履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

就職活動をしている皆さん!履歴書を面接会場に持参する際に封筒は必要かどうか知っていますか?また、履歴書を渡す際のマナーについてしっかりと理解できていますか?今回は、履歴書を持参する際のマナーや封筒の記入方法について詳しく紹介していきたいと思います。


1 履歴書は封筒に入れて持って行くべき?

 結論から述べると、必ずもって行くべきです。履歴書は、経歴や学歴などを証明する重要な書類です。そのため、履歴書を封筒に入れずに少し折れたり、汚れたりしている状態では採用担当者によってはビジネスマナーがなっていないと判断される可能性があります。そのため、マイナスな印象を抱かれないためにも、履歴書を持参する際は必ず封筒に入れるようにしましょう。

・クリアファイルで封筒が汚れるのを防ぐ

 面接会場まで持っていく際に履歴書が入った封筒自体をクリアファイルに入れてもっていくことをオススメします。しかし、会場の受付ですぐに取り出せるようにするために、鞄のサイドポケットなどすぐに取り出せる所にしまっておきましょう。また、面接をする際に採用担当者に直接渡す場合は、面接の順番を待つ間にクリアファイルから封筒を取り出しておくようにしましょう。

※アドバイスとして、面接会場には履歴書のコピーを持っていくことをオススメします。なぜなら、面接の順番を待つ間に自分が履歴書にどういうことを書いたかということを再確認することができるからです。

2 履歴書の手渡し方

履歴書を手渡す際には、自分が封入側を持って相手側から見て読みやすい向きにして手渡すことが重要です。その際には、マナーとして両手で差し出し、お辞儀をして「よろしくお願い致します」と一言付け加えることで丁寧な印象を与えることが出来ます。このマナーはどの場面で履歴書を提出する際でも同じなのでしっかりと確認しておくようにしましょう。

・受付で提出する場合


受付で履歴書を提出する際には、履歴書は封筒から出さずにそのまま提出するようにしましょう。なぜなら、受付の担当者は履歴書は読まずに採用担当者に履歴書を取り次ぐ役割であることが多いからです。ただし、採用担当者でないからといってマナーのない行動をとることはやめましょう。受付の担当者も企業の一員であるため、受付での対応も評価の一つに入っている可能性もあるからです。

・面接の際に直接手渡す場合

面接官に直接手渡す場合は、履歴書を提出するよう指示があった場合に渡せば良いです。しかし、もしも面接官が履歴書の受け取りを忘れていたら自分から「履歴書はいかがいたしましょうか?」と質問しましょう。また、面接官が自分より後に入室する場合には始めから自分の前にある机に履歴書を置いておき、面接官が入ってきた時にすぐに提出できるようにしておきましょう。

3 履歴書を持参する際の封筒の種類と記入方法

・封筒の種類

封筒の種類は、基本的に角型A4号か角型2号に入れます。また、封筒の色は茶色ではなく白色がオススメです。なぜなら、茶封筒では企業に対するダイレクトメールと間違えられてします可能性があるからです。

※封筒の種類について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

茶封筒に入れた履歴書は受け取られない?その理由と対策!

https://taisyokuagent.com/articles/189

履歴書をしっかり作ってもついうっかり見逃してしまいがちなのが履歴書を入れる封筒です。なんとなく茶封筒に入れればいいやなんて思っている人は要注意です。実は履歴書を入れる封筒にもマナーはあります。ぜひ参考にしてください。

・書類を入れる順番

書類を入れる順番は、上から添え状、履歴書、そのほかの書類の順に重ねて入れ、封はしないようにしましょう。

・封筒の書き方

封筒の記入方法は、採用担当者に直接渡す場合とそれ以外の場合で異なります。

・採用担当者に直接渡す場合

採用担当者に履歴書を直接渡す場合は、履歴書には宛先や自分の情報などは書く必要はありません。

・それ以外の場合

郵送などで履歴書を提出する場合は、必ず履歴書在中と明記し、自分の住所と氏名を書く必要があります。まず、封筒の表面の左下の所に履歴書在中と赤色のペンで記入し、文字の周りを四角で囲みましょう。そして次に、「誰の履歴書なのか」ということが企業がすぐに確認できるように、封筒の裏面の左下に自分の住所を氏名を書くようにしましょう。

※履歴書在中と書く際には、100円ショップや通販等で販売しているスタンプを使う方法もあります。

4 まとめ

持参する履歴書の持参方法や書き方によっては採用担当者にマイナスな影響を与えてしまうことも考えられます。そのため、自分の実力を最大限にアピールするためにも、しっかりと履歴書に関するマナーを確認することは非常に重要になります。ですが、今回の記事が履歴書に関するマナーを全ては紹介できてはいないかもしれません。最も大切なことは、履歴書の受け取る側の立場に立って考えてみるとどういった方法で履歴書を渡せばよいかなどは気付きやすくなるということです。

※履歴書の持参方法については詳しくはこちらをご覧ください。

履歴書を持参した時の渡し方は?人事からの印象が良い渡し方

https://taisyokuagent.com/articles/112

履歴書を会社に持参した時の渡し方を知っていますか?面接の練習をする方は多いですが、履歴書の渡し方まで気を配れている人は少ないです。細かいマナーまで気が使えている人の評価は高いです。なので、履歴書の渡し方までしっかりと押さえておきましょう!

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連する投稿


クールビズにネクタイはいらない?失礼にあたるのか?【基本ルール】

クールビズにネクタイはいらない?失礼にあたるのか?【基本ルール】

クールビズって服装に迷いますよね。特にネクタイはいらないのか、失礼にあたるのかなど様々な考えが巡ってしまうと思います。ここではクールビズの基本や、ネクタイの有無などを説明していきます。 これを読んでルールをしっかり学んで失礼のないように客先に向かいましょう!


履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない!職歴なんてないけど、転職はできる?なんて思ってはいませんか?履歴書に書く職歴が無くても自分をアピールする方法は数多く存在します。今回の記事では、履歴書に記入できる職歴がない方のためのアピール方法やオススメの転職エージェントを紹介していきたいと思います。


職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

 職務経歴書や履歴書を書こうと思った時に印鑑が必要かどうかで迷ったことはありませんか?就職活動はもちろんバイトの面接等でも必要な履歴書は完璧な形で提出したいですよね。今回の記事では、職務経歴書や履歴書に印鑑は必要かどうかやどの印鑑が最適なのかなどについて詳しく紹介していきたいと思います。


エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

 これまで手書きが当たり前だった履歴書作成も今ではパソコンで作成する場合が増えてきています。しかし、どの場合にパソコン作成の履歴書が適しているのか?やパソコンでどうやって作ればいいのか?など分からないことが非常に多いですよね。今回は企業の採用担当者からの情報も交えて、履歴書のパソコン作成について詳しく説明していきたいと思います。


退職する人への餞別の渡し方は!?失礼のない正しいマナー!

退職する人への餞別の渡し方は!?失礼のない正しいマナー!

退職する人に餞別を渡す時にはどのようなマナーがあるのでしょうか?餞別の相場、包み方、表書きた手紙の書き方などわからないことが多いと思います。特に目上の人に渡すことが多いので失礼のないように気をつける必要があります。正しいマナーを知りたい方は参考にしてみてください!


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。