タバコが退職理由はアリ!?今後、禁煙の職場が増える理由!

タバコが退職理由はアリ!?今後、禁煙の職場が増える理由!

タバコの臭いが原因で退職してしまう人が増えています。喫煙者は、年々減り続け分煙化が進んでいますが、未だにオフィス内で喫煙できる職場もあるそうです。タバコは臭いだけでなく健康被害が出る可能性もあります。タバコが原因で退職した場合は、会社都合退職になるのでしょうか?




あなたは職場でタバコを吸うことに賛成派ですか?反対派ですか?


厚生労働省が、受動喫煙防止対策という職場での禁煙化を促進する取り組みを始めたことにより、多くの会社で職場の禁煙化、分煙化がされるようになりました。しかし、未だにオフィスで喫煙OKの会社もあり、非喫煙者の中には、タバコの臭いがきつく、退職してしまう人もいるようです。タバコを理由に退職してしまう人がいるくらいなので、非喫煙者を健康被害から守ることは、良い会社として認められるために必要な条件となってくるのかもしれません。


一方で、初めから喫煙者を採用しないという会社も増えているそうです。職場の禁煙化をするということは、喫煙スペースを別に設けなければいけないのでその分のコストが必要になります。そのような無駄なコストを省くために、今後、喫煙者を採用しない企業が増えていく可能性があります。

タバコ禁止の企業が増加している

会社が禁煙ではなければ退職する人

タバコの臭いが苦手という人は少なくないです。タバコの臭いがする空間で働きたくない、分煙化されていたとしてもタバコの臭いがする人と一緒に働きたくないなどタバコの匂いに対して苦手意識を持っている人たちは職場内が完全に禁煙でなければ、退職したいと思ってしまうほどだそうです。

会社が行う受動喫煙防止対策

レベル1:対策されていない

受動喫煙対策をする会社が増えている一方で、全く対策をしていない会社もあります。職場内で喫煙をすることができるので、嫌でも受動喫煙で健康被害を受けてしまう環境で働かなければいけません。非喫煙者にとってはかなり働きにくい環境だと言えるでしょう。

レベル2:社内に喫煙スペース

喫煙スペースが完全に隔離されていれば受動喫煙の健康被害を防ぐことはできます。しかし、喫煙の自由を守ることができている一方で、喫煙社員の労働生産性の低下、喫煙社員の健康寿命の縮小など会社に悪影響を与えているという見方もされています。

レベル3:社外に喫煙スペース

社内に喫煙スペースを確保できないなどの理由から、職場から完全に隔離された社外に喫煙スペースを設けている会社もあります。喫煙スペースの管理費用面でも、受動喫煙による悪影響も少ない社外の喫煙スペースですが、喫煙者の労働生産性の低下という点で会社としては望ましくないという見方もあります。

レベル4:喫煙者を採用しない

喫煙スペースの確保で受動喫煙による健康被害を解決することができますが、会社としては喫煙スペースの管理費用、喫煙者の労働生産性という点で喫煙者を採用することで無駄ができてしまいます。そのような無駄を省くために喫煙者を採用しないという会社も増えているそうです。

喫煙者を採用しない会社

社員の健康を目的として喫煙者は採用しない会社が増加しています。採用時に喫煙者か非喫煙者かを聞き、喫煙者の場合は採用しないようです。会社によっては、喫煙者も採用するが勤務時間内の喫煙を禁止している会社もあります。

なぜ採用しないのか

企業が喫煙者を採用しないのには3つの理由があります。

①健康被害が出る

タバコは健康を害します。社員が健康被害を理由に退職した場合、会社は、仕事の穴埋めや保険料の増加など負担がかかるリスクがあるので採用しません。

②休憩時間が不平等になる

喫煙者だけ喫煙時間があるという不平等な待遇を社員に行ってしまうので喫煙者を採用しません。

③喫煙所の設置にお金がかかる

喫煙所の設置にもお金がかかります。一般的に屋外喫煙所ブース1つの値段は、80万円~300万円が相場です。また設置してからも、吸い殻の掃除など維持費が発生します。会社としては、不要なものに経費をかけたくない為、喫煙者を採用しません。

今後ますます増加する

2020年4月に受動喫煙対策法が全面施行され、分煙対策が義務化されます。喫煙専用室を設けることは可能ですが、オフィスや商業施設も原則禁煙になります。喫煙所がないオフィスが増加し結果的に、勤務時間に喫煙できない会社が増加していくと思われます。また、喫煙者が禁煙成功すると成功報酬をもらえるような新しい取り組みをする会社も出てきています。健康でなければ、仕事もできませんのでタバコは辞めましょう。

それでは、具体的に受動喫煙の被害にはどのようなものがあるのでしょうか?

職場でのタバコに賛成派と反対派の声

【賛成派】

タバコを吸わなくては仕事に集中できない

タバコにはリラックス効果があると言われています。同じ作業を続けたり、座って仕事をするのが苦手な人は、タバコを吸うことで気持ちを落ち着かせて、仕事の集中力をあげています。実際に、生産性が上がると感じている人は少なくありません。

喫煙所の付き合いで同僚と仲良くなれる

喫煙者の中には、タバコをコミュニケーションの機会と捉えている人もいます。職場では話せないような立場の人とでも、喫煙所では気にすることなく話すことができます。また、仕事中は話せない内容も喫煙所では不思議と話せてしまいます。このように、タバコを通したコミュニケーションによって良好な人間関係を築くことができます。

【反対派】

受動喫煙する職場で働くくらいなら退職する…

職場でタバコを吸うことに反対する人たちの1番の理由は健康被害でしょう。タバコによる健康被害があることは医学的に証明されています。さらに、喫煙者が吸う主流煙より、受動喫煙により副流煙の方が害が大きいこともわかっています。健康被害が起きる職場で働きたくはありません。

タバコの臭いが服につく

喫煙者がいると健康被害だけでなく、服に臭いがついたり、職場に臭いが染み付いたりと清潔感を阻害するという被害があります。服にタバコの臭いが染み付くと、一日中憂鬱な気分になってしまうので、集中して仕事をするという意味でも清潔感のある職場で働きたいです。

タバコのせいで仕事に集中できていないのでは?

喫煙者がタバコを吸いに席を外す姿をよく見ます。その頻度があまりにも多く、仕事に集中できていないのではないかと疑問に思います。休憩時間にだけ喫煙所に行くのならば、まだしも業務中に席を外すのはタバコを吸わない人からすると不公平だと感じてしまいます。

職場でのタバコ被害

臭いで気持ち悪くなる

非喫煙者の方は、タバコの臭いが苦手の方が多いです。タバコの臭いで気持ち悪くなったり、集中できなくなったりする場合もあります。また、喫煙所でたばこを吸っても、喫煙者の服にはタバコの臭いがつき、我慢しなければならない時間が長時間続くことになります。

副流煙で健康被害がでる

副流煙で健康被害が出てしまうことがあります。喫煙者はフィルター越しに煙を吸いますが、非喫煙者は煙を直接吸うので、せきやたんが出たり、気管支喘息などの健康被害が出ることがあります。

仕事の効率が落ちる

喫煙者の中にはタバコを吸うと集中力が高まると思っている人がいますが、それは誤りです。タバコは、集中力が低下し認知機能も低下すると言われています。また、非喫煙者からすると、喫煙者だけ休憩時間外に喫煙所でタバコを吸う時間が与えられていることに不平等さを感じます。なぜ喫煙者だけ休憩時間外に休憩できるかという疑問を抱かれています。

タバコを理由に退職する

なぜタバコを吸うのか

非喫煙者からすると、なぜ喫煙者が高いお金を払い、健康に悪いタバコを吸うのかが理解できません。しかし、喫煙者の言い分ももちろんあります。喫煙者からするとタバコは、生活の一部になっているので職場でも吸うことが習慣となっています。タバコを吸う理由は大きく分けて3つあるので紹介します。

①タバコが美味しい

1番多い理由はタバコが美味しいからです。タバコは、種類ごとに甘い物、辛いものなど味があります。その味が美味しいのでタバコを吸います。

②リラックスできる

タバコを吸うことを習慣化していると、タバコを吸わないといつものように行動できなくなります。タバコを吸えばリラックスできると言われていますが、タバコにリラックス効果はありません。むしろタバコは、脳内を緊張状態にするので逆効果です。

③タバコでコミュニケーションが取れる

同じ職場にタバコを吸う人がいると、喫煙所で会う回数が多くなったり、他の部署の人とコミュニケーションを取る時間が生まれます。タバコ自体は良くありませんが、普段かかわらない部門の人とコミュニケーションを取る時間が増えることは良いことです。

若い世代はタバコを吸わない

若い世代は、タバコを吸う人が減ってきています。厚生労働省の調査によると、1989年の20代男性の喫煙率は62.3%で20代女性喫煙率は8.9%ですが、2017年の20代男性の喫煙率は26.6%で20代女性の喫煙率は6.3%です。20代男性の喫煙率が約35%ほど低下しているように、若い世代の喫煙率は低下しています。

タバコを理由に会社都合退職できるか

基本的にタバコを理由に会社都合退職はできません。会社都合にするには、健康被害が出たことの医師の診断書や客観的証拠、改善要求しても改善されなかったことなどの証拠をハローワークに伝えなければいけません。伝えても会社都合にならない場合もありますが、自己都合と会社都合では、失業保険の給付時期や日数がことなるので、ハローワークに相談してみましょう。

退職理由がタバコは印象が悪い?

転職活動で必ず聞かれることが、前職の退職理由です。非喫煙者からすると、退職をするほどタバコの臭いに悩まされたということがあると思いますが、人事はタバコが退職理由の人を安易に退職する人と見ることがあります。なので、退職理由をタバコと直接的に言うのではなく、職場環境が原因など言い方を考えましょう。

完全禁煙の会社を探す方法

タバコを理由に退職した人は、完全に受動喫煙対策が行われている転職先を探したいですよね。しかし、一人で条件にあった転職先を探すのは難しいと思います。そのような人には、転職エージェントの利用をオススメします。

【転職エージェントを利用するメリット】
・職場が禁煙などの条件にあった転職先を探せる
・転職に有利な退職理由を考えてくれる
・書類作成や面接練習をサポートしてくれる

転職エージェントを利用してみたいと思った方は、『行列のできる転職相談所』を利用してみてください。20代に特化した求人を揃えていて、無料で転職相談をしてくれます。転職で困っていることがあれば相談してみてください!

相談する!

まとめ

転職先が喫煙NGの場合もありますので、この機会に禁煙しましょう。タバコは値上がりし続けているので、経済的にも負担になります。退職して転職先が決まるまでは、収入がなくなるので、経済的なことを理由に辞めるのも良いですね。タバコを退職を機に辞める人が増えればと思います。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 タバコ

関連する投稿


ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

会社を辞めることが決まった時に、退職するタイミングとしてボーナスが支給されてからと考える人は少なくないでしょう。しかし、ボーナスを支給されてすぐに退職するのは気がひけるし、ボーナス日前に退職意思を伝えて減額されてしまうのも困りますよね。この記事では、ボーナスのルールについて詳しく説明します。


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


最新の投稿


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。


なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

なぜ、仕事が面白くない?やりがいを感じるためにできること!

仕事を面白くないと感じてしまうと働くこと自体がストレスとなってしまいます。特に、仕事を選ぶ基準としてやりがいを重視する人が増えているので、より一層仕事に面白さを見出すことが必要とされています。この記事では、仕事を面白くないと感じてしまうがどうするべきかを紹介しています。


仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

仕事で泣く理由は?涙が出た時の対処法と泣いている人への気遣い

“仕事で泣く”という経験をしたことがありますか?社会人ならば、少し仕事で嫌なことがあったくらいで泣いてしまうのは甘えなのではないか?と考える人も少なくないでしょう。それでも、泣いてしまうのには理由があります。この記事では、仕事で泣いてしまう理由と対処法を紹介します。


仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

仕事帰りにジムに通う社会人が継続的にジム生活を送る方法!

ジムに行こうと思って、近くのジムに入会しに行く人はどんどん増えています。しかしその一方で実際に続いている人は増えているでしょうか、、大変多くの人が途中で挫折してジムに通わなくなっていきます。どうすればそれを改善できるか、などを紹介していきます!