ブラック企業を匿名でバレずに通報する方法を徹底解説!

ブラック企業を匿名でバレずに通報する方法を徹底解説!

 近年、メディアでブラック企業の実態が取り上げられることが多いですよね。しかし、実際にブラック企業で働いている方は、自分が勤務している会社を通報したいなどと悩んでいたりしませんか?でも、実際どうやってブラック企業を通報したらいいか分からないし、通報したら自分が被害を受けるかもしれないなどと不安になりますよね。今回は、匿名でブラック企業を通報する方法やブラック企業の見分け方について詳しく紹介していきたいと思います。


1 自分が通報したとバレずにブラック企業を通報する方法

・ブラック企業を通報する方法は三種類

いざブラック企業を通報したいと思った時にまず多くの人が考えるのは労働基準監督署の窓口だと思います。ただ労働基準監督署では労働基準法で定められた範囲のトラブルでしか扱えません。そのため、今回は労働基準法の範囲外の場合の通報方法についても紹介します。さらには、相談窓口やどのような手続きが必要かについても詳しく説明していきます。

・直接、労働基準監督署を訪問して通報

結論から述べると、これが一番効果的な方法です。また、その際に自分の働いている会社がブラック企業であることが証明できればその場で担当者の方から調査の提案を頂ける可能性もあります。労働基準監督署は全国に321署あり、最寄りの相談所に訪問して通報することが可能です。しかし、受付時間が平日の8:30~17:15となっているため、会社を休めなければ訪問が難しいですよね。そのため、ブラック企業であることを証明できる証拠があるならば代理人が訪問することも可能です。しかし、担当者は詳しく本人から実態を聞くことが多いので、直接本人が訪問した方が良いでしょう。

・メールで労働基準監督署に連絡

メールでは、24時間連絡することが可能です。その際には、労働基準監督署メール窓口からメールを送りましょう。しかし、メールでは返信が来ることは少なく、基本的に労働基準監督署側が調査に動くかどうかを待つことになります。

・弁護士への相談

労働基準監督署では、労働基準法の範囲内のみしか対応してくれなかったり、証拠不十分として調査に動いてくれないこともあります。そんな時には、弁護士に相談してみましょう。弁護士に相談するメリットは、①すぐにでも調査に動いてくれる。②証拠収集などに費やす時間や手間がほとんどかからない③会社への交渉は弁護士が行うため心理的な負担が少ないといったものが挙げられます。そのため、一度労働基準監督署に通報したけれども調査に動いてくれなかったという場合は一度弁護士に相談することをオススメします。

・すぐに調査できるよう準備すべきこと

準備すべき証拠は、労働に関する問題を証明できる労働条件や労働環境を確認できるものです。

 例えば安全への配慮が不十分な環境での勤務という問題を証明したいのなら、その実態を証明できる写真や書類を収集することが必要になります。また、雇用条件(所定労働時間、始業労働時間、休憩時間、所定休日、賃金条件、労働時間の記録状況)は、タイムカードや労働契約書を使用して証明することをオススメします。しかし、どういった書類がどういう場合に必要になるのかってよく分からないですよね。そのため、その場その場に応じてどういった書類を用意すべきなのかについては弁護士に相談することをオススメします。

・自分が通報したって本当にばれない?

働く状況が改善されるのは嬉しいけれど、自分が通報したことが社内にばれないのかどうか不安になりますよね。しかし、労働基準監督署には守秘義務というものがあるため、誰が通報したという情報が漏れるということは絶対にありません。

・ブラック企業を通報することで期待できること

通報することで期待できることとしては、労働基準監督署の対応によって変化します。労働基準監督署が動くほどの事案であると判断された場合には具体的な解決策を提案されるだけで終わってしまうこともあります。ですが、通報して労働基準監督署が解決のために動くことを決めたならば①厚生労働省のHPに企業が掲載され、企業の社会的イメージダウン②従業員に対する未払い残業代などの支払い③経営者の逮捕や懲役といったことが期待されます。

2 ブラック企業の見分け方!

ブラック企業の見分け方として基準となるのは、給料形態や労働時間についてが多いです。さらに、離職率の高さや精神論が多い会社など様々な基準があります。今回は自分が働いている企業がブラック企業であるかどうか確かめるためのチェックリストを紹介します。①長時間労働②精神論を多く語られる③セクハラやパワハラがある④残業代が出ない⑤有給休暇が取得できない⑥離職率が高い⑦給料が割に合わないの7つのチェック項目があります。この中で、一つでも該当する内容があった方はまずは弁護士に相談することをオススメします。「たかがこれくらいで。」だったり「周りの人も我慢してるし」などと思って諦めずに一度相談することが大切です。

3 まとめ

自分の働いている会社がブラック企業であることを証明する方法や労働基準監督署への通報方法について理解することはできましたか?今まで周囲の人間に知られることを恐れて通報することを諦めてきた人も多いと思います。けれども、個人の力で会社の状況を変えることはかなり厳しいため自分の会社がブラック企業だと思った時には躊躇せずに通報することが大切だと思います。

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連する投稿


退職者が続出!退職ラッシュ企業の特徴!崩壊する前に対処を

退職者が続出!退職ラッシュ企業の特徴!崩壊する前に対処を

退職者が続出し、退職ラッシュに巻き込まれてしまった時は、あなたはどうしますか? 退職者が増えるということは必ずそこの会社で問題があります。その退職ラッシュに乗っていいのか、それとも続けたほうが良いのかなどメリット・デメリットを紹介します!


退職代行で懲戒解雇になる!?リスクを避けるには弁護士!

退職代行で懲戒解雇になる!?リスクを避けるには弁護士!

退職代行を利用すると懲戒解雇になってしまう可能性があるの?退職代行は大変便利なサービスですが、上手に使わなければ、退職できないだけではなく、法律を犯してしまうリスクがあります。退職代行の利用を検討している方は、この記事を参考に退職の利用方法を確認しましょう。


退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行を利用したいけれど、業務の引き継ぎを行わずに辞めてしまっても良いのか心配ですよね。本来ならば、退職することは労働者の権利です。常識的な観点と法律的な観点から退職代行の利用方法について説明していくので参考にしてみてください。


仕事を飛ぶのは許される?ばっくれのメリットとデメリット!

仕事を飛ぶのは許される?ばっくれのメリットとデメリット!

身体的に辛い、精神的に辛い、様々な理由でも今すぐにでも仕事を辞めたくなることってありますよね。いきなり仕事を辞めることはできるのか?また、最短で仕事を辞める方法は?そのメリットとデメリットを含め説明していきます。


退職するのが怖い?上司に怒られる?会社を簡単に辞める方法

退職するのが怖い?上司に怒られる?会社を簡単に辞める方法

「退職すると上司にきつく怒られそうで怖い」となかなか会社を辞めれずに悩んでいる人は少なくないです。会社には労働者を引き止める権利はあるのでしょうか?また、そのような会社からトラブルなく退職する方法はあるのでしょうか?


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。