面接で転職理由を聞かれた時のベストな回答を紹介します!

面接で転職理由を聞かれた時のベストな回答を紹介します!

面接で必ず聞かれるのが転職理由です。しかし、意外と曖昧な回答になってしまい面接官に良い印象をもってもらうのが難しいです。この記事では、転職理由をどう回答するのが良いかを紹介しますのでぜひ読んでみてください。


面接で大事なことは、具体的に根拠をもって質問に回答することですが、必ず聞かれる転職理由を曖昧に答えてしまっている人がいます。それは、転職活動ではもったいないことなので、是非この記事を参考にしてして頂ければと思います。

なぜ面接官は転職理由を聞く

本当に転職したいのかを見抜く

転職活動中の人にありがちなのは、とりあえず辛いので会社を辞めた人、転職理由を答えられません。企業の面接官はそのような人を見抜く為に、転職理由は掘り下げて聞いてきます。無職には、なりたくないからといって転職した人は、企業に入ったとしてもすぐに辞めてしまいます。採用には、費用も時間もかかっているので転職者がすぐに辞めてしまうのは、会社にとって大きなマイナスになるので、本当に転職したいかを判断しようとします。

自社に合っているかを見抜く

転職理由が、しっかりしていたとしても、社風や雰囲気に合わない場合は、落とします。優秀な人材でも、社内の人と上手くコミュニケーションを取れなさそうな場合にもすぐ辞めてしまう可能性があるので、自社に合った人材かどうかを面接しながら判断します。

自社で実現できる目標か

いくら目標がしっかりしていとしても、自社で実現できない場合もあります。例えば、マネジメント業務志望の応募があったとしても、自社にマネジメント業務の空きがない場合は採用しません。会社で実現させてあげられる目標であるかと、転職志望者が実現したい目標が一致しなければ、採用しないということです。

転職理由の伝え方

転職理由と根拠しっかり伝える

転職理由には根拠が必要です。考えが固まっていない人に多いのが、転職理由は立派なのに掘り下げて聞かれると根拠がないことです。転職理由が定まったと思ったら、なぜそう思ったのかを何度も繰り替えして、根拠をしっかり伝えられるようになりましょう。良い転職理由とは、面接官が納得するような答えです。面接官が納得できない答えは、根拠が浅いということなので、できるだけ具体的な根拠を示せるようになりましょう。

会社で実現したいことを伝える

志望先の会社で実現したいことを、伝えられるようになりましょう。曖昧な回答はしてはいけません。重要なことは、その会社だから実現できることを伝えることです。その会社の特徴は何か、自分の能力や経歴を存分に発揮できる環境があるかなど、会社で実現したいことを伝えましょう。

自分が貢献できることを伝える

人間的にすばらしく目標が高いという理由だけでは、採用されません。会社としては、その人を採用してどんなメリットがあるのかが大事です。その人のスキルで、会社の売上を伸ばせるななど会社に貢献できるだけのスキルが身についていなければ、採用した意味がありません。なので、面接官にアピールする時は、自分が入社すれば会社としてはこんなメリットがありますというのを伝えましょう。

ネガティブなことは避ける

前職でのネガティブなことは言わないようにしましょう。例えば、前職では給与が少なかった、上司が嫌いだったなどです。面接官からすると、給与だけで自社を選んだ、入社しても人間関係で悩みすぐ辞めてしまいそうという印象を持ちやすくなります。ネガティブなことは言わず、自分がより貢献できる職場で働きたかったなど、自分が持っている経験スキルを活かせる所で働きたかったということを伝えましょう。

転職志望理由例3選

転職理由は、簡潔にまとめ伝えやすいようにしましょう。長くてだらだらと話していると、あなたが何を伝えたいのか面接官が理解することができません。そして、その転職理由について深掘りをされたら、具体歴な例などを出しながら話を膨らませ伝えるようにしましょう。

自分のスキル編

私は、エンジニアとしてアプリの開発に携わってきました。前職では、企画ディレクターの指示に従ってコードを書くことしかできませんでした。しかし、御社では企画から実装、修正の提案までエンジニアからも発信できるので、御社を志望しました。

キャリアアップ編

私は、小売店の現場で数年働き、ノウハウを蓄積することによってどんなに売上が低い店舗でも、黒字にできることを証明してきました。しかし、現場での業務をこなしていくうちに、マネジメント側に回り、より多くの店舗にそのノウハウを浸透させた方が、会社の売上に貢献できると思い、フランチャイズで店舗をマネジメントしている御社を志望しました。

会社に合っている編

現職では、営業をしていて売上No.1になりましたが、収入は全員同じ額でした。しかし、御社は、個人の成果を正当に評価し給与として還元してもらえるので、御社を志望しました。

まとめ

面接官に転職理由を掘り下げられて聞かれても、根拠立てて言えるようになりましょう。
そして、キャリアアップし会社にも社会にも貢献していきましょう!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


転職

関連する投稿


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。