退職願を取り下げることはできないの?書類提出時のルール!

退職願を取り下げることはできないの?書類提出時のルール!

退職願を出したけど、やっぱり現職のまま仕事を続けたいという場合は、退職願を取り下げられるのでしょうか?この記事では、退職願と退職届と辞表それぞれ、提出してから取り下げができるかを紹介しますので、是非読んでみて下さい。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

一時的な感情で、退職願を出してしまった時、取り下げはできるのでしょうか?そもそも、退職願は、誰が承認するものか知っていますか?意外に知られていない、退職願と退職届の違いなどについても紹介しますので、是非読んでみて下さい。

退職願とは

退職願とは

退職願とは、従業員が労働契約の解除を会社に申し出る書類のこと言います。一般的に書面での提出が多いですが、口頭で申し出ることもできます。退職願は、上司に提出することで退職意思が固まり、取り下げる意思がないことを示す書類になり、労働契約の解除の申し入れになるので、安易に提出してはいけません。退職の意思が固まってから、提出しましょう。

退職届とは

退職届は、会社に退職を届け出るための書類を言います。退職届も、書面で提出するのが一般的ですが、口頭でも問題ありません。しかし、口頭の場合は退職届を出した証拠が残らず、トラブルになる可能性があるので、書面で申し出ることが一般的です。

辞表とは

辞表は、社長や取締役などの経営陣や役員などが役職を離れる際に、届け出る書類のことをいいます。また公務員が退職する場合は、退職届ではなく辞表を提出します。一般社員として雇用されている場合は、辞表の提出は必要ありません。

退職までの流れ

会社ごとに就業規則があるので、その規則に従い退職しましょう。就業規則で確認すべきことは2点あります。1点目は、希望退職日の何日前までに、退職願を出さなければいけないのかを就業規則で確認しましょう。民法上は、退職の2週間前までに退職意思を伝えれば、退職できることになっていますが、会社としては就業規則通りに退職することを望んでいます。退職願を提出しても、就業規則に従っていない場合は、人事責任者の承認を得ることができず、円満に退社することができない可能性があります。2点目は、退職の申し入れを誰が承認するかです。基本的に、人事責任者が承認した時になりますが、会社によっては社長が承認の責任者の場合もあります。会社の就業規則を確認し、退職までの流れを把握しましょう。

一般的な退職の流れはこちらになります。

①退職意思を固め、退職願を直属の上司に提出する。

②退職願を、人事責任者が承認する。

③退職届を提出する。

④退職する。

退職に必要な手続きについてはこちらの記事で紹介してますので、
こちらも読んでみて下さい。

会社を辞めるには何が必要?退職するために必要な手続き!

https://taisyokuagent.com/articles/11

会社を辞める時にやり方がわからなくて、なかなか次へ進めない人がたくさんいます!退職前より退職後の方がたくさんの事務手続きがあるって知ってましたか?そんな悩みもこれを読むだけで解決できます!退職で一番大切なのは事前準備です。今のうちに、しっかりと計画を立てましょう!

取り下げはできるのか

退職願取り下げ

一度提出した退職願を取り下げることは、原則できません。退職願が効力を発揮するのは、会社が退職願を承認した時、つまり、従業員の雇用契約を解除したいという意思を承認した時です。一般的に、承認を下せるのは、人事部長なので提出した退職願が、上司から人事責任者の手に渡る前に撤回できれば、取り下げることができますが、いったん受理されれば使用者側は撤回に応じる義務はありません。

退職届取り下げ

退職届の取り下げも原則できません。退職届は、すでに人事責任者が退職を承認した後なので、従業員側が一方的に取り下げることはできません。

辞表取り下げ

辞表の取り下げも原則できません。社長や執行役員に提出することによって、役職の解除を申し出ることになるので、撤回はできません。

取り下げはしないほうがいい

取り下げてもマイナスイメージが付く

原則、退職願は取り下げることができませんが、もし、できたとしても、マイナスイメージが付き、異動を命じられたり、人間関係で苦労することになる場合が多いです。一度、退職願を提出してしまうと、退職しようとした人というレッテルを貼られてしまうので、人間関係の悪化が原因で長続きせず、結果すぐ退職してしまう人もいます。そのようなことがないように、退職意思が固まってから退職願を提出することにしましょう。

まずは上司に相談

退職願を提出する前に、直属の上司に相談しましょう。直属の上司が難しい場合は、付き合いのある上司でも構いません。退職願を取り下げることはできないので、上司に退職をしようか迷っていると相談しましょう。それでも問題が解消される様子がないのあれば、退職願を出しましょう。

まとめ

退職願は、取り下げることができないので、退職の意思が固まった時に提出するようにしましょう。もし、会社側が取り下げに同意したとしても、それまで同じように働けるとは限らないので、退職は慎重に行いましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。