履歴書の本人希望欄に何を書く?書類の通過率が上がる6例文!

履歴書の本人希望欄に何を書く?書類の通過率が上がる6例文!

履歴書の本人希望欄はどのように書いてますか?自己PRや志望動機は、書き慣れていて要点を抑えている人でも、本人希望欄の正しい書き方を見落としている人が多いです。本人希望欄の内容によって書類を読む側の印象が変わってしまうので、望ましい内容が書けるようになりましょう!


履歴書の本人希望欄をどのように書けばいいか分からないという方がいませんか?採用担当者は本人希望欄を必ずチェックします。この記事では、書類選考の合格率がUPする本人希望欄の書き方について説明していくので参考にしてみてください。

本人希望欄とは何か

本人希望欄とは

本人希望欄には、会社への希望を書くことができます。履歴書の本人希望欄の隣に(特に給料・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入)と記載があることが多いです。もちろん希望なので、必ずその内容が通るというわけではないので、注意してください。

本人希望欄のルール

本人希望欄では、自由に何を書いても良いわけではありません。採用担当者が「応募者の希望が多く、自社が実現できる可能性が低い」と判断すれば、書類選考で落ちてしまいます。入社するにあたって絶対に必要な条件は書いた方が良いですが、不適切な願望は書かない方が良いです。逆に、入社するにあたって必ず必要な条件などは、伝えておかなければなりません。例えば、親の介護で勤務地が限られるということや子どもの迎えなどで残業ができないなどです。選考する上で採用担当者に事前に知ってもらっていた方がいいものは本人希望欄に記入しましょう。

本人希望欄の書き方

書き方のポイント

①条件がない場合は、「貴社の指定に従います」と書く。

②複数の業種を応募している場合は、希望職種を選び書く。

③絶対に外せない条件以外は書かない。

④その条件を希望しているか理由が伝わるように書く。

⑤職種の名称を志望先の会社に合わせる。

書かないほうがいい内容

本人希望欄の記入の際に気をつけなければいけないことは、謙虚な気持ちで書くことです。願望が多すぎるとめんどくさい人という印象を採用担当者に与えてしまうので気をつけましょう。特に、給料面や待遇面は、書かない方がいいです。採用担当者も書類選考の段階であなたへの待遇を判断することは難しいので、給与交渉などは面接の際に行いましょう。

条件別6パターンの例文

基本的な6つのパターンについて例文と解説を紹介します。

①特に条件が無い場合 

「貴社の指定に従います。」

履歴書は相手に読んでもらうという気持ちを持って記入しなくてはいけません。空欄や「特になし」は避けて、「貴社の指定に従います。」と記入しましょう。

②職種で希望がある場合

「営業職を希望致します。」

複数の業種を応募している場合は、希望職種を書きましょう。採用担当者が履歴書を見てどの職種に応募してきたか判断したいです。例えば、営業職(全国エリア)、営業職(地域限定)などと募集が分かれている場合は、希望している職種を具体的に書きましょう。また会社ごとに職種の名称が変わることがあります。営業でも法人営業、企画営業、個人営業などと細かく分かれているので、会社が募集している職種を正しく書きましょう。「勤務地は希望を考慮します」と書かれていた場合は、希望を書きましょう。

③勤務時間で希望がある場合 

「子どもの幼稚園の迎えがあるため、月曜日から金曜日までは17時に退勤させていただければ幸いです。」

家庭の事情だけでは、会社は納得しないので、勤務時間を限定する具体的な理由を書きましょう。

④勤務地で希望がある場合

「母の介護のため、首都圏を希望いたします。」

勤務地を限定しなければならない理由を具体的に書いて下さい。狭い範囲だと、定員が少なく採用されづらくなってしまうので可能な範囲で勤務地は広げた方がいいです。

⑤連絡時間で希望がある場合 

「在職中の為、月曜日から金曜日の10時から18時まで連絡がつきません。土日は終日連絡が可能です。」

会社からの電話を何度も取れないと相手に迷惑がかかるので、予め電話が取れる時間帯と電話が取れない時間帯を書きましょう。細かい日時をしてしまうと、採用担当者の負担になってしまうので、上記の例のように、簡潔に確実に電話が取れる時間帯を書きましょう。

⑥入社可能日で希望がある場合 

「現在在職中の為、9月1日より入社可能です。」

転職希望の方は、いつから入社が可能か書きましょう。在職中なのか休職中なのかは採用する上で重要な判断基準です。内定承諾後に「入社日を遅らせたい」や「内定を辞退したい」などの希望があると、会社に迷惑が掛かります。退社日がいつになるかなどを事前に確認したほうがいいです。

条件をフォローできる一言を添える

もし、勤務時間などの希望を出した場合は、相手が希望条件を受け入れてくれやすいように、一言添えましょう。例えば「子どもの幼稚園の迎えがあるため、月曜日から金曜日までは17時に退勤させていただければ幸いです。子どもが幼稚園卒業後は、フルタイムで勤務が可能です。」と、希望条件をフォローできる一言を添えると、採用する側も妥協点を見つけやすくなります。

面接で希望を伝える

面接で伝える

履歴書の本人希望欄では、「貴社の規定に従います」と書いておき、面接で希望を伝えた方がいい場合があります。本人希望欄の内容で、書類選考を落ちてしまうような、希望の場合です。面接を通して、企業の制度や社員の方、企業文化など総合的に判断して希望があれば伝えましょう。また、会社のことを詳しく知らないまま、希望条件を書いてしまうのは自分の可能性を閉ざしてしまいます。面接を通しても、変わらず必要な条件だと思った場合は、面接の逆質問などの際に採用担当者に伝えて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

履歴書の本人希望欄の書き方で注意するポイントを見落としていた人は改めてみてください。書類選考の通過率が上がると思います。採用担当者に謙虚な人と思われるように、読み手の気持ちになって良い履歴書を完成させてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


転職 履歴書

関連する投稿


面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。