いきなり退職届を提出するのはあり!?円満退社の秘訣を紹介

いきなり退職届を提出するのはあり!?円満退社の秘訣を紹介

意外と知られていない退職する際に必要な書類。退職願、退職届、辞表の意味を答えることができますか?今の時代、若いうちに退職を経験することは珍しくありません。準備せずに行くと退職に失敗して社内で気まずい雰囲気になってしまうことも、、、





退職ってどうやってすれば良いのか?退職の経験がないとわからないですよね。


おそらく退職の経験がない人は、ドラマや映画で見るあのシーンが退職のイメージだと連想されると思います。


「こんな会社退職してやるっ!」と会社に不満を抱える社員が退職届を社長の机に叩きつけているシーン。


・上司には何も伝えず、机に退職届を置いて会社を去っていくシーン。


果たして、ドラマや映画でよく見る退職方法は正しいのでしょうか?それとも、マナー違反なのでしょうか?


入社3年以内の離職率が3割と言われている今の時代、同じ会社で働き続けることの方が珍しく、キャリアの中で退職を経験することは当たり前だとされています。若い時期に退職をする人も増えているので、正しい退職方法を確認しておいて損はないでしょう。退職初心者でもしっかりわかるように、退職届の渡し方・タイミング・渡す相手など丁寧に説明していきます!

退職届はいきなり出さない!?

結論から言うと退職届はいきなり出さないです。冒頭で紹介したドラマでよく見る退職シーンは演出です。ただでさえ、退職するということはお世話になった会社や一緒に働いてきた社員の人たちに迷惑をかけてしまいます。

なので、退職する人は迷惑を最小限に抑えるために配慮する必要があるでしょう。正しい退職のマナーを守って退職するように気をつけましょう。

退職届だけだすのはマナー違反

ドラマや映画で見るシーンでは、退職するときに「退職届」と書かれた書類だけを提出していると思います。しかし、実際には退職届だけだすのはマナー違反となります。


退職届は退職が確定したことを会社に届け出るための書類なので、退職が確定する前に退職する意思を通知するための書類が必要となります。それでは、一般的な退職の流れを紹介していきます。

一般的な退職の流れ

退職願の提出

退職することを承認される

退職日の決定

退職届の提出


一般的に、退職願を提出してから上司と交渉をして退職日を決めて行く流れになると思います。退職日は「会社規約」「辞めたい時期の希望」などを考慮して決定します。一般的には退職願の提出から1〜2ヶ月後と言われています。

出来るだけ早く退職したいと考えている人は、退職意思を伝えると同時に退職日の交渉をまとめて行うことをオススメします。忙しい上司だと話し合いの場を設ける時間がなく、退職日の決定がどんどん遅れてしまいます。また、上司との退職の相談の時間が遅れている場合は積極的に催促しましょう。中には、退職日を遅らせるために相談の時間を作らないという上司もいるので注意が必要です。


また、退職希望日は「希望日ちょうど」または「希望より少し早め」で伝えましょう。会社としてはできるだけ長く働いて欲しいというのが本音なので、退職希望日より1ヶ月延長してくれないか?などの交渉を持ちかけてきます。その交渉を見越して希望日を伝えれば、スムーズに退職希望日を決定することができると思います。


退職意思を伝えると同時に退職日を決定するために考えておくべきことは下記の通りとなります。

・退職理由
・退職希望日

この2点をしっかりと決めておかないと、上司の引き止めにうまく対処できないです。退職の意思が揺らいで中途半端な状態にならないためにも退職の決意を固めておくことは重要です。

退職届、退職願、辞表の違い

退職願と退職届の違いを答えることができますか?意外と知らない人が多いですよね。辞表に関しては聞いたことがない人もたくさんいるはずです。

退職願

退職願:退職(労働契約の解除)を会社に願い出るための書類のことです。
あくまで退職を願い出るための書類なので、意思が伝われば書類での提出は不要とされています。例外を除き退職願は直属の上司に提出することが基本とされています。

退職届

退職届:退職することが確定したのち、退職を会社に対して届け出るための書類のことです。※会社規定の退職届がある場合や、上司ではなく人事部宛てに出す場合など、会社ごとに書類や提出先が異なりますので、直属の上司に確認しましょう。

辞表

辞表:一般社員は使用しません。社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、務めている役職を辞めることを届け出るための書類のことです。
公務員が辞めることを届け出る場合も辞表を提出します。

昔は、自己都合の場合は「退職願」、会社都合の場合は「退職届」とされていましたが、現在はどちらの場合であっても退職願を提出することになっています。

退職願と退職届は必要なのか?

■退職願

円満退社したい場合は退職願を提出して一般的な退職の流れに従うことが望ましいです。しっかりと退職願の提出、退職日の決定という流れを踏むことで、業務引き継ぎの準備、人員補充の準備ができるので会社としては助かります。

また、退職願が会社に受理されるということは労働者と会社の間で労働契約を解除することへの合意がなされたということになるので、例外を除いて両者の間でトラブルが起きることはないでしょう。なので、【引き継ぎ期間+有休消化期間】を合わせて、最低でも1ヶ月~2ヶ月間は猶予を持つことが円満退社をするためのマナーだとされています。

しかし、退職するために退職願を提出することは絶対ではないです。口頭や電話で伝える、メールやラインで伝えるなどの方法でも退職することはできて、退職意思を伝えてから2週間が経てば労働者には退職する権利があります。なので、円満退社をする必要がなく、すぐにでも退職したい場合は退職願以外の方法で退職意思を伝えれば良いです。


■退職届

退職届を提出する義務はありません。しかし、退職届の提出は労働者が退職したことの事実確認となるため提出することをオススメします。退職届を提出することで、退職者本人の意思により自己都合退職をしたことの証明とすることができます。

退職願と退職届のどちらも提出しなければ、退職したことを証明するものがなくなります。そうすると、会社側に無断欠勤による懲戒解雇とされるトラブルになる可能性もあるので、退職届を提出することをオススメします。

そこで注意したいのが退職届の提出方法です。退職届は会社が求める書類なので、会社によって提出のルールが異なります。会社規定の用紙がある場合や自分で用意する場合、また退職届を必要としない場合もあります。基本的には上司から退職届の提出方法を教えてもらえると思いますが、不安な方は退職意思を伝えた時に退職届の提出方法を確認すると良いでしょう。

退職願をいきなり渡すのは良いのか?

前述させて頂いている通り、一般的な退職の流れで一番最初にすることは退職願の提出です。しかし、実際のところ退職願をいきなり提出する人は少ないようです。その理由として、退職願を提出する前に口頭で上司に相談する人が多いこと、退職願を提出する前にメールで要件を通知する人が多いことが挙げられます。

上司としても、いきなり退職願を提出されるとびっくりしてしまうでしょう。退職への理解をしてもらうためにも、一度メールで通知したり、相談する方がスムーズに退職することができるでしょう。

今すぐに退職したい人!

円満退社したい人は一般的な退職の流れに従うべきであることをお伝えしました。

しかし、「仕事が辛すぎて退職したい!」、「転職先が決まったから退職したい!」などの理由で退職することを考えている方は、会社のことを考えている余裕なんてなく、今すぐにでも退職したいというのが本音でしょう。

同様の悩みを抱える退職希望者たちはどのようにしているのでしょうか?

そのような悩みを解決するために生まれたサービス『退職代行』をご存知でしょうか?その名の通り、あなたの代わりに退職の手続きを行ってくれるサービスです。

退職代行を利用するメリットは以下の通りです。

・必ず退職できる
・即日に退職できる
・自分で退職交渉しなくても良い

つまり、苦手な上司と交渉することもなく、すぐに退職できてしまうのが『退職代行』を利用するメリットです。オススメの退職代行を紹介するので気になった方は参考にしてみてください。

退職代行『ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。

退職代行「ニコイチ」


『ニコイチ』で退職する!

退職代行『汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。

退職代行『汐留パートナーズ』


『汐留パートナーズ』で退職する!

退職代行『EXIT』

『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。

退職代行「EXIT」


『EXIT』で退職する!

退職願と退職届の書き方と提出方法

退職願

■退職願の提出方法

退職願の提出方法は意図を伝えることができる方法であればなんでも大丈夫です。

・書類
・口頭
・メール
・電話
・LINE

様々な方法があると思いますが、「書類」、「口頭」で伝えることが良いとされています。特に大きな会社の上司となると結構世代も違ってくると思うので、「大事な連絡をLINEでするなんて常識がない」と思われてしまったり、そもそもLINEを使いこなせていなくて、メッセージが伝わっていない可能性もあります。LINEで簡単に済ませようと思って、上司に退職意思が伝わっていなかったら本末転倒ですもんね。

LINEで退職の意思表示をすることについては、以下記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。

退職の意思表示にラインはあり?上司に直接言えない時の方法

https://taisyokuagent.com/articles/79

上司が厳しい人で退職を言い出しにくい…仕事を辞めたいけれど、意思表示ができなくて悩んでいる人はたくさんいます。ラインで退職できたらどんなに楽なんだろうと考えたことはないですか?ラインで退職の意思を伝えることはできるのか?また、マナー違反ではないのか?説明していきます。

■注意点

退職願に退職希望日は記入しません。退職願はあくまでも「退職意思」を伝えるという目的で提出する書類です。退職日を決めていくのはそのあとの交渉なので、書類に記入することはやめましょう。ただ、提出したその日に話し合いをしたいと言われる可能性もあるので、退職願を提出するまでには、会社の就業規則をしっかり確認して退職希望日を決めておきましょう。

■退職願の書き方(テンプレ)

①退職願
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

                                     
××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職願」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

退職願を渡す時期は?

法律上の退職願の提出時期と会社が希望する退職願の提出時期は異なります。法律上では、民法が定める通り、退職の2週間前までに退職願を提出すれば退職することができます。

しかし、実際のところ2週間では引き継ぎや人材補充の準備が間に合わないので、会社側としては1ヶ月〜3ヶ月間前までに退職願を提出することを希望しています。詳しくは会社ごとに就業規則に定めているので、退職の意思を伝える前に確認してみてください。

退職届

■退職届の提出方法

会社指定のフォーマットがない限り、A4サイズの用紙に記入しましょう。ほとんどの場合は退職願を提出して、話し合いの後に退職届を書くことになると思うのでわからなければ上司に確かめてみましょう。

■注意点

退職届は会社で定められたフォーマットを利用する場合もあるので、先走って退職届を用意しないことをお勧めします。上司との話し合いで退職日が決まった時に合わせて聞きましょう。

また、テンプレを見ていただければわかるかと思いますが退職届ではお願いするのではなくて、退職できる権利を行使することになります。なので、「〜をもって退職いたします」という表現が適切です。

■退職届の書き方(テンプレ)

①退職届
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたします。


××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職届」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

退職願や退職届を書くときによくある疑問

Q1 退職願、退職届の書き方は?

退職願、退職届は縦書きの手書きが基本とされています。パソコンで準備して時短になったつもりが、固い上司に文句を言われたら余計な時間を要してしまいます。退職はなるべく穏便に済む方法をオススメします。なので、若い会社の場合はPDF形式で提出しても問題ないでしょう。会社の雰囲気で判断しましょう。


Q2 上司が退職願を受け取ってくれない場合はどうすれば良いか?

直属の上司が対応してくれない場合は、さらに上の上司に渡しましょう。それも難しい場合は人事部に提出するなど人事権がある役職の人に渡しましょう。(法的には退職願を提出した日から2週間後には退職することが可能です。受け取ろうが拒否しようが関係なく、退職することができます。なので、書面に提出日をしっかり書いておくことが大切です。)


Q3退職願を出してから退職に取り合ってくれない

円満退社を望む場合は複数回アプローチしましょう。会社側も立場があるので何度も無視し続けるわけにはいかないでしょう。それでも対応してくれない場合は、退職願提出の2週間後に退職届を出してしまえばいいと思います。(直接、退職届をだす勇気がない場合は、内容証明という郵便局のサービスを使って退職届を提出することもできます。)

内容証明で退職する方法については、以下記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【必見】退職代行は不要!?退職届を内容証明で送る方法!

https://taisyokuagent.com/articles/41

あなたは今すぐ会社を辞めたい時にどうしますか?退職代行を使いますか?それとも自力で上司に伝えますか?内容証明を使った退職の仕方はご存知ですか?退職代行よりお金もかからず、上司に直接退職の意思を伝える必要もないオススメの退職方法です。

Q4退職願、退職届は取り下げできるのか?

退職願の場合は、会社側から承認が降りるまでの期間であれば取り下げをすることができます。ただ、退職意思を伝えた後の取り下げはリスクがあります。例えば、1度退職しようとした社員というレッテルを貼られてしまうので上層部からの評価が下がってしまったりと今までと全く同じ環境で働くことができるとは限りません。なので、退職願はしっかりと退職意思を固めてから提出することをオススメします。


退職届は労働契約解除の届け出なので提出した時点で効力が発生してしまいます。なので、基本的に退職届の取り下げは難しいです。

退職前にできる事前準備

意外と知られていないですが、退職をする際に上司の引き止められてしまうことの方が多いです。退職希望日は労働規約に従い退職願を出してから、1ヶ月後であるが、余裕を持って1.5ヶ月で交渉したところ、足元を見られて2倍の3ヶ月間も働かされたなんて話も聞きます。

・前回辞めた子はもっと余裕を持って辞めていったのにな。
・採用の見通しがつくまで待ってほしい。
・ちょうど忙しい時期だからずらしてくれないか?

長くお世話になった直属の上司となるとなかなか断ることができずに、交渉に応じてしまう人も多いですが、退職が決まってモチベーションが保てない期間を過ごすことは、退職者にとっても会社にとっても有意義な時間は過ごせないです。お世話になった上司や会社のことを思い、多少の配慮は必要だと思いますが、会社のためを思い自分を犠牲にすることは避けた方が良いでしょう。

退職理由、退職時期を明確にする

まず、上司の交渉に簡単に応じないためにはしっかりと自分を持つことが大切です。「なぜ辞めたいのか?」、「いつ辞めたいのか?」など辞めたい理由が明確になればきっぱりと辞めれると思います。

例えば、

私「退職希望日は1ヶ月後の〇〇月〇〇日です」

上司「採用の見通しがつくまで待ってほしい」

私「転職先の入社日も決まっているので引き延ばすことは無理です」

上司「給料も良くて、安定しているうちをなんで辞めるんだ?」

私「私は将来◯◯のようになりたいで、今後は△△を経験したいからです!」

このように、退職前に自分をしっかりと見つめ直して将来のことを考えましょう。しっかりと考えれば、退職のためだけでなく、今後にも必ず生きてくると思いますよ!

退職後のことも考えておく

先ほどの例でもあったように、将来のことが決まっていれば交渉が有利になります。転職日のことは持ち出せば、余程でない限りは会社側も口出しをしてこないでしょう。なので、退職を考え始めた頃から、転職先を探し始めるのがベストだと思います。

そうはいっても、転職活動をしている余裕がない方もいるかと思います。転職先が決まっていない方も漠然と辞めたいという気持ちだけで退職交渉をするのではなく、「〜をしたい」という気持ちを固めてから事を進めることをオススメします。上手く退職ができたとしても、退職後ダラダラと無職を続けていると転職活動のモチベーションを保てないというリスクもあります。

退職することは上司以外には話さない

退職したいという悩みはすごくストレスになるので、誰かに聞いて欲しい気持ちもすごくわかります。ですが、会社の内部の人に話すのはオススメしません。例え仲のいい会社の同僚であってもです。理由は2つあります。

・上司のメンツが潰れる

退職関連の話はネガティブな雰囲気を社内に流してしまうので、会社としても慎重に事を進めたいです。それも、管理職の仕事となるので、事前に漏れてしまうと上司が部下を管理できていないと判断されてしまう訳です。

・退職の話が漏れると会社に居づらくなる

退職者としても、会社を辞めることが周りに知られれば、人間関係の悪化に繋がることもあります。もし、辞めることを取り消そうと思った時にもかなり不利な状況となってしまうためデメリットしかないです。

つまり、会社としても退職者としてもメリットはないので退職は内密に進めることがオススメです。どうしても、相談相手が欲しい場合は社外の人に相談しましょう。知り合いに相談相手がいなければ、全国労働基準監督署を頼るのも1つの手だと思います。全国労働基準監督署では全国の労働者が安心して安全な職場環境で働けることを目指している厚生労働省管轄の監督署です。

転職を考えている方へ

行列のできる転職相談所


行列のできる転職相談所は20代の転職に特化した転職サイトです。

ポイント①
他の求人サイトでは掲載されていない限定求人も多数用意しています!

ポイント②
無料転職相談にいらっしゃった方には、個別に転職のサポートをさせていただきます。一人で転職活動をする5倍内定率上げることができます!
『行列のできる転職相談所』で相談したい方はこちら!

『行列のできる転職相談所』では、楽天株式会社などの人気求人を多数取り揃えています。興味がある方はお申し込みください。

楽天株式会社に応募する

未経験でもチャレンジできる求人は多数ありますよ!経験がないからと諦めないで、自分がやってみたい仕事を探しましょう!

未経験でも挑戦できる仕事を下記のボタンより探すことができます!

未経験から応募可能求人を探す

AIで転職を診断するアプリ

自己分析、他己分析をしても、本当に自分がやりたい仕事が何なのか見えてこない人も多いかと思います。そのような悩みがある方に、『VIEW』を一度利用して頂きたいです。AIが客観的にあなたの天職を分析してくれます。AIは客観的かつ網羅的に天職を判断してくれるので、正しい選択肢が見つかるかもしれません。

無料で診断できるので気になった方は、以下リンクからアプリをダウンロードしてみてください。

3分でキャリア診断!日本初AIキャリアシミュレーション『VIEW』

市場価値診断サービス

転職を成功させたい!そんな方にオススメなのが、人材大手のインテリジェンスが提供している市場価値診断サービスの『ミイダス』です。200万人以上の豊富な年収データから分析してくれるので、あなたの市場価値を正確に導き出してくれます。

MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!

スキルアップ

転職を考えた始めた時に、今までとは別のキャリアにチャレンジしたい人も多いかと思います。例えば、営業職からエンジニアにジョブチェンジした人もいます。

以下記事で、「英語」、「プログラミング」のスキルの獲得方法について紹介しているので興味がある方は参考にしてみてください。

TOEICの点数を全力で最速かつ最短で上げよう!

https://taisyokuagent.com/articles/209

TOEICの点数ってどうやったら上がるんだろう?こんなにTOEICの勉強をしているのにどうしてTOEICの点数が上がらないんだろう?などと悩んではいませんか?今回は、転職活動および就職活動を行っている方にも短期間でTOEICの点数をあげるためにオススメの勉強方法やスクールを紹介していきます。TOEICだけでなく英検やTOEFLの勉強をしている方も参考にしてみてください。

未経験からエンジニア/稼ぎたければプログラミングを学べ!

https://taisyokuagent.com/articles/195

未経験からエンジニアを目指したい人はきっと多いはずです。特に、IT業界が伸びているので、プログラミングスキルがあれば会社で重宝されます!しかし、プログラミングスクールに通うと高額な費用が必要ですよね。私がお金をかけずにプログラミングを習得した方法を紹介します。

まとめ

今回の内容をまとめると、

✔退職届はいきなり出さない
✔基本は退職願→交渉→退職届
✔退職理由は明確にする

いかがだったでしょうか?
初めての退職は不安だと思いますが、その不安が少しでも解決できたら幸いです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 円満退社 退職方法

関連する投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。