学生のうちは遊べは嘘!?長期の学生インターンで就活有利!

学生のうちは遊べは嘘!?長期の学生インターンで就活有利!

就活が不安な学生は少なくないと思います。就活が始まる前に準備をしたいと思い、大人に聞いても「学生のうちは遊べ」と言われてしまいますよね。本当に学生のうちは遊んでいても、良い企業に就職することができるのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。


学生のうちは遊べは嘘なの?

「就活を成功させるために何をすれば良いか?」

この問いに対して、本で調べても、ネットで調べても、学校で聞いても、ほとんどの答えが「学生のうちは一生懸命遊びなさい」だと思います。果たして、これは正しいのでしょうか?

答えは、今までは正しかったです。

なぜなら、今までの日本の新卒採用は、「新卒一括採用」、「ポテンシャル採用」など、企業は経団連の就職採用活動のルールに縛られて採用をしていたため、自由な採用ができていませんでした。そのため、企業は短期間での新卒採用を強いられて、就活生は学生時代に楽しく過ごした経験を元に就活対策をすれば、就活をクリアすることができていました。

しかし、経団連の就職採用活動のルールが廃止されたことにより、企業はより自由に、一人一人をじっくり見て採用するようになりました。

新卒一括採用→通年新卒採用

通年を通して新卒採用が行われるようになると、企業は一人一人を長期間に渡って、社員として採用するか見極めるようになります。つまり、大学一二年生の頃から、社会人になることを想定して動き出さなければ、ライバルたちにリードされてしまうということですね。そもそも、今までの新卒一括採用のような、社会人として働いたこともない学生を数回の面接で見極めること自体がナンセンスでした。「3年以内離職率が30%を超える」という企業と新卒社員のミスマッチで生じる課題も、この流れで解決できるでしょう。

ポテンシャル採用→スキル重視

企業はポテンシャル採用に限界を感じて、新卒採用でもスキルを重視するようになりました。それでは、学生時代にどのようにスキルを獲得すれば良いのか?

その答えは、大学の中だけで過ごすのではなく、学生の間に社会人としての働き方も経験しておくことです。今、企業は積極的に学生インターンを採用することに力を入れています。つまり、社会人経験をしたい学生が学生インターンを採用したい企業で働くことでお互いwin-winの関係になることができます。

学生インターンをやってみたい方は、以下のインターン求人サイトでインターン先を探すことができるので利用してみてください。

【長期学生インターンを探すならキャリアバイト】

学生時代にスキルを獲得することの重要さをわかっていただけたかと思いますが、具体的にどのようなスキルを獲得すればい良いのでしょうか?

次の項では、学生インターンで獲得できるスキルを紹介していきます。

インターンで獲得できるスキル(職種別)

インターンで獲得できるスキルにはいくつか種類があります。基本的には職種別に獲得できるスキルが別れると思って頂いて良いでしょう。

職種別に経験できることと就活で活かせることを紹介していきます。

営業

実際に、営業スキルを獲得することができます。営業先からは、あなたが学生インターンか社会人なのかわからないので、社会人と全く変わらない経験を学生のうちに積むことができます。何より、数字で結果を残すことができるので、学生だとしても、社会人より結果を残すことができれば、評価してもらうことができます。中には、インセンティブで月に100万円稼いでいる学生や実力を認められて営業部長を任せられるまで出世している学生もいます。そこまで、結果を残せなかったとしても、営業経験は必ず就活で役に立てることができます。なぜなら、面接の時に「月に〇〇件成約を獲得して、営業利益は〇〇でした。学生のうちから社会人に劣らず結果を出していたので、御社にも必ず貢献することができるでしょう」というように結果をベースに話すことができるので、企業側も安心してあなたを採用することができます。

マーケティング

マーケティングは、広報や商品の販売戦略などやりがいがあり、魅力的な仕事であることから、新卒、中途でもかなり人気な職種です。しかし、人気な職種であることに加えて、採用枠が少ないので、競争が激しく倍率がかなり高くなっています。新卒では総合職として採用するため、配属されるためには運も必要で、中途では経験やスキルが必要なので、転職したくても叶わないのが現状です。そのように稀少なマーケティング職を経験するために、一番簡単な方法が学生インターンでマーケティング職に就くことです。学生インターンのマーケティング職は、新卒や中途ほど競争が激しくないので、学生のうちにチャレンジしておきたい職種の一つです。就活の面接の時に、学生インターンでの経験を話せば、マーケティング適性を評価されて、希望通りマーケティング職に就くことができる可能性は上がるでしょう。

企画

企画職は企業の花形として人気、やりがいがある職種です。マーケティング職同様、採用枠が少ないので競争率はかなり高くなるでしょう。アイディアは持っているけれど、実現するための資金力とノウハウがないという学生は少なくないはずです。そのような学生は企画職として自分のアイディアをアウトプットする場として学生インターンを活用しましょう。もし、そのアイディアが魅力的であれば、採用されて、世に出ることもあるでしょう。また、採用されなかったとしても、社会人に混じって働くことで、あなたのアイディアや企画力が磨かれて、周りの学生の一歩先を行くことができるでしょう。また、あなたが企画したサービスを世に出ているのであれば、面接の時にアピールすることができるでしょう。

ライター

記事を書く単純な仕事だと思われがちですが、私が最もオススメしている職種はライターです。なぜなら、ライタースキルこそ全てのスキルのベースとなるからです。ライターで学ぶことができるスキルは、「インプットとアウトプットの高速化」です。記事を書くということは、何かの知識をインプットして、その知識をあなたの文章としてアウトプットします。このスキルを身につければ、他のスキルを習得するときのスピードが格段に早くなります。さらに、まずはライターで採用して、ライタースキルの獲得後に、マーケティングや企画として、ジョブチェンジさせている企業が多くあります。その理由として、スキル習得スピードを早めたいという理由があると思います。また、ライター経験の有無で文章力が全く違うので、就活時に書類選考をかなり有利に進めることができるようになるでしょう。学生インターンの内定をなかなか獲得できていない方はライターから初めてみてはいかがでしょうか?

エンジニア

手に職をつけたい人がなりたい職業のエンジニアですが、独学で学び始めた人の9割が挫折してしまっているようです。独学に限界を感じた人の中には、プログラミングスクールに通っている人もいますが、高額な費用がかかりますよね。スクールに通えない方にオススメなのが、学生インターンとして、エンジニアスキルを獲得することです。未経験からでも募集している企業も多くあるので、プログラミングスクールに通うお金がないけれど、プログラミングを学べる環境が欲しい方はぜひ応募してみてください。お給料をもらいながら、勉強できるのは学生インターンだけでしょう。さらに、学生インターンで開発したサービスが世に出ているのであれば、就活の時にアピールすることができるでしょう。

事務/秘書

事務/秘書は「表で活躍するよりも、裏で人を支える仕事をしたい」という働き方を考えている人に人気な仕事ですよね。秘書検定をとっていれば、なんとかなるだろうと考えていませんか?事務/秘書を志望しているほとんどの学生は秘書検定を取得しているので、あまり差別化にならないです。就活の時に、周りより一歩リードしていたい方は、学生インターンをしましょう。面接では、「社長秘書として社長をサポートしていました。私がサポートすることにより、社長が効率的に仕事を進めることができるようになったので、結果的に会社全体の業績が安定しました。」という風に話すことができるので、採用担当者にアピールすることができるでしょう。

自分が挑戦してみたい職種が見つかった方は、後は行動するだけです。やりたいことが見つかっても、行動できるのは1割の人だけだそうです。残りの9割の人と差をつけましょう!

【長期学生インターンを探すならキャリアバイト】

学生が長期インターンをする5つのメリット

①就活を有利に進めることができる

学生が長期インターンをすることの一番のメリットは、就活を有利に進めることができることです。ほとんどの学生が未経験で就職活動をしている中で、何かしらスキルを持っていれば、採用担当者に一目置かれるでしょう。特に文系の学生は、理系と違い、即戦力として働くことができないと思います。なので、文系の学生は、長期インターンで何か武器を作っておくと良いでしょう。さらに、長期インターンで実務を経験することで、あなたがその仕事が向いているのかどうかを判断することができると思います。新卒で合わない仕事に就くリスクを減らすことができますね。

②縦のつながりを作ることができる

学生時代を普通に過ごしていれば、出会う人のほとんどが、学生か教授ですよね。しかし、学生インターンとして働いていれば、社会人との繋がりを作ることができます。社会人の方と学生では、人生経験が全く違うので、将来ためになる話をたくさん聞くことができます。さらに、社外の人との交流もあるので、名刺を交換したりして、多くの人との繋がりを作ることができます。

③横のつながりを作ることができる

学生インターンに参加する学生は総じて意識が高いです。なので、お互いを高め合い切磋琢磨する仲間が欲しい人にはピッタリの環境ですよね。さらに、社会人になった時に別々の道を歩むことになったとしても、取引先として良好な関係を持ち続けることも可能です。知り合いでは、学生インターンで知り合った仲間と一緒に起業している人もいます。同じ学内では出会うことのない仲間を見つけることができます。

④学びながら、給料をもらえる

学びながら給料をもらえることは、お金がない学生にとってはすごくありがたいですよね。就活前の短期インターンは無給なので、やるならば、お金がもらえる長期インターンです。アルバイトで単純作業をしている学生の何倍も成長できるので、長期の学生インターンをやらない手はありません。

⑤新卒では入社できないような会社にも入ることができる

学生インターンは一部の学生しか参加していないので、新卒採用よりも圧倒的に競争率が低いです。なので、新卒では入社できないような会社や職種で働くこともできます。さらに、企業としては、新卒採用をするよりもインターン生を採用したいので、インターンとして働いていれば、新卒採用の時に優遇してもらえるはずです。

【長期学生インターンを探すならキャリアバイト】

キャリアバイトを利用する3つのメリット

①スカウト機能

キャリアバイトにはスカウト機能があるので、企業側からアプローチしてもらうことができます。企業側は適性があると判断した学生にスカウトを送っているので、多くの企業から自分にあった企業を選ぶことが難しい学生には、ありがたい機能です。

②優良企業が多い

キャリアバイトは、他のインターン求人サイトと比較して、多くの優秀な学生が登録しています。なので、学生インターンを採用したい優良企業たちが、力を入れているインターン求人サイトです。

③スキル診断

ほとんどの学生は自分にあった職種が何かわかっていないでしょう。キャリアバイト では、スキル診断サービスを使い、自己分析をすることができます。その結果をもとに、インターン先を選ぶことができるので、安心して働くことができます。

【長期学生インターンを探すならキャリアバイト】

インターン先を選ぶときに注意するポイント

インターン先を選ぶ上で注意するポイントを紹介します。

①会社のホームページをチェックする

選考を受ける会社がどのような会社なのか事前にしっかりと調べましょう。中には、ブラック企業と呼ばれる労働者を酷使する企業もあるので気をつけましょう。ホームページや会社の評判を調べれば、ある程度その企業のことを調べることができると思います。

②業務内容を確認する

ただ、漠然と学生インターンをしたいからという理由で働いてみると、実際は雑務ばかりで何も学ぶことができなかったということもあります。事前に、業務内容を確認して企業選びをしましょう。

インターン選考で気をつけるべきこと

①社会人としてのマナーを守る

学生とはいえ、社会人としてのマナーができていなければ、雇ってもらうことはできません。企業側も会社の代表として、学生に働いてもらっているので、失礼な学生は採用したくないでしょう。

特に気をつけるマナーには以下のようなものがあります。

・丁寧な言葉遣い
・メッセージの返事は早くする
・面接などの時間を守る

②面接の準備をする

学生インターンは、全員ができるわけではないです。選考をくぐり抜けて選ばれた学生だけが参加することができます。なので、志望動機として、「なぜインターンをするのか」、「その企業を選んだ理由」など簡単なポイントだけでも考えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

学生インターンの良さがわかっていただけましたでしょうか?就活を有利に進めたい方は学生インターンに挑戦してみてはいかがですか?気になった方は以下リンクからお申し込みください。

【長期学生インターンを探すならキャリアバイト】

きっと、良い経験を得ることができると思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


学生インターンで月収100万超えも夢じゃない!?実例有り!

学生インターンで月収100万超えも夢じゃない!?実例有り!

大学生のみなさん!もしくは、インターンをしたいと考えている方!学生インターンで一ヶ月に100万円稼いでいる人がいるなんて信じられますか?同じ学生として一生懸命バイトをしている人との収入の格差に驚いてしまいますよね。しかし、実際に学生インターンで社会人以上に稼いでいる人はたくさんいます。今回は、インターンを通して社会人並みに稼ぐ方法やインターンを探す方法について詳しく紹介していきたいと思います。もちろん、100万円稼いでいる人の例も紹介させて頂くので、ワクワクして読んでみてください!


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。