職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

 職務経歴書や履歴書を書こうと思った時に印鑑が必要かどうかで迷ったことはありませんか?就職活動はもちろんバイトの面接等でも必要な履歴書は完璧な形で提出したいですよね。今回の記事では、職務経歴書や履歴書に印鑑は必要かどうかやどの印鑑が最適なのかなどについて詳しく紹介していきたいと思います。


1 職務経歴書や履歴書に印鑑は必要なの?

 職務経歴書や履歴書に印鑑は必要なのでしょうか?その答えは、時と場合によるが基本的には押す必要はありません。1997年に閣議決定された押印見直しガイドラインにおいて押印を求める必要性や実質的意義が感じられないといった理由で職務経歴書や履歴書などの書類において印鑑は必要ではないということが定められたからです。そのため、押印する必要のない職務経歴書や履歴書が増えてきています。ただし、押印しなければならない場合がいくつかあります。

・印鑑を押さなければならない場合

 印鑑を押さなければいけないのは、職務経歴書や履歴書に押印欄がある場合と企業から押印するよう指示があった場合です。そのため、できる限り押印欄がない職務経歴書や履歴書を選ぶようにしましょう。また、うっかりした人やビジネスマナーがなっていない人と判断されないためにも、印鑑は必要ないという閣議設定された事実があっても押印欄や押印の指示があった場合には必ず印鑑を押しておくようにしましょう。どんな場合であっても履歴書や職務経歴書などの応募書類には一つのミスもないように何度も見直してください。そして、採用担当者にマイナスイメージを与えないようにしましょう。

・印鑑を押さないで良い場合

印鑑を押さないで良い場合は職務経歴書や履歴書に押印欄がなく、企業やバイト先からも指示が無かった場合です。最近では、印鑑を押さないで良い場合がかなり増えてきています。

2 印鑑の種類はたくさんあるけどどう使い分けたらいい?

 印鑑の種類はシャチハタや朱肉など様々な種類がたくさんありますよね。しかし、どこでどの印鑑を使うべきなのか意外と悩みますよね。そこで、職務経歴書や履歴書にはどの印鑑が適しているのかご存知でしょうか?正解は、銀行印や印鑑登録されていない認め印です。シャチハタを使ってはいけない理由としては、「採用担当者にビジネスマナーがなってないと判断される」や「朱肉でないためにじむ可能性が高い」といったことが挙げられます。そのため、たとえ100均のものでも良いので朱肉の印鑑を使用するようにしましょう。

3 職務経歴書や履歴書に印鑑を押すのに失敗したらどうする?

 職務経歴書や履歴書は、採用担当者に提出するものです。また、職務経歴書や履歴書は言い換えればこれからの自分の人生を決める書類です。そのため、失敗した際には再び新しいものを書くことを勧めます。ただ印鑑を押す際に少しずれてしまったりしても、どこまでが失敗か自分で判断することは難しいですよね。結論から述べると、斜めや二重押しなど誰が見ても丁寧に押せていると判断できる場合以外は全て失敗です。そのため、失敗した際は潔く新しい職務経歴書もしくは履歴書を書くようにしましょう。

・印鑑は就職活動もしくは転職活動中には常に持ち歩きましょう

 職務経歴書もしくは履歴書に押印する必要は不要になってきましたが、転職活動や就職活動中には印鑑を求められるシーンが多くあります。例えば、面接で交通費が出る場合の受領書や入社時の内定承諾書などです。そのため、就職活動もしくは転職活動中は印鑑をすぐに出せるように常に携帯しておくことをオススメします。

4 まとめ

 いかがだったでしょうか?押印があることでビジネスマナーがあるとは一概には言えませんが、自分の人生を左右する書類である職務経歴書や履歴書にはできる限り丁寧に書くようにしましょう。だからこそ、今回紹介した印鑑の種類や印鑑を押すべきときなどを参考してみてください。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


職務経歴書 印鑑 履歴書

関連する投稿


履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない!職歴なんてないけど、転職はできる?なんて思ってはいませんか?履歴書に書く職歴が無くても自分をアピールする方法は数多く存在します。今回の記事では、履歴書に記入できる職歴がない方のためのアピール方法やオススメの転職エージェントを紹介していきたいと思います。


エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

 これまで手書きが当たり前だった履歴書作成も今ではパソコンで作成する場合が増えてきています。しかし、どの場合にパソコン作成の履歴書が適しているのか?やパソコンでどうやって作ればいいのか?など分からないことが非常に多いですよね。今回は企業の採用担当者からの情報も交えて、履歴書のパソコン作成について詳しく説明していきたいと思います。


履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

就職活動をしている皆さん!履歴書を面接会場に持参する際に封筒は必要かどうか知っていますか?また、履歴書を渡す際のマナーについてしっかりと理解できていますか?今回は、履歴書を持参する際のマナーや封筒の記入方法について詳しく紹介していきたいと思います。


【必見】就活で圧倒的有利な履歴書写真のポイントまとめ!

【必見】就活で圧倒的有利な履歴書写真のポイントまとめ!

履歴書写真って意外と困ったりしますよね?どういったところに注意を払うべきか意外と知らないものです。今回はそんな方のために、就活で他に差をつけられるようなポイントをまとめて見ました!是非参考にして見てください!


履歴書の写真を撮るポイントは?履歴書も写真もデータでOK

履歴書の写真を撮るポイントは?履歴書も写真もデータでOK

履歴書の写真は重要なのでしょうか?書類選考を行なっている採用担当者は履歴書の写真から様々な印象を受けています。履歴書の写真は、テキストのみの情報の中にある唯一の画像情報なので、人間はそこからより多くの印象を受け取っています。良い写真を選んで採用担当者に好印象を与えましょう。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。