仕事の辞め方がわからない?正しい退職意思の伝え方!

仕事の辞め方がわからない?正しい退職意思の伝え方!

会社を辞めたいけれど、辞め方がわからない。退職は人間関係や将来の不安など様々な悩みが付きまとう問題だと思います。そんな退職をできるだけストレスフリーにできるように退職についての知識やノウハウを紹介していきます。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

一度勤めた企業を辞めることは、苦難も少なくないと思います。特に、経験のない「退職」に関しては、わからないことがあると即座に対応ができなくなってしまいます。この記事では、会社を辞める時に知っておくべきことや辞め方をまとめましたので、是非ご確認ください。

会社を辞める理由

上司に退職することを伝えた時に必ず聞かれることとして、会社を辞める理由があります。なぜ辞めるのか・辞めた後どうするのかを聞かれると思います。

履歴書や退職願に記入する会社を辞める理由は法的にも、常識的にも「一身上の都合」でかまわないのですが、上司と直接話す時は、一身上の都合だけでは納得してもらえないケースが多いため、具体的な退職理由を伝えなければいけません。その時に伝える会社を辞める理由は、個人的な理由であることが望ましいとされています。

個人的な理由を伝える理由

部署・給料など会社への不満であればそこを改善すれば、引き止められると考えられてしまうため、会社への不満を露わにすることで、会社に残る人の心象を悪くしてしまいます。あくまでも「個人的」かつ「前向き」な理由にしましょう。例えば、「キャリアアップのために、今の会社では実現が厳しい事がしたい」というような理由にする事で受け入れてもらいやすくなります。

将来やりたいことがある

現状の不満ではなく、未来に向けた前向きな思いであれば円満な退職につながりやすく、さらに応援してもらえる可能性も高くなるでしょう。

結婚や妊娠を理由に

結婚や出産が理由の場合は祝い事が理由となるので円満に辞められるケースが多いです。
ただ、結婚・出産後も働きやすい環境が整っている場合は、なぜ退職するのかを聞いてくる場合もあるので答えを用意しておくとよいでしょう。

人間関係がうまくいかない場合

会社を辞める理由で一番多いのが人間関係です。こればかりは、就職するまでは配属先や職場にどのような同僚がいるかわからないので、運の要素もあります。運が悪ければ、理不尽な上司や馬が合わない仕事仲間と一緒になることも多いにしてあります。人間関係に限界を感じたら辞めてもよいでしょう。

会社勤めが原因で適応障害やうつ病などの病気になった

適応障害やうつ病などの病気は回復までに時間がかかることもあるので、上司に相談して早めに対策を取るようにしましょう。他にも、長時間労働が改善されない、上司が罵声を浴びせる、など、劣悪な環境である場合は体を壊す前に辞めるべきです。

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/454

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。

家庭の事情

会社の上司であろうと、他人の家族のことに口出しするのは気が引けます。また、家族の病気は嘘なのでは?と疑うのは不謹慎に思えるため、詳しい事情は聞かれない可能性が高いです。

・「親が体調を崩して面倒を見ないといけない」
・「実家に帰ることになった」
・「旦那が転勤する」

このような退職理由にするとよいでしょう。

会社を辞める最高のタイミング

退職のタイミングに関して、転職先と入社日が決まっていればそれに合わせる必要がありますが、決まっていない場合は、賞与や有給を最大化させられるタイミングがベストです。

【転職先と入社日が決まっている場合:転職先の入社日から逆算】

会社を辞めるタイミングは、次の転職先の入社日から逆算しましょう。
また、選考中に転職先に内定後いつから来れるか聞かれた場合は、内定から1〜3か月後を目安に回答しましょう。

退職日のポイントは、入社日が決まっている場合、入社日の前日での退職が理想的です。

【退職日に合わせ転職活動を行う場合:賞与と有給を考慮してもいい】

まだ、内定先がない、辞めてから転職活動をしようという方はいつ会社に退職すると言ってもいいので、あなたのタイミングで辞めると伝えましょう。ただし、ボーナス、有給の権利を得られるタイミングが近ければそれを待ってからの退職の方がよいでしょう。

ボーナスをもらうタイミング

まずはボーナスに関して就業規則を確認します。
また、その上で退職を切り出すのは賞与額が確定してからの方が良いです。なぜなら、支給前に退職意思を伝えると、賞与に関わる査定を下げられてしまう恐れがあるためです。

査定は一見過去の評価が反映されるものですが、退職を切り出した後だと、会社の上層部の判断次第で変えられてしまうことはあります。

有給を取得してから辞める

有給に関してもまずは就業規則を確認します。
一般的に有給期間は、企業によっては多少のズレがあることもあります。
6年半以降は1年ごとに20日で、一般的な企業の場合、1年に一回有給が付与されます。
この有給を付与された後に退職を切り出すことが最も良いタイミングだと言えるでしょう。

退職金

退職金に関しては、それぞれの会社で決まっていると思います。あと1年、働けばもらえるとか、1ヵ月先延ばしにすれば、金額が上がるということがあります。まずは、それを確認してから退職年月日を決めましょう。

保険料

これは、月末ではなくて、1日前の30日とか、29日の日付でやめさせてもらうことで、保険料を払わなくても良い可能性が出てきますのでお得に辞めることができます。
また、保険料の査定が、4~6月の給料だという会社も多いようなので、その間の給料は残業を少なくして、保険料を減らせばお得になります。

円満に会社を辞める方法

辞める上で円満に辞めることは自分のためにもとても重要になります。しっかりと準備していきましょう。

退職プランニング 求職準備~退職時期の設定

志望分野をリサーチし、応募しやすい時期や転職難易度から「求職のための準備期間」を計り、在職しながら転職活動するか、辞めて求職活動に専心するか転職手順を判断しましょう。失業に備えた経済面の準備、後者は昇格辞退や面接のための有休確保など、退職に向けてやるべきことが見えてくるでしょう。

退職意思の表示

意思表示は直属の上司に口頭で伝えましょう。
職場を離れるのが正なのか、あらゆる観点から考え、自分の中で納得できたら、明確で前向きな退職理由とともに伝えましょう。就業規則や慣例など社内ルールに沿って、職場への負担が最小限で済む早めのタイミングで伝えるのが好ましいです。

上司に口頭で退職の意思を伝える

上司に退職の意思を伝える時期は、繁忙期や自分が手がけている仕事の最中、人事異動後を避けます。異動後、引き継ぎを済ませてしまうとまた別の人に引き継ぎをしなくてはいけなくなり、企業としては二度手間となり迷惑がかかるので気をつけましょう。

退職交渉を行う

退職を切り出した後は、上司、上司の上司、さらには人事担当者と交渉等を行います。
退職交渉はあなたが、希望通りかつ円満に辞められるかがかかる重要なステップです。

また注意したいのが、退職交渉は無理なお願いをされることがあります。

交渉で気をつけたい2つのポイントを紹介します。

①引き継ぎをしっかりするなど誠意を見せるが、転職先を優先させる

基本的に、次の会社が決まっているならばそちらを優先すべきです。退職する会社をどれだけ、良い印象で辞めれたとしても、転職先の印象が悪くなってしまったら元も子もないです。退職日はずらさないようにしましょう。誠意を見せつつも妥協しないようにしましょう。

②どんなにいい話をされても絶対に退職を諦めない

また、ここで上司などの説得に負けて会社に残っても、腫れ物扱いされることがあるので、一度退職を口にしたら引き返してはいけません。最悪の場合には、退職取り止めが決まった後に、会社に残るための条件が守られないこともあるので注意してください。

退職願を提出する

自己都合で退職する場合は退職願、会社都合で退職する場合は退職届、役職のある人と公務員は辞表といいます。

退職願は会社のフォーマットがある場合は、会社指定の退職願を使います。
なければ、白地の縦書きで、「退職理由」「退職日」「退職願を記入した日付」「署名」「捺印」を記入します。
また、消せる筆記用具、修正テープで修正は使ってはいけません。
宛名は社長、退職日は上司と決めた日にちを記載します。
退職理由に詳しいことは書かず、「一身上の都合により退職させていただきます」としましょう。

退職理由に決して人や会社の悪口は書かないこと。非常識だと思われます。
封筒は白地で、表に「退職願」と記します。
裏側には名前と部署を明記。最後に誤字・脱字、捺印が丁寧に押せているかを確認しましょう。

退職日の1カ月前から遅くとも2週間前までに、直属の上司に直接手渡します。
退職願を出すのは上司に報告したあとです。

退職日と退職日までにしておくこと

会社を辞めた後、すぐに働かない場合は雇用保険・年金保険の手続きを自分でしなくてはいけません。
その際に、雇用保険被保険者離職票が必要となります。
離職票は会社を辞めてから10日以内に会社から発行されるものですが、在職中に郵送か手渡しかを確認しましょう

退職後の健康保険は、任意継続にするか国民健康保険に加入するかのどちらかです。
任意継続の場合、保険料は月額いくらになるかわからない人は人事に確認しておきます。
退職日は、会社に返すもの、受け取る書類を忘れないようにしましょう。
忘れ物があると退職後にやり取りをしなければいけなくなります。

残務整理・引継ぎ

引継ぎは後任者との実作業はもちろん、業務の内容・目的・フローを「引継ぎノート」や「引き継ぎ資料」にまとめて引き渡す。作業リスト、関係先リスト、トラブル事例なども併せて明文化するとよいです。取引先によっては後任者や上司とあいさつに伺い、自分が辞めた後も業務が滞りなく進むことを説明しましょう。いらぬ心配を掛けないことも社会人のマナーと心得ましょう。

スムーズな引継ぎに必要なこと

経費精算や各種手続きなどがあるので退職当日の出勤は早めにしましょう。
身の回りの整理整頓は備品と私物の混同に注意する。情報の持ち出し、取引先から受け取った名刺のファイルなどのコピーは厳禁。
退職しても関係先とどんな形でかかわるか分からないので、社内外へのあいさつは丁重にするとよいです。退職が決まった時点から準備を進め、退職時にすぐに出せるようにしておく。お世話になった方には必ずあいさつ状を送るようにしましょう。

退職の挨拶メールの書き方

退職の際にはお世話になった方々へのあいさつが社会人として必須となります。確認していきましょう。

社内の場合

件名を「おつかれさまです」などにすると、退職の挨拶だとは気づかれずに読み飛ばされたり、後日読むなどされる場合があります。
件名は「退職のごあいさつ」のようにひと目で退職の挨拶とわかるものにします。
退職理由は「一身上の都合により」とし、詳しく書きません。
文末に署名を忘れずに。
署名は所属部署と名前とシンプルなものでよいです。
退職後も連絡を取り合いたいという人は私用の連絡先を書いてもよいでしょう。

社外の場合

退職日の記載を忘れずにしましょう。後任がいる場合は後任者の名前を書きます。
退職理由や転職先の情報、自分の私用連絡先などは詳しく書かきません。
退職理由は「一身上の都合により」で大丈夫です。
また、転職先を明記するのはコンプライアンス違反の可能性があるので控えましょう。

会社を辞める時に起こる問題の対処法

会社を辞める時に起こる問題について、どう対応したらよいかを知っておきましょう。

退職日は決まったがもう少し早く退職したい

上司との話し合いで退職日が自分の希望より遅くなった場合は、引き継ぎが早く終わらせられることを上司にアピールします。

会社は、退職者が辞めた後に正常に仕事を回すことができるかを気にしているので、引き継ぎは重要事項です。具体的に引き継ぎのスケジュールを組むとよいでしょう。
ちなみに引き継ぎのポイントは、自分だけにしかわからないような状況を残さないようにしましょう。

減額されることなくボーナスをもらいたい

ボーナスの金額には過去の業績に対する報酬と、今後の働きへの期待が含まれています。
賞与額が決まる前に退職を申し出ると査定が下がり、減額される恐れがあります。
減額されたくない人は、支給額が決定してから最低1カ月ほど期間を置いて退職を申し出てください。
退職金の金額は、退職金規定をチェックします。
退職金規定に基づいて自分で退職金額を試算し、その金額で間違いないかを人事部の担当者などにあらかじめ確認しておきます。

会社が退職を認めてくれない

「退職は認めない」と怒鳴られたり、「やめるなら損害賠償を請求する」と脅されたりして、事実上退職が困難な場合、労働基準監督署へ相談しましょう。

退職の意思表示をしても認められない事情を話せば、会社に指導してもらえます。
あまり例がありませんが、それでもだめな場合は、労働基準監督署の上部機関である労働局に相談をしてください。
会社を指導することに加え、「あっせん」という方法で、専門家の仲介によって労働者と会社が話し合いで問題を解決する場を提供してもらえます。

無断欠勤で起こるトラブルとリスク

早めの退職が認められなかった、どうしても行きたくないなど、自分の思い通りに事が進まないと無断欠勤をしたくなります。しかし、無断欠勤は様々なトラブルを引き起こしてしまいます。円満退職どころか再就職に影響したり、場合によっては損害賠償請求をされる恐れもあります。

無断欠勤が2週間以上続いた場合は、企業はその社員を懲戒解雇できます。

懲戒解雇は、自己都合・会社都合の退職と違い重責解雇となり、退職金がもらえなくなったり、履歴書に傷がついたり、その影響は甚大です。

通常、2週間程度の無断欠勤で懲戒解雇処分にされることはありませんが、短期間の無断欠勤でも懲戒解雇にする悪質なブラック企業もあるので要注意です。
懲戒解雇の事実は転職先に隠すことも不可能ではありませんが、離職票や退職証明書によってバレてしまう可能性があります。
懲戒解雇を隠して採用された場合、懲戒解雇の事実がわかった時点で経歴詐称とみなされてしまいます。懲戒解雇は職歴に傷がつく、ということを覚えておきましょう。

辞めるまでに転職活動を始めるメリット

まずは気軽に、なぜ転職したいのか理由を考えるところから初めてみましょう。

転職したい理由をきちんと考えることは下記の3つのメリットがあります。

・今回の会社選びの失敗を今後の人生で活かせる
・辞めなくても済む問題で悩んでいることに気づく
・辞めたい理由を整理することで気持ちがスッキリできる

上記のように、転職を有利に進めることができることの他に、退職しない新しいメリットにも気づくことができます。転職したい理由を考えることはいいことばかりです。

仕事に余裕を持てる

転職活動をすると、今の仕事に余裕を持て、悩みが緩和されます。場合によっては、あなたが思っている以上にあなたの転職市場価値が高い場合もあります。
仕事が辛いと悩んでいる方の多くが、「今の会社にしがみつかなければならない」と考えているケースが多いです。そうではなく、辞めてもなんとかなる、と考えることで、仕事の辛い面も和らぐことがあります。

金銭的余裕を持てる

会社を辞めてから転職活動をすると、最も困るのが金銭面です。
会社を辞めることで収入がなくなります。
目先の生活に支障が出るだけでなく、焦って転職先を決めてしまい、会社選びに失敗してしまう恐れがあります。
反対に、今の会社で給料をもらいながら転職活動をすることで、じっくり会社を選びながら転職活動できるので、会社選びを充実させることができます。

自分の市場価値を知ることができる

辞める前に転職活動をすると自分の市場価値を知れます。
あなたの経験や年齢によって、転職することで、今より待遇が悪化する会社しか選べない可能性があります。その場合、会社に残った方が良いといった判断をすることができるので、会社へ在籍中に転職活動することをオススメします。

会社を辞めることができなくて困っている方へ

会社を辞めたいけれど、辞めることができていない人のために『退職代行』というサービスがあります。『退職代行』とは、退職希望者の代わりに退職に関する手続きを代行してくれるサービスです。上司の引き止めのせいで、退職できていない人も必ず退職することができますよ。また、自分で退職の手続きをしなくて良いこともオススメできるポイントです。


【退職代行を利用するメリット】

・確実に退職できる

・即日に退職できる

・退職に関するサポートを任せることができる


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」


社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


退職 退職方法

関連する投稿


【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

【最新版】口頭?電話?退職の伝え方・切り出し方総まとめ

上司に退職を伝えたいけど「どうやって伝えよう?」「直接は言いづらい」など様々な悩みがあると思います。そんな悩みを持つあなたに退職を伝える方法をまとめてみました!伝え方によるメリット・デメリットを知って、自分に合った退職方法を見つけて下さい!


【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

【2020】円満退職まっしぐら!退職の挨拶総まとめ5選

退職時の挨拶について悩んでいる人は意外と多いです。「どのタイミングで皆んなに伝えれば良いの?」「そもそも何を言うの?」「お菓子って渡した方が良いの?」など様々あると思います。そんな退職時の挨拶について、よくある疑問5つをまとめたので是非参考にして下さい!


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。