円満退社できる退職理由5選!本音と建前の退職理由を紹介!

円満退社できる退職理由5選!本音と建前の退職理由を紹介!

退職理由って本音を言えばいいの?建前で言うの? 本音を言ってしまったら円満退社ができないかもしれないと心配になるし、建前を言うのも気が引けるし、退職理由をどうすればいいか悩むあなたにオススメの記事です!


退職理由の伝え方は円満に退職するためにとても大切です。

ある調査によると、半分以上の社員が退職するときに本当の退職理由を伝えなかったとか。退職するときは嘘をつくのが当たり前なのでしょうか。

実際に円満に退職するコツについてもまとめたので、退職を考えている人にぜひ読んでいただきたいです。

1.気になるみんなの退職理由 

本音の退職理由

みんなが隠していると言われる退職の本音は何でしょうか。退職の理由で多い理由を調べました。ぜひ参考にしてください。みんなが悩んでいる理由と自分が悩んでいる理由が同じだったら共感できますね。実際に生々しい理由が多いかもしれませんが、くれぐれも実際に退職するときには、正直に下のような理由を伝えて、退職するときにありがちなゴタゴタに巻き込まれないように気をつけましょう。

①給与が低い

この問題は非常に大きいですよね。社員の幸福の80%は経済的要因によるものと言われているように、給料が低いと仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。しかし、この場合は上司が給与を上げて慰留されることも多いに考えられます。

②人間関係が悪かった

この理由も言いにくいですよね。特に直属の上司との人間関係に問題があるときはどうしても他の問題で退職したいです。この問題は人事部に部署移動を頼むなど、自らできることも多いと思うので、直属の上司に相談できないときは人事部に相談してみてもいいかもしれません。「上司からパラハラにあった」なんて言えないですよね。

③評価・人事制度に不満があった

残業をたくさんしたり、人並み以上の仕事量をこなしていても、それが給与や役職に比例しないとモチベーションは下がります。また、希望とは違う部署に入ってうまくいかなくなると、仕事がいやになってしまうのも当然です。

④福利厚生に不満があった

会社によって福利厚生に大きな差があります。各種保険だけでなく、交通費補助や住宅補助など金銭面でサポートしてくれる場所は多いので、比較して自分の会社が劣るように感じると転職したくなります。

⑤労働環境が悪かった

残業が多かったり、持ち帰りの業務が多かったりと労働環境が悪いと、体調もすぐれなくなって、やめざるをえない状況になることがあります。その場合は無理をせず、早めに相談するようにしましょう。

建前の退職理由

半分以上の退職者が建前の退職理由を伝えるそうです。ではどうして退職者は、本音ではなく建前の退職理由を伝えるのでしょうか。多い理由から順に、「円満退職をするため」「退職理由を上司に理解してもらえないと思った」「会社の悪口で言いにくかったから」「退職慰留や引き止めを避けるため」です。退職者も本音で話さない方が自分だけでなく会社にとってもいいと考えた人が多いようです。建前の退職理由として多いものをみて行きましょう。

①結婚をしたため

結婚をして引っ越すなど物理的な問題は上司に伝えても解決できる問題ではないので、引き留められる可能性が低くなると考える人が多いようです。結婚は明るいニュースなので、双方が明るく退職をすることができますね。もし結婚後もフレキシブルに働ける環境がある場合は慰留されることがあります。

②体調を壊した

体調を壊した場合も会社側は引き留めることが難しくなります。しかし、会社側に責任がある場合など、本当にブラックな会社はそのまま働かせようとする場合があるので、診療所で診断書を発行してもらって説得するようにしましょう。

③やりたい仕事ではなかった

人事のミスマッチが原因ですね。やりたい仕事ができないときは、仕事へのモチベーションが上がらず、しんどい思いをするはずです。しかし、この理由は、部署の移動などを提案されて慰留されると、退職しにくくなってしまいます。

④業界・企業の将来性が不安だった

将来への安心がないと、私生活もゆっくりできなくなりますよね。そんな仕事がいやだと思う人がいるかもしれませんが、証拠がなく少し説得力がないと思われてしまうので、建前の理由としては少し弱いですね。

⑤社風や風土が合わなかった

毎日のように飲み会を強制されたり、逆に雰囲気が重すぎたり、社風が自分の性格やペースに合わないとしんどいですよね。この理由は少し言いにくい理由ですが、もしそれが理由の一つであればはっきり言ってもいいかもしれません。

円満退職するための退職理由5選

円満に退職する理由を知りたいですよね。実は建前で使っている理由も退職理由としては慰留される可能性があったり、上司に怒られたりしたりとあまりおすすめできないものもあります。

①次の職場でやってみたいことがある

給料や労働環境を問題にしてしまうと、それを改善したものを提案されて慰留されることがあります。こうされると退職がスムーズにいかないこともしばしば。次の職場でしたいことがあるなど前向きな意向を伝えると、上司も応援してくれるかもしれません。

②介護や育児を理由にする

介護や育児のことは家庭的なことなので、上司もツッコミにくいそうです。うまく触れにくい話題にすることで退職をスムーズに進めましょう。

③キャリアアップしたい

違う環境に身をおきたいと言われると会社ではどうにもできません。慰留されることがなく退職できることが多いです。しかし、新しい環境に身をおきたいという理由が本音である場合は退職はあまりお勧めできないです。なぜなら、環境を変えても、仕事をする人はしますが、しない人はしないという傾向があるからです。退職するまえに、本当に自分は精一杯この会社でやり尽くしたと思うかどうかもう一度自分に問いただしてもいいかもしれません。

④健康問題を優先したい

病気の場合もスムーズに受け入れてもらえることが多いです。あるブラックな企業は診断書を要求したそうですが、診断書を見せる義務はないので、そこは断固断ってもかまいません。

⑤結婚したい

結婚を機に会社をやめる女性はまだまだ多い傾向があります。そのため、受け入れられることも多いです。しかし、女性の自由な働き方が認められている場合は、「結婚しながら働いている女性もたくさんいるし、自由な働き方も認められている」など言われる場合もあります。そのときは、上司の甘言に怯まず、退職するという姿勢を貫きましょう。

2.退職理由の伝え方

退職届を書くときのポイント

自己都合による退職の申し出を会社に対してする場合、実は退職願のような文書だけでなく、口頭で退職を伝えることも法律上で認められています。しかし、基本的には、退職願として文書を提出するのが一般的なマナーとして定着しています。「退職日はこの日と決めました」という証明にもなるため、コピーも取った上で提出するようにしましょう。縦書きが一般的で、黒インクの万年筆かサインペンで記入するようにしましょう。
また、退職願の書式に関しては、自筆で作成する場合と会社規定の書式で作成する場合があります。勤務している企業に規定の書式があるかどうか確認した上で、ない場合は自分で用意して退職届を書くようにしましょう。

転職するときのポイント

転職先の面接で絶対聞かれるのは「どうして前職をやめたのか」という質問。この理由がわかっていないことには話になりませんが、これを整理することで、転職の面接でも有利に働くことがあります。退職理由はしっかりと自己分析しておく必要がありますね。

退職理由と転職理由は別のもの
職務履歴書に退職理由を書く必要はありません。しかし、退職理由を深く考えると、いい転職理由がかけるポイントになります。退職理由と転職理由は同じではありませんが、「今の会社のこんなところがイヤだ」をひっくり返すと、「こんなところで働きたい」という願望が見えてくるはず。さらに、「そうやって働いていくと先々どんなキャリアが描けるか」 と将来のキャリアに結びつけるとポジティブな転職理由に転換できます。

(例)
退職理由:会社の業績不振による整理解雇
→転職理由:今後の営業のスキルアップを目指していたので、貴社の新規開拓営業で引き続きスキルアップに努めたい

退職理由:残業が多く労働環境が悪い
→転職理由:増員やアウトソーシング、納期の見直しなどを提案したものの改善の見込みがなかったので、弊社では同僚や上司とのコミュニケーションを大切にしたいと考えている

退職した会社の不満を言わない
「給料が安かった」「人間関係が悪かった」「今の仕事業務が合わない」など、辞める会社の不満をわざわざ言う必要はありません。本音は置いて、建前を伝えることも大切です。また、会社の不満を言っていると、元の会社の人も自分の会社の不満を撒き散らされるのではないかと心配になります。

3.おすすめの転職エージェント

最近はたくさんの転職支援サービスがありますよね。転職先探しは退職をする前にするのが一般的。ではどのサービスを使えばいいでしょうか。おすすめの転職サービスをご紹介します。

■マイナビエージェント

マイナビエージェントは第二新卒に強いのが特徴です。20代や第二新卒ならではの転職事情をわかっている担当者がいるので、他の転職エージェントには理解されなかったような細かい悩みまで解決できます

転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト

https://mynavi-agent.jp/

転職エージェントはマイナビエージェント。マイナビグループだからできる、毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。

■行列のできる転職相談所

こちらも第二新卒に強い転職エージェントです。内定するための丁寧なカウンセリングを受けることができるので、その後の転職が非常にスムーズです。初めての転職でどうしたらいいかわからないという人におすすめ。

■Type転職エージェント

このサービスは1都3県に強いのが特徴です。また年収交渉に実績があるので、給料を理由に退職をした人は、こちらのエージェントを利用してみてもいいかもしれません。

転職エージェントならtype転職エージェント|納得感のある転職を

https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは、一都三県、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェントです。あなた専任のキャリアアドバイザーが最適なキャリアをご提案します。転職エージェントだからこそできる「納得感のある転職」の実現を大切にしている人材紹介会社です。

4.まとめ 

✔︎本音の退職理由と建前の退職理由は分けて伝える方が円満退職しやすい
✔︎転職する時も、本音の退職理由をそのまま伝える必要はない

退職理由で悩んでいる人も、うまく上司に伝えることで、円満退職できる可能性がグッと上がります。おすすめの退職理由を参考にしてみてください。

この記事のライター

旅が人生。

関連するキーワード


退職 円満退社

関連する投稿


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいと思ったことありますか?会社から逃げる方法には、今すぐ逃げる「負け逃げ」と準備期間を設けてから逃げる「勝ち逃げ」の二つあります。より良い未来を切り開くためには、どちらの逃げ方を実践するべきなのかを説明していきたいと思います。


退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行を利用したいけれど、業務の引き継ぎを行わずに辞めてしまっても良いのか心配ですよね。本来ならば、退職することは労働者の権利です。常識的な観点と法律的な観点から退職代行の利用方法について説明していくので参考にしてみてください。


退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職時にお世話になった人にお礼をしたいと思うけれど、どのようにお礼をすれば喜んでもらえるのかわからないですよね。「立つ鳥後を濁さず」ということわざがありますが、会社を辞める時に気持ちの良い去り方ができることも、1人の社会人として、大切なことです。社内の人には、メールで伝えていいの?取引先にはどのように連絡するの? 退職時のお礼の伝え方がわからない人は、是非参考にしてみてください。


【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

仕事や職場のことで悩むと、今の職場でいいのかと退職を考えることがありますよね。しかし、すぐに退職するのではなく、退職すべきかどうかをもう少し考える必要があります。このサイトを読むことで退職する前にすべきことを一緒に考えましょう。


最新の投稿


書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考期間中に不安なあなたへ!書類選考がどういうものなのか、いつ通知がくるのか?よく理解できずに不安になったことはありませんか?この記事では、書類選考期間に何をすべきかについても紹介していくので参考にしてみてください。


転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職の際に自己分析という言葉をよく耳にしますが、なんのために行うのでしょうか。自己分析について小難しく書いているサイトが多くありますが、自己分析は非常に簡単なものです。本サイトでは、一番簡単にできる自己分析について説明していきます。


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書でアピールできる資格とその記載の方法を知っていますか?特に、記載の方法に関して資格を正式名称で記入しなければいけません。例えば、英語の能力をアピールできる資格に英検がありますが、正式名称で書かなければ、アピールどころかマナーを知らない人だという印象を与えてしまうので気をつけてください。


退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行には2つの種類があります。1つは退職代行業者が行うもので、もう1つは、弁護士が行う退職代行業です。どちらも、同じ内容のサービスを提供していますが、この記事では、弁護士に依頼するメリットを紹介するので、参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 円満退社 退職方法 転職 面接 退職マナー ブラック企業