退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行には2つの種類があります。1つは退職代行業者が行うもので、もう1つは、弁護士が行う退職代行業です。どちらも、同じ内容のサービスを提供していますが、この記事では、弁護士に依頼するメリットを紹介するので、参考にしてみてください。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

退職代行を利用しようと思った際に、どの業者を選べばいいのか迷ったことはありませんか?退職代行は、まだ新しいサービスなので、費用の相場や良いサービスの基準が確立していません。この記事では、弁護士に退職代行を依頼するメリットについて紹介していくので参考にしてみてください。

一般の退職代行業者と弁護士の違い

一般の退職代行と弁護士が行う退職代行の違い

一般の退職代行と弁護士が行う退職代行で大きく違うのは「法律の専門」、「価格」に関してです。

法律の専門

一般の退職代行は、弁護士の資格がないため、法律に関する交渉ごとができません。この場合、一方的に依頼者が退職したい意思を会社に伝えるだけの退職願の押し付けとなってしまうため、退職交渉中や退職後にトラブルに発展する可能性が高くなります。それに対して、弁護士が行う退職代行では、「有休消化の交渉」、「未払い残業代の請求」などのトラブルになりやすい要件も全て依頼することができます。法律の専門家が正しく退職交渉をしてくれるので、個人で退職交渉をするよりもスムーズに退職することができます。

価格

弁護士の退職代行の価格は一般の退職代行に比べて、2~3倍ほどの価格が相場とされています。一見、かなり高額だと思われますが、サービスの充実度を考えると、妥当な価格であると言えます。

非弁行為とは

近年、民間の退職代行の会社が増加しています。そこで問題となっているのが、民間業者の非弁行為です。非弁行為とは、弁護士以外の人が法律に関することを報酬をもらって行うことです。つまり、退職代行業者が依頼者の要求に応えるために、依頼者が勤める会社と退職するための交渉をしてしまうことがそれに当たります。退職は依頼者にとって重要な選択になるので、退職代行は100%成功させなければいけません。ノウハウやスキルがない退職代行に依頼すると、退職意思の伝達だけで退職を実現させることができなくて、非弁行為を行なってしまう業者がいます。依頼する会社選びは慎重に行なってください。

弁護士に任せるメリット

安心して頼める

弁護士に任せるメリットとして1番大きなことは安心して頼めることです。日本の法律では、労働者は退職する権利が認められています。なので、法律の専門家である弁護士に依頼すれば、必ず退職を実現させてくれます。また、法律に則って業務を行うのでトラブルになりにくいです。退職でトラブルを起こして時間を取られると、次の転職先を見つける時間や費用が無駄に掛かってしまいます。

交渉ごとまで全て依頼できる

弁護士は、利用者の権利を会社側と交渉してくれます。交渉内容は、「有給消化」、「給与、未払い残業代の請求」、「退職金の支払い」などです。つまり、弁護士に任せることでより良い条件で退職することができます。良い条件で退職できれば、退職代行費用を賄えるくらいの金額を請求することができる場合もあります。退職すると時に交渉ごとまで、一括でしてもらう必要がある人は、弁護士に任せましょう。

本当は弁護士を利用した方が安い?

上記で説明した通り、弁護士に交渉ごとまで一貫して任せることで、良い条件で退職することができて、退職代行費用を上回る金額を会社に請求することができます。なので、退職代行費用としては、割高な弁護士ですが、結果的に発生するコストは低く抑えることができることもあります。

弁護士に任せるデメリット

高額の費用

弁護士は専門性のある仕事なので、その分、報酬も高くなります。初期費用を払うことができない人には適さないかもしれません。

退職代行業務に慣れていない

弁護士は退職代行業務だけを行なっている訳ではありません。なので、一般の退職代行業社と比較して、退職代行業務の経験が少なく、退職までの流れをスムーズに行なってくれない場合があります。

弁護士退職代行は「汐留パートナーズ法律事務所」

弁護士に退職代行を任せるメリットとデメリットを紹介してきましたが、一般の退職代行に任せるメリットももちろんあります。一番大きいのは、「退職代行業務に慣れていること」でしょう。一般の退職代行は弁護士と比べて圧倒的に多くの退職代行業をこなしてきています。スムーズに退職を進めためのノウハウが蓄積されています。その点、弁護士は慣れていなくスムーズにこなせないことが懸念点として挙げられます。

そこで、私がオススメするのが「汐留パートナーズ法律事務所」です。ここは、弁護士の担当者に特化した退職代行業を行なっています。つまり、退職代行業務に慣れた弁護士が担当してくれるので、安心して依頼することができます。

サービス詳細

   
名称 弁護士法人 汐留パートナーズ法律事務所
相談料 無 料
オプション費 成功報酬 経済的利益の20% (※未払い給料・残業代・退職金等の請求に関して着手金無料)
着手金 54,000円(税込)
実費 郵送料など
支払い方法 銀行振り込み
受付時間(電話) AM 10:00~PM9:00
電話番号 0120-977-727
住 所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

まとめ

退職代行を利用する時に、弁護士に依頼するメリットをわかっていただけたでしょうか?退職はキャリアの中で重要な意思決定です。一般の退職代行業社の中から選ぶと、悪質な退職代行業者に当たってしまう可能性は少なからずあります。そう意味では、高額ではありますが弁護士に任せる選択肢も考えてみても良いと思います。重要な意思決定なだけに、慎重に行なってください。この記事が少しでもお役に立つことができれば幸いです。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 バイト ライン 仕事 投げ出したい 退職方法 転職 電話 メール 相談