未経験からエンジニア/稼ぎたければプログラミングを学べ!

未経験からエンジニア/稼ぎたければプログラミングを学べ!

未経験からエンジニアを目指したい人はきっと多いはずです。特に、IT業界が伸びているので、プログラミングスキルがあれば会社で重宝されます!しかし、プログラミングスクールに通うと高額な費用が必要ですよね。私がお金をかけずにプログラミングを習得した方法を紹介します。


「エンジニアのスキルさえあれば、会社をクビになっても生きていけるよ?」

あなたはこの言葉を信じますか?会社をクビになったらさすがに、生きていきない。フリーランスとして、食べていくことができるのは一部の優秀の人だけだ。このように考える人が大半だと思います。

エンジニアという仕事は、努力した人ならば誰でも就くことができて、誰でも稼ぐことができます。これは、学歴もスキルもない学生ながらにエンジニアスキルを身につけて稼ぐことができるようになった、私が証明します。リモート作業ができ、働きたいときに働くことができるという、場所と時間の制約を受けない、まさに、「働き方改革」が行われている現代の働き方を実現できる仕事なのではないでしょうか?

文系から就職を目指す人、未経験から転職を目指す人、誰にでもチャンスがある仕事です。

この記事では、なぜエンジニアのスキルがあれば、会社をクビになっても生きていけるのか?どのようにエンジニアスキルを習得すれば良いのか?について紹介していくので参考にしてみてください。

エンジニア需要最盛期

近年、中小企業をはじめとして、大手企業でさえ十分にエンジニア職の人材不足が起きている現状があります。つまり、エンジニアのスキルを持っている人材は引く手数多となっています。なぜ、エンジニアスキルの市場価値はそれほどまでに高くなっているのでしょうか?

その理由として大きく2つあります。

ITサービス市場の急成長

国内のITサービス市場は2017年から2022年まで右肩上がりに成長することが予測されており、市場の平均成長率は1.2%ほどだろうと言われています。市場の成長に伴って、労働人口も増えていくので、エンジニアスキルの需要は伸びます。

IT技術の急変化

IT技術の変化スピードは、他の業界とは比較にならないです。1つの技術を習得したと思えば、また新たな技術が生まれますので、エンジニアの市場価値の変動が激しいです。なので、極論を言うと、今から未経験で最新の技術を習得した人は、古い技術しか習得できていない人の市場価値を超えていることになります。未経験からでも挑戦できる理由の1つです。

エンジニアになるメリット

平均年収が高い

エンジニア:606万円
全職種:420万円

このデータから、エンジニアになった方が将来の年収を上げることができることがわかるかと思います。さらに、この差は広がっていく見込みです。

替えが効く

正直、エンジニアのスキルがあれば、会社をクビになったり、社風や人間関係が合わなくて退職した場合でも、すぐに転職できますし、会社員が合わない人でも、フリーランスとして活躍することができます。

私がプログラミングスキルを勉強した方法

私は学生インターンとして未経験でプログラミングを始めました。本当はプログラミングスクールに通い、最短でスキルを獲得して、アウトプットしたかったのですが、学生の身なので、プログラミングスクールに通うためのお金がありませんでした。

仕方がなく、独学で勉強をすることも考えたのですが、知り合いから、エンジニアインターンとしてプログラミングを学ぶ方法を紹介され参加しました。

私が利用したインターン求人サイトのキャリアバイト

エンジニアインターンをやってみて良かった点は3つあります。

お金を稼ぎながら勉強できる

学生としてはかなり有り難いです。勉強している身でありながら、収入を得ることができるのは、エンジニアインターンの最大のメリットだと思います。この経験から、私はバイト先を探している人には、必ずインターンを始めることを紹介しています。インターンとして活躍している人は、インセンティブで稼いで、社会人より稼いでいる人もたくさん聞くので、やりがいはかなりありますね。(学生でありながら月収100万の友人がいます…)

アウトプットしたものから利益を生むことができる

一人前のエンジニアになるための難関は2つあると考えています。

①スキル獲得のハードルが高い

プログラミングスキルを習得できずに、挫折してしまう人が9割います。このことから、独学の難しさがよくわかります。

②利益を生み出すことが難しい

プログラミングスキルを習得できたとしても、利益を出せずに、開発したサービスを腐らせてしまう人も多いです。マネタイズするノウハウがなければ、せっかく良いサービスを作ったとしても、利益を出すことができません。趣味でプログラミングをする人は良いかもしれませんが、エンジニア職として活躍したい人は利益のことも考えなければいけませんよね。

スキル習得からマネタイズまで一貫して学ぶことができることもインターンを始めることのメリットです。

社会人との人脈を作ることができる

普通に過ごせば学生時代の人脈は学生たちですよね。インターンを始めれば、ビジネスの第一線で働いている人たちと繋がることができるので、普通の学生生活を送る人の100倍新しい学びがあると言っても過言ではありません。

私は学生を超えた人脈を作ることができて、価値観がすごく広がりました。

私が利用したインターン求人サイトのキャリアバイト

エンジニアになるための勉強方法

最もオススメのプログラミングの勉強方法はプログラミングスクールに通うことです。以下がオススメする理由

理由1 就職、転職時にアピールできる

名の知れた大手プログラミングスクールで学んだ実績は、選考の時に評価されます。将来はフリーランスとして活躍することを目指している人でも、一度、会社員として経験を積みたい人もいると思います。

DMMが主催しているプログラミングスクールでは、3ヶ月のコースを受講した後に就職または転職できることを保証しています。できなかった場合には全額返金という思いきったサービス内容なので、本気でプログラミングスキルを習得したい人にぴったりの勉強方法だと思います。

DMM主催プログラミングスクールの無料カウンセリング

理由2 わからないところを解決できる

ググれば出てくる!と思うかも知れませんが、独学では「最新の技術情報がない」、「間違った情報が記載されている」、「英語でしか書かれているので理解できない」などの課題にぶつかる人が多いです。プログラミングを学び始めるが挫折してしまう人は全体の9割もいます。その中のほとんどが、独学の壁にぶつかってしまっています。プログラミングスクールではわからないことは、プログラミングのプロに質問すれば、すぐに解決できるので安心ですよね。

私がオススメの学習方法は上記のしている、DMM主催のプログラミングスクールですが、以下、記事でプログラミングの勉強方法がまとめられているので、自分にあった勉強方法選びの参考にしてみてください。

挫折しないおすすめプログラミング勉強法ランキング5選!

https://taisyokuagent.com/articles/174

IT市場の急成長によりエンジニアの需要が高まっていますよね。中小企業だけでなく大手企業でさえもエンジニア職の人材不足問題を抱えています。これから、キャリアを考える上で、需要があるプログラミングスキルを身につければ鬼に金棒です。この記事ではプログラミングの勉強法のランキングを紹介します。

未経験からエンジニアになった実例

古着屋の店員からエンジニア

学歴:高卒
職歴:古着屋店員→フリーランス
プログラミング経験:未経験
スキル習得期間:6ヶ月

服が好きで、服の良さを伝えるために古着屋で働いていましたが、今の時代に、店舗だけで服の魅力を伝えることには限界がありました。もっと多くの人に知ってもらいたいと思い、ブログの運営を始めました。そこで、インターネットの発信力を実感して、もっと多くの人に服の魅力を伝えるために、最大限ウェブの力を活用しようと思いました。そのために、新しいサービスの開発をするためのエンジニアスキルを学ぼうと思い、プログラミングスクールに通っています。プログラミングスクールでは、同じような目標や経歴を持った人たちとも出会うことができるので、モチベーションも上がります。

DMM主催プログラミングスクールの無料カウンセリング

経営学部からエンジニアへ

学歴:大卒
職歴:大手IT企業
プログラミング経験:未経験
スキル習得期間:3ヶ月

文系の学部なので周りにエンジニア志望の人はいませんでしたが、ゲームが好きでアプリの開発をしてみたいと思いエンジニアを目指しました。未経験だったため、何から始めるべきかわからず、右往左往していた時に、学生インターンでは、実践的なプログラミングスキルを学ぶことができることを知り、インターンに応募しました。その結果、文系でありながら学生時代に高いレベルのスキルを身につけることができて、大手IT企業に入社することができました。

私が利用したインターン求人サイトのキャリアバイト

プログラミングを勉強したい人向けのリンク

オススメの学生インターンはキャリアバイト
短期習得したい人のプログラミングスクール(DMM)
安心の最大手プログラミングスクール(TECH::CAMP)

まとめ

私がエンジニアをこれほどオススメする理由がわかっていただけましたでしょうか?もし、少しでも興味が湧いた方は、スキル習得方法を参考にしてみてください。

挫折しないために必要なことは、勉強するための方法を選ぶことです!

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。