ハローワーク初心者のためのガイド!有効活用して内定獲得!

ハローワーク初心者のためのガイド!有効活用して内定獲得!

ハローワークを有効活用できていますか?転職活動に手こずっている方には是非活用していただきたいです!ハローワークは多数の求人を持っているので職種の選択肢が多い上に、企業側は手数料を取られないので、積極的に採用してくれます。ハローワークの利用はメリットがたくさんあるので、ハローワーク初心者の方は参考にしてみてください。


ハローワークに初めて行く方は、「どんなところなんだろうか?」と疑問に思いますよね。また、ハローワークに興味があるけれど、「実際どういうことができるの?」と思う方もいるはずです。そんな方のための初心者用ガイドラインを作成しました。

これさえ読めば、ハローワークについては一通り知識が得られるはずです。ぜひ参考にして下さい!

1.ハローワークって何する場所?

ハローワークを利用する目的は職業紹介のためです。すべて、無料で相談から実際の面接までをサポートしてくれます。さらに、国営の施設なので信頼性もあります。

2.ハローワークを利用したほうが良い理由

近場で職探しができる

家の近くにハローワークがある場合、そちらで相談を受けることをオススメします。理由は、企業は所在場所近辺のハローワークに求人を出しているので、自宅近辺の職場を探すことができるからです。

求人量の多さ

ハローワークは国営のものなので、無料で求人掲載できます。なので、多くの企業が求人を掲載していて、求人量がかなり豊富です。

すべて無料

応募者も企業側も無料で利用することができます。

3.予約・服装・持ち物は?

予約は必要なし

ハローワークを利用する際は予約する必要はありません。

服装の決まりなし

服装の決まりがありません。私服の人や、スーツの人もいますが、選考には関係ないので、自分の好きな服装で行けばいいです。

持ち物なし

特に用意しなければいけない持ち物はありません。必要に応じて筆記用具などを用意しましょう。ただし、行ったその日にどこかへ応募したい場合は、履歴書・職務経歴書を持参するといいでしょう。

4.ハローワーク利用の進め方

初回手続きの方法

初回はまず、求職申込書に記入して、ハローワークカードを発行しましょう。これがないと、二回目以降も利用することができません。次に、求人検索端末で仕事を探してください。応募したい求人が見つかったら、窓口へ行って相談します。窓口の職員が応募先の企業に連絡してくれるので、必要な場合は、履歴書・職務経歴書を準備しておきましょう。

二回目以降の利用方法

ハローワークカードの提示をしましょう。その後は、一回目と変わらない進め方で大丈夫です。

ハローワークカードの発行方法

このカードを発行する際は、求職申込書を記入する必要があります。求職申込書を窓口に提出すれば、あなたの情報が登録され、ハローワークカードが発行されるという流れです。

ハローワークカード記載項目

ハローワークカードの申込書には、以下のことが記入されています。

□氏名
□性別
□年齢
□生年月日
□電話番号、FAX番号、携帯番号
□現住所、最寄駅
□転居の可否
□家族構成(配偶者の有無、扶養家族の人数)
□就業上留意が必要な家族の有無(小さな子供がいるなど)
□仕事をする上で身体上注意する点
□希望する雇用形態(正社員、パート、派遣など)
□希望する産業(=業種)、職種
□希望する就業場所
□希望する賃金(月給、パートの場合は時給)
□希望する就業時間
□希望する休日(何曜日の休日を希望するか)
□週休二日の希望(毎週、各週、不問)
□その他の希望
□学歴(最終学歴)
□持っている免許・資格
□自動車免許の有無
□直近の仕事について(事業所名・主な仕事内容・退職理由・勤務期間・退職時の月給など)
□これまでに経験した主な仕事(期間、内容)

詳しく書かれていますので、事前に確認しておくと良いです!

5.職探しだけじゃない!ハローワークの利用方法

窓口での相談

窓口で自身の悩みや譲れない条件などを相談しましょう。あなたは、ハローワークの方をキャリアアドバイザーだと思って、積極的に仕事に対する想いや条件を語ってください。

紹介状で早期選考

ハローワークの特徴として、紹介状で早期選考ができるというメリットがあります。ハローワークの方が、予め、電話でこのような人がいるので面接いかがですか?と企業の人事に連絡を入れているので、すぐに面接に進むことができます。

書類の確認(履歴書・職務経歴書)

書類の不備がないか、職員の人に確認してもらいましょう。これもハローワークならではの特権です。

面接の練習

面接の練習も行なってもらえる場合があります。もし、そのような機会をいただけた場合は、積極的に活用しましょう。

6.ハローワークの疑問点

応募したけど、企業から連絡が来ない

企業の方も忙しいことを念頭に置いてください。連絡が来ない場合は、自分から電話で問い合わせるか、諦めましょう。応募した企業は、応募者への連絡もできないほど、忙しく激務であると判断して、選考に進まないというのも一つの手です。

内定辞退ってできる?

結論から言うと、できます。ただ、企業の方も、内定辞退を防ぐために、様々な対策をしています。一般的に内定を断ることはあまりよくないので、辞退することはおすすめしません。

どういう人が使っているの?

フルタイムで働ける方、全員が対象です。正規非正規、関係なく、誰でも利用できます。実際に、お年寄りの方から、新卒の方まで幅広い方が使っています。

理想の利用頻度は?

週に2,3回です。求人の入れ替わりが激しいので、このくらいのペースで行くことを心がけてください。

7.プチ豆知識!

優良求人欄の選び方

優良求人の見分け方は、
・長期に渡って応募していない
・きちんと情報を開示している
・採用実績がある
を基準に見ていただければと思います。

スカウト機能を利用しよう

ハローワークに登録したあと、情報を開示すれば、企業側からスカウトが来る場合があります。積極的に活用してみると、採用率が上がります。

8.ハローワークに行くことが面倒になってきた!

転職エージェントを利用しよう

本当に職探しに困っているならば、ハローワークよりも、転職サイトを利用したほうが対応が早いので、おすすめです。

【オススメ転職エージェント】

・20代専門転職支援サービス顧客満足度NO.1
・マイナビ転職エージェントサーチで賞受賞
・無料カウンセリング
・内定率を5倍もあげている実績

以上のような強みがあるサービスです。
特に20代で転職を考えている方は、
安心して任せることができるかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ハローワークを初めて利用するという方に向けてかなり深く、説明しました。役に立つ情報をお届けできていたら、幸いです。

良い企業と巡り会えることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


転職

関連する投稿


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会に積極的に参加していますか?「お酒を飲みたくない」、「齢が離れた人と話が合わない」といった理由で会社の飲み会を避ける人が増えています。この記事では、会社の飲み会へのモチベーションや飲み会に積極的に参加しない理由などを紹介します。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。