退職金も所得税の対象!?老後の貯金を多めに見積もる理由!

退職金も所得税の対象!?老後の貯金を多めに見積もる理由!

老後の貯金が2000万円必要だと言うニュースが話題になりました。一般の人が2000万円の貯金をするのはとても大変なことです。そして、その老後の貯金のあてにする一つに会社からの退職金があるのではないでしょうか。しかし、実は退職金にも所得税がかかります。退職金には人によっては数百万円の所得税がかかるため、所得税を考慮しているかしていないかはとても重要です。そこで、どのくらいの所得税がかかるのかということをあらかじめ知っておきましょう。


1.退職金を得られる条件

退職金を得られる条件は、皆さんも知っての通り、勤めている会社を辞める時です。辞める原因が解雇によるものだった、もしくは個人的都合によるものだった、などの退職した理由は問われません。さらに、勤め先が倒産した場合にも退職金は支払われます。倒産の際は、未払いの残業代など全てが退職金と一緒に支払われます。

退職金を得られる条件は、皆さんも知っての通り、勤めている会社を辞める時です。辞める原因が解雇によるものだった、もしくは個人的都合によるものだった、などの退職した理由は問われません。さらに、勤め先が倒産した場合にも退職金は支払われます。倒産の際は、未払いの残業代など全てが退職金と一緒に支払われます。

2.退職金の所得税の計算方法

退職金の所得税を算出するためにはいくつかの手順があります。一つ一つ手順を紹介するので、ご覧ください。

①退職所得控除額を計算する。

課税対象の退職金を計算するためには、まず退職所得控除額を計算しなくてはいけません。これは、勤続年数、または、退職理由、退職金受給頻度によって変化します。

・勤続年数が2年以下の場合
退職所得控除額 = 80万円

・勤続年数が2年以上20年以下の場合
退職所得控除額 = 40万円 × 勤続年数

・勤続年数が20年超の場合
退職所得控除額 = 800万円 + 70万円 × (勤続年数 ー 20年)

・障害者になって退職した場合
退職所得控除額 = 上の式で求めた退職所得控除額 + 100万円

・前年以前にも退職金を受け取っている場合
この場合は、より複雑な計算になってしまいますので、この記事では紹介いたしません。

計算できたでしょうか。控除額が計算できた方は、その値を利用して次は課税対象の額を計算します。

②所得税の対象額を計算する

対象額 = (源泉徴収前の所得額 ー 退職所得控除額)× 1/2
この対象額を元にして、次は税率と控除額を求めます。

③税率と控除額を求める

A 課税退職所得金額 B 税率 C 控除額
1,000円から1,949,000円 5% 0円
1,950,000円から3,299,000円 10% 97,500円
3,300,000円から6,949,000円 20% 427,500円
6,950,000円から8,999,000円 23% 636,000円
9,000,000円から17,999,000円 33% 1,536,000円

求めた所得税課税対象の退職金がAの課税退職所得金額です。この表を元に、自分がどの程度のB税率、C控除額、なのかを見ておいてください。

④退職金の所得税を求める

所得税 = (A.課税対象金額 × B.税率 - C.控除額)× 102.1 %

こちらの式で計算してみてください。これがあなたが支払うべき所得税の金額です。

3.勤続年数が18年、退職金が1200万円の場合

まず、1番の退職所得控除額を求めます。勤続年数が20年以下ですので、その額は、
40万円 × 18年 = 720万円 です。
その次に、課税対象額を求めます。
(1200万円 ー 720万円)× 1/2 = 240万円
税率と控除額を表から導き出すと、税率が10%、控除額が97,500円であることがわかります。
最後に所得税を求めます。
(240万円×10%-97,500円)× 102.1% = 145,292円(小数点以下切り捨て)
結果、勤続年数18年、退職金が1200万円の人の場合、支払う所得税は145,292円となります。

4.忘れてはいけないこと

「退職所得の受給に関する申告書」を提出する

以上の式は全てこの「退職所得の受給に関する申告書」を提出した場合に限って有効です。もしも、忘れてしまった場合は、これよりも大きな金額を所得税として支払わなくてはいけません。この申告書は、必要事項をいくつか記入するだけですので、あまり手間はかかりません。記入すればあとは企業に提出すればいいだけですので、手間を惜しまずに提出しましょう。提出してしまえば、あとは手続きは必要ありません。

5.まとめ

退職金の所得税の算出方法は少し複雑ですが、後々の生活のためにも算出しておきましょう。これを、算出すればどれだけ自分が老後のために貯金しなければいけないのか、という具体的な数値も出てくるでしょう。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることってあるの?なんて疑問に思っていたりしませんか?実際に懲戒処分されることがあるのかについて専門家の意見や過去の事例も紹介しながら詳しく説明していきたいと思います。今回の記事では、懲戒処分や懲戒解雇についても詳しく紹介するので、参考にしてみてください。


退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。


セクハラを受けたら転職活動しましょう!退職すべき理由3選

セクハラを受けたら転職活動しましょう!退職すべき理由3選

セクハラは、許される行動ではありませんので、もし被害に遭った場合は、退職し転職活動をしましょう。この記事では、被害者がどんなセクハラを受けたか、なぜ被害に遭ったのか、どんな場合に退職すべきなのかを紹介しますので、是非読んでみて下さい。


退職後の社会保険の手続きを紹介!知っておかないと損!?

退職後の社会保険の手続きを紹介!知っておかないと損!?

退職後の社会保険の手続きを知っていますか?知っておかないと保険料を2倍払うことになってしまいます。この記事では、退職してから社会保険の手続きをどうすれば良いのか紹介しますのでぜひ読んでみて下さい。


ストレスが原因で退職。良い会社で働くにはどうすればいい?

ストレスが原因で退職。良い会社で働くにはどうすればいい?

ストレスを抱えながら仕事をしている人は、たくさんいますが、ストレスが原因で退職までする人は少ないです。この記事では、ストレスはどんなもので、どのように付き合っていくことが良いかを、紹介しますので是非読んで見てください。


最新の投稿


退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることなんてある!?退職の際の知識

退職しても懲戒処分されることってあるの?なんて疑問に思っていたりしませんか?実際に懲戒処分されることがあるのかについて専門家の意見や過去の事例も紹介しながら詳しく説明していきたいと思います。今回の記事では、懲戒処分や懲戒解雇についても詳しく紹介するので、参考にしてみてください。


【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能!

『行列のできる転職相談所』は20代・第二新卒に特化した転職サイトです。今は、無料転職相談を実施しています。『行列のできる転職相談所』は実績のある紹介サービスも行なっていて、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍にもなっているそうです。


退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

退職所得控除額とは?知らない人は大きなリスクが!?

 皆さんは退職所得控除額についてご存知でしょうか?いずれ退職金を受け取る際に聞く可能性のある言葉ですが、いずれにせよ皆さんには退職所得控除額はあまり馴染みのない言葉ですよね。今回の記事では退職所得控除額の計算方法や退職金にかかる税金についての説明なども詳しく紹介していきたいと思います。 


就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

 自分は何をアピールすればいいんだろう?就活生だけど自己PRについて先輩や友人に聞くのも気が引けるしなんて思っている人はいませんか?また、何もアピールすることなんてないなどと途方に暮れていたりしていませんか?今回の記事では誰でも自分自身を最大限にアピールする方法や就職の際にアピールポイントになるスキルや就活生がよく犯す間違いなど皆さんに役立つ情報を徹底紹介していきたいと思います。


退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。