退職願を取り下げることはできないの?書類提出時のルール!

退職願を取り下げることはできないの?書類提出時のルール!

退職願を出したけど、やっぱり現職のまま仕事を続けたいという場合は、退職願を取り下げられるのでしょうか?この記事では、退職願と退職届と辞表それぞれ、提出してから取り下げができるかを紹介しますので、是非読んでみて下さい。


一時的な感情で、退職願を出してしまった時、取り下げはできるのでしょうか?そもそも、退職願は、誰が承認するものか知っていますか?意外に知られていない、退職願と退職届の違いなどについても紹介しますので、是非読んでみて下さい。

退職願とは

退職願とは

退職願とは、従業員が労働契約の解除を会社に申し出る書類のこと言います。一般的に書面での提出が多いですが、口頭で申し出ることもできます。退職願は、上司に提出することで退職意思が固まり、取り下げる意思がないことを示す書類になり、労働契約の解除の申し入れになるので、安易に提出してはいけません。退職の意思が固まってから、提出しましょう。

退職届とは

退職届は、会社に退職を届け出るための書類を言います。退職届も、書面で提出するのが一般的ですが、口頭でも問題ありません。しかし、口頭の場合は退職届を出した証拠が残らず、トラブルになる可能性があるので、書面で申し出ることが一般的です。

辞表とは

辞表は、社長や取締役などの経営陣や役員などが役職を離れる際に、届け出る書類のことをいいます。また公務員が退職する場合は、退職届ではなく辞表を提出します。一般社員として雇用されている場合は、辞表の提出は必要ありません。

退職までの流れ

会社ごとに就業規則があるので、その規則に従い退職しましょう。就業規則で確認すべきことは2点あります。1点目は、希望退職日の何日前までに、退職願を出さなければいけないのかを就業規則で確認しましょう。民法上は、退職の2週間前までに退職意思を伝えれば、退職できることになっていますが、会社としては就業規則通りに退職することを望んでいます。退職願を提出しても、就業規則に従っていない場合は、人事責任者の承認を得ることができず、円満に退社することができない可能性があります。2点目は、退職の申し入れを誰が承認するかです。基本的に、人事責任者が承認した時になりますが、会社によっては社長が承認の責任者の場合もあります。会社の就業規則を確認し、退職までの流れを把握しましょう。

一般的な退職の流れはこちらになります。

①退職意思を固め、退職願を直属の上司に提出する。

②退職願を、人事責任者が承認する。

③退職届を提出する。

④退職する。

退職に必要な手続きについてはこちらの記事で紹介してますので、
こちらも読んでみて下さい。

会社を辞めるには何が必要?退職するために必要な手続き!

https://taisyokuagent.com/articles/11

会社を辞める時にやり方がわからなくて、なかなか次へ進めない人がたくさんいます!退職前より退職後の方がたくさんの事務手続きがあるって知ってましたか?そんな悩みもこれを読むだけで解決できます!退職で一番大切なのは事前準備です。今のうちに、しっかりと計画を立てましょう!

取り下げはできるのか

退職願取り下げ

一度提出した退職願を取り下げることは、原則できません。退職願が効力を発揮するのは、会社が退職願を承認した時、つまり、従業員の雇用契約を解除したいという意思を承認した時です。一般的に、承認を下せるのは、人事部長なので提出した退職願が、上司から人事責任者の手に渡る前に撤回できれば、取り下げることができますが、いったん受理されれば使用者側は撤回に応じる義務はありません。

退職届取り下げ

退職届の取り下げも原則できません。退職届は、すでに人事責任者が退職を承認した後なので、従業員側が一方的に取り下げることはできません。

辞表取り下げ

辞表の取り下げも原則できません。社長や執行役員に提出することによって、役職の解除を申し出ることになるので、撤回はできません。

取り下げはしないほうがいい

取り下げてもマイナスイメージが付く

原則、退職願は取り下げることができませんが、もし、できたとしても、マイナスイメージが付き、異動を命じられたり、人間関係で苦労することになる場合が多いです。一度、退職願を提出してしまうと、退職しようとした人というレッテルを貼られてしまうので、人間関係の悪化が原因で長続きせず、結果すぐ退職してしまう人もいます。そのようなことがないように、退職意思が固まってから退職願を提出することにしましょう。

まずは上司に相談

退職願を提出する前に、直属の上司に相談しましょう。直属の上司が難しい場合は、付き合いのある上司でも構いません。退職願を取り下げることはできないので、上司に退職をしようか迷っていると相談しましょう。それでも問題が解消される様子がないのあれば、退職願を出しましょう。

まとめ

退職願は、取り下げることができないので、退職の意思が固まった時に提出するようにしましょう。もし、会社側が取り下げに同意したとしても、それまで同じように働けるとは限らないので、退職は慎重に行いましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

会社を辞めることが決まった時に、退職するタイミングとしてボーナスが支給されてからと考える人は少なくないでしょう。しかし、ボーナスを支給されてすぐに退職するのは気がひけるし、ボーナス日前に退職意思を伝えて減額されてしまうのも困りますよね。この記事では、ボーナスのルールについて詳しく説明します。


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。