会社を辞めるベストな期間は?期間別メリット・デメリット!

会社を辞めるベストな期間は?期間別メリット・デメリット!

退職にはどのくらい時間がかかるの?転職先が決まったけれど、転職日をいつにすればいいかわからない。もし、転職日までに退職できなかったら、内定を取り消されてしまう。この記事では、退職までの計画を練るために必要な情報を網羅的に説明しています!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

会社を自己都合で辞める場合、どのくらいの期間が必要なのでしょうか?
その際に気をつけるべきポイントや、状況別に応じた退職届を出すタイミングのアドバイスをしていきます。
退職の問題は一人では抱えきれない問題ですよね。
このサイトを見て、少しでもあなたの退職活動に役立ち、これからの人生につながっていくことが出来れば幸いです。
最後まで御覧ください!

1.会社を辞める際に最低限必要な期間

まずは会社を辞める際に最低限必要な期間を教えます。
民法には「期間の定めがない場合は、原則2週間前(月給制など期間によって報酬を定めた場合は、賃金計算期間の前半)までに申し出る」と定められています。これ以外に法律では特に定めはありませんので、基本的には14日までに退職の申し入れをするとおぼえておいてください。法律上でしたら、14日前に申し出をすれば、訴えられたり、お金を請求されたりということはないので、ご安心ください。
この最低限の期間は法律で決められているので、病気や怪我などの万が一の場合を除き、極力守ってもらいたいです。

法律と就業規則のどちらに従うべき?

よく「就業規則には退職の一ヶ月前と書かれているのですが、本当に2週間前で良いのでしょうか?」という質問を受けます。
しかし、この場合は常識的に考えて、就業規則に従ったほうがいいでしょう。

もし、就業規則に1ヶ月前と記載されているのならば、企業側に何らかの意図があるはずです。
例えば、欠員補充や業務の引継ぎなど、退職することで企業が行うべきことが生じてしまいます。そのための期間を確保している可能性があるので、きちんと就業規則に沿った対応をとることが望ましいです。

ここはお互いに円満な退職をするために、必ず守ったほうがよいルールになります。法律的に従ったから、問題ない!と意地を張るのではなく、お互いのことをしっかりと考えながら、行動をすることが良いですね。

多くの企業は就業規則に予告期間を規定しているので、確認してみてください。

試用期間中の退職も通常と同じ

試用期間中は企業と自分のミスマッチが多くありますよね。自分が思っていた仕事が出来なかったり、面接で聞いていた労働条件と違っていたりすることがよくあります。実際に退職したいなと思う方が一番多くいらっしゃる時期です。
試用期間中は、まだ正社員ではないからといって、即日退職が出来るわけではありません。正社員の方と同じように、就業規則に従って、退職しましょう。また試用期間中でしたら、改善の余地があるはずです。ぜひ退職の前に、一度人事に相談してみることをオススメします。

有期雇用の場合は契約満了まで

一方で、先ほどとは違い、派遣社員や契約社員のように雇用期間に定めがある方は、2週間前の退職をすることができません。
期間が決まっている場合は、原則的にその期間まで働くことが必須となっています。試用期間中とかなりの違いがあるので、注意しましょう。
もしどうしても退職せざるを得ない状況にあるのならば、きちんと理由を説明すれば退職することができる可能性があります。一度、直属の上司の方に相談してみてください。

2.退職完了するまでの期間は?〜状況別〜

法律的には2週間前ということが分かりましたが、実際置かれている状況って人それぞれですよね。今回は状況を3つのパターンに分けておすすめの退職を伝える流れを説明しますので、参考にしてみてください。

①引き継ぎをこれからやるなら2ヶ月

業務の引き継ぎにかかる期間は、退職者本人が一番分かっているかと思います。もし、お仕事が1ヶ月で1つの業務サイクルとなっている場合なら、引継ぎを完了するのは早くても1ヶ月かかるでしょう。

さらに後任の選定期間も考慮する必要がありますので、そのためにも最低1週間程度かかるでしょう。この際に、後任を新規に採用する場合もあれば、ひとまず社内で手配する場合もあります。この2つには大きな違いがありますので、上司に確認することが必要になります。

業務の引き継ぎの視点からいうと、退職の申し入れをするタイミングは人それぞれですが、早いに越したことはないので、業務の引き継ぎに要する期間に+1ヶ月くらいを見ておくことをオススメします。

②転職活動をこれから開始するなら4ヶ月

転職活動をこれから開始するならば4ヶ月前後時間がかかってしまいます。
退職後すぐに次の転職先で働けることが理想の形ですので、転職活動をきちんと終了させてから、退職という形を取とりたいですね。

1. まずは書類審査:1〜2週間程度

転職先を選定して、そこに履歴書を送ります。
もし、まだ履歴書や職務経歴書を完成していないのであれば、その作成に取り掛かる必要がありますね。この書類は人によってはかなりの量になると思います。最大で12週間ほどかかる場合がございますので、退職を考え始めたならば、いち早く作成にとりかかることをオススメします。

大体の企業では履歴書などの書類を提出してから通過するまでに1週間程度かかるのが一般的です。一方では、すぐに人を採用したいという企業もあるので、その場合は1〜3日で返信が来ることもあります。選考のスピードは、企業によって左右されるので、何社かまとめて出すほうがオススメです。

2. 面接~内定・承諾:7週間程度

一般的に書類審査を通過したら、日程調整→面接→結果発表→内定→承諾の流れになります。
面接日程の調整から面接日まで大体2週間程度かかります。面接が多い企業は3次面接まであるので、面接が終わるまで、2週間×3回=6週間ほどを見てください。

全ての面接が終わったら、合否の連絡は1週間ほど待つことが一般的です。合計すると、7週間程度かかることが見込まれますね。

内定をいただけたら、齟齬がないかお互い確認することが大切です。もし、話していたことと違うとなって、次の会社でもまた転職活動・退職を進めなければならないという状況には陥りたくはないですよね。納得の行くまで質問をしましょう。

3.退職伝達〜引き継ぎ・有給消化:5週間

最後に、退職の意志を現在の会社に報告したら、業務の引き継ぎや有休消化などやることがたくさんありますよね。これらをすべて消化するには5週間ほど時間が必要になるでしょう。
できれば、有給をすべて使い切って会社を辞める方がお得です。

③最短での退職だったら2週間

最短での退職をお望みでしたら、先程にも述べたように2週間での退職が可能です。しかし、あまりにも早すぎる退職は引き継ぎなどの業務を怠ってしまう可能性があり、円満退社への道は閉ざされてしまうでしょう。今の会社とまた関わる可能性も捨てきれないので、双方が納得のいく退職をするためにも、2周間ではなく、2ヶ月ぐらい前から着々と退職の準備をした方が良いですね。

3.退職の上手な伝え方と引継ぎをする際の心構え

退職の流れ

まずは、直属の上司に退職の意思を伝えます。ここでのポイントは、なるべく上司の都合を見計らって、会議室などへ移動をしてから、本題に入ることを強くオススメします。上司へ伝える前に同僚や部下に退職の話をしないように気をつけてくださいね。
一番最初に上司へ報告できるようにしてください。社会人として最低限のマナーは守るよう心がけましょう。

上司への報告が終わったら、次に退職届を出します。適切な退職届を作成しましょう。その作業が終わったら引き継ぎにうつっていきます。
引き継ぎ作業とは、あなたが今もやっている仕事を誰かが背負うことになります。相手や会社からするとかなりの負担になります。そのため、複数の同僚に振り分けられる場合もあれば、後任者が一手に引き受ける場合も考えられます。あるいは後任者がいないという場合もありますので、きちんと協力に対する姿勢を見せることが大切です。

引き継ぎ期間の過ごし方

退職届が受理されると、新しい企画や会議に参加する機会はなくなります。受け持つ仕事の量も減っていき、退職に向けて準備をどんどん進めていきます。自分の仕事がなくなることは少し寂しさを感じたり、仕事が与えられないと後ろめたい気持ちを感じるでしょう。

会社は社員ひとりひとりを育てるために採用の時点から多くのお金や時間を費やしています。また、退職者が出ると、他の社員の負担が重くなり、迷惑をかけてしまいます。そこで退職することに対して申し訳ないという気持ちを持つのではなく、自分のできることは進んでやり、挨拶やお礼を言うことで、気持ちよく円満退職ができるように努めましょう。

退職にあたり引き止めにあったら

どんな人でも、会社という組織に属している以上、与えられた責務や役割があります。どんな形であれ、社員や会社に影響が発生します。そのため、退職するという意思を表明した際には、会社から退職を考え直すよう引き止めをされる可能性があります。
すでに、退職の意志が固まっていて、いくら何を言われても退職すると決めた方はこのような心配はないと思いますが、退職の意志を固めていないと、あなた自身が流されてしまいます。
きちんと自分を見つめ直して、何を言われても辞めないという強い意志を持っていきましょう。

4.退職を伝えてから仕事を辞めるまでの期間別のメリット、デメリット

2週間の場合

まず最短である2週間ですが、メリットとしてはすぐに仕事を辞めることができるということ。
退職するということはやはり、今の職場に少なからず問題があったり、嫌なことがあったりするという人が多いです。2週間という最短の時間で仕事から離れることができるというのはかなり喜ばしいことです。

しかしデメリットとして挙げられることはトラブルになりやすいということです。
やはり2週間では引き継ぎ作業や挨拶の点で不十分であることが多く、上司から嫌がられてしまう場合や、取引先に迷惑がかかる場合があります。
また退職を申し出てから退職までの2週間が会社に居づらい状態になることも多いです。

円満退職を望むのであれば2週間はさすがに短いのが実際のところです。

1ヶ月の場合

退職の申し出から仕事を辞めるまでの期間が1ヶ月というのは一般的ですね。多くの方がこの1ヶ月を選択しているのが現状です。

1ヶ月とするメリットは、会社側があまり文句を言えない程度の期間であること、そして次の職場になる転職先にも待ってもらう期間としても最適であるという点です。
転職が決まっている場合だと内定から入社まではだいたい1ヶ月程度が目安になります。

一方でデメリットとしては会社、上司によっては1ヶ月では不十分と思われてトラブルになることもあり、引継ぎ等に追われて有給休暇を使う余裕が無くなる可能性がでてくる点が挙げられます。

3ヶ月以上の場合

退職までに3ヶ月以上の期間がある場合は十分な期間が見込めるので、トラブルに巻き込まれることは少ないでしょう。
また有給休暇が余っている人は多めに取得して給料を貰いながら休みを多くとることもできます。

ただ内定後に3ヶ月を超えて待ってくれる転職先はさすがに少ないですね。
転職活動の結果が決まっているならば、できる限り3ヶ月待たなければいけないということは避けたいですね。
また、退職の申し入れがあってから、3ヶ月間も働くことは会社と個人の双方にとってのデメリットが多いです。

5.その退職考え直して!もしかしたら退職しないほうがいいかも?

昇進が控えている

近いうちに昇進が控えている場合は、転職しないほうが良いでしょう。昇進すると自然と年収や給与が上がります。昇進をきっかけに仕事にやりがいを感じたり、学ぶことが多く合ったりと成長できる機会が手に入ります。転職活動においても、昇進後の年収で見ると募集企業が一気に減ってしまう可能性もあります。近い内に昇進のお話を頂いている場合は、もう一度考え直してみてはいかがでしょうか?

ボーナスが控えている

直近でボーナスが出るという方はボーナスを貰ってから会社をやめるほうがお得です。プライドなどが邪魔をして、ボーナスの前に退職をするという決断をするのはあまり得策ではありません。転職する際には何かとお金がかかりますし、転職先では最初、試用期間になる場合もあります。もしボーナスが多い場合にも、想定年収もその分高くなるため、転職先との給与交渉時に役に立ちます。

結婚やローンを組む等のライフイベントが待っている

住宅を建てようと思っていたり、結婚が控えていたりする人や子供の学費がかかるという方も、転職しないほうがよいかもしれません。なぜなら、転職をすることでローンを組む際に不利になってしまったり、家族に対して多大な迷惑をかけてしまう可能性があるからです。現在の給与よりも下がってしまうことで、ローンを組むことが難しくなったり、社会的評価がおちてしまったりするので、タイミングをしっかり見計らって、転職するようにしましょう。

繁忙期に転職する

部署の仕事が忙しくなる時期は辞めると人手が足りなくなるという場合があるので、転職は避けたほうが良いでしょう。
年末や決算期が近づくと、会社はバタバタしますよね。繁忙期などで忙しいときには引き継ぎをしている暇はありません。ここで退職を告げられると、会社としても大変迷惑になります。
同僚や上司に悪い印象を持たれてしまいがちなので、この時期に退職を申し入れることは避けましょう。できる限り円満退社をして、気持ちよく次の就職先で仕事がしたいですよね。

6.退職後の相談は転職エージェントへ任せよう

次の就職先をなかなか見つけられないという方は数多くいます。
そのような方のために存在しているのが転職エージェントです。
転職エージェントはほとんどが無料で、相談も何回でも受け付けてくれるところが多いです。
中でも20代第二新卒に特化した転職エージェント「行列のできる転職相談所」は親身になって面談をして、あなたにオススメの転職先をご紹介しています。
渋谷にオフィスを構えており、ご来社が難しい方には電話面談も行っています。

ぜひ一度ご活用してみてください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職 退職マナー 円満退社

関連する投稿


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。