【必見】就活で圧倒的有利な履歴書写真のポイントまとめ!

【必見】就活で圧倒的有利な履歴書写真のポイントまとめ!

履歴書写真って意外と困ったりしますよね?どういったところに注意を払うべきか意外と知らないものです。今回はそんな方のために、就活で他に差をつけられるようなポイントをまとめて見ました!是非参考にして見てください!


就活時の履歴書写真のポイント

就活生は面接などの多くの場面において履歴書が必要ですが、あなたが思っている以上に、面接官は履歴書で人を判断しています。特に新卒採用では、面接官は一度に多くの学生を面接します。なので、就活時の履歴書の写真では、周りの学生より優れていることより、周りの学生より劣って見えないことを意識して撮影しましょう。最低限のマナーを押さえてないとマイナスポイントになってしまうので、しっかりと押さえておきましょう。

サイズ

就活用の履歴書に貼る写真のサイズは縦4cm 横3cmが基本です。(縦3.6~4cm、横2.4~3cm)証明写真機ではサイズ選択があり、履歴書用サイズを選択すれば大丈夫です。心配な人はサイズの数字も確認しましょう。

写真館で撮るときは、多くの場合、写真の用途を伝えるだけで全て任せることができます。稀に、大きめの写真を自分で切り取っている方も居ますが、顔の大きさに対しての空白の位置は決まっています。そのため、無理矢理切り取るとサイズが違い、採用担当者に違和感を与えてしまいます。マナーとしてはやはり、そのサイズにあったものを貼り付けるべきだと言えます。

就活用の履歴書で使われる写真は指定が無くてもカラー写真が基本的です。また、背景は青か白にしましょう。旅行先で撮った写真を切り抜いた写真などで背景がはっきりとしないものは避けましょう。

撮る場所

撮影場所は大きく分けて二つあります。それは、「写真館」と「写真機」です。少し高いお金を払ってプロの方に撮ってもらうか、写真機で撮るかです。

ただ、おすすめは写真館で撮ってもらうです。なぜなら、写真機は失敗する場合もあったり画質が落ちてしまうからです。

面接官は人を見た目だけでは判断しません。そのため、どっちでとっても基本的には問題ないですが、写りが良い方が印象が良くなることは事実です。プロに撮ってもらったか、写真機で撮影をしたのかは見るだけですぐに分かります。もしかしたら写真館で撮影した方が、しっかりとしているという印象を与えることができるかもしれないです。

もし心配な方は、プロの方に撮ってもらうのが一番だと思います。

就活時の履歴書写真にふさわしい身だしなみ

履歴書の写真はその人の印象を付けるためとても大事な役割を果たします。写真自体で人と差を付けるのは簡単ではありませんが、就活生である事をわきまえずに、ほとんどの方が守れているマナーを自分だけが守れていないと目立ってしまいます。最低限のマナーを守り、さらに清潔感のあるイメージを与えられるとさらに良いと思います。

それでは、どのような事に注意すべきなのかを見ていきましょう。

髪型

髪型は大きく分けて3つの視点から見ていきたいと思います。

1) 髪の色
2) 髪の毛の長さ
3) ヘアースタイル

1) 髪の色

髪の毛の色で注意したいのは、明るすぎる色と染めていることがあからさまにわかる色です。実際に就職した後も髪の毛の色が明るすぎると注意されるように、髪の毛の色はとても大事です。就活生が黒髪である理由としては、真面目に見える、清潔感があるように見られるという理由があります。採用担当者は、しっかりと真面目に働いてくれる方を採用したいですよね。会社側が求めるものに寄せていくと受かる可能性もぐんっと上がるかもしれません!

2) 髪の毛の長さ

前髪が長くて目(眉毛)にかかってしまう、耳にかかってしまう、極端に長い、などの髪型は「清潔感がない」と思われてしまうかもしれません。

見た目も大切なのでしっかりと手入れをするといいです!また、美容師さんに聞くのもいいかもしれません。美容師さんは何人もの就活生を担当していると思いますので、何か良いアドバイスをくれるかもしれませんよ!

3) ヘアースタイル

ヘアースタイルは極端に言えば「清潔に見えればなんでもいい!」です。髪の毛に寝癖がついていたり、乱れていたり、ボサボサなどはあまり好まれません。顔全体がはっきり見えるようにしていればいいと思います。

服装

服装はビジネスマナーの基本です。ビジネスの場面で基本的に着用するのは「スーツ」なので、写真を撮る際もスーツが一番無難だと言えます。シャツの基本は白です。ボタンの位置など隅から隅までしっかりと確認してから撮影をしましょう。

やってはいけない5つのNG!

1. 変にアングルをつける

写真を撮るときは真っ直ぐ正面を向いて撮るようにしましょう。大体の人が真正面を向いているので、斜めを向いていたりすると目立ってしまいます。

2. 私服で撮影

こちらも大多数の人はスーツで撮影をします。社会人のマナーとして私服は避けましょう。バイトの面接などでは私服で大丈夫です!ただ、受ける場所によっても異なりますので、しっかりと確認して臨機応変に対応しましょう!

3. 自撮りで撮影

今はアプリなどでも簡単に証明写真が撮れる時代です。しかしアプリの撮影は確実にクオリティーが下がってしまいます。やはり角度や表情の作り方や背景などを考慮すると、少し高くても写真館で撮影することをオススメします。

4. 撮影は提出の3ヶ月以内

証明写真は必ず3ヶ月以内に撮影したものにしましょう。3ヶ月を過ぎてしまうと髪型や雰囲気など変わってしまっている場合があります。できれば、1週間以内を心掛けると良いですが、3ヶ月以内なら許容範囲です。しかし3ヶ月以内に撮影したにも関わらず、あまりにも見た目が異なる場合は、取り直した方が良いかもしれません。

5. 背景は水色か白色(またはそれに近い色)

背景は無地にするのがマナーです。無地でしたら色を問われることはありませんが、多くの方が白色や灰色、水色といった色にするでしょう。しっかりと自分が目立つような背景にしましょう。

他人と差を付けるポイントアップ方法


証明写真は大体の人が同じように撮りますので、あまり差をつけることはできませんが、その中でもいくつか他人と差をつけられるポイントがあります!他の人には内緒でポイントアップしちゃいましょう!
 
まず、全体的にどうすればポイントアップするのかと言いますと、それはズバリ・・・写真のクオリティーを上げることです!以下、写真のクオリティーをあげるポイントを3つまとめてみました!

1. マナーをしっかりと守る
2. 身だしなみをプロの方に手伝って貰う
3. 納得するまで撮影をする

1. マナーをしっかりと守る

履歴書の写真だけでも守るべきマナーがいくつかあります。服装や写真のサイズ、身だしなみなど大体の人は守れています。そのため守っているからといってプラスになることはありませんが、逆に守っていないと目立ってしまい、大きなマイナス点となるでしょう。そうならないためにも、きちんとマナーは守りましょう!

2. 身だしなみをプロの方に手伝って貰う


いくつかの写真館や写真スタジオでは「ヘアメイク撮影プラン」のようなヘアメイクをしてくれるところがあります。自分でしっかりと確認してやるのも良いですが、プロの方にやって貰うと他の人と差を付けられるかもしれません。ただ、そのぶんの費用が上乗せされてしまいますが、やってみる価値はあるかもしれません!

3. 納得するまで撮影をする

通常の写真機は基本的には2回まで取り直しが可能だと思いますが、写真館で撮影するプランの中には納得するまで取り直しOKのところもあります。自分の顔写真に後悔しないためにも、納得するまで撮れるのも良いかもしれません!自分のベスト写真は自分が一番理解できますよね!また、今は美白効果を付け足せるところもまります。あまりやり過ぎて実際の容姿とギャップがあり過ぎますと逆効果になってしまう可能性もありますので絶妙にやると良いと思います!

撮影直前に見直すべき10のポイント

撮影本番に完璧な写真を撮るために、撮影直前に見直すべき10のポイントをチェックリストにしたので、参考にしてみてください。ぜひ、撮影直前に見直してみてくださいね!

✔️背筋を伸ばすこと
✔️髪の毛が乱れていないこと
✔️前髪が短く整えられていること
✔️顔がまっすぐ正面を向いていること
✔️顎を引いていること
✔️目線がカメラに向いていること
✔️顔が強張っていないこと
✔️顔全体に清潔感があること
✔️体が傾いていないこと
✔️服装の身だしなみが整っていること

まとめ

いかがでしたか?本日のまとめです!

✔証明写真のマナーはしっかりと守る
✔身だしなみは要注意
✔写真館で撮るのが一番良い
✔プロの方に手伝って貰うと他人に差をつけられる!

以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


就活 履歴書

関連する投稿


履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない方でも採用される履歴書とは?

履歴書に書く職歴がない!職歴なんてないけど、転職はできる?なんて思ってはいませんか?履歴書に書く職歴が無くても自分をアピールする方法は数多く存在します。今回の記事では、履歴書に記入できる職歴がない方のためのアピール方法やオススメの転職エージェントを紹介していきたいと思います。


就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

就職の際に説得力のあるアピールポイント5選とその極意!

 自分は何をアピールすればいいんだろう?就活生だけど自己PRについて先輩や友人に聞くのも気が引けるしなんて思っている人はいませんか?また、何もアピールすることなんてないなどと途方に暮れていたりしていませんか?今回の記事では誰でも自分自身を最大限にアピールする方法や就職の際にアピールポイントになるスキルや就活生がよく犯す間違いなど皆さんに役立つ情報を徹底紹介していきたいと思います。


職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

職務経歴書や履歴書に印鑑は必要?印鑑のマナーも紹介!

 職務経歴書や履歴書を書こうと思った時に印鑑が必要かどうかで迷ったことはありませんか?就職活動はもちろんバイトの面接等でも必要な履歴書は完璧な形で提出したいですよね。今回の記事では、職務経歴書や履歴書に印鑑は必要かどうかやどの印鑑が最適なのかなどについて詳しく紹介していきたいと思います。


エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

エクセルで履歴書は作れる!?もう履歴書は買わずに済む?

 これまで手書きが当たり前だった履歴書作成も今ではパソコンで作成する場合が増えてきています。しかし、どの場合にパソコン作成の履歴書が適しているのか?やパソコンでどうやって作ればいいのか?など分からないことが非常に多いですよね。今回は企業の採用担当者からの情報も交えて、履歴書のパソコン作成について詳しく説明していきたいと思います。


履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

履歴書を持参する際に封筒は必要?マナーについても徹底解説

就職活動をしている皆さん!履歴書を面接会場に持参する際に封筒は必要かどうか知っていますか?また、履歴書を渡す際のマナーについてしっかりと理解できていますか?今回は、履歴書を持参する際のマナーや封筒の記入方法について詳しく紹介していきたいと思います。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。