履歴書にクリアファイルは必要!?書類を提出するマナー!

履歴書にクリアファイルは必要!?書類を提出するマナー!

履歴書などの書類を提出するときのビジネスマナーに適したマナーを紹介します。クリアファイルは必要なのか、封筒から出して手渡しするべきなのかがわかります。


⒈ クリアファイルは必要?

クリアファイルなしでもいいのか…

結論から言います。クリアファイルは必須ではないです。もちろんクリアファイルがないと不採用になるなんてことはありません。しかし、クリアファイルがあるか否か、それで面接官に与える印象は大きく変わります。せっかくなら、好印象を与えたいですよね!

なぜクリアファイルに入れると良いか?

面接の時に面接官は履歴書を見ながら面接をします。この時に履歴書が折れていたりしたら印象が悪くなりますよね。なぜ、もっと綺麗に保管しておかなかったのか?、準備不足ではないか?など悪い印象ばかりを面接官に与えてしまいます。さらに履歴書が少し折れているだけならまだしも、面接の当日が大雨だったらどうでしょうか。びしょびしょの履歴書を面接官は見る気にもならないでしょう。綺麗な履歴書を提出する、これは常識的なマナーです。しっかりと履歴書はクリアファイルに入れておきましょう。

2. クリアファイルは新品で透明なものにする

新品で透明なクリアファイル一択

履歴書を入れるクリアファイルは新品で透明なものが適しています。どんなに綺麗に使っていたとしても一度使ったことがあるクリアファイルは使わないようにしましょう。さらに柄入りのもの、他社のロゴが入ったものなどはもってのほかです。しっかりと透明なものを用意しましょう!

3.クリアファイルの大きさは履歴書に合わせる

サイズの規定は特にありません。ただ一つ言えるのは、履歴書のサイズにあったファイルを使いましょう。A4の履歴書を提出する場合はA4のクリアファイルに入れる。履歴書のサイズはA4がほとんどなので、A4のファイルを用意することが多くなるでしょう。

4.履歴書の提出方法

履歴書の提出方法は会社によって違います。受付で提出する形やあらかじめ送付しておくもの、あるいは面接の場で提出するものもあります。それぞれのシチュエーションに分けて最適な提出方法を紹介していきます。

①あらかじめ送付する

あらかじめ送付する時はいくつか決まりがあります。まず、肝心なのが履歴書ですが、これはしっかりとクリアファイルに挟んでおきましょう。そして、白い封筒に他の書類とともに入れるのですが、入れる順番にも決まりがあります。入れる順番は上から順に【添え状→履歴書→職務経験→その他の必要書類】です。そして最後に封筒に〆のマークをつけることを忘れないようにしましょう!

②受付で提出

受付で提出する場合は、封筒から出す必要はありません。「よろしくお願いします」など一言添えて受付の人にわたしてください。ここでのマナーがチェックされることもあるのでしっかり両手で受付の人側に向けて提出しましょう。

③面接での手渡し

面接官に手渡しする場合は封筒から出してしまっても構いません。綺麗な履歴書を面接官の人に丁寧に渡しましょう。その場合は、すぐに履歴書を出せるように準備しておきましょう。履歴書を出すことに、もたついていたら印象はよくありません!ハキハキとした口調で目を見ながら渡すとより好印象です。

5. 履歴書のコピーを取っておく

他の候補生と差をつける方法はズバリ、履歴書のコピーを取っておくこと!

どんなに時間をかけて履歴書を書いても、その内容と面接内容が矛盾していたらむしろ悪い印象を与えてしまいます。そんな最悪な事態が起こらないためにしておくべきことは、コピーを取っておくことです。応募している別の会社にもいくつかの履歴書を書いているはずで、もちろん志望動機も違うことを書いていると思います。面接が終わった後に、「違う履歴書に書いた志望動機だ!」なんてことを避けるためにもしっかりコピーをして直前に確認しましょう。

6. バイトの面接での渡し方

バイトだろうが、会社の面接だろうが、履歴書に関しては渡し方や大きさ、書き方などに変化はありません。履歴書をクリアファイルに入れてから茶色の封筒に入れて提出する、という流れはそのままです。ですので、バイトだから適当でいいなんてことはありません。バイトの面接官はしっかり心得ています。手抜きなどはすぐにバレてしまいます。

7. 履歴書が封筒に入らない場合

B5の履歴書などを作成すると、封筒はほとんどの場合はA4なので履歴書が入らないことがあります。もちろん履歴書をA4に揃えてしまえば問題はないのですが、B5で書いてしまった場合は、折ってから封筒に入れてしまって構いません。しかし、折って封筒に入れただけだと、中にスペースができてしまい履歴書の折れに繋がるので、必ずクリアファイルに入れて封筒に入れるようにしましょう。

まとめ

履歴書はしっかりとクリアファイルにしまって提出しましょう!そして提出方法に合わせて礼儀の正しい渡し方を心がけてください。ビジネスマナーをきちんと守って渡せるか、これが最重要です。そしてしまうときだけでなく、渡す時もしっかりとマナーを守って「よろしくお願いします」などの一言を添えて提出しましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


転職 履歴書

関連する投稿


面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接が苦手なのは対策を知らないから?場面別対策法とは!

面接は苦手だと感じている人は多いのでないでしょうか。大学入試や就職など、人生のターニングポイントに面接はつきものです。だからこそ苦手を克服したいですよね。実は面接対策を知らないから苦手だと感じるのです。対策を知り、自信を持って臨みましょう!


転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職のベストタイミングはいつ!?選考に有利、不利な時期!

転職活動を始めようと考えたときにベストなタイミングはいつなのでしょうか?退職してからなのか、する前なのか?、転職に有利な時期は人それぞれ異なります。この記事では、あなたに合った転職のタイミングを知る方法を紹介します!


転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

転職回数は採用に影響する!?多いことのリスクと挽回方法!

三年以内の離職率三割と言われるように転職することが当たり前とされています。しかし、転職することに対してポジティブな意見ばかりではありません。転職回数が多いことに否定的な意見もありますが、多すぎると言われてしまう基準はいくつくらいなのでしょうか?


業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外に仕事を頼まれたら断れない?給料はもらえる?

業務時間外にも上司からメールが止まらない、電話がかかってくる、など逃れられない状況に置かれた人がするべき対策集です。そもそも業務時間外の労働の基準はなんなのか、というところから業務時間外労働の断り方まで幅広く紹介しています。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。