雇用保険被保険者証はいつ必要になる?いつ受け取れる?

雇用保険被保険者証はいつ必要になる?いつ受け取れる?

 雇用保険被保険者証って知っていますか?すでに、退職された方や退職を考えている方はご存知かもしれません。ですが、雇用保険被保険者証は退職後に必ず必要になる書類の一つです。そのため、社会人の方は必ず雇用保険被保険者証についてしっかりと理解しておきましょう。今回の記事では、雇用保険被保険者証の意味や必要性、さらにはもらえなかった場合の対策など雇用保険被保険者証について詳しく紹介していきたいと思います。


1 雇用保険被保険者証とは?

 雇用保険被保険者証とは、職場で雇用保険に加入している方がもらうことのできる証明証です。そのため、今現在会社で働いている、つまり雇用保険に加入している方が必ずもっている証明証です。雇用保険被保険者証は、会社に入社した際に発行される場合が多いですが、退職するまで会社が保管している場合が多いです。そのため、雇用保険被保険者証と言われても見たことすら無いという人が多いでしょう。ただ転職の際には転職先で必ず雇用保険被保険者証の提出が求められるため、転職を経験している方は雇用保険被保険者証の存在を知っている方が多いと思います。しかしながら、雇用保険被保険者証は働いていれば誰でも発行できる証明証ではありません。適用条件として、一週間の所定労働時間が20時間を超え、31日以上働き続ける見込みがあるということを満たしている必要があります。つまり、日雇いやアルバイトなど先程の条件に当てはまらない方には雇用保険被保険者証は発行されません。

2 雇用保険被保険者証はいつ必要になる?

・教育訓練給付金やその他費用の支給を受ける時

 雇用保険に加入している場合には、教育訓練給付金を受給できます。しかし、教育訓練給付金とは何かご存知でしょうか?教育訓練給付金とは、国の定めた教育訓練の受講費用の一部を保障してくれるという制度です。そこで、この保障費用を受け取るために、雇用保険被保険者証が必要になります。さらに、雇用保険被保険者証があれば高年齢雇用継続給付の申請や育児・介護給付金の申請を行うことができます。

・失業保険金を受け取る時

 失業保険金は失業した後の生活を支えるためのお金です。転職活動中にお金のことについて悩まないでいいようにしっかりと受け取っておくようにしましょう。失業保険金を受給できることが、転職活動を円滑に進めるためには非常に大切になってきます。そのため、雇用保険被保険者証を用いて必ず失業保険金を受け取っておくようにしましょう。

・転職活動をする時

 異なる会社で働き始める場合には、転職先から雇用保険被保険者証の提出が求められます。そのため、その際にすぐ提出できるよう準備しておくようにしましょう。

3 雇用保険被保険者証はいつもらえる?

・退職時に会社からもらえる

 雇用保険被保険者証は基本的に会社に入ったときから退職する時までずっと会社が保管している証明証です。そのため、退職時に本人に手渡されるのが通例です。しかし、本来は雇用保険被保険者証は自己管理する必要がある証明証の一つであるため、自分でも会社が保管してくれているかどうか把握しておく必要があります。紛失しても再発行することはできますが、非常に手間がかかります。

・退職時にもらえなかった場合はすぐに会社に連絡を!

 先程述べたように、雇用保険被保険者証は本来自分で保管しておくべき書類であるため、退職の際には会社はすぐに本人に返却する必要があります。しかしながら、会社が雇用保険被保険者証を返却することを忘れている場合もありますよね。その場合はそのままにしておくと、紛失もしくは失業保険金や雇用保険が受けられないなどといったトラブルが発生する可能性があります。そのため、退職時にもし雇用保険被保険者証が会社からもらえなかった場合にはすぐにでも会社に連絡してもらえるように手続きをするようにしましょう。

4 まとめ

 いかがだったでしょうか?雇用保険被保険者証について理解は深まったでしょうか?雇用保険被保険者証は退職した人以外の方にとっては身近なものではないですよね。しかし、冒頭でも述べたようにいつかは必ず利用しなければならない書類の一つです。知っておくことでいつか必ず役に立つでしょう。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。