いきなり退職届を提出するのはあり!?円満退社の秘訣を紹介

いきなり退職届を提出するのはあり!?円満退社の秘訣を紹介

意外と知られていない退職する際に必要な書類。退職願、退職届、辞表の意味を答えることができますか?今の時代、若いうちに退職を経験することは珍しくありません。準備せずに行くと退職に失敗して社内で気まずい雰囲気になってしまうことも、、、


退職と言えば、ドラマなどで見るあのシーン
「こんな会社退職してやるっ!」
会社に不満を抱える社員が退職届を社長の机に叩きつけているシーンが頭に思い浮かびます(笑)

皆さんも退職について考えたことありますか?新卒で3年以内に退職する人が3割と言われている今の時代、定年まで同じ会社で働くことの方が珍しく、多くの人が退職を検討することになると思います。

若い時期に退職をする人が増えているので、退職初心者でもしっかりわかるように、退職届の渡し方・タイミング・渡す相手など丁寧に説明していきます!

退職届はいきなり出さない!?

結論から言うと退職届はいきなり出さないです。冒頭でもあったドラマでよく見る退職シーンは演出です。退職はお世話になった会社にすごく迷惑をかけてしまいます。なので、退職する人は迷惑を最低限に抑えるためにも、退職する際のマナーをしっかり守って事を進めていきましょう。

退職届、退職願、辞表の違い

退職願と退職届の違いを答えることができますか?意外と知らない人が多いですよね。辞表に関しては聞いたことがない人もたくさんいるはずです。

退職願:退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類のことです。
あくまで退職を願い出るための書類なので、意思が伝われば書類での提出は不要とされています。例外を除き退職願は直属の上司に提出することが基本とされています。

退職届:退職することが確定したのち、退職を会社に対して届け出るための書類のことです。※会社規定の退職届がある場合や、上司ではなく人事部宛てに出す場合など、会社ごとに書類や提出先が異なりますので、直属の上司に確認しましょう。

辞表:一般社員は使用しません。社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、務めている役職を辞めることを届け出るための書類のことです。
公務員が辞めることを届け出る場合も辞表を提出します。

昔は、自己都合の場合は「退職願」、会社都合の場合は「退職届」とされていましたが、現在はどちらの場合であっても退職願を提出することになっています。

一般的な流れ

退職願の提出

退職することを承認される

退職日の決定

退職届の提出

一般的に、退職願を出してから上司と交渉をして退職日を決めて行く流れになると思います。退職日は「会社規約」や「辞める時期」などを考慮して退職願の提出から1〜2ヶ月後と言われています。

私が退職した時は、できるだけ早く退職したいと思っていたので、退職意思を伝えると同時に退職日の交渉までまとめて行いました。忙しい上司だと話し合いの場を設ける時間がなく、退職日がどんどん遅くなってしまいます。

早期の退職がしたい人は、退職希望日をできるだけ早く伝えましょう。もし交渉の場をなかなか設けてもらえない場合は積極的に催促をしましょう。中には、退職日を遅らせることを目的として、交渉の場を設けない上司もいます。

退職願と退職届は必要なのか?

■退職願

円満退職を望まれる場合は必要です。会社にとって労働者が1人欠けることはかなりの負担になります。人材補充のために採用をするには数ヶ月を要するので、会社側は「人材不足の期間をできるだけ短くすること」、「引き継ぎ期間」という2つの意味で、ある程度の調整期間は必要だと言えるでしょう。【引き継ぎ期間+有休消化期間】の最低でも1ヶ月間は猶予を持つことが円満退社をするためのマナーだとされています。

また、退職願は必ずしも書類で提出しなければいけない訳ではありません。上司との信頼関係がしっかりとできているのであれば、口頭での申し出でも問題ないです。ただ、そこまでコミュニケーションをとっていなくて、まだ信頼関係ができていない上司の場合は書類として、退職意思を伝えた方がいいでしょう。証拠を残せた方が何かトラブルになった時に役に立ちます。

■退職届

退職届は必ず必要です。また、退職を確定させるための書類になるので一度提出したら後戻りはできません。後悔のないように決意を固めてから提出しましょう。

また、退職届も基本上司に提出します。そして人事をとして社長に渡してもらう流れとなると思います。ほとんどの場合、退職意思が伝わった後は会社のルール通りに進んでいくので上司に従えばいいと思います。先に行動してしまい、会社規定の退職届があるのに自分で書いてしまったらお金と時間の無駄ですからね。

各書類の書き方と提出方法

退職願

■退職願の提出方法

退職願の提出方法は意図を伝えることができる方法であればなんでも大丈夫です。

・書類
・口頭
・メール
・電話
・LINE

様々な方法があると思いますが、「書類」、「口頭」で伝えることが良いとされています。特に大きな会社の上司となると結構世代も違ってくると思うので、「大事な連絡をLINEでするなんて常識がない」と思われてしまったり、そもそもLINEを使いこなせていなくて、メッセージが伝わっていない可能性もあります。LINEで簡単に済ませようと思って、上司に退職意思が伝わっていなかったら本末転倒ですもんね。

■注意点

退職願に退職希望日は記入しません。退職願はあくまでも「退職意思」を伝えるという目的で提出する書類です。退職日を決めていくのはそのあとの交渉なので、書類に記入することはやめましょう。ただ、提出したその日に話し合いをしたいと言われる可能性もあるので、退職願を提出するまでには、会社の就業規則をしっかり確認して退職希望日を決めておきましょう。

■退職願の書き方(テンプレ)

①退職願
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

                                     
××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職願」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

退職届

■退職届の提出方法

会社指定のフォーマットがない限り、A4サイズの用紙に記入しましょう。ほとんどの場合は退職願を提出して、話し合いの後に退職届を書くことになると思うのでわからなければ上司に確かめてみましょう。

■注意点

退職届は会社で定められたフォーマットを利用する場合もあるので、先走って退職届を用意しないことをお勧めします。上司との話し合いで退職日が決まった時に合わせて聞きましょう。

また、テンプレを見ていただければわかるかと思いますが退職届ではお願いするのではなくて、退職できる権利を行使することになります。なので、「〜をもって退職いたします」という表現が適切です。

■退職届の書き方(テンプレ)

①退職届
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたします。


××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職届」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

退職願や退職届を書くときによくある疑問

Q1 退職願、退職届は縦書き?
退職願、退職届は縦書きの手書きが基本とされています。パソコンで準備して時短になったつもりが、固い上司に文句を言われたら余計な時間を要してしまいます。退職はなるべく穏便に済む方法をオススメします。なので、若い会社の場合はPDF形式で提出しても問題ないでしょう。会社の雰囲気で判断しましょう。


Q2 上司が退職願を受け取ってくれない場合はどうすれば良いか?
直属の上司が対応してくれない場合は、さらに上の上司に渡しましょう。それも難しい場合は人事部に提出するなど人事権がある役職の人に渡しましょう。(法的には退職願を提出した日から2週間後には退職することが可能です。受け取ろうが拒否しようが関係なく、退職することができます。なので、書面に提出日をしっかり書いておくことが大切です。)


Q3退職願を出してから退職に取り合ってくれない
円満退社を望む場合は複数回アプローチしましょう。会社側も立場があるので何度も無視し続けるわけにはいかないでしょう。それでも対応してくれない場合は、退職願提出の2週間後に退職届を出してしまえばいいと思います。(直接、退職届をだす勇気がない場合は、内容証明という郵便局のサービスを使って退職届を提出することもできます。)


Q4退職願、退職届は取り下げできるのか?
退職願の場合は、会社側から承認が降りるまでの期間であれば取り下げをすることができます。ただ、退職意思を伝えた後の取り下げはリスクがあります。例えば、1度退職しようとした社員というレッテルを貼られてしまうので上層部からの評価が下がってしまったりと今までと全く同じ環境で働くことができるとは限りません。なので、退職願はしっかりと退職意思を固めてから提出することをオススメします。


退職届は労働契約解除の届け出なので提出した時点で効力が発生してしまいます。なので、基本的に退職届の取り下げは難しいです。

退職前にできる事前準備

意外と知られていないですが、退職をする際に上司の引き止めにあう事の方が多いです。退職希望日は労働規約に従い退職願を出してから、1ヶ月後であるが、余裕を持って1.5ヶ月で交渉したところ、足元を見られて2倍の3ヶ月間も働かされたなんて話も聞きます。

・前回辞めた子はもっと余裕を持って辞めていったのにな。
・採用の見通しがつくまで待ってほしい。
・ちょうど忙しい時期だからずらしてくれないか?

上司となるとなかなか断ることができずに、交渉に応じてしまうことが多いですが退職が決まってモチベーションが保てない期間を過ごすことは、退職者にとっても会社にとっても有意義な時間は過ごせないです。お世話になった会社のことを思い、多少の配慮は必要だと思いますが、会社のためを思い自分を犠牲にすることは避けた方が良いでしょう。

退職理由、退職時期を明確にする

まず、上司の交渉に簡単に応じないためにはしっかりと自分を持つことが大切です。「なぜ辞めたいのか?」、「いつ辞めたいのか?」など辞めたい理由が明確になればきっぱりと辞めれると思います。

例えば、

私「退職希望日は1ヶ月後の〇〇月〇〇日です」

上司「採用の見通しがつくまで待ってほしい」

私「転職先の入社日も決まっているので引き延ばすことは無理です」

上司「給料も良くて、安定しているうちをなんで辞めるんだ?」

私「私は将来◯◯のようになりたいで、今後は△△を経験したいからです!」

このように、退職前に自分をしっかりと見つめ直して将来のことを考えましょう。しっかりと考えれば、退職のためだけでなく、今後にも必ず生きてくると思いますよ!

退職後のことも考えておく

先ほどの例でもあったように、将来のことが決まっていれば交渉が有利になります。転職日のことは持ち出せば、余程でない限りは会社側も口出しをしてこないでしょう。なので、退職を考え出した頃から、転職先を探し始めるのがベストだと思います。

そうはいっても、転職活動をしている余裕がない方もいるかと思います。転職先が決まっていない方も漠然と辞めたいという気持ちだけで退職交渉をするのではなく、「〜をしたい」という気持ちを固めてから事を進めることをオススメします。上手く退職ができたとしても、退職後ダラダラと無職を続けていると転職活動のモチベーションを保てないというリスクもあります。

退職することは上司以外には話さない

退職したいという悩みはすごくストレスになるので、誰かに聞いて欲しい気持ちもすごくわかります。ですが、会社の内部の人に話すのはオススメしません。例え仲のいい会社の同僚であってもです。理由は2つあります。

・上司のメンツが潰れる

退職関連の話はネガティブな雰囲気を社内に流してしまうので、会社としても慎重に事を進めたいです。それも、管理職の仕事となるので、事前に漏れてしまうと上司が部下を管理できていないと判断されてしまう訳です。

・退職の話が漏れると会社に居づらくなる

退職者としても、会社を辞めることが周りに知られれば、人間関係の悪化に繋がることもあります。もし、辞めることを取り消そうと思った時にもかなり不利な状況となってしまうためデメリットしかないです。

つまり、会社としても退職者としてもメリットはないので退職は内密に進めることがオススメです。どうしても相談相手が欲しい場合は社外の人に相談しましょう。知り合いに相談相手がいなければ、全国労働基準監督署を頼るのも1つの手だと思います。全国労働基準監督署では全国の労働者が安心して安全な職場環境で働けることを目指している厚生労働省管轄の監督署です。

まとめ

今回の内容をまとめると、

✔退職届はいきなり出さない
✔基本は退職願→交渉→退職届
✔退職理由は明確にする

いかがだったでしょうか?
初めての退職は不安だと思いますが、その不安が少しでも解決できたら幸いです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!


派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

いつかは正社員になりたいな…派遣社員の方でそのように考えていませんか?正社員より仕事をしているけれど給料が少なくなってしまうのは、雇用形態状仕方がないことです。なので、もっと仕事で活躍したい!と思っている方は正社員になることを検討しましょう!


退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職するときに、会社へ返却するもの、転職先に提出するために受け取っておくべくものの整理は付いていますか?退職日が近くなってバタバタすると忘れてしまいますよ?退職後に、忘れ物を取りに会社へ行くのは恥ずかしいので事前に準備しておきましょう!


退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

失業保険の仕組みってややこしくてわからないですよね?そもそも失業保険はどのような人がどのような条件で適用されるものなのかもわかっていない人が多いかと思います。失業保険を有効活用することで、新しいキャリアを成功させるきっかけにもなります!


仕事でミスをしたら辞めるべき?対策とミスを減らす方法!

仕事でミスをしたら辞めるべき?対策とミスを減らす方法!

仕事でミスしてしまったことはありますか?仕事でミスをするとすごく焦ってしまいますし、ショックで立ち直れなくなってしまうこともありますよね。仕事のミスが引き起こした会社に与える損失が大きすぎた場合は、仕事を辞めることが得策の場合もあります。


最新の投稿


面接当日の辞退って出来るの?電話とメールどちらが良い?

面接当日の辞退って出来るの?電話とメールどちらが良い?

就職活動や転職活動を行なっていると、たくさん面接を受けると思います。スケジュールが被ったり、体調不良になったりと面接を辞退したい時ってありますよね。過密スケジュールの場合は、当日に辞退しなければいけなくなることもあるかと思います。そんな時の対処法を紹介していきます!


ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法!

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!


派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

派遣社員から正社員になるには?そのメリット、デメリット!

いつかは正社員になりたいな…派遣社員の方でそのように考えていませんか?正社員より仕事をしているけれど給料が少なくなってしまうのは、雇用形態状仕方がないことです。なので、もっと仕事で活躍したい!と思っている方は正社員になることを検討しましょう!


退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職時の会社への返却物は?返すもの、受け取るものリスト!

退職するときに、会社へ返却するもの、転職先に提出するために受け取っておくべくものの整理は付いていますか?退職日が近くなってバタバタすると忘れてしまいますよ?退職後に、忘れ物を取りに会社へ行くのは恥ずかしいので事前に準備しておきましょう!


退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

退職したけど失業保険は受け取る?メリットとデメリット!

失業保険の仕組みってややこしくてわからないですよね?そもそも失業保険はどのような人がどのような条件で適用されるものなのかもわかっていない人が多いかと思います。失業保険を有効活用することで、新しいキャリアを成功させるきっかけにもなります!


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職