【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

『行列のできる転職相談所』は20代・第二新卒に特化した転職サイトです。今は、無料転職相談を実施しています。『行列のできる転職相談所』は実績のある紹介サービスも行なっていて、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍にもなっているそうです。


『行列のできる転職相談所』ってどんなサービス?

20代・第二新卒の転職希望者に特化した転職支援を行うサービスです。専任キャリアコンサルタントが面談にてご希望条件等をお伺いしたうえで、あなたに合う企業をご紹介します。企業紹介・応募の手続き・日程調整・面接対策まで、あなたの転職活動が行えるよう全面的にサポートします。

『行列のできる転職相談所』の強み

①未経験でも応募できる求人を多数用意している

『行列のできる転職相談所』は、20代に特化した転職サイトであるので、未経験からでも挑戦できる求人が多いです。なので、営業からエンジニアやマーケティングなどの専門性の高い職種や人気がある職種への挑戦も可能となっています。

②大手求人サイトでは取り扱われていない求人を多数用意している

『行列のできる転職相談所』は、大手求人サイトでは用意されていない非公開求人も多数用意されています。また、無料転職サポートも行っているため、非公開求人の中から、一人一人にあった求人を紹介してもらうことも可能です。

③無料転職サポートを受けることができる

『行列のできる転職相談所』では、無料転職サポートを行っており、経験豊富な専門のキャリアコンサルタントに相談にのってもらうことができます。また、転職面談を受けることが決まった方に対しては、個別面接対策も行なっているため、多くの転職の成功実績を積み重ねています。実際に、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍になっているそうです。

『行列のできる転職相談所』のQ&A

Q 転職サポートを利用するために費用は必要ですか?

A 『行列のできる転職相談所』のサービスは全て無料で利用することが可能です。

Q 地方在住でも転職サポートを受けることができるのか?

A 電話やスカイプで転職相談をすることが可能です。

Q 就業中で転職することを明確に決めていなくても転職サポートを受けることが可能ですか?

A 転職することを決めていない方でも、転職サポートを受けることは可能です。転職市場の最新状況を含め、様々なアドバイスをすることができます。

『行列のできる転職相談所』ではどんな求人に応募できるの?

株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、インターネットテレビ局「AbemaTV」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。

インターネット広告でトップシェアを誇るサイバーエージェント。紙、TVなどの媒体の広告がインターネット広告に移り変わる中で、最も勢いのある会社だと言えます。若い社員が多い割に、平均年収が800万円と報酬もかなり高いです。また、サイバーエージェント出身の若い起業家はかなり多く、成長して、インターネット業界で成功したい方にとっては、またとない企業なのではないでしょうか?

サイバーエージェントに応募!

楽天株式会社

未来を信じ、より良い明日を創っていく。
イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする。
私たちは、そんな想いを大切に、世界の人々に喜びと楽しさを届けます。

楽天は、E コマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など、
70 を超えるサービスを展開し、世界約13 億のユーザーに
利用されています。 これら様々なサービスを、楽天会員を中心とした
メンバーシップを軸に有機的に結び付け、他にはない独自の
「楽天エコシステム」を形成しています。

グーグル、トヨタ、に続き、2019年の転職人気企業ランキング3位に選ばれている「楽天」。インターネット業界の様々な分野のリーディングカンパニーと言って良いでしょう。また、平均年収は700万円とかなり高水準です。

楽天に応募!

未経験でも応募できる職種

『行列のできる転職相談所』では、今の職種からジョブチェンジしたい方でも、チャレンジできる求人を用意しています。まだ、掲載が間に合っていない非公開求人なども多数取り揃えていますので、具体的な転職条件が定まっている方は、一度、ご相談ください。「正社員になりたい!」や「充実した働き方をしたい!」、「福利厚生が整った会社に就職したい!」などの要望にもしっかりと対応してくれますので、まだ転職活動の軸が定まっていない方も、無料転職相談に行ってみてください。

未経験で応募!

まとめ

『行列のできる転職相談所』についてわかっていただけたでしょうか?

✔︎20代に強い
✔︎未経験からでもジョブチェンジできる
✔︎無料転職サポートを受けることができる

転職がうまくいかずにお悩みの方は、利用してみてはいかがでしょうか?

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。