退職代行サービスにはリスクもある!?オススメ退職代行3選

退職代行サービスにはリスクもある!?オススメ退職代行3選

転職をするにあたっての退職は大きな問題ですよね。そんな中、近年話題になっているのが「退職代行」サービスです。退職を代行してくれる?そんなことがあるのだろうか、そんな疑問に思うあなたに、詳しい詳細までしっかりとお伝えしていきたいと思います!


そもそも、退職代行サービスとは?

「退職代行」サービスとは退職を考えている従業員等に代わり、退職の手伝いをしてくれるサービスです。

退職したいのに、辞めれない、辞めたいと言いにくいという職場環境にいる人にとっては、退職希望者に代わって退職の意思を伝え退職を実現できるという点に置いてとても魅力的なサービスだと言えます。

代行サービスが支援されている理由としては、相談した当日から対応してくれる、そのスピーディーさだったり、自分自身では中々伝えにくいことを代行してくれるという点にあります。今日では、ブラック企業、パワハラ、セクハラなどあらゆる問題があります。むしろ、毎日楽しく仕事をしている人も稀かもしれません。あまりに仕事が憂鬱すぎて、自殺を試みる人もいるくらいです。そんな時、自分の代わりに会社と連絡をとって、退職の意思を代行してくれるのは、切羽詰まっている人にとてっは、とても嬉しいことですよね。自分を思いつめてしまう前に、一度お話を聞いてもらえるだけでもいいと思います。

退職代行サービスの利用方法とは?

では、ここからは詳しく
(1)代行サービスの利用方法
(2)利用時に必要なもの
(3)会社代行の料金相場
(4)退職代行サービスのサービス内容

に分けて説明していきたいと思います。
まずはじめに、

(1)代行サービスの利用方法

代行サービスの使い方はとても簡単です。
それぞれの代行業者によっても異なりますが、基本的にはSNS、 LINE、 メール、電話、サイトからなど様々な方法から連絡を取ることが可能です。実際に迷っている方は、ただ単に相談するだけでも大丈夫なので気軽に相談することをお勧めいたします。
しかし、会社代行サービスとは言えど、日本には数え切れないほど多くの会社代行サービスが展開されています。それぞれの会社を見比べてから一番良いと感じた会社を選ぶのも良いと思うので、一度ホームページなどを拝見してから、選ぶのも一つの手ですよね!

(2)利用時に必要なもの

次に利用時に必要なもの(あるとより話がスムーズにできるもの)です。利用時に必要なものは主に3つ

・退職したい会社の連絡先
・退職届or離職票
・会社に返却すべき資料等

これらのものは郵送ができます。直接顔を合わせたくない人にとっては嬉しいですよね。

(3)退職代行の料金相場

まだ固まった相場がない

実は、退職代行サービスというサービス業は、最近注目されてきたばかりのサービスです。そのため、相場もわからない状態にあります。
しかし、だいたいは5~10万前後程度みたいです。

実は、会社によっては正社員、アルバイト、弁護士など、相談者の位が異なっている場合があります。そのため、アルバイトは安く、弁護士は弁護士成功報酬等も含まれ、多いと15万以上もするところがあるそうです。しかし、この価格帯でのサービスは高すぎるので別の会社を探してみてもいいと思います。また、逆に安すぎてしまうと対応者がプロではない可能性もあるので、しっかりと見極めること、選定することが大事です。
多額の金額を支払って、退職ができない、なんてことが無いように、しっかりと選んで決めましょう。

(4)退職代行サービスのサービス内容

・会社へ退職の連絡
・有給休暇の取得希望の連絡
・社会保険などの手続きの連絡
・離職票の発送に関する連絡
・退職金の確認
・退職者本人への会社からの連絡の拒否 等

が基本的なサービス内容となっています。また、詳しくはそれぞれの退職代行業者に相談してみてください。

退職で考えられる一般的なリスクとは?

頭の中で退職のことばかり考えてしまうと、良いところが思いつかなくなってしまいます。しかし、本当に退職をしてしまって良いのか今一度考えるのも良いかもしれません、なぜなら、退職はメリットばかりではなく、リスクも伴うからです。会社を退職する前に、今一度、辞めたらどうなるのかも視野に入れてやると、実際に退職した後も困らずに対応できるはずです!

リスク:1 手続きが大変(年金・保険等)
リスク:2 人間関係が崩れるかもしれない
リスク:3 収入源がなくなる、実質収入ゼロ!!
リスク:4 精神が不安定になる可能性
リスク:5 退職が思ったよりも大変 

リスク:1 手続きが大変(年金・保険等)

実は、会社に勤めているときは給料からそのまま天引きされ、全て会社がやってくれていました。しかし、実質無職になってからは全て自分でやるしかありません。また、会社によっては年金や保険代を一部負担しているところもありますが、退職したら全て自費なので思ったより、高いなんてケースも想像できます。そのため、退職をする際は、十分な貯金があり余裕がある状態でいれば焦ることもなく平常心でいれます。また、次の仕事に取り掛かるまでも期間が長ければ長いほど、その分の支払いが出てくるので、退職する際は次の仕事先を探しておくと良いかもしれません。

リスク:2 人間関係が崩れるかもしれない

一人暮らしの方は良いかもしれませんが、特に家族を持っている方は、急に仕事を辞められてしまうと不安になりますよね。そういった場合は、喧嘩になることも多いので事前に相談するか、納得させられる理由を言えるようにするべきです。特に「無職」となると、これから先不安で心配になる家族が多いと思うので、心配させないように準備をするのが礼儀かもしれません。
また、退職する時に次の就職先が見つかっているかいないかで、人の見る目は大きく変わります。なんの計画性もなく、ただ単に会社が嫌になったでは、不安や心配を掛けるだけなので、しっかりと計画をして退職をしましょう。

リスク:3 収入源がなくなる、実質収入ゼロ!!

次の仕事先が無いまま仕事を辞めてしまうと、収入は0円になります。パートナーがいる方や、子供がいる家庭にとっては、不安ですよね。その時の自分の衝動で辞めてしまうと、思った以上に次の仕事先を見つけるのに時間がかかってしまうかもしれません。
転職はある意味運のようなこともあるので、今までの自分がやってきた仕事が生かされるかどうかもわかりません。慌てて転職をし、自分の思っていた仕事ができなかった場合、また同じようなことを繰り返し、仕事に満足行かず、不安が溜まって、再び退職を考えるなんてこともありえます。
退職癖がついてしまうと、人生は間違いなくつまらなくなってしまいます。人生の中で3分の1を人間は仕事に費やすと言われていますが、今どのくらい経過していますか?残りどのくらい働く人生が待っていますか?残りの人生を楽しくするためにも、自分のやりたいことから見つけ、楽しい仕事につけるように今行動すべきかもしれません。

リスク:4 精神が不安定になる可能性

せっかく念願だった退職が実現しても、その後の無職の期間が長ければ長いほど、周りの目は冷たくなります。無職は良い印象をあまり持たれないのです。
なので、転職はなるべき期間を開けず、早急にするべきです。何回も明記していますが、退職する前に転職先を決めるのがベストだと思います。しかし、大抵の場合次の転職先では、退職先の会社よりも良い条件を求める傾向にあります。しかし、日本では転職がスタンダードになってきてはいますが、そうはいってもやはり終身雇用の会社が多いです。それだけ、転職はリスクだとも言えます。
まだ、転職先が見つからない状態では、自分自身の不安も募り、焦りも出てきます。もちろん精神を安定することも難しいです。どうしようもない不安に狩られ、鬱になってしまう人もいるので、自分を自分でしっかりとケアすることが大事だと言えます。

リスク:5 退職が思ったよりも大変

退職には人間関係、退職時期、お金など様々な問題が絡んできます。そんな時に一番気をつけたいのが、退職時期です。
退職は確かに成し遂げたいことではあると思いますが、少なくとも働いた期間中お世話になった会社です。自分の退社時期は迷惑を掛けないように少なくとも、1ヶ月前には伝えるようにしましょう。これは、社会人のマナーでもあります。


以上が、退職で考えられるリスクです。
事前にこのリスクを知っておけば、対処でき、後悔することなく退社できると思います。気持ちよく退社できることを応援しています。

「退職代行」サービスのメリット・デメリット

退職代行サービスは、我々が不安に思っている全てのことを代行してくれるわけですから、気持ち的には楽に退職できますよね。しかし、メリットデメリットを比べないと本当に良いのかは、分かりません!そこで、退職代行サービスのメリットとデメリットを比べてみましょう!

メリット

・費用がプラスになる場合がある
実は、一般的に退職代行サービスでは「退職金の支給」や「退職前の有休消化」を会社に伝えてくれるサービスも含まれています。なので、代行会社を通すことによって、退職金の減額支給を防いだり、有休休暇を全て消化できる可能性が高まるので、代行業者を利用するにはお金が必要ですが、サービスをうまく利用すれば、むしろプラスになる可能性もあります。

・社員など人と関わらないで退社ができる
退社意思を言い出しにくい理由として、人間関係が関わっている場合が多いですが、全て業者の方がやってくれるので気にすることなく退社ができます。

デメリット

・実際に退職できない場合がある
退職代行サービスは、退職を可能にするという条件のもとで費用を払うことになっています。なので基本的に退職ができないということはないみたいです。しかし、退職の通知が不適切だと後々トラブルになる可能性があります。そのため、ちゃんとした弁護士さんの元相談するとより一層安心だと言えます。

・費用がかかる
自分が選んだ代行会社によってその料金が変わってきますが、かかる金額によっては払うのが厳しい人もいるかもしれません。

以上が、メリットとデメリットですが、ちゃんとした会社に頼めば安心してお任せできると思います。退職に費やす時間の分を転職に回せるので、安心して転職できそうです!

オススメの退職代行3選!

EXIT

退職代行のパイオニアです。一番信用できるのは『EXIT』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆☆

退職代行EXITの利用はこちら

ニコイチ

低価格で依頼したい方は『ニコイチ』。

安心 :☆☆
コスト:☆☆☆
法律 :☆
転職 :☆☆

退職代行ニコイチの利用はこちら

汐留パートナーズ法律事務所

有給消化などの交渉まで丸ごと依頼したい方は『汐留パートナーズ法律事務所』。

安心 :☆☆☆
コスト:☆
法律 :☆☆☆
転職 :

退職代行汐留パートナーズ法律事務所の利用はこちら

まとめ

✔︎退職の時は転職もしっかりと視野に入れる
✔︎リスクを考えて退職をする
✔︎退職代行サービスの費用は元が取れる

いかがでしたか?なぜ退職代行サービスが近年増加しているのか分かったでしょうか?例え低コストでも、しっかりと対応してくれる会社もあると思います。大事なのはどの会社にす依頼するのかです。会社選びは慎重にして、自分が納得できる会社を探しましょう。多くの方が、この記事を参考にして気持ちよく退職ができたらなと思いました!

この記事のライター

関連する投稿


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいと思ったことありますか?会社から逃げる方法には、今すぐ逃げる「負け逃げ」と準備期間を設けてから逃げる「勝ち逃げ」の二つあります。より良い未来を切り開くためには、どちらの逃げ方を実践するべきなのかを説明していきたいと思います。


退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行を利用したいけれど、業務の引き継ぎを行わずに辞めてしまっても良いのか心配ですよね。本来ならば、退職することは労働者の権利です。常識的な観点と法律的な観点から退職代行の利用方法について説明していくので参考にしてみてください。


退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職時にお世話になった人にお礼をしたいと思うけれど、どのようにお礼をすれば喜んでもらえるのかわからないですよね。「立つ鳥後を濁さず」ということわざがありますが、会社を辞める時に気持ちの良い去り方ができることも、1人の社会人として、大切なことです。社内の人には、メールで伝えていいの?取引先にはどのように連絡するの? 退職時のお礼の伝え方がわからない人は、是非参考にしてみてください。


【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

仕事や職場のことで悩むと、今の職場でいいのかと退職を考えることがありますよね。しかし、すぐに退職するのではなく、退職すべきかどうかをもう少し考える必要があります。このサイトを読むことで退職する前にすべきことを一緒に考えましょう。


最新の投稿


書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考期間中に不安なあなたへ!書類選考がどういうものなのか、いつ通知がくるのか?よく理解できずに不安になったことはありませんか?この記事では、書類選考期間に何をすべきかについても紹介していくので参考にしてみてください。


転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職の際に自己分析という言葉をよく耳にしますが、なんのために行うのでしょうか。自己分析について小難しく書いているサイトが多くありますが、自己分析は非常に簡単なものです。本サイトでは、一番簡単にできる自己分析について説明していきます。


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書でアピールできる資格とその記載の方法を知っていますか?特に、記載の方法に関して資格を正式名称で記入しなければいけません。例えば、英語の能力をアピールできる資格に英検がありますが、正式名称で書かなければ、アピールどころかマナーを知らない人だという印象を与えてしまうので気をつけてください。


退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行には2つの種類があります。1つは退職代行業者が行うもので、もう1つは、弁護士が行う退職代行業です。どちらも、同じ内容のサービスを提供していますが、この記事では、弁護士に依頼するメリットを紹介するので、参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 円満退社 退職方法 転職 面接 退職マナー ブラック企業