緒に考えましょう。


最新の投稿


書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考期間中に不安なあなたへ!書類選考がどういうものなのか、いつ通知がくるのか?よく理解できずに不安になったことはありませんか?この記事では、書類選考期間に何をすべきかについても紹介していくので参考にしてみてください。


転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職の際に自己分析という言葉をよく耳にしますが、なんのために行うのでしょうか。自己分析について小難しく書いているサイトが多くありますが、自己分析は非常に簡単なものです。本サイトでは、一番簡単にできる自己分析について説明していきます。


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書でアピールできる資格とその記載の方法を知っていますか?特に、記載の方法に関して資格を正式名称で記入しなければいけません。例えば、英語の能力をアピールできる資格に英検がありますが、正式名称で書かなければ、アピールどころかマナーを知らない人だという印象を与えてしまうので気をつけてください。


退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行には2つの種類があります。1つは退職代行業者が行うもので、もう1つは、弁護士が行う退職代行業です。どちらも、同じ内容のサービスを提供していますが、この記事では、弁護士に依頼するメリットを紹介するので、参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 円満退社 退職方法 転職 面接 退職マナー ブラック企業