一般社員が仕事を辞めるのは退職?辞職?使い分けるポイント

一般社員が仕事を辞めるのは退職?辞職?使い分けるポイント

よくニュースや新聞などでも「辞職」「退職」というような言葉を見かけます。 皆さんはこの違いをお分かりでしょうか? この二つには同じ「仕事を辞める」という意味がありますが、決定的な違いがあるのです。 うっかり履歴書などで書き間違いをしてしまうと、誤解を生むことにもなりかねませんので、しっかりこのサイトを見て言葉の意味を確認していきましょう。


「辞職」と「退職」って何が違うの?

辞職と退職の違いは、会社をやめる際に自分の意志で辞めるのか、そうでないのかという違いです。
辞職は100%自分の意思で起こる事で、退職は必ずしも自分の意思ではないこともあり得ます。
ですので、この2つの決定的な違いは
「意思表明があるか」です!
至ってシンプルですね。しかし、退職は誰もが使えるキーワードなのですが、辞職は限られた人しか使えません。
どの限られた人というのは、役職のある人です。いわゆるお偉いさんたちです。
部長や課長以上、役員ぐらいの方が使う言葉です。
実際のところ、一般企業のレベルだと、役職のある人でも「辞職」という言葉はあまり使いません。やはり、辞職というワードは少し重い印象を持たれがちです。
辞職という言葉を頻繁に使ったり、聞いている方も違和感がないレベルは、知事などの首長、国会議員や地方議員などの選挙で選ばれた政治家や公務員のトップクラスである事務次官などの方です。
ニュースや新聞でもこのくらいのレベルの人は「辞職します」とよく言います。

辞職とは

改めて辞職について解説していきます。
辞職というのは、今まで働いてきた会社を自分の意思で辞めるということです。

例文:後進に道を譲るために辞職(退職)する
責任をとって辞職する
内閣総辞職

退職とは

退職とは、純粋に会社を辞めることです。
固い言葉でいうと、会社と従業員の雇用関係が終了することを言います。
また、その方との契約が満了するなどで辞める場合や、休職していたがそのまま辞めることになった場合、定年退職、本人が亡くなった場合、会社の就業規則に従い辞めざるを得なくなった場合も使うことができます。

辞職と大きく違うことは、本人の意思が働いているわけではないということです。

例文:定年で退職する

どのシーンで使い分けるの?

続いては、仕事上での両者の使い方の違いについて説明します。
まず、先程も述べましたが、会社内の立場の違いによって、「辞職」と「退職」を使い分ける必要があります。

主に使い分けをする際は、退職届、履歴書の二通りです。

退職届を書くとき

もし、あなたが平社員だった場合は、「退職届」と書きましょう。もし、自分の都合で会社をやめるといった場合でも、誤って「辞職届」とは書かないほうが良いです。
一方、辞職には退職とは違い、「役職はやめるが会社をはやめない」というときにも使いますので、注意が必要です。

会社都合の場合でも「退職」と書く

もし、会社の都合で退職をせざるを得ない場合、「辞職」と書きたくなる気持ちはわかりますが、「退職届」とするのが通例です。もし辞職という意思を会社にはっきりと示したいという方は、退職届の本文に「○○のために、辞職します」といった書き方をするのが良いです。
辞職は一種の意思表明なので、この言葉を使う際には覚悟と注意が必要です。

履歴書に書く際は「退社」

履歴書を書く際は「〇〇会社 退社」と記入することが一般的です。
自身の意思を示す必要がありませんので、辞職や退職などを書く必要がありません。

退職金は違ってくる?

辞職するか退職するかで退職金が違ってくることがあります。そもそも辞め方が違うので、金額も異なるケースがあるのは当然ですよね。

では、違いを見ていきましょう。

退職と辞職では退職金が異なる

退職には基本的に就業既定や退職金規定で定めたものが適応されます。
各会社それぞれの規則に従った退職金が支給されるので、辞職よりも高く設定されています。
しかし、辞職の場合は、自己都合で会社をやめることになります。そのため、退職金規定で定められたものが適応されない場合があります。
一般的には、退職金のリスクを考えると、「退職届」を出す方が多いです。

辞職は退職金をもらえない?

極稀にですが、退職金をもらえないというケースがあります。
基本的には、料金の変動があるにしろ、辞職の場合でも退職金はもらうことができます。

しかし、辞職にももらえないケースがあります。それは汚職などの事件を起こした場合です。実際、ニュースなどでも汚職事件などはよく目にしますよね。
この場合は、退職金がカットされるか減給されるかのどちらかになってしまいます。
普通に過ごしていればこのような事件とは関わることがないと思いますが、万が一の場合のために頭の片隅に知識は入れておきましょう。

問題を起こしたわけではない辞職なら退職金は貰える

辞職を申し出たとしても、問題を起こさなければ、基本的に退職金はもらえます。

もらえない辞職は、あくまでも問題を起こした場合になります。
しかし、辞職は自己都合になりますので失業給付をすぐに受け取ることができません。もし、失業給付がほしいならば、辞職ではなく退職という形をとった方が無難です。かなりの差が生まれてしまう可能性があります。

退職は額を下げられないが、辞職の場合は下がる

辞職では退職金を受け取る事すらできない可能性があるといいましたが、退職の場合は、下げられることはありません。
このことから見ても、円満退社を望むのならば、退職で出したほうがよさそうですね。退職したにもかかわらず、あとで退職金が足りないともめるのは嫌ですよね。自分の見解次第ではありますが、プライドや目先のことで判断するのではなく、長い目で見て決めて下さい。



退職と辞職のメリット・デメリット

辞職のメリット、デメリット

辞職のメリットは自分の意志で辞めるということをはっきりと意思表示できることです。
やはり、退職とは違って、自分の意志でやめるということを全面的に主張できます。
また、辞職という言葉はそこそこの名誉や地位が確立されている人しか使えません。
使える人が限られているという点では、辞職という言葉を使ってみたいと思いますよね。

一方デメリットとしましては、先程も述べたように退職金がもらえなくなったり、言及されたりする可能性があるということです。

また、辞職できる人は限られていて、役職のある方が多いので、同業他社の方々には自分が辞職したということが風の便りで届くことになると考えられます。
企業によっては、辞職した役職員をヘッドハンティングしたいという思惑は持っている人が多いので、スカウトや転職の話が来ることもあります。

しかし、辞職する内容によっては、悪い印象を持たれることもあるので、注意しましょう。

辞職のセカンドキャリア

辞職をする方は会社の中でもかなりいい位置にいた方が多いはずです。その経験を武器にすれば、次の会社でもいい位置に行けることができるでしょう。
また、起業する人も一定数います。

おそらくこういった方が転職サイトを使う際には、「ハイクラス」、「エグゼクティブ」などの言葉が並ぶような転職エージェントを利用したほうが条件に合っていると思います。

また、ヘッドハンティング系の会社からオファーが来る可能性もあるので、そういったサイトには登録しておくといいでしょう。
やはり、ある程度の立場になってきますと、当然年齢的にも上になってきますので、採用への壁はある程度高くなってくるという現実も理解しておく必要があります。

30代後半を境に求人数は急激に減少していきます。40代をすぎるとその傾向はより顕著になってきます。そのような現実も受け止めた上で、転職活動をしていきましょう。

退職のメリット、デメリット

退職のメリットは、退職金が出ること、有給休暇の消費ができることです。
退職金は会社の経営状況が悪く出せないといった場合を除き、基本的にもらうことができます。
有給も残っている方がほとんどだと思うので、きちんと取りきってから辞めるのが無難でしょう。多い方は1ヶ月近く有給があるという方もよく聞きます。そのような方は1ヶ月間働かなくてもお給料をもらうことができます。
また、転職活動をする際にも、例えば、契約満了に伴う退社など会社都合による場合は、すぐに次の仕事が見つからないとしても、失業手当を早く受け取ることもできます。

一方、デメリットとしてあげられることは、転職活動を行う際に、退職理由を根掘り葉掘り聞かれることと、失業手当がもらえなくなる可能性があることです。
雇い主からしたら、退職理由は必ずと言っていいほど聞きたい内容ですよね。予め、面接の際に回答を用意しておく必要があります。
また、自己都合退職の場合は、失業手当は、3ヶ月間支給はされないという規則がありますので、注意して下さい。元々生活に余裕がない方はより苦しくなってしまうので、辞めない方が無難です。
すぐにでも、つなぎのためのアルバイトや日雇いでもいいからというふうになってしまうので、転職活動もちゃんとできなかったりしてしまうかもしれません。

退職のセカンドキャリア

退職の理由は人それぞれでしょうが、比較的若い20代や30代前半なら退職をしてもすぐに次の就職先が見つかることが多いです。
特に20代の方は業種を変えることもできるでしょうし、未経験の分野でもチャレンジすることができます。
そういった方は、20代第二新卒向けの就職エージェントに登録をすることをおすすめします。
スカウトやオファーをもらいやすくなるからです。

しかし、30代後半以上の方については、先ほど述べたように転職への道はなかなか狭き門になってきますので、慎重にいかなければいけません。
ただ、慎重さも必要ですが、やはり応募する数も増やさないといけなせんし、書類選考で落とされることはかなりありますので、もし落ちてしまったとしても気にしないことが大切です。

他の似たような言葉

離職

離職は、離れるという意味の「離」と仕事を表す「職」という言葉が合わさって生まれた言葉です。
離職の意味は、
・職務から離れること
・退職・失業などによって、職業を離れること
の二つがあります。

まず一つ目の「職務から離れること」というのは、仕事から距離を置くということです。職務とは、その人が担当している仕事のことで、例えば、取り組んでいたプロジェクトのメンバーから抜けるときにも使えます。それ以外にも、純粋に仕事を辞めるときにも、離職という言葉を使うことができます。

二つ目の意味である、「退職・失業などによって、職業を離れること」はまさに、今までやっていた仕事を辞めることを表しています。退職は自分から仕事を離れるという意味であり、能動的な言葉ですが、失業は、社会情勢や、会社の状態により、受動的に仕事をやめなければならないことを表しています。そのため、受動的、能動的問わず、両方の理由により、仕事を辞めることを表す言葉として、離職は使えます。

例文

・彼は先月に会社を辞めて以来、離職中である。
・また、従業員の離職率も非常に低い。
・サービス産業における正規雇用者の離職率について見てみる。

辞任

辞任というのは、職務や役職を自らの意志でやめるときに使います。


辞任したい場合はその旨の意思表示をすれば、定められている任期に関係なく辞めることが可能です。例えば、「〇〇会長が辞任する通知が来た」などはよく言われますよね。

例文

失言の責任をとるため、大臣を辞任した。
本日限りで会長を辞任します。

解任

解任(かいにん)とは、漢字の成り立ちの通り、「任されていた職務や任務を解く」という意味があります。あるリーダーを任された人や一定の役職を持っている人が、職務を全うできなかったり、ふさわしくない行動をとってしまったり、もしくは不祥事などが生じた際に、解任に至る決定が下されることがあります。

先程の辞任とは大きく意味が異なりますので、ごちゃごちゃにならないよう注意しましょう。

例文

判断ミスをしたため、その会長は解任された。
役員の解任には、正当な理由が必要である。

退任

退任(たいにん)とは、ある仕事を任されていた人が、その役目から離れることを意味する言葉です。意味合いとして、事前に決めらている任期を全うし、満了した際に辞職することのほか、任期の途中に何らかの理由や問題で役目から退く場合を「退任」といいます。

今までの辞任や解任と違うところは、本人の意思ではなく、強制的に辞める場合も含まれていることです。

例文

任期満了でその会長は退任した。
会社の退任により、新しい幹部が選出された。

退社

次に紹介するのは、「退社」という言葉です。
退社には、
・勤務している会社を辞めること
・その日の勤め、仕事を終えて会社から退出すること
という二つの意味を持っています。

まず一つ目の、「勤務している会社を辞めること」という意味は、さきほど取り上げた、「退職」という言葉の一つ目の意味と同じ意味であるといえます。今まで、働いてきた会社を辞める場合に使い、転職して他の会社に動くときにも使える言葉です。履歴書には「〇〇会社 退社」と記載するのが通例ですね。

二つ目の意味である、「その日の勤め、仕事を終えて会社から退出すること。」は、一つ目の言葉と異なり、会社をやめることではなく、一日の終わりに、会社から出ることを表しています。対義語として「出社」という言葉が当てはまり、会社に出勤することを意味しています。よく日報などでも○時に退社しましたと記載すると思います。

例文

・退社のご連絡に私どもはとても驚きました。
・このたび、A社を3月31日付けで退社することとなりました。
・本社では、本日はノー残業デーに設定されているため、18時に従業員は全員退社してください。

円満な退職を

今回は退職と辞職、離職についてまとめていきました。字面だけ違う場合もありますが、基本的には退職と辞職では辞める際の給付に大きな差があることがわかりました。

また、役職によってどちらを出すのかも変わっていきますので、違いには注意して提出するようにしましょう。


もし、退職することにお困りでしたら、退職代行サービスを使うことをオススメします。

退職代行サービスは自分で退職の意志を告げずに、業者が退職手続きを進めてくれるというものです。
なかなか自分で退職を言いづらく思っている方や、会社がどうしても辞めさせてくれないといった方にはこのサービスを使うことをおすすめします。
費用は大体3万円〜5万円です。
決して高くはない金額なので、お電話だけでもまずはしてみましょう。

オススメの退職代行業者

①退職代行SARABA

SARABAは退職代行サービスの中でも名前が知られていて、既に多くの人が退職に成功しています。
料金は職種・職歴関係なく一律30,000円と、業界の中でもかなり低価格。
しかも、追加料金が発生することはありません。

24時間、電話・メール・LINEにて申し込みを受付ていて、さらに相談回数・電話回線は無制限なので、不安を感じた時にすぐに相談をすることができます。
出勤前でも、夜中でも、「会社を辞めたい…」と考えたその時に退職代行を依頼することだって可能です。さらに、即日退職もできます。

退職最高率はほぼ100%と高い数値を記録しているので、退職できないということはないと考えて差し支えないでしょう。

おすすめポイント
・24時間対応、即日退職OK
・一律3万円という低価格
・無料で行政書士に相談

退職代行「SARABA」 | 即日退職可 全てコミコミ29800円!

https://taisyokudaikou.com/

総額29800円の退職代行。退職できなければ全額返金致します。

②顧問弁護士による指導を受けた担当者が対応「EXIT(イグジット)」

EXITは業界の中でもメディア掲載実績がナンバーワンだということが有名です。NHKやTBSなどのテレビ業界にも掲載されています。このことから見ると、利用者も多いので、安心感はありますよね。

料金に関しましては、正社員・契約社員は5万円、アルバイト・パートは3万円で、追加料金はかかりません。

またEXITの強みは、2回目以降は1万円ディスカウントされるというネクストサポートが付いています。顧問弁護士から指導を受けいるので、法律に触れることがないので、不安を払拭できますよね。

おすすめポイント
・退職完了まで無制限で相談可能
・2回目以降のネクストサポート
・顧問弁護士の指導を受けている

退職代行なら「EXIT」| 会社からの非常口はこちら

https://www.taishokudaikou.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&gclid=EAIaIQobChMI2Li-_pS94AIVyKmWCh1QOA5TEAAYASAAEgIdiPD_BwE

明日から会社に行かなくてもOK!即日対応、退職成功率100%、ご相談は無料です。「自分で言い出せない」「出社せずに辞めたい」退職代行イグジットが全て解決いたします。退職金や有給休暇の確認、失業保険の給付に必要な離職票や雇用保険被保険者証の確認もお任せください。EXIT株式会社は気軽に退職できる社会の実現を目指しています。

③顧問弁護士がサポート「退職代行コンシェルジュ」

退職代行コンシェルジュは、厚生労働大臣の認可を得た人材会社が運営している退職代行サービスです。
転職先の支援も行っているだけあって、メンタルサポートや無料の転職支援などを行っています。退職後の手厚いサポートを受けられるのが、退職代行コンシェルジュの魅力です。
また、退職率は驚異の100%です。必ず退職できるのも安心です。

24時間365日対応可能、即日退社も夢じゃないのがいいですよね。
料金に関しては正社員、契約社員は一律49,800円です。

おすすめポイント
・顧問弁護士の指導の元、法律を尊重して営業している
・転職支援、メンタルサポートを行っている
・弁護士による残業代請求、有給交渉受付

即日、安心、信頼の退職代行なら。 - 退職代行コンシェルジュ

https://retirement.cram.work/

退職を言えない、退職を認めてくれない方に、公式LINE@と電話で退職支援代行。専属コンシェルジュが丁寧かつスピーディーに対応。有給休暇もお伝えします。明日、仕事行かなくて大丈夫かもしれません。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

就業中に積もり積もったイライラを退職前に上司にぶつけてやると思っている人はいませんか?退職すると決まっても復讐を考えてはいけません。この記事ではなぜ復讐してはいけないかを紹介しますので、是非読んでみてください。


社内恋愛のきっかけは?禁止なのにバレたら退職すべき?隠すための秘訣

社内恋愛のきっかけは?禁止なのにバレたら退職すべき?隠すための秘訣

社内恋愛をしていたけれど、周囲に関係がバレてしまった!という場合は退職せざるを得ないのでしょうか?また、バレてしまった際に、同僚とどのように接していけば良いのか?社内恋愛がバレてしまった時の対処法を紹介します。


保育士が一斉退職!?子供好きでも辞めてしまう3つの理由!

保育士が一斉退職!?子供好きでも辞めてしまう3つの理由!

保育士が一斉に退職するというニュースが報道されました。保育士の現状は、どうなっているのでしょうか?子どもの世話を仕事としている保育士の方の笑顔の裏に、様々な苦労があることも事実です。この記事では、保育士の仕事が大変だとされている理由について紹介していきます。


最新の投稿


退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリとは?なぜ書くのか?メリットとデメリット!

退職エントリってそもそも何なのか?退職エントリは退職者が退職後に前職や転職のエピソードをブログのように書いてネットにあげることです。それでは、なぜ、退職エントリを書く人がいるのですか?この記事ではそのメリットとデメリットについて紹介していきます。


社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

社長を含め管理職は仕事を辞めたくても退職できない?!

会社を引っ張っていく必要がある管理職の方で職場でのプレッシャーや労働環境の辛さが理由で退職を考える方もいますよね。しかし、もし退職したら会社への影響が心配になって退職なんかできる訳がないなどと、一人で悩んではいませんか?そんな方のために、今回の記事では、管理職の方の退職する方法や退職する際の法律上の問題などについて詳しく説明していきたいと思います。


退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

退職前に上司に復讐しても良い?やってはいけない2つの理由

就業中に積もり積もったイライラを退職前に上司にぶつけてやると思っている人はいませんか?退職すると決まっても復讐を考えてはいけません。この記事ではなぜ復讐してはいけないかを紹介しますので、是非読んでみてください。


警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金って何千万円!?相場?なんでそんなに高いの?

警察官の退職金が高いということを聞いたことがある人も多いと思います。しかし、実際に警察官の退職金ってどれくらいか知っていますか?警察官の中で最も高額な退職金はいくらか気になったりしませんか?今回はそういった警察官の退職金に関する疑問を解消すべく、警察官の退職金ランキングや最も高額な退職金なども交えて詳しく説明していきたいと思います。


転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

転職最強アプリを紹介!AIキャリア診断アプリ『VIEW』

「自分のやりたい仕事が見つからない!」、「自己分析ができない!」と悩んでいませんか?自分の価値観を洗い出して、自己分析するという今までのやり方ではなく、AI診断アプリ『VIEW』を使った革新的な天職の探し方を紹介しますので、自分のやりたいことがわからない人は参考にしてみてください!