退職代行でバイトは辞められる?バックれずにすぐに辞めたい

退職代行でバイトは辞められる?バックれずにすぐに辞めたい

今すぐに、バイトをどうしても辞めたいけれどどうにもならなくて悩んでしまうことってありますよね?そんな時に退職代行を利用することは、バイトで退職したい悩みを解決するための一つの方法です。退職代行を利用することのメリット、デメリットを紹介するので参考にしてみてください。


最近、退職代行というサービスがよく聞かれるようになってきました。

正社員で退職するときに会社とのトラブルを避けるために退職代行を使っている人は実際に増えています。では、アルバイトでも退職代行を利用して退職することができるのでしょうか?また、退職代行の費用や内容などはどのようになっているのでしょうか?

今回の記事では、アルバイトの退職代行とその費用や代行内容について紹介します。

アルバイトを無断で辞めることの危険性

アルバイトは正社員より責任が小さいと考えている人は少なくないと思います。そのため、アルバイトを辞めたくなったら、上司に何も言わずに無断で辞めてしまおうとする人もいるでしょう。

しかし、アルバイトを無断で辞めることには大きなリスクがあります。もし、アルバイトを無断で辞めたことでアルバイト先になんらかの支障が出てしまったら、損害賠償を求められる可能性があります。

したがって、たとえアルバイトであっても退職するときは上司にその旨を伝える必要があります。

退職代行ってなに?

そもそも退職代行とはどんなサービスなのでしょうか?

退職代行とは、退職の手続きを代行してくれるサービスのことです。つまり、退職代行を利用すれば、出社しなくても退職でき、自身では何もする必要がないのです。

上司に退職したいということを伝えにくい、事情があって出社できない、会社が退職を認めてくれないというような人は退職代行を利用することですぐに退職することができます。

退職代行の利用者数は増えてきている

近年、退職代行サービスを提供する会社が増え、それに伴って利用者も増えてきています。

退職代行を使うのは会社に失礼になると思ったり、申し訳ない気持ちになる人は多いでしょう。
やはり円満退社のためには自身で会社に退職の意思を伝えて引き継ぎ作業までしっかりとこなすことが一番良い方法ですが、退職手続きが自身で行えない人にとって退職代行は退職するための正規の方法となっています。

つまり、退職代行は一つの退職の手段なので、退職代行を利用することをためらう必要はないのです。

退職代行はアルバイトでも利用できる?

それでは、アルバイトであっても退職代行を利用できるのでしょうか?

アルバイトであっても退職代行を利用することはできます。
正社員と同じように退職代行に依頼すれば、出社せずに退職でき、さらに即日退職も可能です。

退職代行の種類とその違い

退職代行にはそのサービスを提供する事業者によって2つの種類に分けられます。
2つの種類と両者の違いについて紹介します。

(1)弁護士が提供している退職代行
(2)民間企業が提供している退職代行

この2種類の退職代行はサービスの範囲に違いがあります。

まず、民間企業が提供している退職代行は法律によって規制されているため、会社に伝言をするという形でしか退職をサポートできません。つまり、退職したいという意思を会社に伝えることしかできないのです。これに対して、弁護士が提供している退職代行では、会社に退職の意思を伝えることに加えて、会社と交渉することができるため退職手続きの際に起こったトラブルの解決や引き継ぎ作業、保険・税金の手続きも行ってくれます。

したがって、弁護士が提供している退職代行の方が自身でやらなければならない退職手続きが少なくなります。

退職代行の利用方法

退職代行の利用方法を説明します。

退職代行を利用する流れは以下の通りです。
(1)相談
(2)契約
(3)退職代行実施

まず、退職代行事業者に退職代行の相談と依頼をしましょう。このときに代行内容と退職代行の費用を事業者とともに決めましょう。

退職代行事業者と相談した後に契約をしましょう。代行内容や費用などの契約内容をしっかりと確認してから契約しましょう。

最後に退職代行事業者による代行が実施されます。会社とのトラブルのために退職代行が上手くいかないときもあるので、退職代行が失敗した場合についても契約のときに確認しておきましょう。

退職代行の費用

退職代行の費用は、先に紹介した弁護士によるものと民間企業によるもので違いがあります。

退職代行にかかる費用は3~6万円ほどですが、平均的に見ると、民間企業より弁護士に依頼する方が費用は高くなります。弁護士の退職代行にかかる相場は5万円前後で、民間企業であれば3万円前後となっています。また、アルバイト・パートの場合、業者によっては正社員の費用より1万円ほど安くなることもあります。

弁護士の方が代行できるサービスの範囲が大きいため、費用が高くなっています。さらに、弁護士による退職代行なら会社とのトラブルにも対応してくれます。自身が求める代行内容と費用を比べてどこの業者に依頼するか決めましょう。

退職代行のメリット・デメリット

アルバイト・パートの場合でも退職代行を利用するメリット・デメリットはあります。

(1)メリット

・出社しなくてもよい

退職代行を利用すると、全ての退職手続きを業者が行ってくれるので出社する必要がなくなります。健康上の問題や職場での人間関係などが原因で出社できないなどという人は、退職代行を利用することで退職することができます。

・会社とのトラブルが避けられる

退職する際には、会社が退職を認めてくれないということや損害賠償を求められるというようなトラブルが発生する場合があります。

しかし、退職代行であれば、第三者によって退職手続きが進められるのでトラブルが起きにくいです。さらに弁護士による退職代行を利用すれば、退職手続きの際にトラブルが起こっても、弁護士が対処してくれます。

(2)デメリット

・費用がかかる

退職代行を利用するときのデメリットは費用がかかるということです。一般的にアルバイトを自身で辞めるときは費用はかかりませんが、退職代行を依頼すると3万円ほどかかってしまいます。

アルバイトの退職に費用がかかっしまうと、大きな負担になります。したがって、自身で退職できる場合には退職代行を利用しないほうが良いでしょう。

退職代行を利用するときの注意点

代行内容と費用をきちんと確認する

先に説明したようにそれぞれの業者で退職代行の内容と費用が異なります。自身の求める代行内容をきちんと考えて、業者と相談して契約しましょう。

弁護士監修の退職代行に注意

民間の退職代行サービスを提供する企業で、「弁護士監修」と謳っているところがあります。

「弁護士監修」と聞くと、弁護士による退職代行のように聞こえますが、民間の業者による代行なので会社との交渉をすることはできません。会社との交渉も代行してほしい場合は「弁護士監修」の事業者ではなく、「弁護士」に依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

アルバイトでも仕事をバックレると大きな問題になることがあります。そこで、出社せずに退職をしたという人には退職代行を利用することをおすすめします。

しかし、退職代行にも様々な種類や代行内容がありるため、それらをきちんと確認して依頼しましょう。また、どの退職代行業者でもそれなりの費用がかかるため自身で出社して退職できる場合は退職代行を利用せずに退職した方が良いでしょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 退職代行 バイト

関連する投稿


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。