新卒で入った会社を退職した。第二新卒は転職に不利なの?

新卒で入った会社を退職した。第二新卒は転職に不利なの?

会社に入ったら3年は辞めるなと言われたことはありませんか?現在は、新卒で入った会社を3年以内に退職しても、第二新卒のイメージが変わってきているので、問題ありません。この記事では、第二新卒の就活事情についてまとめましたのでぜひ読んでみて下さい。


転職市場は少しずつ変わってきています。これまでは、3年以内に会社を退職すると、転職に不利と言われていましたが、その傾向はどんどん薄れている傾向があります。むしろ、第二新卒は就活市場での需要が高まってきています。この記事では、第二新卒が転職活動をする上でのポイントを紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

第二新卒とは  

第二新卒とは

第二新卒の定義がないので、人や企業によって解釈が変わる場合がありますが、第二新卒とは、一般的に大学を卒業して就職し、3年未満に退職し転職しようとする人のことを言います。年齢で言えば、22歳から26歳なので、非常に若い人材ということになります。第二新卒と似た言葉で「既卒」もありますが、既卒は大学卒業後、就職しなかった人のことを言います。第二新卒と既卒の違いは、一度就職し社会人経験があるかないかということです。

新卒との違い

新卒との大きな違いは、数年ですが社会人経験があるということです。新卒は、全く社会人経験がないので、新卒で入った会社で社会人としての基礎を学ぶ時間に多くの時間が費やされますが、第二新卒で入った会社では、業務を覚えてしまえば、即戦力として貢献できる人材ということになります。そのため、新卒にかける教育時間もお金も、第二新卒の方が圧倒的に少ないです。社会人経験の数年の違いですが、社会人経験があるとないとでは大きく違います。

今、第二新卒の求人があつい 

企業が第二新卒を求めている

近年、第二新卒を求める求人が増えてきています。その理由は、景気回復によって新卒の就職活動が売り手市場になり、企業が新卒だけでなく第二新卒も合わせて、人材を募集しているからです。企業側は、新卒で採用しようと思っても中々人が集まらず、採用範囲を広げ第二新卒まで対象にしているという実情があります。また、新卒の3割が3年以内に退職すると言われているので、早期退職が一般的なものになってきたことがわかります。

第二新卒の良いところ

第二新卒は、新人教育をしなくてよいので、教育の投資コストが減ります。新卒の場合、1ヶ月から半年間は、新人研修をするので、その間の研修費や人件費などでたくさんの費用がが掛かります。第二新卒はその費用を負担せずに、採用後すぐに実務に取り組めるので教育コストが削減できます。また、社会人経験があると言えども、実際に働いた期間は短いので固定観念に縛られることなく、柔軟に物事を考えられ将来的なポテンシャルを秘めています。

第二新卒の注意ポイント

しかし、第二新卒は、企業に良い印象を持たれるだけではありません。企業によっては、新卒で入社した会社を3年未満で辞めたことを、良く思わなく「入社してもすぐに辞めそう」という印象を持たれる場合もあります。会社を辞めた理由がしっかりしていないと、逆にマイナス要素になってしまうので注意が必要です。そう思われないために、会社を辞めた理由をしっかりと考え伝えることが必要です。

また、社会人の基礎的なスキルは当然あると思われるので、入社後は特に研修が無く実務で覚えていくということも少なくありません。基礎的な社会人スキルが完全にマスターできていない人は、転職活動をする前に身に着けておかなければなりません。

第二新卒の退職理由 

転職理由の伝え方

転職理由を伝える場合は、ネガティブなことではなく、ポジティブな言葉を使いましょう。前述した通り、面接官に「入社してもすぐに辞めそう」という印象を持たれないような転職理由を伝えなければなりません。

それでは、おすすめの転職理由をいくつかご紹介します。

①キャリアップしたい

新卒で入社してから数年は、能力があっても任される仕事が単純な業務ということも少なくありません。早いうちに、キャリアアップして、責任ある仕事をしたい人におすすめの転職理由です。

②異業種を経験したい

新卒で入った会社が自分に合っているとは限りません。1つの仕事をやり続けることは、素晴らしいことですが、自分に合った仕事をした方が意欲的に取り組みやすいので、異業種を経験し転職を見つけたいという方におすすめの転職理由です。

③やりがいのある仕事がしたい

成果だけでなく、社会により貢献できる仕事に就きたい人におすすめの転職理由です。

前向きに仕事に取り組む意思をアピールすることが大切なので、「仕事が大変だから」や「上司が厳しい」などの理由は、言ってはいけません。

転職しやすい時期

基本的に転職は一年中できますが、4月と10月の半期ごとに転職する人が増加する傾向にあります。4月は、新年度なのでそこに合わせて、新しい仕事をしようと考えている人が多くいるからです。会社としても、4月から新しい人事編成をすることが多いので、転職者を受け入れやすいとも言えます。また10月にも転職者数は増加します。その理由は、半期ごとのボーナスを受け取ってから退職したいという人がいるからです。

まずは行動

第二新卒に限らず、転職活動で最も重要なことは行動することです。転職をしないにしても、自分のやりたい仕事について考えてみたり、気になる会社について調べてみたりしましょう。そうすることで、今の会社ので働くことが自分にとって本当に良いのかどうか分かってきます。そして、新天地でさらに成長したいという気持ちなった場合は、実際に転職しましょう。第二新卒は、成長の可能性が無限大なので積極的にチャレンジしていきましょう

第二新卒におすすめのエージェント

第二新卒で転職をしたい方におすすめの就活エージェントがこちらです。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

まとめ

第二新卒が転職に不利ではないことがお分かりいただけましたか?
まずは、行動し自分のしたい仕事に就けるよう頑張りましょう!
最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


転職

関連する投稿


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。