退職代行業者とのトラブル!?解決策を徹底紹介!

退職代行業者とのトラブル!?解決策を徹底紹介!

 退職を考えていても、トラブルを避けたいから退職したいけどできない人は多いですよね。最近はそういう方が退職代行を利用するケースが増えてきています。しかし、それと同時に退職代行業者とのトラブルも増えてきています。今回は、皆さんが安心して退職代行を利用することができるよう自信をもってオススメできる退職代行サービスを紹介していきたいと思います。


1 退職代行業者との間でよくあるトラブルとは?

 退職できなくて困っている時に、お金を払ってまで依頼した退職代行でトラブルにあってしまったら最悪ですよね。今回は、退職代行業者とのトラブルについて詳しく紹介していきたいと思います。

①入金したけれども退職代行が実行されなかったケース

神奈川県在住の40代男性は、「先着10名には9800円で退職代行を利用できる」という広告を見て、退職代行業者に9800円を支払いました。しかし、その後いくら問い合わせても連絡はなく、結局お金を取り戻すこともできませんでした。

②退職代行を通して退職はできたけど有給休暇が取得できなかったケース

山梨県在住の30代女性は、実際に退職代行を利用して退職することはできました。しかしながら、有給休暇を消化することができなくなるというトラブルが発生してしまいました。そのため、退職代行を利用したのにも関わらず退職まで出社することになってしまい気まずい思いをすることになってしまいました。こうなってしまうと、退職代行サービスを利用する意味が無くなってしまいますよね。

③上司が引き留めに自宅まで押しかけてきたケース

福島県在住の30代男性は、退職代行サービスを利用して会社との退職の手続きを代行してもらっていました。しかし、上司が納得することが出来ず依頼者の自宅にまで押しかけて説得しようとしました。この案件は警察に通報したことで解決することはできましたが、退職代行サービスが提示している会社と依頼者の間における交渉は一切発生させないという条件を破る結果になってしまいました。

退職代行に失敗や詐欺やトラブルで後悔することはある??

https://taisyokuagent.com/articles/280

 自分では退職をなかなか言い出せない、退職するなんて上司に言えば何をされるか分からないなんて方には退職に関する手続きを全て行ってくれる退職代行サービスは魅力的ですよね。しかし、中には悪質な業者もあり、失敗、詐欺、トラブルといった事例もいくつかあります。さらには、自分の力ではなく退職代行を使って辞めたということに後悔する人もいます。今回は皆さんに退職代行について気を付けたいリスクや安心して利用できる退職代行の選び方まで詳しく徹底的に紹介していきたいと思います。

2 退職代行業者となぜトラブルが生まれるのか?

 先程紹介したような退職代行業者とのトラブルが起こる原因について解説していきたいと思います。主な原因としては、弁護士以外の人間が退職代行を行っていることや退職代行サービス自体に信頼性がないといったものが挙げられます。

※退職代行についてより理解を深めたい方はこちらをご覧ください。

【最新版】令和時代の注目サービス「退職代行」とは?

https://taisyokuagent.com/articles/212

令和新時代の注目サービス「退職代行」を知っていますか?最近、世間に認知され始めてきたサービスであるため、退職代行サービスの概要を完全に理解できている方は少ないでしょう。「退職代行」の概要について詳しく説明しているため、利用を検討されている方は、参考にしてみてください。

・弁護士以外の人間が退職代行を行っている

 結論から述べると、弁護士以外の人間が退職代行における交渉事を行うことは法律違反になります。しかし、現在はほとんどの退職代行サービスには弁護士が在籍していると明記されていますよね。退職代行業者によっては実際に弁護士は在籍していないのに名前だけ借りていたり、架空の名前を使っているなどのケースがあります。そのため、退職代行サービスに書かれている情報を完全に信頼することはやめたほうがいいと思います。

・退職代行サービス自体の信頼性が少ない

 退職代行サービス自体の信頼性の少なさは口コミや過去の案件数などを調べることで分かります。実際に「ほぼ100%退職代行を成功!」と書いている退職代行サービスと「100%退職代行を成功!」と書いている退職代行サービスには大きな違いがあります。ほぼと明記しているため、実際には何らかのトラブルが起きた経験がある可能性が非常に高いです。さらに、100%と明記されていたとしても本当に100%成功した実績があるか疑い深いですよね。そんな際には、一度無料相談に行くなどして実態を調査することをオススメします。

・退職代行サービスを選ぶ際に見るべきポイント

 退職代行サービスを選ぶ際に見るべきポイントは、どれだけ実績があるかです。実績があれば、その分トラブルが少ないということに直結しますよね。だからこそ、安価だからなどといった理由で退職代行サービスを利用するようにしましょう。安価な退職代行サービスに申し込みをしたのに結局トラブルが生まれてしまった事例に比べたら、多少高額な金額を支払った方が良いですよね。

3 自信をもってオススメできる退職代行サービス

 今回は、実績が豊富で、信頼できる退職代行サービスを専門家の方の意見を基に厳選してみました。しかし、皆さんは退職代行について詳しくご存知でしょうか?退職代行とは、退職の連絡、退職金の確認、社会保険などの手続きの連絡、有給休暇に関する手続きなどを退職したい人のために退職の手続きを代わりに行ってくれるサービスです。退職を考えている方本人だけでなく親御さんや周囲の人など様々な方が利用するできます。今回は、皆さんにオススメできる退職代行サービスを2つ紹介していきたいと思います。

・退職代行ニコイチ

 退職代行ニコイチは、14年以上もの実績のある会社です。また、これまで4000人の退職志願者に対して退職代行サービスを行ってきた実績があります。さらに、14年以上もの間で退職成功率は100%という実績も備えており非常にオススメできる退職代行サービスです。また、退職後の転職活動まで支援してくれるというメリットもあります。

・汐留パートナーズ法律事務所

 汐留パートナーズ法律事務所では、主に弁護士が退職代行を行うため、退職に関する手続きを行っている際に損害賠償されたなどのトラブルが起きたとしてもすぐに対応し、解決することが可能という特徴があります。そのため、働いている職場の環境や人間関係に関わらずどんな人でも退職することが可能です。さらには、退職金請求や有給休暇に関する手続きなどについては弁護士だからこそ円滑に行うことが出来、最大限の額を受給することも可能になるというメリットがあります。

退職代行希望者を4段階で分類!あなたはどれに当てはまる?

https://taisyokuagent.com/articles/217

退職希望者の中には、「今すぐに退職したい方」「退職代行を利用して退職した方」などの様々な方がいます。本記事は、退職希望者を4段階に分類することで全ての退職希望者の要望に答えることができるようになっています。

4 まとめ

 今回の記事を通して、退職代行サービスでもトラブルが生まれることが分かったでしょうか?今回の記事をきっかけに退職代行を利用する際に皆さんがより慎重に退職代行業者を選んでみてください。退職を考えている方は、悔いの残らない退職ができるよう退職代行サービスの無料相談に足を運んでみるなどしてトラブルが起こらないよう対策を講じることをオススメします。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。