退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

近年、退職エントリというものが流行っています。
退職エントリの記事はブログの中で注目を集めていて、退職エントリの記事を書く人も増えています。

しかし、中には退職エントリという言葉を知らないという人もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は退職エントリについて紹介していきます。

そもそも退職エントリとは?

退職エントリとは、退職したエピソードや転職したエピソードを書いたブログのことを指します。

退職エントリには、「〇〇社を辞めました。」というように会社名まで出して退職したことが赤裸々につづられています。

退職エントリの内容

退職エントリにはどのような内容が書かれているのでしょうか?
それぞれの退職エントリにはだいたい似たような内容が書かれています。

前職について

まず、前職の会社名や仕事内容についての内容があります。簡単に担当していた仕事内容を書くことで自己紹介をします。そして、その仕事での反省や成長したことなど自身の前職で行ってきたことをまとめています。

また、毎日こんな仕事をしていたという日記のような内容が書かれている場合もあります。

前職の良いところ、悪いところ

次に、前職の良いところや悪いところについての内容です。

前職の良いところには前職の仕事内容や労働環境で良かったところ、自分が成長できたと思うことが書かれており、悪いところには仕事内容が自分に合っていなかったことや労働環境や上司の嫌だったところが書かれていることが多いです。

また、退職しているので前職の悪いことが良いところより協調して赤裸々に書かれていることが多いです。前職への不満が前職のデメリットとして書かれているのです。

退職理由

前職の良いところと悪いところの次には、実際に退職した理由について書かれています。

ここには、転職して他のキャリアを積みたいというポジティブな理由から前職の仕事が嫌だったというネガティブな理由まで幅広いないようのものが書かれています。

たいていの場合は、前職の悪いところを書いた上で、そのことがきっかけで退職したという理由になっていることが多いです。

退職後にすること

次に退職後にすること・やりたいことについての内容があります。

退職したということは、退職しなければできないことがあったということですよね。
また、退職後は無職なので、やることを考えて行動する必要があります。そのために退職エントリにも退職後について書かれています。

ここには、退職後に転職をしたことや自営業を始めたことなどが書かれていることが多いです。大手の会社を辞めて別の道を進んだという内容の記事などが注目を集めやすいようです。

アドバイス

ここでは、実際に退職や転職をした経験から、これから退職・転職をする人のアドバイスが書かれています。

退職の際に起こったトラブルが書かれていたり、転職までどのようなことをしていたのかが書かれていることがあります。
退職エントリの読者の中には、退職を考えている人や転職活動中の人も多くいるので、その読者たちの注目を集める内容もあります。

Amazonの欲しいものリスト

最後にAmazonの欲しいものリストを載せている人が多くいます。

なぜだろう?と思う人もいると思いますが、これはこれから必要なものを整理しておくという意味合いもありますが、この記事を読んで投稿者を応援したくなった人が欲しいものリストを見て支援してくれる可能性があるからです。

退職エントリはどんな人が書いているの?

では、実際には退職エントリはどんな人が書いているのでしょうか?

退職や転職などの人生の分岐点にいる人は、何らかの迷いがあると思います。
退職・転職をすればそれまでの生活が大きく変わってしまうので何の不安もなく突き進むことができる人は少ないのではないでしょうか?

そのときの迷いの感情を文章にして発信したいと思う人は退職エントリを書いてみたいと思うでしょう。また、自分の迷いや不安を整理することで、これからしようとしていることへの決心をしたいという理由で退職エントリを書く人いるでしょう。

退職エントリを書くメリット・デメリット

退職エントリを書いている人は大勢いますが、退職エントリを書く際にもメリット・デメリットがあります。退職エントリを書く前にきちんと両方を確認しておきましょう。

(1)メリット

これまでの反省とこれからの目標を整理できる

退職エントリを書けば前職での反省やこれからしたいことを整理して文章化できるので、自身を振り返ってこれからに繋げることができるのです。

前職で失敗をした人はそれを記録しておくことで同じ失敗を繰り返さないという戒めになるでしょう。

前職で悩んだことを書ける

前職に何か不満があって悩んだ経験がある人は退職してもモヤモヤした気持ちが残ってしまうかもしれません。
そんな人たちは、退職エントリにそれらの悩みを日記のように書くことで頭の中が整理されてモヤモヤした気持ちが少しはすっきりするのではないでしょうか。

また、ブログを読んだ人が応援のコメントをくれることもあります。
自分の悩みをブログで発信することでアドバイスをもらえることもあるのです。

転職先が見つかる可能性も

退職エントリを書いて、前職の仕事や退職した経緯、これからやりたいことを書いていくと、その記事を読んで興味を持った人から転職先を紹介してもらえる可能性もあります。

退職すると一つのコミュニティから抜けて人脈が減ってしまうイメージがありますが、退職のエピソードをブログとして書くことでそこから広がる人脈もあるのです。

(2)デメリット

本人特定される可能性もある

退職エントリからは前職についてや退職した時期などが分かるので、周りの人から本人特定される可能性もあります。

記事に前職の会社の批判などを書いていた場合に、本人特定されると、前職で得た人脈がなくなってしまう可能性があります。

本人特定される可能性も考えて退職エントリを書きましょう。

周りから批判される

退職エントリは不特定多数の人が閲覧するので、その記事を読んで何を思うかは人それぞれです。中には、記事に批判的な意見をもってコメントしてくる人もいるでしょう。

ネットでは、匿名でコメントができるので心無いことを言ってくる人もいると思います。
それらの言葉をいちいち気にしないようにしましょう。

会社に訴えられるリスクも

退職エントリに前職の会社の不満や批判をはっきりと書いてしまうと、その会社のネガティブキャンペーンとなってしまい、損害を与えてしまう可能性もあります。

会社に実際の損害を与えてしまうと損害賠償を請求されたり、訴えられたりするリスクもあるので明らかな不満や批判は書かないようにしましょう。

退職エントリを書くポイント

退職エントリを書く際には、読者の興味を引いたり応援してもらうためのポイントがあります。

不満や批判はデメリットとして書く

先に述べたように、前職の不満や批判を明らかに書いてしまうと会社に訴えられるリスクがあります。
また、不満や批判を書くとただの愚痴になってしまうので読者に興味を持ってもらえません。

そこで、前職への不満や批判はデメリットとして前職の書いてしまえばいいのです。
「残業が長く、自分のライフスタイルと合わなかった」などというように、感情的な表現や明らかに会社を悪く言う表現を使わなければ、あまり批判的な文章にならないので会社のネガティブキャンペーンになることもないでしょう。

ポジティブな内容にする

退職エントリには、前職のことをたくさん書いてしまいがちですが、将来のことを書くのも重要です。退職後何もすることがないという内容では読者は応援したいという気持ちにならないでしょう。

退職後にしたいことを書き、そのために努力していることなどを書くと読者も応援したくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

退職エントリを書く理由は人それぞれあると思いますが、自分の気持ちを整理できたり、新たな人脈を広げられたりとたくさんのメリットがあります。

その反対に注意して記事の内容や言葉を選ばないと、批判されたり、会社に訴えられたりするリスクもあります。

今回の記事を参考にして、退職後の将来のために活用できる退職エントリを書いてみましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 退職エントリ

関連する投稿


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。