面接合否一週間が意味することとは?一週間後は不採用!?

面接合否一週間が意味することとは?一週間後は不採用!?

 就職や転職の体験談を読んでいると、一週間後の合否発表は不合格フラグなんて情報をよく目にしますよね。しかし、実際にそうなのでしょうか?今回の記事では採用担当者の意見も交えながら選考の実情や「選考結果は一週間後にお伝えします」が本当に不合格を意味するのかを詳しく紹介していきたいと思います。


1 「選考結果は一週間後にお伝えします」は不採用を意味する!?

「選考結果は一週間後にお伝えします」という言葉が、不採用を意味するということはありません。単純に「選考に一週間かかるのでそれまでお待ちください」という意味で受け取った方が良いでしょう。連絡が早かったから合格であったり、連絡が遅かったら不合格などと時期によって合否が左右されることなど絶対にありません。これは、多くの採用担当者や人事担当者が口を揃えていっています。就職活動や転職活動を行っている方は、こういった誤った情報に惑わされず、自信をもって取り組んでください!

今回の記事では、就職活動中や転職活動中の方のために大手企業の元採用担当者が重視している面接の際のポイントについていくつか紹介しているので是非参考にしてみてください。

2 どうして一週間もかかる?

 こちら側としては選考結果はすぐにでも知りたい情報ですよね。しかし、企業側にとっては選考は今後の会社を左右する重要なことです。だからこそ、選考結果を発表するのに一週間以上かかる理由がいくつか存在します。今回はその中でも特によくある原因を紹介していきたいと思います。

・応募数が多い

人気企業に応募した場合は、選考結果が連絡されるまで時間がかかることは覚悟しておきましょう。他社に比べて応募総数が大きく異なるため、場合によっては2週間かかる可能性も十分にあります。また、今年から急激に応募者が増えたといった企業も存在しますよね。しかし、どんな場合においても選考結果が連絡されるのが遅いということは企業が選考に手こずっているなどを意味しており、決して不採用を意味してはいません。

・他の候補者の返答を待っている

確かに自分よりも評価された人の返答次第で自分の採用結果にまで影響するのは非常にシビアなことですよね。しかしながら、自分よりも評価が高かった応募者が内定を辞退すれば自分にも内定の通知がくるという状況は就職活動や転職活動の世界ではよくあることです。 

・役員や他の担当者との社内調整が必要

 選考結果は、選考に通ったらすぐ連絡されるのではなく様々な手続きなどを全て行った後に連絡されます。具体的な内容としては、役員への説明や他の面接担当者との会議などが挙げられます。そのため、一週間経っても選考結果が連絡されない場合でも自分が選考に通っている可能性は十分あります。

3 一週間経つ前に企業に問い合わせをしてもいい?

 企業に問い合わせをするかどうかはその時の状況によって異なります。しかし、基本的に応募者側から企業にお問い合わせするということは控えておいた方が良いと思います。なぜなら、企業の選考活動の妨げになる可能性もありあまり好ましい行為では無いからです。本当に選考結果が知りたくてどうしようもないという場合のみ企業に問い合わせをするようにしましょう。

・まずは、自分で可能な限り確認!

 採用者にとって、採用確認の連絡が来ることは好ましいことではありません。また、焦って連絡を入れることは、自分自身の印象を下げることに繋がるかもしれません。そのため、最低限一ヶ月程度は選考結果を待つようにしましょう。また、就活についての口コミサイトで他の就活生の情報を入手して選考期間が終わっているのかどうか、必ず調査しておきましょう。それでも通知が来ない場合のみ、電話やメールを通して企業に連絡をしましょう。しかし、実際、一ヶ月経っても通知が来ない場合は、選考通過の可能性はかなり低いです。

・諦めきれない時の対処法

ここでは、どうしても諦めきれない時に、企業にどう連絡すればよいか紹介していきたいと思います。電話とメールのどちらを使う際においても、重要なのは謙虚さを伝えることです!

例:電話

「御社に応募した〇〇〇〇と申します。」

「〇月〇日に応募書類を送付させて頂いたのですが届いておりますでしょうか?」

届いています、と回答を頂けた場合

「送付して2週間ほど経ちましたが、ご連絡がなかったものでお電話させていただきました。ぜひ、面接の機会をいただければと思いますので、ご検討宜しくお願い致します。」と言って結果を待ちましょう。

例:メール

〇〇〇株式会社 採用担当者様

〇月〇日に貴社の求人に応募させていただいた〇〇〇〇と申します。選考結果をお伺いできればと思い、ご連絡致しました。結果の連絡まで〇日くらいと伺っておりましたが、その後ご状況はいかがでしょうか。ご連絡をいただける時期の目安だけでもお聞かせいただけますと幸いです。

ご確認の程、よろしくお願い申し上げます。

4 結果を待つ間の一週間ですべきこと

企業研究

 就活は時間との戦いです。そのため、できる限り複数社の選考にも積極的に申し込むことがは必要不可欠です。さらに、これまでの面接を通しての反省点をまとめるなどして、面接対策や企業研究も欠かさず行いましょう。

面接対策

 面接対策をしようと思っても自分一人ではどうしたらいいかよく分からないですよね。また、自分のどこがいけないのかなど自分では気付けない自分の弱点が必ずあると思います。だからこそ、面接対策では、回数を重ねることで、周囲の人々からどういう点が良かったか、悪かったかを知ることが大切です。その情報を基に、面接官の質問に論理的かつ簡潔に答えられるよう練習することが、難関企業合格の鍵になると言っても過言ではありません。※実際に採用担当者が面接の際にどういう点を判断基準にしているか知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

面接落ちた!?人事の合格サインはあれだ!手応えの感じ方!

https://taisyokuagent.com/articles/51

面接結果がなかなか来なくてソワソワしちゃいますよね。他にやることがあるにも関わらず、集中できなくて、メールボックスを何度も開いてしまう人は少なくないのではないでしょうか?面接中に合否が判断できるフラグがあるので紹介していきます!

企業研究

 企業研究はあなたの企業に対する熱意をより具体化するために行います。企業研究では、志望する企業が求める人物像や事業内容を調べることはもちろんのこと、OB訪問を通して社内の雰囲気などを聞いてみることをオススメします。また、採用担当者がオススメする企業研究のポイントとしては、代表取締役のメッセージ、企業理念、資本金などの企業情報などから他社との違いを発見し、それを自分の志望理由にも取り入れることです。そのような企業研究を通して、より良い志望理由を作成すると共に、面接の際に業界や仕事に関することを尋ねられてもすぐに答えられるようにしましょう。

5 誰でも簡単に自分を魅力的にアピールする方法【面接編】

今回は面接の際に何を大切にすべきなのかについて、【立ち振る舞い編】と【内容編】に分けて説明していきたいと思います。ちなみに、両編ともに大手企業の採用担当経験のある方が重視しているポイントを紹介しています。是非参考にしてみてください。

【立ち振る舞い編】

面接の際に意識して欲しいこと(立ち振る舞いについて)

①笑顔ではきはきと明瞭に話すこと
②相手の目をよく見て話すこと
③落ち着いて早口にならないようにすること
④自分の匂いは大丈夫か必ず一度確認すること
⑥しっかりと相手の話を聞くこと

【話す内容編】

面接の際に意識して欲しいこと(話す内容について)

・ありがちな解答を答えないこと
・独創的な内容を話すこと
・常に自分の言葉で、台本を覚えるのはやめましょう。
・企業との接点を意識すること
・初めに結論を述べて、簡潔に分かりやすく。

・自分の良い所を話す際のポイント

自分の良い所を相手に魅力的にアピールするためのテクニックは大きく分けて3つ存在します。

 一つ目は、「客観的な数字や具体的な事例を挙げること」です。自分が関わった案件の売上高や自分の表彰歴などを交えて長所や自己紹介をすることであなたにしかない内容を話すことができるでしょう。

 二つ目は、「アピールポイントを絞る」ということです。アピールポイントを絞らないと、本当に言いたいことが面接官に伝わりにくくなります。そのため、例えば、努力し続けられる能力をアピールポイントしたいならこれまでの経歴や長所も多くを努力に関する内容に関連付けることが大切です。

 三つ目は、「今後のキャリアビジョンが言えるかどうか」です。会社に入った後どういう活躍をするつもりなのか、そのコミュニティに入ればどういう影響を与えられる存在になれるかなどについて質問を受けなくても自分から進んで言及することが大切です。積極性が評価されると共に独創性やコミュニケーション能力が評価されるかもしれません。

6 まとめ

どれだけメンタルが強い人でも選考結果を待っている間は、落ち着いていられないですよね。自分だけでなく周りの就職活動もしくは転職活動中の人間全員も同じです。だからこそ、一人でじっと待っていても仕方がありません。誤った情報に左右されずに、自分のベストを尽くしてください。皆さんが悔いの残らない就職もしくは転職ができることをお祈りしています。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連する投稿


フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターでも絶対に正社員として就職できるオススメ方法!

フリーターの方がよく正社員として就職したいけれど、どんな職種、どんな方法で就職したら良いか分からないといった声をよく聞きます。そのため、今回はフリーターでも就職しやすい業種、職種や面接対策やオススメの転職エージェントまで詳しく紹介していきたいと思います。


クールビズにネクタイはいらない?失礼にあたるのか?【基本ルール】

クールビズにネクタイはいらない?失礼にあたるのか?【基本ルール】

クールビズって服装に迷いますよね。特にネクタイはいらないのか、失礼にあたるのかなど様々な考えが巡ってしまうと思います。ここではクールビズの基本や、ネクタイの有無などを説明していきます。 これを読んでルールをしっかり学んで失礼のないように客先に向かいましょう!


就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

 自分は何をアピールすればいいんだろう?就活生だけど自己PRについて先輩や友人に聞くのも気が引けるしなんて思っている人はいませんか?また、何もアピールすることなんてないなどと途方に暮れていたりしていませんか?今回の記事では誰でも自分自身を最大限にアピールする方法や就職の際にアピールポイントになるスキルや就活生がよく犯す間違いなど皆さんに役立つ情報を徹底紹介していきたいと思います。


雇用保険被保険者証はいつ必要になる?いつ受け取れる?

雇用保険被保険者証はいつ必要になる?いつ受け取れる?

 雇用保険被保険者証って知っていますか?すでに、退職された方や退職を考えている方はご存知かもしれません。ですが、雇用保険被保険者証は退職後に必ず必要になる書類の一つです。そのため、社会人の方は必ず雇用保険被保険者証についてしっかりと理解しておきましょう。今回の記事では、雇用保険被保険者証の意味や必要性、さらにはもらえなかった場合の対策など雇用保険被保険者証について詳しく紹介していきたいと思います。


短期退職が転職活動に与える影響とは?退職の手続きも紹介!

短期退職が転職活動に与える影響とは?退職の手続きも紹介!

 今年も就職活動、転職活動のどちらも売り手市場だと言われています。売り手市場であっても、短期退職した人に対する採用担当者の評価は厳しいのでしょうか?今回は実際の採用担当者が短期退職をどう評価しているのか?短期退職は必ずしも悪いことなのか?について徹底的に説明していきたいと思います。さらに、短期退職を考えている方には円満に短期退職を行う方法も詳しく紹介します。


最新の投稿


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。


なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

仕事を面白くないと感じてしまうと働くこと自体がストレスとなってしまいます。特に、仕事を選ぶ基準としてやりがいを重視する人が増えているので、より一層仕事に面白さを見出すことが必要とされています。この記事では、仕事を面白くないと感じてしまうがどうするべきかを紹介しています。


仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

“仕事で泣く”という経験をしたことがありますか?社会人ならば、少し仕事で嫌なことがあったくらいで泣いてしまうのは甘えなのではないか?と考える人も少なくないでしょう。それでも、泣いてしまうのには理由があります。この記事では、仕事で泣いてしまう理由と対処法を紹介します。


仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

ジムに行こうと思って、近くのジムに入会しに行く人はどんどん増えています。しかしその一方で実際に続いている人は増えているでしょうか、、大変多くの人が途中で挫折してジムに通わなくなっていきます。どうすればそれを改善できるか、などを紹介していきます!