【最新版】令和時代の注目サービス「退職代行」とは?

【最新版】令和時代の注目サービス「退職代行」とは?

令和新時代の注目サービス「退職代行」を知っていますか?最近、世間に認知され始めてきたサービスであるため、退職代行サービスの概要を完全に理解できている方は少ないでしょう。「退職代行」の概要について詳しく説明しているため、利用を検討されている方は、参考にしてみてください。


平成から令和の改元は、ゴールデンウィーク真っ只中の5/1に行われたため、「新時代」「10連休」というダブルパンチに日本全体が湧きました。どのチャンネルをつけても、「新天皇」、「異例の10連休」、「退職代行」のニュースばかりで少し退屈だったことをよく覚えています。

あれ?「退職代行」??
おめでたいニュースじゃないのに、なぜ??

退職代行は「仕事を辞めたいけれど、辞めることができない」と悩んでいる方を救うことができる「おめでたい」ニュースです。
本記事では、令和新時代の注目サービス「退職代行」について説明していきます。

退職代行とは

ニュースで、「退職代行」というワードを耳にする機会が増えましたが、「退職代行」の概要を完璧に知っている方は少ないと思います。退職代行とは、退職を希望しているにも関わらず退職を認めてくれない時や、退職を希望することが難しい雰囲気であるとき、退職希望者の代わりに退職を代行してくれるサービスのことです。

退職代行の基本的業務

退職代行の業務は、退職希望者の代わりに会社に退職する意思を伝え退職の手続きをすることです。
退職希望者は会社と直接やりとりする必要がありません。

退職する意思を伝える

退職代行は会社に直接退職する意思を伝えることが難しいという悩みを解決するために存在するサービスです。

会社と依頼者の連絡を仲介する

会社に退職する意思を伝えるだけでは、不十分です。正式な退職手続きを取った後でなければ退職することはできません。そのため、退職意思を伝えた後も会社と連絡を取る必要があります。 あなたが依頼する退職代行業者によって行うことができる業務が異なります。
下記の「退職代行を行う会社」をご覧ください。

退職代行を行う会社

退職代行を行っている会社は、「退職代行業者」「弁護士事務所」の二つに大別されます。
二つの違いは、簡単にいうと「法律業務」を行うことができるか否かです。

退職代行業者

退職代行業者は、基本的に法律業務を行うことができません。弁護士資格を有していない退職代行業者が法律業務を行うと「非弁行為」という法律違反になります。退職代行業者の中には、法律業務を行う業者もいるため注意が必要です。
退職代行業者に依頼する理由は「会社とのトラブルを避けるため」ですよね。退職代行業者の利用によって、トラブルが起きてしまうと、本末転倒になってしまいます。よく考えて退職代行業者を選びましょう。

本人の意思を伝える

退職願などを本人に代わって会社に提出することは、「非弁」になりません。

本人と会社の連絡を仲介

会社に退職する意思を伝えるだけでは、不十分です。正式な退職手続きを取った後でなければ退職することはできません。そのため、退職する意思を伝えた後も会社と連絡を取る必要があります。

弁護士事務所

弁護士事務所は、退職に関わる法律業務全般を行うことができます。

何らかの交渉を行う

会社との間で、退職金、残業代、退職日の調整、有給の消化について交渉を行う場合は、弁護士資格が必要です。

雇用契約の解約を代理して行う

退職希望者に代わって退職通知を会社に送り、雇用契約を解約することは、弁護士資格が必要です。

退職通知書などの作成

弁護士事務所は、法律業務を行うことができるというメリットがあります。しかし、3万前後が相場である一般の退職代行業者に比べて、10万前後の費用がかかってしまいます。退職代行業者が行うことのできる業務で十分である方は、退職代行業者に依頼しましょう。もし、法律業務を望むのであれば、退職代行業者ではなく、法律事務所に依頼しましょう。
下記のサイトに「非弁行為」について詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

退職代行の非弁行為はどう見分ける?正しい依頼先の見つけ方

https://taisyokuagent.com/articles/159

退職をする時にトラブルを避けるために退職代行を利用したけれど、依頼した退職代行業者が、非弁業者であったら本末転倒ですよね?本記事では、非弁業者を見極める簡単な方法を紹介しています。

退職代行を利用する目的

今すぐ仕事を辞めたいと考えている方は多くいます。過酷な労働環境、厳しい労働条件など世の中にはブラック企業と呼ばれる、社員を大切にしない企業が数多くあります。
多くの労働者がブラック企業を退職することができない状況となってしまっている理由として2つ挙げることができます。

①上司の引き止めに合う

退職の意思を伝えたくても伝えることができない方が多い理由は、「上司の引き止めに合う」ことが挙げられます。「怖くて伝えることができない」、「忙しいふりをして、頑なに取り合ってもらえない」、「退職願を出しても無視される」、「退職希望日を承諾してくれない」などの理由で上司の引き止めに合うことがあります。上司としても、社員に退職して欲しくないので、様々な手段で引き止めを行います。
退職代行を利用すれば、そのような悩みも解決することができます。

②退職意思を伝えている余裕がない

ブラック企業の中には、退職を考える余地を与えないほど、社員に過酷な労働を強いる会社もあります。毎日が自宅と会社の往復となってしまっていては、時間的にも、精神的にも退職を検討している余裕がありません。そのような方でも「家に帰った瞬間」「朝起きた瞬間」に退職することを決めて、会社に行かなくても良くなれば、救われますよね。
退職代行を利用すれば、即日退職が可能なので、ブラック企業の束縛から逃れることができます。

退職代行のメリット

退職代行の利用者は急増しています。なぜ、それほどまでに退職代行の需要が増えているのでしょうか?退職代行を利用するメリットは5つ挙げることができます。

メリット
  • 直接退職を告げる必要がない
  • 即日退職できる
  • 絶対に退職できる
  • トラブルを防ぐことができる
  • 転職活動支援がある

内容につきましては、以下の記事で具体的に説明していますので参考にしてみてください。

【最新版】「退職代行」を利用するメリットは何なのか?

https://taisyokuagent.com/articles/211

退職代行という言葉が、世間に認知され始めていますよね。退職くらい自分でできるから必要ないという意見も聞きますが、実際のところ利用者は増加し続けています。それでは、そこまで退職代行が人気な理由は何なのか?退職代行を利用するメリットについて紹介していきます。

退職代行のデメリット

退職した会社との関係悪化

退職代行を利用することにより、会社との関係が悪化することはしょうがないことです。しかし、退職代行を利用しなければ退職できないようなブラック企業で働いているのであれば、関係悪化を心配するよりも、自分の体を守ることを優先しましょう。

転職活動期間が不十分

退職代行を利用すると、転職活動期間を十分に用意することができません。しかし、転職活動に不安が残るからといって、退職代行の利用をためらう必要はないと思います。なぜならば、過酷な労働環境で働きながら、身体的にも精神的にも不安定な状態では、正しい転職先の選択をすることができないからです。間違った選択をしてしまうと、再びブラック企業に就職することになり、同じ誤ちを繰り返してしまいます。
退職活動利用後に一人で転職活動を続けることが不安な方は転職エージェントの利用をオススメします。転職のプロに任せた方が、スムーズに転職活動を進めることができ、より良いキャリアを歩むことができるでしょう。

『RECRUIT 就職Shop』で転職成功!

退職代行はマナー違反?

退職代行が認知され始めているとはいえ、退職代行の利用をよく思わない方も多くいます。例えば、年配の方々の中には、恩がある会社に対して、直接、退職意思を伝えないことはマナー違反だと考える人が多くいます。 そのような会社で退職代行を使う場合に、関係悪化を抑えるための方法を紹介するので参考にしてみてください。

まとめ

令和新時代の注目サービス「退職代行」について理解していただけたでしょうか?
世間に認知され始めているサービスですが、実際に利用するまでのハードルはまだ高いです。特に、新しいサービスを認めることができない、古い会社に属している方は特に使いにくいでしょう。
以下の記事で、実績があり、信頼することができる退職代行業者を紹介しているので参考にしてみてください。

【最新版】おすすめ退職代行業者のランキングTOP3!

https://taisyokuagent.com/articles/179

退職代行を利用したいけど、退職代行業者の選び方がわからない!!!という方におすすめの記事となっています。『退職の前に読むサイト』編集部は、サービスの質が極めて高い退職代行業者を3社紹介いたします。

この記事のライター

転職の参考になる記事をどんどん書いていきます!

関連するキーワード


退職 退職代行

関連する投稿


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。