志望動機が思いつかない…3ステップで光る内容を作ろう!

志望動機が思いつかない…3ステップで光る内容を作ろう!

いざ、履歴書やエントリーシートを書こうと思ったときに、「志望動機が思いつかない」というのはよくあることです。 そこで今回は3ステップで簡単に志望動機を書ける方法や、企業がどういった部分を重要視しているのかというのをご説明します。 最後まで御覧ください。


1.志望動機が思いつかない原因

企業についての理解度が低い

その企業が何をやっているのか、どんな事業展開をしているのか、今後のビジョンはどうなのかということをしっかりと理解できていないと、志望動機はかけません。
会社説明会に行くなり、OBOG訪問をするなり、会社のことを知る機会を作りましょう!

自分のやりたいことが分からない

自分の将来を想像できない人は、志望動機もかけないと思います。そもそも順序としては、「こういう人になりたいから、御社で働きたいです。」というのが正解です。
自分自身のことをしっかりと見つめるためにも自己分析をすることをおすすめします。自分の将来をもう一度見つめ直しましょう。

労働条件だけで企業を選んでいる

定時で上がれるし、残業代も少ないし、手当も厚いから、ここの会社でいいかなと安易な考えを持っていませんか?
そのような思考だけしか頭の中になかったら、企業の魅力なども理解できていないはずですよね。
労働条件抜きでもう一度「なぜここの会社なのか」を考えてみましょう。

2.志望動機からチェックしていること

入社意欲の高さ

志望動機を見るだけでも、入社意欲の高さは感じられます。
やはり、熱意のこもっていない志望動機というものは人事のプロからしたら、わかってしまうのが現実です。
しっかりと入社意欲の高さをアピールしましょう。

考え方や人柄

その人の価値観がわかると言われています。どういったところに惹かれて応募しているのか志望動機にはっきりと書かれていれば、その人の価値観や考え、人柄がわかります。

企業方針と一致する人物か

企業理念はよく目を通していますか?
企業方針もそうなのですが、企業理念とは会社が目指すべき方向です。
企業側からしたら、目指すべき方向が一緒な人と仕事がしたいというのが本音です。
企業方針や理念も自分なりに噛み砕いて理解することをおすすめします。

3.3つのスッテプで志望動機は簡単に作れる

①自分の経験や考えを整理する

自己分析をもう一度見直してみる

自分が一番大切にしていることはなんだろう、自分のやりたいことはなんだろうともう一度考え直してみてください。
そうすれば自分の軸と会社の惹かれているポイントが見つかりやすくなると思います。

なぜ「この企業を受けてみよう」と思ったのか率直に問いかける

その企業を応募するからには、「受けたい」と思った理由が必ずあるはずです。
この理由を見つけるコツとしては、一度まっさらになって、なぜここにしようと思ったのか、どういうところがいいなと思ったのかを考えてみましょう。そうすれば、自ずと答えが見えてくるはずです。

周りの人に相談する

自分の考えだけでは、どうしても思い浮かばないときは、周りの方に相談しましょう。自分のことを話すだけでも、頭の中が整理でき、スッキリするはずです。
また、他者の価値観を取り入れることで、違った考えが生まれるはずです。

②企業分析をする

同じ業界での位置づけを考える

数ある同業他社の中で、応募する会社はどういった立ち位置なのでしょうか。
売上がトップだとか、シェアが高いとか、顧客志向とかいろいろあると思います。
このようなことは、実際に会社説明会に行ってみたり、社員の方にあってみたりしないとわかりませんが、自分なりに考えることが大切です。
自分の言葉で話せるようになりましょう。

求める人材像に寄せる

どこの企業にも、求める人物像というものはあるはずです。
自分自身を偽りなさいとは言いませんが、求める人物像の要素を一つでもとりいれて、アピールしましょう。

③実際に作ってみよう

<作成前の準備>

企業研究
会社の掲げている方針にどこに共感しているのかを取り入れましょう。

自己分析
自分の将来のビジョンと今までやってきたことをうまく掛け合わせてみましょう。

企業が求める人物像を理解する
求める人物像をもう一度確認してください。

<構成内容>

企業を志望する理由
できれば一言で、まとめたいですね。
例えば、「貴社の顧客に寄り添う提案や営業を通して、世界中の人に安心感や喜びを届けたいと考えます」など。
志望動機に正解はないので、自分の言葉で、「なぜこの企業なのか」を考えましょう。
大事なのそこの企業に惹かれている理由をしっかりと説明できるかどうかです。

具体的なエピソード
具体的なエピソードはあなたがどんな人であるか企業側に伝えるためのものです。
例えば、「高校時代のテニス部で部長として30名の部員をまとめた経験から、リーダーシップを活かせる仕事をしたいと考えております。」
など、自分の経験を入れることで、他の人との差別化ができます。

自分の意気込み
自分の将来や企業で働く上でどんな力が活かせるかをここで書きましょう。

〈例文〉

貴社の顧客に寄り添う提案や営業を通して、世界中の人に安心感や喜びを届けたいと考えます。高校時代のテニス部での部長の経験から、部員一人一人と向き合い、必要なものを提供する大切さを学びました。この経験を生かして、貴社の理念である「お客様ファースト」の精神で人の役に立つ仕事を提供したいです。


などです。参考にしてみてください。


4.やってはいけない志望動機

求める人物像と全く違う

例えば、企業が挑戦し続ける人を求める人物像としているのに、新しいことに踏み出すのは苦手ですというような回答はあまりよろしくありません。
できれば、人物像に寄せていくほうが企業受けがいいと思います。
自分のエピソードを引っ張り出して、うまく掛け合わせてみましょう。

あなたらしさがわからない

きれいな言葉をただ並べているだけでは、あなたらしさが伝わりませんよね。
定量的に書くことが大切です。
ただ結果を述べるだけではなく、自身の思いや努力の過程も書きましょう。

やりたいことや企業の特徴だけになっている

これも表面的なものになりがちです。
頭のよい人であったら、企業のキーワードや合言葉みたいなようなものを引っ張ってきて、ただそれらを並べるだけでも志望動機はかけてしまいます。しかし、それはただの感想でしかありません。
それよりも自身の経験などをもとに具体性ある志望動機にしたほうがいいです。

使い回しがバレバレ

同じ業界を受けるとなると、使い回しをしてしまうことが多いはずです。
しかし、企業それぞれにカラーがあるので、きちんとその都度変えるようにしましょう。

5.まとめ


いかがでしたか?
本日のまとめです。

✔しっかりと自己分析をすればやりたいことが見つかるはず!
✔その中でどうしてこの企業を受けようと思ったのか自分に問いただしてみる
✔自身の経験を志望動機に入れる
✔活かせる長所を組み込む

以上です。みなさんの志望動機が思いつく一助になれたら幸いです。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に書類をもらえない理由にはいくつかあります。必要であることを伝えていない、会社のミス、ハローワークのミス、嫌がらせを受けているなどの理由が考えられますが、この記事では、そのようなトラブルが生じた時の対処法を紹介しています。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。