退職証明書っていつ必要なの!?使うタイミングと入手方法!

退職証明書っていつ必要なの!?使うタイミングと入手方法!

「退職証明書」という言葉を聞いたことはありますか? 意外と退職した後に「退職証明書」を求められたという場合が数多く見受けられます。 そこで、今回は「退職証明書」とはどういったものなのか、またどういった場面で必要になるのかなどをご紹介します! ぜひ参考にしてください。


1.退職証明書とは

退職の事実を証明するもの

退職証明書とは会社を退職したという事実を証明する書類です。
ただし、離職票とは違い公的な書類ではないということが特徴です。

どういう目的で使われる?

厚生年金や雇用保険、健康保険などの国が関係している保険はは重複して加入することができません。そのため、退職を証明する必要があります。それが証明されて、はじめて次の保険に加入することができます。

そのため、退職証明書を提出することで自分は退職後の新たな環境で厚生年金や雇用保険、健康保険などに加入する資格があることを証明することができるのです。

離職票との違い

離職票は国が公的機関を通して発行しているため、公的な書類となります。
会社は退職者に対して、離職表を送付することで、退職手続きが完了するという流れです。

しかし、離職票の発行が遅れてしまい、届かないといった事例もあります。
そんなときに活躍するのが、退職証明書です。

2.退職証明書が必要になるタイミングとは?

転職先が求めるとき

転職先から提出を求められた場合に退職証明書は必要となります。主な利用目的は、履歴書・職務経歴書などに書かれている職務経歴や業務内容、給与に詐称はないか、退職理由はどんなものかを確認することにあるようです。

いつどんなときに転職先から退職証明書を求められるかはわからないので、予め用意しておくことをおすすめします。

離職票が手元にないとき

離職票が手元にない時、退職証明書はこれの代わりになります。例えば、ハローワークでの失業給付金手続きや国民健康保険の加入申請をする際に、離職票が必要!となったときは、退職証明書を代用すれば大丈夫です。

国民健康保険加入時は代わりになる

国民健康保険は会社で加入することで、医療費の一部を負担してもらえるという仕組みになっていますよね。再就職際の健康保険に加入するまでは、その間で受けた治療費を10割負担しなければいけません。
通常離職票があれば、再加入できるのですが、もし離職票がまだ届かないという場合でしたら、この退職証明書で代用できます!
かなり、便利なものですよね。

3.退職証明書を入手する流れ

記載項目を記入する

退職証明書には記載項目が5つあります。人によって内容が違ってくるので、自分の場合はどんな内容なのかということを理解しておきましょう。

①氏名 : 申請者の名前
②退職年月日 : 退職した日
③使用期間 : 働いていた期間
④業務の種類 : 事務職、営業職など従事していた仕事の内容
⑤その事業における地位 どのような役職についていたか

この5つを記載すれば、ほぼ間違いなく入手することができます。

テンプレートはこのかたち!

退職証明書

(氏名)     殿



以下の事由により、当社を退職したことを証明します。



・退職年月日       平成 年 月 日
・使用期間        平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日
・業務の種類
・その事業における地位
・離職以前の賃金
・退職の事由
1.自己都合
2.当社都合
3.定年・労働契約期間満了等
4.解雇
5.その他(理由)

年 月 日

事業所所在地

事業所名称

事業主  印

退職した職場に申請する

この退職証明書は勤めていた職場でしか、発行できません。上記の記載項目を勤め先の人事部などの担当者に報告しましょう。
すでに退職をしてしまったという方も電話で申請することが可能ですので、ぜひ連絡してみましょう。

4.退職証明書の注意点

退職証明書の発行と再発行は申請が必要

退職証明書は任意(希望)で発行されるものです。自分から申請をしないともらえないものなので、希望する方は必ずもらいましょう。

退職証明書の期間は2年

退職してから2年間は、会社側は請求されたら遅滞なく発行しなければならないことが義務付けられています。しかし、2年以降は時効となるため、会社に発行義務はありません。いざ必要となった時、発行してもらえないこともあるようです。早めの行動を心がけましょう。

退職証明書は退職前に申請しておく

退職証明書は事前に申請しておくことをおすすめします。退職後ですと、後回しにされる可能性があります。必要となってくるのは、退職後なので、できるだけ早めに揃えておくほうが良いでしょう。

退職証明書はパートやアルバイトでも入手可能

パートやアルバイトでも退職した会社に申請すれば退職証明書えお発行してもらえます。退職証明書が必要になるケースとしては、退職後に家族の扶養に入る場合や国民健康保険に加入する場合などがあげられます。

パートやアルバイトであっても労働時間や出勤日数によっては会社の健康保険に加入しているので、退職後に国民健康保険に加入する場合には会社の健康保険の加入資格が喪失している証明のために退職証明書が必要になるのです。

5.まとめ

いかがでしたか?
退職証明書の必要性は理解していただけたでしょうか?

退職証明書はあって損はないので、ぜひ受け取っておきましょう!
スムーズな転職のためにも、用意しておくことをおすすめします。
皆様の退職手続き、転職活動がより良いものになるよう願っています。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に書類をもらえない理由にはいくつかあります。必要であることを伝えていない、会社のミス、ハローワークのミス、嫌がらせを受けているなどの理由が考えられますが、この記事では、そのようなトラブルが生じた時の対処法を紹介しています。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。