【最新版】「退職代行」を利用するメリットは何なのか?

【最新版】「退職代行」を利用するメリットは何なのか?

退職代行という言葉が、世間に認知され始めていますよね。退職くらい自分でできるから必要ないという意見も聞きますが、実際のところ利用者は増加し続けています。それでは、そこまで退職代行が人気な理由は何なのか?退職代行を利用するメリットについて紹介していきます。


退職代行というサービスが世間にも認知され始めて、利用者は増加し続けています。退職代行サービスが生まれた初期の頃は、「怪しいサービス」として多くの方から敬遠されていましたが、これほどまでに、多くの方が利用する理由は何なのでしょうか?
退職代行を利用することのメリットを紹介していきます!

退職代行を利用することのメリット

①直接退職を告げる必要がない。

以前は「退職意思くらい自分の口で伝えることができないのか?」という意見が多く見受けられましたが、そのような意見は減りつつあります。退職をなかなか受け入れてくれない上司、退職を伝える時間の余裕さえ与えない会社など、世の中には、想像している以上に過酷な労働環境が存在することが認知され始めているからです。
このような方たちにとっては、自分で退職意思を伝える必要がないことは、退職の意思決定をする後押しになっていることは間違いないです。

②即日退職できる。

仕事が辛くて耐えられない方が多くいます。耐えられなくなる日はいきなり訪れると言われており、家に帰った瞬間、朝起きた瞬間に「今日、会社に行きたくない」と思う方が増えています。
退職代行では、即日退職することを可能にしています。基本的に退職するためには、2週間前までに、退職意思を伝えることが決められていますが、退職までの2週間は、有給休暇を取得することで、退職願を提出したその日から出社する必要がなくなります。
新入社員の方や、病欠などで有給を消化している方も、退職日まで欠勤する旨を伝えることで、即日退職することができます。

③絶対に退職できる。

民法627条1項は、正社員やアルバイトなど、期間を定めていない契約全般に適応される条文です。 「いつでも解約の申入れをすることはできる。この場合に置いて雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。」
つまり、退職を希望する日の2週間前までに、退職願を出すことができれば100%退職することができます。

④トラブルを防ぐことができる。

退職時のトラブルとして、「会社からの損害賠償請求」などが挙げられます。弁護士資格を持たない非弁業者に依頼した場合は、対応することができません。しかし、法律事務所や弁護士と顧問契約を締結している退職代行業者に依頼した場合は、対応することができます。

⑤転職活動支援がある

一部の退職代行会社は、転職活動支援も行なっています。
退職後に不安を感じる方であれば、転職活動支援を行なっている退職代行会社に依頼しましょう。

退職代行というサービスが世間にも認知され始めて、利用者は増加し続けています。退職代行サービスが生まれた初期の頃は、「怪しいサービス」として多くの人から敬遠されていましたが、これほどまでに、多くの人が利用する理由は何なのでしょうか?
退職代行を利用することのメリットを紹介していきます!

この記事のライター

転職の参考になる記事をどんどん書いていきます!

関連するキーワード


退職 退職代行

関連する投稿


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。