退職届の日付は何て書くべき?漢字?空欄、郵送の場合は?

退職届の日付は何て書くべき?漢字?空欄、郵送の場合は?

意外と知らない退職届の日付の書き方。退職届を書いた日か提出する日か退社する日か。書き方は漢数字か、空欄でも大丈夫か、変更したい時・郵送の場合の書き方は?など混乱しやすい書き方を分かりやすくまとめました!退職届や退職時のマナーと共にご覧ください


退職届の日付の正しい書き方とは?

私たちには昔から「書き物」の文化があり、誰でも一度は手紙などを書いたことがあると思いますが、その際に必ず「日付」を入れませんでしたか?どんな書類においても、日付を入れるのがマナーです。しかし、意外と知らないのがその日付の書き方だと思います。基本的に書類に記入すべき日付はその書類をを書いた日になります。しかし、退職届となると、退職届を書いた日か、退職をする日か、退職を決意した日か、分からなくなりますよね?

実は、退職届には二箇所日付を書くスペースがあります。それが以下 ① ②です。

①はこの日をもって退職をするという意味なので、退職予定日を記入します。
②は退職届を会社に提出する日なので、提出日を記入します。例え前日に書いても、日付は提出日当日にしましょう。


※退職届は正式な書類として受理されるため、書き直しは効きません。そのため、退職日は具体的に決定するまでは空欄にすると良いです。

間違えやすいポイント

✔︎退職届の日付は漢字で書く

縦書きは基本は漢字です。たまに数字を漢字にしない人もいますが、必ず漢数字で記載しましょう。

✔︎日付を空欄で提出してもOK

中には退職日の希望がない方や未定の人もいると思います。そのため、必ずしも書かなくてはいけないわけではありせん。退職予定日が未定の方は、空欄で提出しましょう。

✔︎退職届を提出する当日に退職はできない

退職を気まずいと感じる人もいると思います。中には退職届を提出する当日に退職したいという人も。しかし、退職は順を追って行わないと、会社や社員に多大な迷惑を掛けかねません。遅くても退職する1ヶ月前までには退職する旨を直属の上司に伝えましょう。

✔︎退職届の提出後に退職日の変更はできない

思ったよりも早く次の転職先が見つかったため、退職日を早めたいという人もいると思います。しかし、退職届を提出したという行為は、会社との労働契約の解消を自らが会社に申し出たという風になります。そのため、会社側が認めない限り、退職日を変更するのは難しいと思われます。そうならないために、退職日はしっかりと相談して決めましょう。

✔︎退職届を郵送する場合の日付は到着日を目安にする

退職届を郵送する場合、到着する日が分からずどう書いていいか分からない人がいると思います。その場合は、簡易書留で郵送すると良いです。簡易書留の場合は追跡サービスがあり、自分の送った書類を追跡することができます。何日に到着するのか分からず心配な方もいると思いますが、実は退職届を提出する日はさほど重要ではありません。どちらかと言うと重要なのは退職する日です。そこまで心配しなくても大丈夫です。

【例文あり】マナーのある正しい退職届の書き方とは? 

③【退職理由】:自己都合退職の場合は、一身上の都合という書き方で大丈夫です。詳しく理由を述べる必要はありません。

④【退職日】:退職願の場合は、退職希望日に文末は「退職いたしくお願い申し上げます」と願い出る形で書きます。一方退職届の場合は、上司と相談して決めた退職日に「退職いたします」と断言する形で書きます。退職届と退職願で形が異なりますので気をつけましょう。

⑤【届出提出日】:退職届もしくは退職願を提出する日付を記入しましょう。前もって書いていた場合は、提出日を間違えなく記入してください。

⑥【所属部署・氏名】:正式な所属部署と氏名を記入し、氏名の下に捺印を押します。

⑦【宛名】:最後は会社又は組織の最高執行責任者の宛先を役名とフルネームで記入します。必ず自分の氏名より上に書きましょう。敬称は「殿」又は「様」です。

注意点

✔︎冒頭の「退職願」や「退職届」は他の文字よりも少し大きく書きましょう。
✔︎書き出しの「私儀」や「私事、」は「退職届」又は「退職願」から一行空けてから書きましょう。
✔︎退職日や提出日の年は、基本的に和霊西暦どちらでも構いません。会社から特に指示がない場合は好きな方を書いて大丈夫です。
✔︎捺印でシャチハタはNGです。
✔︎誤字脱字がある場合は修正ペン等で消すのではなく、初めから書き直しましょう。

退職届を提出する正しいタイミングとは?

退職届を提出する際に気をつけるべき点は3点
・退職届を渡す時期はいつなのか
・誰に渡すのか
・いつ渡すのか 

まず初めに『渡す時期』ですが、基本的には退職する3ヶ月前〜1ヶ月前までに提出します。

第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

民法を見てみると分かる通り、実は退職する2週間前までに解約の申し入れをすれば、法律上退職することはできます。しかし、実際は業務の引き渡しなど、2週間では終わらないことがほとんどです。そのため、遅くても1ヶ月前までには退職したいと言う旨を直属の上司に伝えましょう。また、退職届の提出日に関しては、会社が就業規則で〇〇日までに申し出るようにと記載されている場合があります。そのため、就業規則を確認してから退職届を出すようにしましょう。

次に『誰に渡すのか』ですが、これは直属の上司に渡します。退職届・退職願の最後に組織の最高取締役を記載する部分があるため、社長に渡すべきなのか迷う人もいると思いますが、退職願・退職届自体は直属の上司に提出します。

最後に『いつ渡すか』ですが、これは直属の上司が空いている時間に提出します。事前にアポを取っても良いですが、一応退職届自体は渡すだけなので、そこまでしなくても大丈夫です。退職の相談は事前に上司とアポを取ってゆっくり話すと良いかもしれません。

退職は順を追ってしよう!

退職したい!と思ってもすぐに退職できないのが「退職」です。なぜなら、自分が抜けた穴を埋める人を探したり、提出すべき書類を集めたり、すべきことがたくさんあるからです。退職届を提出すれば退職できるわけではありませんので、気をつけましょう。

退職ステップ1:退職の意思を上司に伝える

上司の都合もありますので、事前にアポを取ってから退職すると言う意思を伝えましょう。一番最初に伝えるべき人は直属の上司です。上司は部下の責任を負っているので、直属の上司以外に先に伝えてしまうと、上司が困ってしまう場合がありますので気をつけましょう。また、この段階では退職することや退職日等何も決まっていない状態なので、色々な人に退職すると言うことは伝えるのは避けましょう。

退職ステップ2:退職したい理由を伝える

退職理由は人それぞれだと思いますが、上司に伝える際は個人の都合を伝えると良いでしょう。間違っても会社の悪口や上司の悪口を伝えないようにしましょう。

退職ステップ3:退職時期を決める

退職時期の決定権は当人にありますが、自身の都合で一方的に、決めるのはマナー違反だと言えます。上司に伝える際は、退職日の目処としては◯月◯日くらいを考えていますがいかがですか?と言うと良いと思います。

退職ステップ4:退職届を提出する

上司と相談して退職することや具体的な退職日が決定した時点で、退職届を提出しましょう。先ほども述べ通り退職届を提出する際には注意点がありますので、気をつけましょう。

退職ステップ5:業務の引き継ぎ

なるべく仕事は片付けてから退職をするのがベストですが、中には途中で退職する場合もあると思います。そんな時は、その業務を引き継ぐ人が困らないように、事前に資料をまとめたり、何をすべきかなども話しておくと良いでしょう。また、取引相手には事前に挨拶回りをし、退職をすることを伝えると良いです。さらに挨拶回りでは、業務を引き継ぐ人の紹介をしておくと、退職後の取引も困らないと言えます。念のために、業務の引き継ぎ者とは連絡のつく連絡先を交換しておきましょう。

退職ステップ6:退職

最終出社日には、お世話になった人へのご挨拶を忘れずにすると良いです。また、感謝の気持ちを込めてお菓子なども持参すると円満退社に繋がるでしょう。どのようなお菓子を持参すべきか迷っている人は以下の記事を参考にしてみてください。

退職の挨拶にお菓子は必要?円満退社にぴったりな菓子箱!

https://taisyokuagent.com/articles/22

退職の挨拶の時に菓子箱を用意していきますか?それとも挨拶だけで済ませますか?円満退社をするためには菓子箱は必ず持参しなければならない!という方もいると思いますが必ずしもお菓子を配る必要はないです。また、渡したいけれど、退職の挨拶に合った菓子箱の選び方がわからないと言う方に向けて菓子箱の選び方も紹介しています。

マナー違反な退職方法

▽急に退職の申し出をされた

いつものように仕事をしていたら、急に部下が私のデスクに来て、大きな声で「すみません、退職を考えています」と言って来た。私には私の仕事があったし、周囲にも聞こえるような声で急に言ってくるのは、本当にマナーがないと感じた。今までそう言ったことはなかったため、驚いた。
(54歳 / 男性 / 金融)


▽退職日を勝手に決めていた

ある日社員の一人が退職届を急に提出して来た。その退職届には何日に退職するかまで書かれていた。普通は退職の相談を経てから、会社の状況や事業、プロジェクトの段階なども踏まえて退職日を決めるため、自身の都合で勝手に退職日を決められても困る。とても勝手だと感じた。 
(47歳 / 男性 / メーカー)


▽退職届が郵送で送られてきた

ある日を境に社員の一人が無断欠勤をしだした。その後、1週間ほどしてから会社宛に退職届が送られて来た。退職をする際には手続きがあったり、会社側が渡さなくていけない書類などもあるため、本当に困った。 
(52歳 / 男性 / 商社)


▽引き継ぎをせずに退職をした

会社側で大きなプロジェクトがあり、その責任者を勤めていた後輩が急に退職した。そのプロジェクトは彼が先導してやっていたため、急に退職されてしまい、取引相手にも迷惑をかけてしまった。 
(49歳 / 男性 / 広告)


▽退職交渉なしに退職届を提出した

ある日、急に部下が何の相談もなしに、退職届を提出して来た。その部下には期待していたこともあって、とても残念だったし相談して欲しかった。最近、いきなり退職届を提出する社員が増えているが、マナー違反だってことをわかって欲しい。
(51歳 / 女性 / メーカー)

まとめ

いかがでしたか?退職届や退職願には提出方法や書き方、渡し方など注意すべき点がたくさんあります。ルールを守って円満退社に繋げましょう。

最後まで、読んで頂きありがとうございます。

この記事のライター

関連するキーワード


退職届 日付

最新の投稿


退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることってあるの?なんて疑問に思っていたりしませんか?実際に懲戒処分されることがあるのかについて専門家の意見や過去の事例も紹介しながら詳しく説明していきたいと思います。今回の記事では、懲戒処分や懲戒解雇についても詳しく紹介するので、参考にしてみてください。


【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

『行列のできる転職相談所』は20代・第二新卒に特化した転職サイトです。今は、無料転職相談を実施しています。『行列のできる転職相談所』は実績のある紹介サービスも行なっていて、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍にもなっているそうです。


退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

 皆さんは退職所得控除額についてご存知でしょうか?いずれ退職金を受け取る際に聞く可能性のある言葉ですが、いずれにせよ皆さんには退職所得控除額はあまり馴染みのない言葉ですよね。今回の記事では退職所得控除額の計算方法や退職金にかかる税金についての説明なども詳しく紹介していきたいと思います。 


就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

 自分は何をアピールすればいいんだろう?就活生だけど自己PRについて先輩や友人に聞くのも気が引けるしなんて思っている人はいませんか?また、何もアピールすることなんてないなどと途方に暮れていたりしていませんか?今回の記事では誰でも自分自身を最大限にアピールする方法や就職の際にアピールポイントになるスキルや就活生がよく犯す間違いなど皆さんに役立つ情報を徹底紹介していきたいと思います。


退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。