履歴書の写真を撮るポイントは?履歴書も写真もデータでOK

履歴書の写真を撮るポイントは?履歴書も写真もデータでOK

履歴書の写真は重要なのでしょうか?書類選考を行なっている採用担当者は履歴書の写真から様々な印象を受けています。履歴書の写真は、テキストのみの情報の中にある唯一の画像情報なので、人間はそこからより多くの印象を受け取っています。良い写真を選んで採用担当者に好印象を与えましょう。


履歴書の写真の重要度とポイント

履歴書の写真は様々な場面で必要とされていますが、その重要性について考えたことはありますか?そもそも履歴書で書類選考を行うときに、何が判断材料になるのでしょうか?もちろん大学名や今までの経歴なども大事でしょう。しかし、履歴書の写真はテキストのみの情報の中にある唯一の画像情報なので、すごく重要なことがわかります。それでは、採用担当者に好印象を与える写真のポイントは何なのか。それは履歴書写真から判断される人間性です。「履歴書の写真」と聞くと、ただ写真を撮って貼り、応募者が誰なのかが分かれば良いというイメージを持っている人もいるともいます。しかし、そこには人間性を判断するためのいくつかのポイントがあります。明るい人、優しそうな人、清潔感がありそうなど、採用担当者が一緒に働きたいと思えるような写真を選びましょう。履歴書の写真からはその人が入社してからの仕事ぶりも見られていると意識して撮影をするといいと思います!

履歴書の写真の基本的なルール

サイズは横3cm×縦4cm

履歴書の写真はサイズが決まっています。撮影場所が写真館やスピード写真の場合はサイズを問われる際「履歴書用」という場所があるので、それを選びましょう。最終的には履歴書の(基本的には)左上の四角の位置に貼ります。したがってその枠の中に納まるくらいの多少の誤差でしたら問題ありません。自分で撮影する場合はサイズの間違いには気をつけましょう。また、履歴書の写真は人の顔と余白の割合が大体決まっています。別のサイズの写真を撮ってのにも関わらず、余白を切り取り小さいサイズに合わせたら、余白と顔とがアンバランスな割合になるのですぐに分かってしまいます。そのサイズに合わせて撮影することが大事です。

撮影は3ヶ月以内!

写真は履歴書を提出する3ヶ月以内に撮影したものが鉄則です。この3ヶ月以内というのは大体どこの場所でも言われていますし、知っておくべきマナーですので気をつけましょう。人は3ヶ月という期間で気づく程度の容姿の変化があると言われています。それは、体型だけではなく髪型が変わったり、見た目などの変化にも表れます。実際に会った時の見た目と写真が異なってしまうと採用担当者が不思議に思ってしまう可能性がありますので気をつけましょう。

裏には名前を記載

履歴書の写真は剥がれてしまう可能性もあります。誰の写真家分からなくなってしまった場合に、書類選考不合格となってしまう可能性もあります。そのような、アクシデントを防ぐためにも、履歴書の写真には自分の名前をしっかりと書いておくべきです。さらに、気が利く人は撮影日や生年月日まで書く人もいます。これは、同姓同名の方がいる時の場合に備えてです。

写真の背景色は白orグレーor水色

実は最近の証明写真は背景の色が選べるのをご存知ですか?自分の好みや映える色などを考えて選択ができるのです。しかし、履歴書写真の場合は昔からの定番の白、グレー、水色の三色の中から選びましょう。シンプルかつこれらの色は人の顔を判断しやすい特徴を持っています。これら三色の色を選ぶポイントですが、一番良いのは白だと思います。白は清潔感がありますし、三色の色を比べても一番明るいイメージを持たれやすいと思います。しかし、グレーや水色でも顔色を良く見せてくれる効果がありますので最後は自分の判断で決めて見てください。

前髪は目にかからないように

履歴書を受け取る方は、その人の顔が知りたいのです!せっかくの顔を前髪で隠さないようにしましょう!また前髪のポイントは目にかからないだけでなく、いかに清潔感を出すかです。特に女性の場合は、以下のポイントを押さえましょう。

・サイド分け
・全部上げ
・ピンをつけて固定

逆に短すぎたり、パッツンすぎるのは悪い印象になってしまう可能性がありますので気をつけましょう。

笑顔っぽい真顔を作る

歯が見えない程度に口角をあげると笑顔っぽい真顔になります。自然体で良い印象を与えるためにも真顔すぎるのではなく若干の笑顔っぽい表情にするとGOODです!ただ、やりすぎてしまうと笑顔になったり、不自然すぎてしまうとあひる口っぽくなって悪い印象を与え兼ねないので鏡の前で練習することをオススメします!

帽子やサングラスは外す

履歴書の写真で大切なことは顔がはっきりと見えるように撮影することです。顔を見るための写真にも関わらず、それを妨害してしまう物は避けることがマナーです。特に、忘れがちなのは帽子なので気をつけましょう。ただ、メガネを普段つけている方はメガネを撮って撮影をしても、問題ないのでご安心ください。

撮影は正面アングルから

証明写真は正面から撮影するのが基本です。写真館や写真機を使うとそういった指示があるので間違えてしまう可能性は低いですが、自分で取る場合は斜めから取る方もいらっしゃるので気をつけましょう。

履歴書の写真の適切なサイズ

縦3.6cm~4.0cm 横2.4cm~3.0cm

履歴書に貼る写真は縦3.6cm~4.0cm 横2.4cm~3.0cmと決まっています。しかし、履歴書の写真を貼り付ける枠のサイズは3.0cm×2.4cmや4.5cm×3.5cmのものなど異なっている場合があります。履歴書の写真のサイズに指定がない場合は縦3.6cm~4.0cm 横2.4cm~3.0cmになりますので、履歴書を購入する際にも気をつけて見て見ましょう。

企業がサイズを指定する場合

履歴書に貼り付ける写真は基本的にサイズ指定がありません。しかし、稀に指定されることがあります。写真を撮るときに「履歴書用」にしたから大丈夫と思っていると、サイズ指定が有る場合がありますので、しっかりと確認しましょう。また、企業側がサイズ指定する場合は、履歴書写真で合否等を判断している可能性が高いです。普段とは違うサイズをあえて指定することで、会社のルールをしっかりと守れる人かなどを見ています。さらに学歴、経歴等で判断するのではなく顔の印象で判断する企業もありますので、サイズはしっかりとチェックする必要があります。

サイズを間違ってしまった時は

実際に履歴書に写真を当てて見たら、大きすぎて枠から大幅にオーバーしてしまっていたり、小さすぎて余白ができてしまったり、サイズ指定があることもあります。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

一番の方法は撮り直すことです。お金がもったいないと感じるかもしれませんがマナーを守るという点でも取り直すことが大切です。

写真を撮り直す時間がない時の対応法

しかし、提出日の直前に思い出して時間がない!という人もいると思います。そんな時はスピード写真がオススメです。中には「スピード写真不可」と提示している会社もあるかもしれませんが、そうでなければあちこちに設置しているスピード写真機で対応すると良いでしょう。スピード写真不可の場合やどうしても写真館で撮影したいという人は事前に「連絡」を入れるのが大切です。遅れていったり、事前になんの報告もない方は社会人としてマイナスポイントです。そのため、どうしてもの方は、一報を入れておくと良いでしょう。

撮影方法

履歴書写真の撮影方法は大きく分けて3つあります。
1. 写真館
2. スピード写真
3. 自撮り
中でも一番のオススメは「写真館」での撮影です。写真館で撮影をしてくださる方はプロです。姿勢や背景、よく見える格好やメイクまでお手伝いしてくれるところもたくさんあります。また、データでくれるところもあるため、使い回しを考えると自撮りやスピード写真よりもお手軽かもしれません。

スピード写真、自撮りの時の注意点とポイント

✔︎ スピード写真

①お金を投入し写真のサイズを決めます。その後画面の線に顔を合わせるように椅子の高さを調節します。よく見るとガラスの奥にカメラがありますので、汚れていると思ったらガラスを綺麗にしましょう。

②多くの方は通常モードを選ぶと思いますが、今は美肌モードも出ているところが大です。通常モードでも十分だと思いますが、気になる方は美肌モードを使うと良いでしょう。ただ、その分値段も高くなりますので知っておくと良いかもしれません。

③撮影時はなるべく顔色を明るくすると見栄えが良くなります。そんなときに意外と使えるのが白いハンカチです。太ももの上に白いハンカチを置くだけでレフ板効果になりますのでぜひやって見てください!


✔︎ 自撮り

①自撮りの時は背景を気にしましょう。基本的に背景は無地の白、グレー、または青色になります。変な光なども入らない場所を選びましょう。また暗すぎるのも良くありませんので、明るすぎず暗すぎない場所を選ぶのがポイントです。

②自撮りをする際は、手が写ってしまったり、変に角度ができてしまったりします。そのため、どこかに設置して撮影をするか誰かに撮ってもらうようにしましょう。

データで証明写真をもらう場合

最近では、履歴書などもデータ化しているので、証明写真もデータで持っていればいつでも履歴書を作成することができます。なので、データで証明写真が欲しい方もいると思います。そんな時は「写真館」に行ってください!多くの場合は証明写真のデータを証明写真とは別料金でくれると思います。またはす、でに自分で撮影したものをデータとしてもらえる場合もありますので、一度写真館に問い合わせると良いと思います。

守るべきポイント

姿勢、表情

前かがみ、猫背はNGです。背筋を伸ばしてしっかりとやる気のある印象を与えましょう。表情は歯が見えない程度の笑顔がポイントです!歯をがっつり見せて笑顔はNGなので気をつけましょう!

座り方

✔︎背が椅子に凭れ掛かっていないか
✔︎ガニ股ではないか
✔︎ネクタイ・襟は曲がっていないか
✔︎髪が襟に隠れていないか
✔︎男性:手はそれぞれの膝の上で軽く握るように
✔︎女性:手は両膝の上に軽くおく
✔︎体、顔は正面を向き、顎を軽く引く
✔︎上目遣いではないか

髪型

【男性】
程よい単発でストレートが好ましいです。また軽くワックスでまとめるのも好印象を与えます。寝癖だったり、キメすぎるのはマイナスポイントなので気をつけましょう。


【女性】
髪の毛が長い方は程よくまとめると良いです。ストレートの方が清潔感がある印象を与えるため、巻いたりするのは控えるか軽くしましょう。

メイク

女性の場合はナチュラルメイクにしましょう。あまりにも濃いメイクをする人は実際の顔が分からなかったり、そこまでメイクをする意味なども疑問に持たれやすいです。濃い人は良い印象を与えられないのでナチュラルにしましょう。また、カラーコンタクトやツケマツゲ、アイライナーは避けましょう。

服装

服装は年齢と応募先に合わせて変えましょう。就活生やバイトの応募先が塾、社会人の方はスーツが良いと思います。また学生なら制服で問題ありません。応募先がアパレルの場合は服装などを見ているかもしれませんので、私服指定がある場合はTPOに応じて変えましょう。

まとめ

いかがでしたか?本日のまとめです!

✔履歴書写真のサイズは基本的に4.0cm×3.0cmだが例外はある
✔TPOをわきまえた格好や髪型にする
✔直前で撮り直す場合はスピード写真、時間がある時は写真館がオススメ

以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


転職 履歴書

関連する投稿


面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。