入社後すぐ退職するのは甘え?仕事を辞める決断の判断基準!

入社後すぐ退職するのは甘え?仕事を辞める決断の判断基準!

仕事を辞めたいけれど、入社してからの期間が浅いと退職しても大丈夫なのか不安になってしまいますよね。退職することが甘えとされてしまう、日本ではよく、入社後3年以内は辞めない方が良いと言われていますが、本当に辞めてはいけないのか説明していきます。


ずっと入りたかった会社に入社してもすぐに辞めたくなってしまう人は少なくないと思います。

しかし、入社してすぐに辞めるのは甘えという考えをもっている人が多く、すぐに仕事を辞めてはいけないような気がしますよね。では、入社してすぐに辞めることは、本当にダメなことなのでしょうか?

そこで今回は、入社してすぐに辞めることについて、そのメリットやデメリット、早期に退職した方が良い人の特徴などについて書きます。

三年以内の退職は甘え?

就職して仕事を始めると、最低でも三年は働いたほうが良いとよく言われますよね。三年働けないのは甘えであり、次の仕事に転職しても同じ結果になるだけだという考えを持っている人も多いでしょう。

しかし、退職がその人にとって良い結果を生むか、退職がただの甘えで悪い結果になるのかは、その人次第です。何年働いたかなどは関係ないのです。

したがって、退職を考えときは退職が自分にとってメリットになるのかデメリットになるのかを冷静に判断することが重要です。

短期間で仕事を辞める理由

実際に短期間で仕事を辞めている人は、どんな理由があって退職しているのでしょうか?主な3つの理由を紹介します。

(1)人間関係

短期間で退職する人の仕事を辞めたいと思った理由の多くは、職場での人間関係が悪いことです。

仕事は一人でするものではないので、職場での人間関係は仕事をする上でとても重要です。しかし、その人間関係が悪くなれば仕事も思うようにいかず、辞めたくなってしまいます。

(2)周りからの評価が良くない

仕事をしていると、周りからの評価は必ず気にするものです。

自分のした仕事に対して想像以上に周りの評価が低いと、やりがいがなくなり、自分はこの仕事に向いていないのかもと思ってしまうこともあると思います。

(3)社風が合わない

社風も仕事をする上で重要です。社風が合わなくて、職場に馴染めないと仕事に行きたくないと思ってしまいます。

また、社風は実際に入社してみないとわからないものなので、入社して社風が合わないと、早期退職のきっかけになります。

【調査結果】入社当初と比べてモチベーションはどのように変動していますか?

社会人、262名を対象に、「入社当初と比べてモチベーションはどのように変動していますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

とても下がった:70%
わずかに下がった:13%
わずかに上がった:8%
とても上がった:9%

調査の結果、社会人の70%が入社後にモチベーションがとても下がったことが分かりました。

それでは、モチベーションが下がった時に早期退職して問題がないかを解説していきます。

早く仕事を辞めた方が良い場合・悪い場合

早期退職を考える理由によって、早く仕事を辞めたほうが良い場合と仕事を辞めずに続けた方がいい場合があります。

その2つの場合について紹介します。

(1)早く辞めた方が良い場合

・他にやりたい仕事がある

他に明確にやりたい仕事がある場合は、退職してその仕事に転職すると良いでしょう。自分の将来のキャリアのための退職であるなら、早期退職でも甘えというわけではないので、自分の意思を貫いて早めの退職をしましょう。

・健康上の問題がある人

健康上の問題があって、仕事ができない場合は、早めに退職して治療に専念することをおすすめします。病気などを抱えて仕事をしても、上手くいかず、辛くなってしまうので我慢せずに早期退職しましょう。

また、仕事が原因で精神的な病気になった人も早期退職することをおすすめします。精神的な病気は、その原因を取り除かないと改善されないものなので、仕事を続けると病気が悪化し続ける可能性があります。

・向いてないと思う人

現在の仕事に向いていないと思う人も早めに違う職業に転職した方が良いでしょう。

向いていないと思いながら仕事をしていても、仕事が上手くいくことは少なく、仕事を楽しむこともできないと思います。

人生には色々な選択肢があるので、向いていないと思うならきっぱりと辞めてしまって、他のことをするのも一つの手です。

(2)仕事を辞めないほうが良い場合

・やりたい仕事ができないという人

せっかく入りたくて入社した会社で、思っていた仕事とは違う仕事しかないという理由だけで退職してしまうのはもったいないことです。

働き続けたらやりたい仕事ができるようになる可能性もあるので、入社してすぐは我慢して別の仕事もやっておくべきです。

また、色々な仕事をすることでたくさんの経験を積むことができるので、自分の本当にやりたい仕事ができなくても損にはならないでしょう。

・次の仕事でも起こり得る理由の場合

仕事にやる気がでないなどという理由で仕事を辞めても、その問題は退職によって解決できることではありません。したがって、転職してもまた同じように仕事を辞めたくなってしまうでしょう。

また、転職活動の際に、前職の退職理由は必ず聞かれます。そこで、前職の退職理由が面接官に言いにくいものだと転職も不利になってしまうでしょう。

漠然と仕事を辞めたいと思っただけで仕事を辞めても、退職後に上手くいかなくなる可能性が高いので、自分のキャリアについて真剣に考えて働き続けましょう。

早期退職することのメリット・デメリット

早期退職が良いことなのか悪いことなのか見極めるために、メリットとデメリットを考えてみましょう。

(1)メリット

・自分のしたい仕事ができる

他にやりたい仕事があって退職する場合は、転職することで自分の本当にやりたい仕事ができるようになります。

他業種の仕事をやりたいと思っているなら、若いほうが転職しやすいでしょう。明確な意思を持っていれば、転職活動も上手く行く可能性が高く、転職後も仕事を続けることができるでしょう。

・悩みの原因がなくなる

仕事にストレスを感じて仕事を辞めたいと思った場合は、退職することでストレスの原因が取り除かれます。

仕事のストレスが原因で精神に異常をきたしている場合などには、ストレスの原因を取り除くことが重要になります。
したがって、退職して悩みをなくすことで生活を改善できるでしょう。

(2)デメリット

・長く働けない印象がつく

早期退職をするとどうしても長く働けない怠惰な人というイメージがついてしまいます。

自分の将来のために早期退職を選んだという人なら、ネガティブなイメージがつかないかもしれませんが、全うな理由なく退職してしまうと甘えと捉えられてしまいます。

また、怠惰で退職した場合は、採用担当者にも悪い印象を与えてしまうので転職活動にも不利に働いてしまいます。

・転職できる保証がない

転職先が決まっていない状態で退職する人は、退職後に必ず転職できる保証がないことに注意しましょう。

誰もが退職してスムーズに転職できるというわけではありません。また、無職の期間が長ければ長いほど転職も難しくなります。

退職すれば収入がなくなるので、そのことについても十分考えて退職を決めましょう。

早期退職する際にすべきこと

早期退職を考えたときにやるべき3つのことを紹介します。

(1)仕事を辞めたい理由をもう一度考える
(2)メリット・デメリットを整理する
(3)絶対に辞めなくてはいけないのか考える

退職とは人生の中で最も重要な選択の一つです。仕事は生活の大部分を占めているので、退職すると生活が大きく変わることになります。

退職しようと考えたときには、仕事を辞めたいと思った理由を確認し、それが退職によって解決できることなのかを考えましょう。

そして、仕事を続ける場合と退職した場合のメリット・デメリットをそれぞれ考えて比較しましょう。

それでも、退職する方が良いと考えた場合には、最後に退職以外に何か他の方法がないか、もう一度考えてみましょう。

辞めるのが気まずいと感じるならば『退職代行』

退職希望者の代わりに、会社に対して退職の手続きを行ってくれる『退職代行』というサービスがあります。このサービスを利用すれば、必ず退職できる、即日に退職できる、自分が退職の手続きをしなくても良いというメリットがあります。


【オススメの退職代行】


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」


まとめ

いかがでしたか?

仕事を辞めたいと思ってもそれが甘えなのか、本当に辞めたいと考えているのか自分で分からないときもありますよね。

そんなときには、今回の記事で紹介したように仕事を辞めたいと思った理由と退職後のメリット・デメリットを冷静に考えることが重要です。

退職することがその後の生活にプラスになるようによく考えて退職を決めましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 退職マナー 円満退社

関連する投稿


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に書類をもらえない理由にはいくつかあります。必要であることを伝えていない、会社のミス、ハローワークのミス、嫌がらせを受けているなどの理由が考えられますが、この記事では、そのようなトラブルが生じた時の対処法を紹介しています。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。