退職前に転職活動すべき?早期準備のメリットとデメリット!

退職前に転職活動すべき?早期準備のメリットとデメリット!

転職活動をされたことはありますか?かなり大変ですよね。就職活動は皆さん経験があるかと思いますが、簡単に言えば、働きながら就職活動をすることが転職活動です。想像してみればわかると思いますが、ものすごく大変です。ですが、転職活動は退職前に済ますべきです!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

転職をしたいとなったら、まずやるべきことは会社を辞めることでしょうか、いいえ、精神的に追い詰められていない限りは、まずは落ち着いて転職先を探すべきでしょう。
退職する前にできることは全部やりきって、満足のいく転職にしましょう。

在職中の転職活動のメリットとデメリット

メリット

・金銭面の不安がない
・転職先が決まらなくても、今の仕事を続けることができる
・退職後すぐに次の職に就けるから、ブランクが発生しない

退職後に転職活動をする場合、収入が無い状況で活動経費を捻出する必要がありますよね。収入がなくても生活費は必要ですし、面接に行くための交通費もかかります。

在職中の転職活動であれば、毎月の収入で生活費の心配も、転職のための交通費や諸所の費用に関して負担なくやりくりができるでしょう。

転職活動中もお金の面で余裕ができる

現在の会社に籍を置きながら転職活動をすると金銭面の不安がないため、転職先を探すうえでの負担が大きく減るでしょう。
収入が途絶えてしまって金銭的な余裕がないと、焦って次の仕事にありつこうとしてしまうものです。
転職先を探すには、ある程度の時間はかけたほうが安心でしょう。長続きができそうな職場を吟味して決めましょう。

転職活動には、金銭的にも精神的にも余裕がある状態で臨みましょう。そのような状態であれば、いくつかの企業を比較することもでき、より自分に合った企業が決めやすくなるでしょう。採用担当者と面接するときも、詳細に説明を受けることができます。

余裕のある転職活動をして良い職場と出会うためにも、会社に退職を申し出るのは、転職先が決まってからにしましょう。

自分の市場価値を測れる

自分の市場価値が測れることも、転職活動の大きなメリットです。
なぜならば、自分の市場価値を知らなければ、今の職場での待遇が適切か判断しにくいからです。

現在より待遇の良い会社に出会えるかもしれませんし、または反対に、今の会社に残った方が良いという結論に達するかもしれません。

転職活動は、それまでのキャリアや年齢に大きく左右されます。
そのため、転職を試みた結果、現在の会社の良さに逆に気付かされる場合もあります。
つまり、自分が本当に転職するべきかどうかの判断を、現在の会社にいながらすることができるのです。
あなたの現職で抱えている悩みや不満は、転職しなくても必ず解決するとは限りません。
また、いざ仕事を辞めようと転職へ動き出してみると、悩みが解決に向かうこともあります。

デメリット

・転職活動に充てる時間が少ない
・面接の日程が調整しにくい
・転職活動が長期化する可能性がある

在職中の転職活動は、働きながら行うので、自分で時間を作らないと転職活動を進められません。土日休みである企業の面接は平日に行われることが多く、平日に働いている人は面接の時間を作るのが大変です。面接のためには現企業で有休を使って行いましょう。

在職中の転職活動における注意点

在職中の転職活動には注意点もあります。詳しく見ていきましょう。

面接の日程調整

在職中の転職活動で、応募先の企業と時間が合わないという理由で、面接に行くのを諦める必要はありません。「面接を受けに行く時間」を確保するために、有給休暇を有効に利用しましょう。

会社を休まなくちゃ面接に行けない場合、どんな理由で有給休暇を取ればいいのか、と疑問に思う方もいると思いますが、基本的に有給休暇を取るために、理由の申告は必要ありません。

有給休暇の取得は、労働者の権利です。どうしても理由を伝えなければならない場合は、私用のためなどでよいでしょう。

転職先の面接日程の調整をお願いするときは、面接ができる日程を多く伝えておきましょう。

仕事をしながらの転職活動は大変

面接の日程調整など、すべて自分でやるのは、仕事をつづけながらであると大きな負担になってしまうでしょう。そのような場合には、転職のためのエージェントなどを利用することもお勧めします。
転職エージェントとは、求職者と企業の間に入って日程調整をしてくれたり、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれたり、面接のセッティングをしてくれたりするサービスのことです。

例えば、仕事中に応募企業からの電話がかかってきた場合、すぐに出られなくて不安に感じることもあると思います。
このような場合でも、転職エージェントを利用すれば、応募企業とのやり取りも仲介してくれるので、仕事をしながらの転職活動も安心になるでしょう。

入社日をいつにするか

在職中の転職活動で、面接官からいつ入社できるか聞かれた場合、具体的な時期を答えましょう。

引き継ぎや有給休暇の消化に必要な期間が1カ月、退職の申し出が1カ月前であれば、退職するまでに2カ月必要です。
面接官に入社日を聞かれた場合は、基本的には2か月後の具体的な日程を伝えましょう。

具体的な日程が決まっていなくても、「いつ入社できるかわからない」と答えるのは避けましょう。面接先の企業から「入社意欲がない」と判断されてしまうことがあります。
また良い印象を与えたいからと、無理な日付を答えるのもやめましょう。

もし入社日に間に合わなかった場合、転職先の企業に迷惑をかけてしまいます。

今の会社で業務の引き継ぎが長引いてしまって、「転職先に伝えた入社日」に間に合わなくなった場合は、「間に合わない」とわかった時点で、できるだけ早く転職先に入社延期の申し入れをしましょう。ただし、ビジネスのマナーとしては、一度伝えた期日通りに入社するべきでしょう。

上司に退職を伝えるとき

在職中に転職活動をして内定をもらった場合、退職が穏便に進まなければ「内定取り消し」なんていう事態にもなりかねません。

「14日前に退職の申し入れをすれば退職できる」と民法に定められていますが、退職の申し出は、会社で定められている就業規則に従いましょう。
会社の就業規則に従うのは、円満な退社のために大切なことです。

履歴書の書き方

在職中の転職活動で履歴書を書く場合、現在の職歴の下に「現在に至る」や「在職中」と記載しましょう。

退職日が決まっている場合は「(〇〇年◯月退職予定)」というように、現在の職歴の下にかっこを使って書いてください。

連絡の取りやすい「曜日」と「時間帯」も記入しておくと親切ですね。
連絡の取りやすい曜日と時間帯は、「備考欄」や「自己PRの下」に記載しましょう。

現在の仕事を辞めたい理由を考える

まずは、なぜあなたが現在の仕事を辞めたいのかをじっくり考えてみましょう。つらい作業かもしれませんが、「仕事を辞めたい」と思う理由は何なのかを突き詰めていくことが必要です。

なぜあなたが現在の仕事に不満なのかを、洗い出してみてください。これを行うことで、自分が次の企業に何を求めるかがはっきりとし、転職活動がしやすくなります。

仕事を辞めたくなる理由は、次のように大別されます。

給料が低い

給料や福利厚生に対する不満が、仕事を辞めたい理由のトップでした。
残業が多いのに手当が出ないなど、給与が働きに見合っていないという不満を持つ人は多いです。給料の低さは、将来的な不安にもつながるでしょう。

貯金に回すお金がない

今の仕事では十分なお金が手に入らないと感じれば、仕事を辞めたいと感じる大きな原因となるでしょう。給料は働く上でのモチベーションにもつながる大切な要素であり、生活するうえでかかせない事項です。

人間関係に不満がある

給料・福利厚生と並んで多かった回答が、人間関係に関する不満です。上司、部下との関係、同僚との関係などです。
仕事をうまく運ぶにはこのようなコミュニケーションが欠かせません。良好な人間関係が築けていれば問題なく行えるでしょう。

しかし、会社で働く人々全員と仲良くできるわけではないというのが現実です。あまり話したことがない人や気が合わない人とのコミュニケーションは苦手に感じてしまうでしょう。
人間関係は繰り返すうちに改善がはかれる場合がありますが、その見込みが低いと苦痛になります。

仕事が合っていない、やりがいを感じない

あなたの持つスキルに見合った仕事なのか、やりがいを感じているのかといった要素も、長く働き続けるためには重要です。
例えば、人と話すのが苦手な人が、ノルマの厳しい営業職に向いているとはいえません。さらに成果が生まれなければ働くのが苦痛となってしまうことでしょう。

また営業にせよ商品開発にせよ、自分が扱う商品に魅力や社会貢献度を感じていないと、身をいれて仕事をするのは難しいといえます。

社風が合っていない

会社の社風を就活の段階で100%把握するのは難しいことです。しかし、身を置く会社の社風が合わないと、想像以上に苦痛を感じてしまうでしょう。

例えば、クリエイティブな仕事がしたかったのに、封建的で何の新しい挑戦も許されない会社に入ってしまった場合はどうでしょうか。入社しても長続きしないことは明らかです。
社風を知るためには、面接担当者などに聞くのが良いでしょう。

また、会社の経営状態もモチベーションに影響します。自分の働く会社の経営が危機的であると知ってしまうと、腰を据えて働く気にはなれないようです。

残業時間が長い

残業時間が長い会社もあります。
残業回避のために必死でペースを上げて仕事を終わらせているのに、余裕があるとみなされて更に仕事を与えられてしまう」というパターンもあるようです。

プライベートな時間がないと仕事に追われる毎日になってしまいます。
また、労働時間の問題は健康状態にも直結してきます。

毎日の残業によって身体を壊し、努力してスキルが身につき仕事も熟練してきたのに退職を余儀なくされるという、残念なケースもあるようです。

思ったような評価が得られない

いくら頑張っても正当な評価を得られないと、ネガティブな気持ちになってしまうでしょう。仕事で成果を出しているのに、お気に入りの部下しか評価せず、実力は関係ない。このような職場環境だと頑張ろうという意識は薄れてしまうことが予想できます。
結果、仕事も投げやりになってしまい、続けていても無駄だと感じるようなってしまいがちです。

働くことに疲れてしまった

いま勤めている会社に問題があるというわけではなく、働くこと自体に疲れて、仕事を辞めたいと感じているケースもあります。
先ほどの残業時間にも関係しますが、働きすぎによって心や体が限界にきているかもしれません。
身体の重さを感じたり、会社に行くことが嫌だと感じることがありませんか?
もし心当たりがあるのならば、心身が休みを欲していると考えられます。

転職するべきか判断できない時の対処法

転職するべきか判断できない場合はどうしたら良いでしょう。特に初めて転職する場合、判断が難しく感じると思われます。
その時は以下のような方法を試してみてください。

転職した人の経験を聞く

実際に転職した人から話を聞くのは有効です。あなたの周りに既に転職していった先輩や友人はいないでしょうか。また、転職経験のある家族でも構いません。

転職を経験した人たちに、当時の心情や、転職してみてその結果どうだったのかを聞いてみましょう。良くも悪くも転職の真実を知ることができるはずです。

そして、今の自分の状況と照らし合わせてみましょう。
自分の転職の方向性はあっているのか、そもそも転職すべきかどうか
転職経験者の体験談は、これらを判断する良い材料になるはずです。

転職エージェントに相談する

身近に転職経験者や相談できそうな人がいないという場合は、転職エージェントに相談してみましょう。
転職エージェントは数多くの人を転職成功へと導いたプロです。あなたの抱える悩みや希望からぴったりの企業を紹介してくれるでしょう。
履歴書の添削や、面接の対策なども行ってくれます。

退職する時の基本的な手順

ここからは、退職の基本的な手順を4つのステップに分けて紹介します。

有給の消化も退職日までに行わなければいけませんので、引継ぎも含め退職日まで全てがスムーズにいくように配慮しましょう。

上司に退職する旨を伝える

上司に退職を切り出すときは以下のような点を意識しましょう。

切り出す時期は、退職の1〜2ヶ月前にしましょう。
この他にも、メールでの申し出はしてはならない、転職先を聞かれたら業界のみ伝えるなど
伝え方にも気を付けましょう。

【退職理由の例】

上司から退職理由も聞かれるでしょう。
その場合、法的には「一身上の都合」で詳しい理由を話さなくても問題ありません。
しかし、穏便に退職するなら理由も明確に伝えた方がスムーズに話が進みます。

人事担当者などとの相談

会社によっては上司に申し出るだけでは不十分で、人事担当者や上司のさらに上司とも面談しなければならないかもしれません。会社の規模によっては社長と相談・交渉になることも考えられます。

こうなると根気がいる作業ですが、是非転職への強い意志を持ってのぞみましょう。強い意志を持つためには、やはり転職活動を先に行っておいた方が良いです。
そうでないと、引き留めのパワーに丸め込まれてしまう可能性もあるからです。

正式に退職が決定したら同僚や部下に報告する

同僚や部下に退職を報告するタイミングですが、上司や人事担当者との相談が全て終わり、退職が正式に決定してから同僚や部下に報告しましょう。

くれぐれも気をつけたいのは、退職を報告するべき最優先は上司だということです。

一緒に働いている同僚などについて、退職の意向を話してしまいがちですが、それはやめましょう。あなたが他の社員に退職の相談をしたことが、上司に伝わり知られるような事態は避けたいです。

退職届・退職願を提出する

退職が決定したら、退職届・退職願を提出します。
退職届の提出については人事担当者から指示があると思われます。その指示に従って用意しましょう。
退職日ギリギリにならないよう、余裕を持って提出するようにしてください。

仕事の引き継ぎ・取引先への挨拶をする

退職届・退職願を提出したら、仕事を引き継ぎしたり、取引先へ挨拶をして担当が代わる旨を伝える段階になります。最後まで先方に迷惑のかからないよう、丁寧に挨拶をしましょう。

退職の申し出、退職時期について注意するポイント

退職届を受け取ってもらえない

内容証明で退職届を送りましょう。
内容証明とは、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。
つまり、内容証明で退職の意志を送ることで、「退職届を会社宛に送った」ことを日本郵政株式会社(第三者)が証明してくれるということです。
企業が受け取るまたは受取拒否をした段階で、退職の意思が伝わったことになります。

指定された退職日までが長い

退職の意志表示をすれば、二週間で辞められます。
自分の希望する退職日よりもかなり先に会社が退職日を指定した場合でも、それを待つ必要はありません。

過去には「役職者が退職する場合、6カ月以上前に退職届を提出しなければならない」という就業規則が違法だという判決を受けた事例もありますが、法的には退職の意志表示をすれば2週間で辞められますので、早めに退職することも検討しましょう。

しかし、引き継ぎなどの退職手続きには1カ月程度かかるものなので、辞める際には、1ヵ月前までには伝えるようにしましょう。

転職エージェントとは?転職サイトとの違い

「転職サイト」との違いで見る「転職エージェント」の特徴

「転職エージェントのことはよく知らないけど、転職サイトなら利用したことがある」という人も多いでしょう。

転職サイトだけでも転職活動はできます。でも転職に不安や迷いを持っている人には特に、転職エージェントも利用するのがオススメです。

転職エージェントの最大の特徴は、転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談でき、さらに企業との手続きや交渉を代行してもらえること。

転職エージェントの主なメリット

自分の経歴・スキルに合う求人を紹介してくれる

転職エージェントを利用する際にまず行うのが、キャリアアドバイザーとの面談です。
キャリアアドバイザーは面談で求職者の経歴やスキルを把握し、それに合う求人情報を紹介してくれます。
面談は基本的には対面ですが、電話やメールでも対応可能。地方に住んでいる人でも利用できます。

非公開求人の斡旋も受けられる

転職エージェントの多くが、企業の自社サイトや転職サイトなどで一般に公開していない「非公開求人」を多く持っています。

応募先の実情や職場環境などを確認できる

会社の公式サイトや転職サイトでは、求人の募集要項は確認できます。しかし採用の頻度や離職率、職場環境など細かいことはわかりませんよね。
転職エージェントなら、アドバイザーを通じて企業の詳しい情報や社内の状況を知ることが可能です。

応募書類の添削や面接対策のアドバイスが受けられる

転職活動に欠かせないのが、履歴書や職務経歴書などの応募書類の提出と面接です。
マナーやポイントを知らないと、それが原因で不採用になってしまうこともあります。
転職エージェントを利用すれば、自分をよりアピールできる職務経歴書の書き方や面接のコツを、キャリアアドバイザーに教えてもらえるのです。
別の転職者がすでに同じ企業で面接を終えている場合、その質問内容を教えてもらえることもあります。

求人応募や面接の日程調整を代行してもらえる

企業への募集手続きはもちろん、企業とのやり取りはすべて転職エージェントが行います。
在職中に転職活動を行っている場合、勤務中に電話やメールの対応をするのは難しいですよね。そんなときも、キャリアアドバイザーが企業とのやり取りを代わりに進めてくれます。
スピードが求められる面接の日程調整も、転職エージェントになら安心して任せることができるのです。

転職エージェントに給与や待遇の交渉も任せられる

転職先を決めるうえで重要となるのが、勤務条件です。
面接や内定後、企業の採用担当者から入社後の待遇について確認があります。
提示された条件に不満があった場合、自分で企業側に交渉できるでしょうか。

転職エージェントを利用していれば、直接企業側にはしづらい給与面や待遇などの交渉も、アドバイザーが代わりに行ってくれます。

最後に

以上が、転職のためにできることです。在職中の転職は、大変ではありますが、精神、身体ともに安定した状態で行えるでしょう。そのためには、専門家に頼ることでさらに負担を減らすことができます。満足のいく転職ができるように最善を尽くしましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


転職

関連する投稿


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。