同僚に退職を言うタイミングはいつ?非常識に伝えるのはNG

同僚に退職を言うタイミングはいつ?非常識に伝えるのはNG

長期間、同じ職場で一緒に働いた同僚には、退職することをしっかりと伝えたいですよね?その思いは大切ですが、社会人なら伝える順番やタイミングは守らなければなりません。この記事では、同僚に退職することをどう伝えればいいか紹介しますので是非読んでみて下さい。


退職することを同僚に報告するタイミングはいつが適当なのでしょうか?早すぎても、上司に迷惑をかけてしまうし、遅すぎても、同僚を心配にさせてしまいます。上司に先に伝えるという報告の順番は知っていても、具体的にどのタイミングで報告しようかわからないという方に、ぜひ参考にして頂きたいです。

同僚に退職を言うタイミング

いつ同僚に伝えればいい?

退職することを同僚に伝えるタイミングは、企業ごとの社風や就業規則などで異なってくるので一概には言えません。しかし、一般的な知識を知っておけば、非常識だとは思われることはないので、紹介していきます。

一般的に退職を言うタイミングは、社内広報で通達があってから伝えれば、トラブルなく退職することができます。しかし、お世話になった人や業務の引き継ぎが必要な人には出来るだけ早く伝えたいという方もいると思います。その場合は、一度、上司に確認しましょう。

伝える順番

退職意思を固めたら、まずは直属の上司に退職することを伝えましょう。そして退職までの流れを確認し、退職願を提出しましょう。その後、規則に従い公表していいと言われたら同僚に伝えましょう。

ここで気をつけたいポイントは2つあります。

①直属の上司に伝えること

直属の上司を飛ばして、人事や上司の更に上の役職の人に退職願を提出してはいけません。(ただし、上司に何度伝えても、折り合ってもらえない場合は、他の人事権がある責任者に相談する必要があります。)

②公表されるまで待つ

直属の上司から発表されるまでは、同僚含め誰にも、退職することを伝えてはいけません。引き継ぎの準備が必要だったとしても、上司に相談するなり、必ず指示を受けてから行動しましょう。

言ってはいけないタイミング

同僚に言ってはいけないタイミングを2つ紹介します。

①退職意思が固まる前に言う

退職意思が固まっていない時に同僚に伝えてはいけません。先に退職することを伝えてしまうと、今まで通りの関係でいることができなくなってしまうこともあります。さらに、退職を取り辞めることもあると思うので、退職の意思が固まるまでは我慢しましょう。

②上司が許可を出す前に伝える

上司が許可を出す前に伝えてはいけません。上司はまず、あなたが退職することを会社の上層部に伝えて、連携を取ります。連携が取れる前に噂として広がってしまうと、会社の中で間違った情報が流れてしまうといったリスクがあるので、必ず、上司から許可を得るまでは我慢しましょう。

どんな風に伝えれば良いか? 

同僚にはいつ言うか

同僚に伝えるタイミングは、朝の就業時間や定時後すぐが良いです。就業時間の真っ最中に伝えると、同僚の業務の邪魔をしてしまいます。伝えるタイミングには細心の注意を払いましょう。

退職理由は言わなくいい

退職理由は、一身上の都合にしましょう。待遇や人間関係など会社に不満を持っていたとしても、それをそのまま言ってはいけません。同僚や会社との関係が悪化させるのは、良くないので、社会人として、間違った行動を取らないようにしましょう。

転職先も言わなくていい

転職先を聞かれた時は、転職先が決まっていても言わなくていいです。同僚からしつこく聞かれた時は、業界だけを言い、会社名は言わないようにしましょう。転職先に前職の噂が流れてしまうといけないのので、言う必要はありません。もしくは、転職活動中と言っても問題ありません。

転職エージェントを使う

転職先を決める

転職先が決まっていない人は、早めに決めなければいけません。貯金を切り崩しながらの生活は、長期間できないので、新しい仕事を探す必要があります。転職するには、時間も労力も必要なので、できるだけ早めに動いた方がいいです。

自力で転職先を見つけるのは難しい?

転職活動をしようと思っても、企業にどのようにアポイントを取って面接をしてもらうかなど、転職活動をどのように行えば良いか分からないことも数多くあると思います。自力で転職活動しようとすると、活動期間が長期化していくのであまりおすすめできません。

転職エージェントを利用しよう

転職エージェントを知っていますか。転職希望の人と企業をマッチングさせてくれる、転職に心強い味方です。転職エージェントは、転職者に代わって企業とコンタクトを取り面接日程を組んでくれたり、面接での受け答えのアドバイスなどもしてくれます。つまり、自力で転職活動をするよりも転職エージェントを利用した方が、圧倒的に転職活動にかける時間が少なく済みます。

ではここで、おすすめの転職エージェントを紹介します。

”既卒・第二新卒・中退”のワケ有り就職のご相談なら

まとめ

いかがだったでしょうか?
お世話になった同僚だからこそ、退職することをきちんと伝えて円満退職したいですね。

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 

関連する投稿


退職した会社に出戻りはあり?試用期間や給料はどうなる?

退職した会社に出戻りはあり?試用期間や給料はどうなる?

一度退職した会社に「出戻り」する場合、会社の待遇はどう変わるのでしょうか?試用期間は?給料、制度、出世に影響は?パートや誘いの場合はどうなる?介護業の出戻りは多い?出戻り方法は?など様々な疑問をまとめました。ぜひ参考にしてください。


退職交渉の絶妙なタイミングとは!?円満退社するための秘訣

退職交渉の絶妙なタイミングとは!?円満退社するための秘訣

退職をしたいと思っても、いざ退職となったら何から始めて良いか分かりませんよね?そんなあなたもでも大丈夫!退職交渉で気をつけるべきタイミングや想定されるケースなどまとめました。ぜひ、参考にして、円満退社に繋げてください!


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。


会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で自分一人が浮いてると感じると、仕事を辞めたいと思うようになります。仕事をする上で上司や同僚との人間関係はとても大切です。人間関係に馴染めず社内で孤立してしまったら、仕事は上手くいきません。この記事では、会社で浮いてしまった時の対処法を紹介します。