退職の報告で愚痴を言うと逆に引き止められる!?理由と対策

退職の報告で愚痴を言うと逆に引き止められる!?理由と対策

退職の報告をするときになんて報告すればいいのか迷ってしまいますよね。実は、仮に退職の理由が社内でのパワハラといったものだったとしても、報告の際に伝えてはいけません。しかし、どうすればいいのか、また円満退職に繋げたい場合はどうするのが正解なのかを徹底解説します。


1.退職を報告するときの理由

報告の際は個人的な理由に留める

退職を報告するときの理由は、あくまで個人的な理由とすることをおすすめします。仮に、会社への不平不満があって辞めたいとしましょう。一見それなら仕方ない、と上司は諦めてくれそうですが、実はそれは引き止める大きな口実になってしまうのです。上司はあなたに退職して欲しくないので、不満に思っていることを改善するから会社に残ってくれと言われかねません。それによって、待遇がよくなれば残ろうと思えるなら構いませんが、次の転職先が決まっている場合などはそこで引き下がるわけにはいきませんよね。なので、あくまで個人的な理由で辞めるとすることに留めておきましょう。「転職を考えている」、「すでに転職先が決まっている」と言えば引き止められることは基本的にありません。もし、転職の理由を聞かれれば、「自分の成長のために」などと無難な理由を述べれば構わないです。

パワハラなどが原因の場合

パワハラなどが原因で退職したい場合はどうすればいいか。実は、確実に会社に非があり、愚痴程度では済まない場合は、個人的な理由による退職をすることはおすすめしません。個人的な理由が原因ですと、個人都合退職となってしまい、退職後にもらえる保険金や退職金の額に差が出てしまいます。なので、そういった場合はしっかりと原因を伝えるべきです。もし、上司に言うのが気まずいと言う場合は退職代行を利用してみるのも手でしょう。会社都合退職と自己都合退職の詳しい違いは下記のリンク先の記事で詳しく載っているので合わせてご覧ください。

パワハラなどが原因で退職したい場合はどうすればいいか。実は、確実に会社に非があり、愚痴程度では済まない場合は、個人的な理由による退職をすることはおすすめしません。個人的な理由が原因ですと、個人都合退職となってしまい、退職後にもらえる保険金や退職金の額に差が出てしまいます。なので、そういった場合はしっかりと原因を伝えるべきです。もし、上司に言うのが気まずいと言う場合は退職代行を利用してみるのも手でしょう。会社都合退職と自己都合退職の詳しい違いは下記のリンク先の記事で詳しく載っているので合わせてご覧ください。

退職すらさせてくれないパワハラ 実はあの対処法があった!

https://taisyokuagent.com/articles/234

パワハラを受けている人は誰しも退職を考えると思います。しかし中にはパワハラが退職の際にも影響し、退職すらできないような企業があります。そんな企業に入社してしまった人、もしくはこれから入社するかもしれない人はぜひこの記事を参考にしてください。

2.報告をするタイミング

会社の閑散期に報告する

円満退社をするためには、会社になるべく迷惑をかけないように退職しなくてはいけません。そのためには、自分が抜けたときの会社の負担をなるべく軽くする必要があります。会社が一番人手を必要とする時期は会社の繁忙期です。この時期に抜けられると他の人に多くの業務を追加で負担させなくてはいけません。なので、なるべく会社の閑散期を狙って報告をしましょう。

就業時間外に報告する

上司に報告するタイミングで、一番望ましいのは、就業時間外です。就業時間内ですと、上司もやらなくてはいけない業務があって報告を聞くタイミングがなかったり、無理矢理時間を作らせれば迷惑となってしまいます。また、真剣に耳を傾けてくれないかもしれません。結果、上司に迷惑とならない一番ベストなタイミングは就業時間外となります。

3.報告をする相手

報告は絶対に直属の上司にする

報告をするのは、絶対に自分の直属の上司でなくてはいけません。上司の上司に言うのは、原則アウトです。直属の上司は自分の面倒を見てくれている方ですので、今まであんなにお世話したのに自分にまず報告してくれなかった、とわかれば不快感を与えてしまいます。今までお世話になった礼儀としても直属の上司に報告しましょう。

4.報告するときの文言

上司に時間を取ってもらう

まず、報告をするときには、上司に時間を取ってもらわなくてはいけません。退職の報告は1対1で行う必要がありますので、みんながいる場で報告するのはNGです。上司に時間を取ってもらうときには、「ご相談したいことがあるのですが」もしくは「少しお時間よろしいでしょうか」というように濁しましょう。「退職の件でご相談したいのですが」などと退職をすることを先に言ってしまうと、周りにも聞こえてしまう上、上司にも警戒させてしまいます。

報告の仕方

報告の際に退職の理由を述べるのはもちろん必須で、その際の理由は上記に述べたとおりです。そして、報告の時に注意しなくてはいけないのは、あくまで相談しているということです。「◯月◯日に退職します」というように言い切ってはいけません。「◯月ごろに退職を考えているのですが」と柔らかい報告の仕方をしましょう。もし、転職先が決まっていて、初出勤日も決まっている場合は、その旨を説明しつつ、会社に判断を委ねる形にしましょう。「◯月◯日が転職先の初出勤日となりますので、◯月ごろに退職を考えているのですが、よろしいでしょうか」が報告の理想の方法となります。

5.引き止められた場合

きっぱり断る

退職を引き止められることもあります。絶対に退職したいんだという意思があるのであれば、「お気持ちは嬉しいのですが、退職させてください」ときっぱり断るようにしましょう。絶対に退職させないということは会社側はできません。辞めることも従業員の権利ですので、自信を持って断ってください。

6.退職メールを送る

社内に退職メールを送る

社内に退職メールを送る場合は、会社によって暗黙のルールがあるかもしれませんが、原則としては、退職メールを送るのは最終出勤日です。その時に退職の理由を詳しく言う必要はありませんので、一身上の都合で退職することになりました、と書きましょう。大企業の場合は、一人ずつにメールを送ることは不可能なので、全員にBccでアドレスがお互いにわからないようにして一斉送信しましょう。個人的にお世話になった先輩や同僚、後輩には個別でメールを送ってもいいかもしれません。退職した後のメールアドレスなどを記入しておけば、今後も付き合っていく意思があると判断されて円満退社に繋がることもあります。

取引先に退職メールを送る

取引先にも退職をする際には報告をしなくてはいけません。その時には退職する2週間〜3週間前までにメールを送ってください。そして自分の後任が誰になるかもしっかりとメールで明記しておいてください。今までお世話になった旨と、今後の取引先の発展を願う趣旨の内容を送るようにしましょう。

7.まとめ

退職の報告にも実は意外とルールがあります。これらを熟知していれば、円満退社に繋げることがきっとできるでしょう。ぜひ、この記事を参考にして今後の退職するときの材料としてください。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。